2024年05月14日

BIKEYOKEが第三世代に進化します。

BIKEYOKEが第三世代に進化します。

と行きたいところですが、確かに3.0へと進化します。
BIKEYOKEのドロッパーポストはフレームやサスペンションみたいなフルモデルチェンジのような画期的な機構が無い代わりに
良いと思う物はロットごとではないですが、このようにバージョンとして進化してきました。
その際の進化に対して価格はそのまま。良いと思う構造&品質を上げて来たのがBIKEYOKE。

BIKEYOKEのドロッパーでもフラグシップであるREVIVEシリーズを更新しました。
今回は簡潔に要点をまとめますと

REVIVE 3.0
1715657240629.jpg

@サドルクランプと下部作動アクチュエーターの薄型化。
 上5mm、下10mmと合計15mmの薄型化ですが、下の10mmは結構大きいではないでしょうか?
Aそしてアクチュエーター自体も見直され、もっとスムースで動きの軽い作動感を実現
Bアクチュエーターに固定するイモネジで固定する小物部品も不要になり利便性の向上


BikeYoke-Revive-3-mountain-bike-dropper-seatpost_new-actuator-linkage-detail-1200x675.jpg


BIKEYOKEのREVIVEの一番核心となる技術の凄さは、特許取得済みのユーザー側で操作出来るブリード油圧内部構造であり、シールをすり抜けて漏れる空気を取り除くことができ、スムーズな動作をより長く実現します。



これはBIKEYOKEが2016年に正式登場してからずっと採用してきた方式で、メンテナンスビデオも公開してるので簡単に分解出来てメンテナンスが出来ますね。
3.0となって今度から展開となりますが、電動無線のREVIVEもすぐそこです。。。もう少しお待ちください。

先日お知らせしたシルバーの限定版の15本も予約で完売となっております。
世界で200本ちょいですが、これでも選ばれた代理店とディーラーまたは本国ドイツでしか買えないものとなりますが、こちらもバージョンは3.0でのお渡しとなります。


なお日本の残り在庫2.0はほぼ定価1万引いての特別販売をいたします。
もちろん今回のは3.0はガワでの進化となるので、2.0から3.0へのアップグレードはそのクランプとアクチュエーターを買えば

2.0から3.0に進化出来ます。

ちなみに1.0から3.0への進化は
@一体型インナーチューブ
Aサドルクランプ
B下部作動アクチュエーター
※1.0でも最初期型はマイクロバルブの内部構造部品などの追加が必要


そんな2.0から3.0の部品のアップグレード値段はまだわかりませんが、
とりあえず今から日本弊社独自の企画で2.0入れ替え価格を実施いたします。

在庫も開示しますので売り切れの際はご了承下さい。

revive30.jpg


ユーザーフレンドリーなイージーメンテナンス
ほぼ永遠に安定作動するBikeyokeドロッパーこれを機会に是非!!!

ではでは
posted by Yuki at 13:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月13日

ルイスブレーキ入荷いろいろ

お店への納品もひと段落で、ルイスブレーキから残り半分の出来上がり連絡が先週金曜日夜来たので今週どこかのタイミングで発送されると思います。
最初の便は標準色や小物パーツ、今度は色物がいろいろ来る予定。
お店レベルでいろいろ経験を経て徐々に体制を整えていこうと思います。

到着したお店さんからいろんな投稿があるのでご参考にどうぞ

茨城県 TAS CYCLE様
1715585002817.jpg
https://www.instagram.com/tascycle/
4ポッドキャリパーにラジアルブレーキレバータイプ
モデル名は LV4 となります。


高知県 Swankys様
422039156_909502947642347_674528467440970780_n.jpg
https://www.facebook.com/profile.php?id=100057479499140
1setだけパープルが混ざっての引き当てとなりました。
キャリパーまでパープルのアキシャルレバー型+4ポッド
モデル名は LH4 でカラーバリも一杯あるモデルとなります。
他にハンドガードなど


愛媛県 Cycleshop Meets様

1715586168910.jpg
440139146_972919758166497_5153217881197635284_n.jpg
https://www.facebook.com/mtb.meets

直近でインダストリーナインの限定カラーハブを使ったホイール。まだアップしてないですが、ブレーキも装着完了したようです。
引きが軽くてタッチが素晴らしいとの事。
モデルは LHT というチタンボルトやチタンピストン(セラミックとのハイブリッド)を採用
一件LH4のチタン材質採用版に見えるが全くレバーもキャリパーも違うフラグシップモデル
現在ワールドDHレースでインテンスチームが採用しているグレードモデルでもあります


香川県 誉自転車様
441274957_18315766399178514_6008438767061327077_n.jpg
https://www.facebook.com/homarejitensya
同じくチタン上位モデルのLHT。
箱開けたらこのように入ってます。ブレーキパッドを止めるピンまでもがチタン。
ブレーキパッドはシンタードメタルが標準装備となります。


神奈川県 マイクス様

1715584669333.jpg
同じくインテンスレーシングチームも採用する上位モデルLHTのシルバーモデル
日本への初便入荷はこの1setのみ、予約順での配送となります。
スタッフバイクへ装着済み。店頭でご覧いただけます。
https://www.instagram.com/myx.mtb/
マイクス様のMTB更新のメインはこのIGとなりますので最新情報チェックは上記のIGリンクにて


北海道 ロードキッズ様
c0225621_19063807.jpg
暖かくなってきたのでいよいよ活動期でしょうか。楽しみです
ブレーキの他に2.3mm純正ローターやマッチメーカーなど
https://roadkids.exblog.jp/


大阪府 輪娯ロード様
1715584735197.jpg
https://www.facebook.com/profile.php?id=100057559655545
映像でのご紹介。質感がわかると思います。削るが得意とするルイス、その質感を動画通してわかっていただけると思います。
最上級モデルのLHTはLH4との違いはレバーとキャリパーの違いの他にケーブルの接続方式も差別化はかっております。


茨城県 BIKESHOP FORZA様
1715584689765.jpg
https://note.com/forza_tsukuba
LH4のオレンジモデル。こちらはランドムにとって見た在庫が、運よく引き合わせた瞬間。
note。というSNSツール自分にとって初めての物でちょっと面白そうです。Forza様にて入荷紹介と実際取付ての軽く運用まで記事に残してます。
インストールした際の良い所と改善点をメカニックの目線で記録として残してます


また更新有ればいろいろ紹介します。
posted by Yuki at 17:02| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Lewis Bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月10日

「MTBのお話」0mm Offsetのチェーンリング

MTB規格のお話

ring 0mmoffset rideformosa.jpg

チェーンライン 55mm
Boost規格が52mmの中、弊社が通常リリースするリングはオフセット3mm
一番普遍的な3mmオフセットなので弊社も言われ中れば特に言う事も無く

ハイエンド寄りなバイクが最近55mmを採用したりする中で、
私はだましだまし73mmBB規格のフレームに83mmの軸を入れて気持ち小細工して
55mmを作り出して来たけど、さすがに弊社取り扱いのEVILはもちろんYETIの流通量も増えてきたので
その需要が段々増えてきたので作る事にしました。

完成車採用の歯数を参考に30tと32tをまず作りました。

言われなきゃわからないたった3mmの世界。
バシッと決まった時の気持ち良さ。

わかる人にはわかる 0mmオフセットチェーンリング スラムダイレクト3ボルト固定
フォルモサクランクにもちろんフィッティング

さて検品と出荷が鬼のように積もってるので仕事戻ります。。

DSC00564.jpg

インダストリーナインの今月の入荷もしてます。

ではでは
posted by Yuki at 09:02| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月09日

LEWIS BRAKEの展開について

lews lever lewis revel.jpg

弊社が取り上げ紹介して実際輸入して取扱前提で今試験運用してますが、
基本やる方向で動いてます。何せ油物(あぶらもの)でも初めてのジャンルで弊社が今まで経験して来た代理店業の経験を活かしてやりきれるかどうか。
まぁ~やりきるから付き進めてるのですが、いきなり始めますと言ったら、スペア部品の故障頻度だったり需要の範囲がわからないまま
皆様に迷惑をおかけする形になるので、全ては試験段階という形でLEWISを進めております。
自信をもって始めます! という段階ではないのでご理解ください。


※値段は既に全て決めております。

実際自分のみならず展開するにあたって、商品の品質以外にもLEWISとのやりとりを通してスムースになるようなビジネスの流れを確認する必要もあるので暫く半年ぐらいは時間の方でご迷惑をおかけする事があるかもしれません。
同時にLewis自身の最近の世界へのプロモーション展開も著しく日本市場レベルのオーダーをどう見られるか、、、ここはアジア人同士のすり合わせの見せどころですわ。


とりあえず必要なものを少しずつ揃えてます。Lewis自身の商品ではなく、代わりにルイスが推奨してルイスから供給してもらえる
中国ブランド EZ MTB社のブレーキブリーディングキット
DSC00543.jpg

こんなパッケージで中身を見るとこんな感じ。
DSC00544.jpg

シリンジが二つ、オイル溜めボトルが一つとボトルと作業工具、ホース、
各社アダプターのルイスのみならず他社までも対応するセット

弊社が先行でデモバイク用に入れた時はメッシュホースでしたが、各国の代理店が出来るまではB2Cダイレクト販売してましたが
メッシュホースカット後に消費者側で整形しづらいという事を踏まえ、実質少しコストアップになりますが、
LEWISブレーキは全モデルケブラーホースを採用に変更しました。

27b21ab7c8cf6d49.png_20231226094424_500x290.jpg

EZ MTB社のケブラーホース
通常のナイロンホースよりも優れ、ケブラーでも密度を上げてライド中の熱によるブレーキフィーリングの変化を可能な限り低減させるケブラーホースでも品質の高いケブラーグレードホースを使用した妥協のないブレーキセットのスペックとなっています。

とてもコントローラブルで既にGW中に情報シェアしている知人が冨士見で集団インプレすると
Lewisが展開するメインのShimanoタイプのアキシャルブレーキレバーよりもMaguraと同じラジアルタイプの方が評判良いとか!?なんとか

bb92ti 650 lewis.jpg


私自身はまだアキシャルタイプですが、GW期間中に導入したグラベルロードのキャリパーも合わせた感想だと
標準採用するシンタードメタルパッドの性能が良いのか凄く自分の好きなタッチ。
レバーをパッドコンタクトしたところから自分の指先で制動力を制御していく表現になりますが、
そもそもアジャストリーチとパッドコンタクトが凄く明確な変化を作る事が出来るので
かなり満足できるレベルの高いブレーキセットだと思います。

商品自体は最高。あとは代理店としてのサポート体制が問われるレベルなのです



今回余すところなく弊社の最初のルイスブレーキ協力店をリスト化します。
ごめんなさい、そもそも日本にまだ半分しかもらえてないので、リストにあれどまだお店に無いところがほとんどなので
ある所は今日現在 2024/05/09 記載いたします。

※順序適当 ある所は 

神奈川県 bikeport湘南ベイサイド様
長野県 CLAMP松本蔵様 ある
愛媛県 cycle shop Meets様 ある
大阪府 Cycleflower様
静岡県 GonzoPerformance様 ある
東京都 M.D.S様 ある
神奈川県 myX様 ある
高知県 Swankys様 ある
茨城県 TAS CYCLE様 ある
栃木県 TRAIL LOVERS様
千葉県 Villagetop様 ある
大阪府 アートサイクルティーエーズ様
愛知県 カトーサイクル様
愛媛県 サイクルショップフィールド社様
兵庫県 ライドワークス様
北海道 ロードキッズ様 ある
神奈川県 影山輪業杉田店様 
香川県 誉自転車様 ある
大阪府 輪娯ロード様 ある

ある
と記載してる所は実際納品完了してるお店で、まだのお店は特別色や色物またはシルバーなど
残り半分の所となります。もう少しお待ち下さい。

実物がお店の方々からのインプレもSNSに上がり次第順次皆様に共有したいと思います。

ではでは
posted by Yuki at 09:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Lewis Bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月08日

残念ながらREVIVEのシルバードロッパーは本当に限定となりました。

Revive 3.0_silver_B1_1920x1920.jpg


残念ながらREVIVEのシルバードロッパーは本当に限定となりました。
200本ちょいの全量限定の中日本への割り当ては20本未満です。


代理店のパワーバランスだったり一番はドイツ最優先という事で
ご理解ください。その割り当てられた20本未満でこれから昨日アナウンスしてから予約頂いたところに割り当てていきたいと思います。


当初の本国のみの消化予定だったのでそれで代理店に情報が来なかったのね。
それにしてもなんと悔しい事でしょう。
日本の市場・・・・円相場が良ければもっと買って在庫するのに…


非常に非常に残念ですが、弊社のオーダータイミングが早かったのか遅かったのかもわかりませんが、
昨日のオーダーで恐らく全部埋まると思いますが、

34.9mmの 125mmと160mmは今脳内把握の時点では枠あります。。


何よりも全クランプサイズの中で125mmのトラベルサイズの生産総数はその中でもたったの20本
125mmストロークがたったの20本!!! です
200本overの限定生産でも仮に200本にしても125mmのシェア率は 1/10 。。。。



フレームのSサイズ並みに需要無いのがよくわかりました(笑)

ではでは
posted by Yuki at 11:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月07日

シルバーカラーのドロッパー。ドイツから返答が来ました。

Revive 3.0_silver_B1_1920x1920.jpg

BIKEYOKE REVIVE
ドロッパー


詳細数は言えませんが、全サイズとストローク展開のトータルで
世界でも限定200本ちょいとの事でうち数本日本に分けてくれるとの事。

ちなみにそれを知って私のシルバーオーダーは
30.9/125=20本
30.9/160=20本
30.9/185=10本
31.6mmも上記同様。100本でしたが全て却下されました。

欲しい人は今すぐにでもお店へリクエストを出してください。
1点だけ
★確実割り当て保証は出来かねます

以上です。
今から予約受付開始いたします。
posted by Yuki at 09:32| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グラベルロードの体験車両やっと5か月ぶりに完成した。

ずっとずっとルイスブレーキが展開するキャリパー待ちだったのがようやく到着したので先週装着。
そしてグラベルバイクが完成しました。

REVEL ROVER
revel 650 rover.jpg

ざっくり説明すると
フレーム=REVEL, ROVER, size L, Mint
ホイール=INDUSTRYNINE, Torch ディスクロード限定色 ブロンズ
ブレーキ=レバー Shimano GRX, キャリパー Lewis BB2-Ti
コクピット周り=リッチーのフレアハンドルなど、ステム80mm突き出し
サドル=Bikeyoke, SAGMA142 Carbon
ドロッパー=Bikeyoke, REVIVE 27.2
変速系統=SHIMANO GRX
クランク=Formosa Carbon Crank 170mm
タイヤ=マキシスのRAMBLER 700*40c
ローター=Galfer 160mm
ペダル=取扱店 Toxic Works オリジナル加工モデル 予定

※ペダルに「シトメボレ」
650 toxic pedal.jpg

※フレーム選んだ理由
REVELを取り扱うにあたり、長年乗って来たEVILからの乗り換えで気分を一新したくEVILのマットブラックから新鮮の明るい色の中で
REVELのこのミント色は丁度色切り替え時期でもあり、REVELにビジネスの観点で相談するも
「自分の好きな色が一番!」という事でなんとなくコーヒーライドにぴったりな色でチョイス。
立ち姿は狙った通り、あとはコーヒー飲むのにふさわしい格好で乗るだけ

※ブレーキがルイス(LEWIS)の理由
特にルイスというよりもREVELを取扱決定してからふと気になりだしたブランドで使ってみたく、フレームは去年の12月に入手するも
ルイスといろいろ代理権利の確認をしてはブレーキ待ちで、まさか5か月かかるとは思わなかった…
結果、装着してからライド二日目にしてフロントフォークをへし折るんじゃないかというぐらいの制動力を手に入れた。
何よりもチタンボルトとチタンピストン写真のグレードもあるから迷わずこれ一択。
オーダー時にミネラルとDOTの選択。パッドはAVID Elixerタイプ
bb92ti 650 lewis.jpg


※ホイール i9 Torchを選んだ理由
去年の11月?10月?ブロンズを選んだ時点で実は既にi9担当から代理店への公式通知をする前に水面下でSolixの存在を教えてもらいましたが
悩みに悩んで過去に限定色が出てそのうち出るだろうと思ってたのが実際二度と出る事が無かったので今回は
605ノッチと回転性能よりも見た目で選びました。←意味合い的には Torch Road VS SoliX Road
フレームはミント、ホイールはブロンズ。頭の中でなんとかシミュレーション出来てたけどやっぱり実物は格好良かった。
bronze 650 i9.jpg


今回はとにかく色味の外見のイメージでバイクを作り上げました。
もちろん各部の詳細はREVELの完成車キットの仕様に合わせて作成してます。

一番の難所。そしてこれは皆さんに事前にお伝えするべき部分でもありますが。
BIKEYOKEのREVIVE272のワイヤー引き方式は Rear Feed(タイコがドロッパー側)。
Shimano GRXのシフトレバーの方式はタイコがシフト側である Front Feed
お互いにタイコを必要とする規格なので今回はお店で加工に加工をして取り付けてもらいました。
この経験を元に次回から作業加工時間が大幅に短縮出来ますが、
写真にあるBikeyoke 272 DropperとGRXは基本要加工となりますのでご注意ください。



EVILのCHAMOISからREVELのROVERに乗り換えましたが、
CHAMOISの開発コンセプトがそもそもローアンドロング!
作り方もMTBベースなので、ハンドルをちょっとフラットやローライズにすればXCっぽいバイクにもなるんだけど
今朝EVILのFacebookにアップされたCHAMOISの動画はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



動画の様に飛んだり跳ねたりそんな事も出来てしまうのだが、
皆さんグラベルをどのように遊びますか?


とりあえず私のグラベルライフが始まった事をお伝えしました。
オシャレバイク最高です♪
posted by Yuki at 09:16| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | REVEL Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年05月02日

円安はさておき、GW期間中は休む。そして休み明けは入荷ラッシュ。

GW中日の営業最終日。今日は新しいデモバイクを作るので発送作業仕事は11時前まで。
気持ちいいゴールデンウィークを送ってもらってもらいたく、直近のイベントをシェアいたします。

・GW明けに入荷?YETI入荷。オーダー完成車や衝動デモフレームASR
・今日かGW明けに入荷インダストリーナインの定期便。今日は無いかな?
・GW明けにFormosaのアルミクランクが入荷します。 170mmのブラックとシルバー
・Lewisブレーキの経験共有イベント シェア分は日本に到着済み
・GW明けにFormosaのカーボンリムがいくつか到着します。


YETIに限って言えばこの2か月で3回の入荷って…汗



ごめんなさい、新しいマシーンにワクワクしてしょうがないから今日はここまで。
やっと数か月待ったグラベルバイクが復活するのです。
あといろんなタイミングが重なり、チタンハードテールのREVELを起こすか、デモバイクらしくない大衆REVELフルサスを作るか。

とりあえず頭冷やしてきます。

Yuris-FB-Logo.jpg

ではでは
posted by Yuki at 08:30| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月30日

GW半ばの仕事は検品の検品

GW早くも半ばですが、弊社は暦通りの運営をしております。

今日はYETIの小入荷とこれから皆さんと一緒にあの気になるインテンスチームが来月のDHレースでも正式採用した
噂の中国ブランドのLEWISブレーキがいろいろ届いたので取扱店にも参加してもらって試していきたいと思います。
lews 650 arrived.jpg

こんな感じでまずは半分、標準色ラインナップと小物関係が届いたので今日は開梱して仕分けして明日より検品開始予定

DSC00492.jpg

2.3mm厚みのローター



DSC00493.jpg

商品1台分ずつ綺麗にDVD買った時と同じような包装で来ます。私の方で確認&検品するので
全て開封されますが、凄く梱包が丁寧です。キャリパーにもシリアル番号1個ずつ入ってます。

DSC00494.jpg
DSC00487.jpg

写真はグラベルやディスクロード向けのチタンボルトにチタンピストンモデル 
通常モデルからチタンモデルの価格帯。。。15000円から18000円のふり幅の税込みでしょうか?/個
詳細は既に大まか決めてるので取扱店までどうぞ

とにかくカッコいい。


YETIはこの2本が到着。またGW明けに別の物が入荷予定。
為替相場の激しい上下運動ありますが、弊社はコンスタントに入れてるのでいつでも待ったなしですね。
その分しっかりと責任もってお届けさせていただいてます。

sb165 650.jpg
YETI SB165MX
オレンジバネが良いアクセント。そしてこのスプルース色深みが有って素敵


asr 650 yeti.jpg
YETI ASR
言っちゃっていいですか?感想、、カーボンハードテールって思うぐらい軽い
そしてリアショックのリモート用のシフターも付属したキットとなっております。

両方ともサイズM、私もASR組むことにしますが違う色にします。



シレっと4/30に発表したBIKEYOKEの3.0 
Revive 3.0_silver_B1_1920x1920.jpg
Revive 3.0_silver_B3_1920x1920.jpg
Revive 3.0_silver_B4_1920x1920.jpg

これが先日ブログに書いたフルモデルチェンジではない「熟成の域」としての部分改良です。
もちろん従来のBikeyokeドロッパーも物だけ入れ替えればバージョン3.0に変更可能。
フルモデルチェンジではない、どんどん良くしていくスタイル、導入価格は少しだけ高いけど
常に進化をやめないBikeyoke。

そして私自身偶然今日見た本国サイトにシルバーモデルがあるもんだから内部の人間に聞いたらどうやら本数限定らしい。
今夜オーナーにおねだりしてみます。果たして日本に持って来れれるか!?
持って来れるとしたら何本絞りだせるのか。。。

部品だけ買ってシルバー化するのは残念ながら出来ないようです。

GWはゆっくり休みたいのでメーカーは待ってくれないし、為替相場も騒がしいですが
常に弊社も対応していかないとですね★

ではでは

また明日も明後日もやりますよ
posted by Yuki at 17:55| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする