2017年11月07日

やっと自分のフレームと見れた

昨日はオーダーの発送をこなしつつ、時間が少し有ったので、
これからデモ車予定のEVIL BIKES, Following MB パンプキンオレンジを見ました。
DSC_1475.jpg
サイズは M、29”がメインで275+にも対応しつつ。
最新のスペック=ブースト規格、トラニオンマウントのリアショック。
EVILの再起モデルとして第一作の初代Follwoingと比べて、ジオメトリはトップ長が少しだけ長く
リーチで言うと15mm〜20mm伸びて、ホイールベースもそれに伴って同じぐらい長く伸びたジオメトリ。
他、角度やジオメトリに変更が無く、基本ジオメトリベースは2015年の初代のまま
2世代目の更新は規格のみでちょっとだけトップ長の変更にとどまるというのは
ジオメトリにおいては十分な完成度の高さなんだなぁって思いました。
SNSではEVILのワールドファンのページを見るとFollowingのファンが多い事多い事。
ストロークの長い160oのWreckoning(以下レコニング)と2台持ちの方の感想を聞いたりして
初めてのEVILでインパクトが強いのはレコニングだけど、Followingはもっと気軽に身近に乗れるバイク
懐の深さはレコニングの方が上だけど、120oストロークのFollowing、それはそれで29”の走破性もあって
必定十分なストロークで登りもこなせるマルチパーパスなバイク。との事でした。

DSC_1477.jpg

今回は275+も対応すると公式仕様としてありますが、海外のオーナーの仕上げ方を見ると
29”仕様なので、今回製作する際には275+と29”のホイール両方導入してせっかくだから経験してみたいと思います。
275+だけど、275*2.6”
29は29*2.4 を予定してます。

DSC_1476.jpg
デルタリンク。Callingの時は最初からX-LOWで乗ってましたが、今回は初期設定のLOWポジションで乗ってみようと思います。

DSC_1478.jpg
ついでにせっかくなのでオリーブカラーのMサイズも検品したので並べて撮影。
オレンジはもう組むので最後まで梱包を外してます。

DABOMBのSentinel(センチネル)のフレームもブラックを開封。
DSC_1483.jpg
アルミフレームでリア規格は142*12mm、あえて最新のブーストではないですが
その代わり275+(タイヤ=275*2.8)に対応するフレーム。
写真は Mサイズ

トップチューブはシフトケーブルステルス式
DSC_1494.jpg

ドロッパーはダウンチューブを走らせるステルス配線
DSC_1499.jpg

シートステーは角パイプで一見硬いイメージありますが、
プラス規格のタイヤもあってかソフトな挙動で、実はこれが私にとって一番意外な発見でした。
固定観念はいけませんわぁ〜
DSC_1493.jpg

そんなセンチネルですが、デモ車として作ったのはこれMサイズのグレー
フレームのグラフィックに合わせて蛍光イエローのスポーク。
蛍光イエローのワンポイントが入ったサドル
キャリパーに蛍光イエローのワンポイントがあるマグラブレーキ。
29”と275+が使えるX-FUSIONフォークのTRACE
dabomb-sentinel.jpg

楽しみ〜♪
ですが、また今週末から海外へちょっと行ってきます。
posted by Yuki at 10:00| 千葉 🌁| Comment(0) | デモバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

カーボンクランクブーツ

DSC_1384.JPG
カーボンクランクブーツ
希望小売価格 700円 ペア税込み
posted by Yuki at 12:33| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイクルモードの楽しみ方

金曜日から昨日日曜日にかけて幕張メッセでサイクルモードが開催されました。
毎年縮小傾向がチラホラとささやかれてて、弊社一応代理店ではありますが、
今年も見送り…。いち観客として他社の商品勉強も兼ねてお邪魔させていただきました。
金曜日はスターライトクロス。

弱虫ペダルチームが走る、そして前田公平選手のCXシーズンホイールスポンサーという事も有り、
応援にかけつけました。去年は惜しくも2位でしたが今年は2位を引き離しての1位を獲得。
少し前にチームマネージャーから練習量や本人の決意を聞き、それの背景もあり
ゴールをくぐった時、「頑張った!!次のステップに進められる」という気持ちで一杯でした。
まだ始まったばかりのCXシーズンですが、怪我の無いレースシーズンを願っております。
引き続き頑張って下さい。

当日のスタート30分前のバイクをパシャリ
44278.jpg
弊社のホイールスポンサー内容はこちら
ハブ=インダストリーナイン ディスクロードハブ
スポーク=Pillar Racing Spoke, Wing20(最新の翼断面エアロスポーク)
ニップル=Fireeye アルミニップル
リム=Formosa、T3825 Disc, 28H 高さ38mm, 幅25oチューブラ
実際は赤ハブのホイールをレースで使用してますが、基本タイヤ以外は全て同じ仕様。
重量は前輪617g、後輪766g
前後重量実測合計1383g


20799808_484856121857024_5223466100829377016_n.jpg

土日の間に取扱店よりリムやスポークまたはハブ採用の記事を見かけたのでご紹介
群馬県のBikeshop Fresh
WEB=http://www.bikeshop-fresh.com/
23130844_1451244781663250_1013588153057105065_n.jpg
23172384_1451244784996583_8079580000472659995_n.jpg
サーベロとFormosaのカーボンクリンチャーリムとウィングスポークの組み合わせ。

画像は無いのですが、先週のブログ記事で紹介しました。
XC29"ベースのリムとウィングスポークを使った完組
チューブレスレディのクリンチャーフックレスリム。6BARまで対応する仕様

DSC_1376.jpg
重量は前輪634g、後輪768g
前後重量実測合計1402g

条件は6BARまでのリムなので、この条件以下であれば軽量なカーボンクリンチャーが製作可能。
こちらを実際組んで紹介したのは
北海道のサイクルガレージPAZ
WEB=http://www.cg-paz.com/

疑問質問は新鮮なうちに上記のお店までお問い合わせください。
もちろん他の取扱店でも取り扱っております。

そして昨日@日曜日は幕張メッセホール内の展示会に行ってきました。
23334080_10214713921949745_781924287464789560_o.jpg

10時過ぎに到着するとこんなにも列が
23130581_10214711328044899_442241883302536253_n.jpg
人間観察しつつ、他社製品の観察もしつつ、去年と違う新たな見方・楽しみ方。

・速く走るための自転車や部品
・生活に密接させた使い買って重視の物
・トレンドなアイテム
・観光紹介
・海外企業のブース

トータル的に見たらまだまだ濃い出展は一杯ですが、
残念ながらMTBは正直相変わらず寂しい内容でした。
ただそれは会場には無いだけで、表に出てきてないだけだと思います。
そこにかけるコストだったり、それを期待する側だったり
実際3連休という事も有り、1日モードに行って他は山とか。ロードにも言える事ですが。。。

今年は一眼持ってバシャバシャ記録写真を撮影。
嬉しかったのがGOKISOブースのディスプレイに
FORMOSAのカーボンリムが使われたことですね。

yuris-carbon-rim-formosa.jpg

GOKISO様ありがとうございます!!!
posted by Yuki at 11:16| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

シーズンに絞ったスペシャルリム

シクロクロスシーズンへいよいよ突入するのですが、
弊社ではシーズンに向けてFORMOSAのカーボンリムを
・C3825(クリンチャー、高さ38o、幅25o)
・T3825(チューブラ、高さ38o、幅25o)
共に28Hという条件でリムブレーキとディスクブレーキをシーズン中に在庫いたしました。
弱虫ペダルのオフィシャル公認で部分的にではありますが、
全員ではないですが、チーム員へのホイールスポンサーもあり、シーズン中は安定供給をいたします。

サイクルモード開催中に野外イベントでスターライトクロス
http://starlightcross.com/
実際クロスカントリーでも活躍する前田選手が使用するチューブラリムで
インダストリーナインのディスクロードハブの組み合わせで参戦予定です。

それとは別に、少し条件を絞りつつ、クリンチャー専用でより軽量な特別仕様のリムを作成してみました。
carbon-29XC650.jpg
29”クロスカントリーベースですが、
ETROが622mmという事でリムの規格は同じ。
重量 約365±15g
ホール数 28Hと32H


DSC_1351.jpg

シクロクロスで使用される場合は
700cのタイヤが使用可能ですが、制限がいくつかあります。
・30c以上のタイヤ
・空気圧は6BARまで
・オンロードタイヤ使用不可(6BARを超えるタイヤはNG)


グラフィックはホール数で分けております。
32ホールはブラック
28ホールはガンメタ にしております。
DSC_1376.jpg

シーズン向けの限定生産という事で数量もそれほど多くないですが、
価格は特別に 37800円/本の税込 といたします。

WEBのカテゴリーに「スペシャルオファー」として掲載しておりますのであわせてどうぞ。
posted by Yuki at 11:49| 千葉 🌁| Comment(0) | スペシャルオファー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

今この瞬間が一区切り。

昨日のピラースポークの入荷、検品完了。
月曜日からのEVIL BIKESの検品。
そして本日カーボンリムの入荷、検品終わらず。

EVIL BIKESの入荷で、新作の29”/275+対応の「Following MB」が入荷しておりますが、
実は私自身まだデモ機を開けておりません、というよりも開ける時間が無いので、
そろそろ明日か明後日には開けたいですね。
43991.jpg
仕事の一部ですが、まず…EVILはフレームの箱に箱で包んでおりますのでまずはここから解く作業から始まります。
工業用のホチキスは強力で3箱ぐらいばらしたらもうごちそうさまですね。とりあえず箱解きだけは全て終わって
出荷出来る箱=グラフィックの入った箱の状態にしました。
そのうち検品しようと思います。

問合せで来ているXONのローター特注カラーですが、
残り
160oは紫とアップルグリーン
180oはアップルグリーン2枚 のみとなりました。
DSC_1343.JPG
次の生産はいつも通り問い合わせ来ても納期は不定です。
こればかりは数量が集まらないと生産出来ないので特注カラーに関しては欲しい時が手に入れる時とご理解下さい。

Pillar Racing Spokeですが、
気にかけてくれたお店様&ユーザー様ご安心ください。
Yurisは今まで通りPillarスポークを販売流通可能であります。

先日某社より「国内総販売代理」というキーワードでアナウンスされてましたが、
その中にPillar Racing Spokeが含まれておりました。他ブランドの扱いはわかりませんが、
Pillarスポークに関しては総販売代理ではないです。少なくとも弊社も総販売代理と今まで一度も名乗った事ありません。
弊社のWEBのリンクからたどって本国ページ見ていただければわかると思いますが、
スポークはいろんな種類がございます。
Yurisは全ては扱わない代わりによりスポーツに振ったモデルだけを取り扱っております。
なので一番オーソドックスのプレーンスポークにおいても通常のプレーンではなく
1ランク上の「首元が太いスポーク」を弊社のスタンダードとして採用し国内流通させてい頂いております。
pillar20wing20yuris.jpg

今回はアルミニップルではなく、ブラックブラスニップル。その中でもブラックのリクエストがありましたので14番と15番のブラックを在庫としました。
ブラス派とアルミ派はまだまだあるのでブラスも無視できませんね
pillar-nipple-yuris-brass.jpg

そしてカーボンリムの入荷で今回はこれをテスト的にFollowing MBのデモ車に組み込もうと思います。
asynmetric-rim-carbon-yuris-formosa.jpg
時代の流れというものなのか、とりあえず形にしてから考えます。
posted by Yuki at 16:49| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

インダストリーナイン完組在庫2017/10/30

「Yuris 完組 即納 在庫」2017年10月30日現在
★★MTB★★
・27.5" Ultralite235, all black
・27.5" Trail245, 32H, F15, 142*12 下の写真参考↓
 ↓↓↓ブースト↓↓↓
・27.5” Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・29 Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Trail245(32H), Full black, F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Trail245(32H), 赤ハブ・赤スポーク, F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Enduro305, Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5 GRADE300 F20 R157
・27.5” Back Country 360, Full black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・29” Trail245(32H), Full black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・29 Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)

★★ロード★★
・AR25 Disc, Red Hub and nipple, black spoke, black rim センターロック式
・AR25 Disc, full black センターロック式
・AR25 Disc, silver Hub & spoke, black rim センターロック式
・I25 TL, full black
・I25 TL, full silver
・I25 TL, Red Hub, black spoke, red nipple, black rim
・UL235 CX TL Disc, Full black F15, R142*12 センターロック式

22090016_1459616717468395_6291625977259596250_n.jpg「入荷予定」
・27.5” Enduro S, Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
posted by Yuki at 12:07| 千葉 ☀| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EVILフレームの在庫2017/10/30

「Yuris, EVIL bikes 日本在庫」2017年10月30日現在

・The Wreckoning, size S, Gun Metal
・The Wreckoning, size M, Gun Metal
・The Wreckoning, size M, Blue
・The Calling, size M, Angry Dorphin
・The Calling, size M, Muddy Water
・The Following MB, size S, Smashing Pumpkin
・The Following MB, size M, Smashing Pumpkin
・The Following MB, size M, Drunken Olive

2018年入荷予定
・The Following MB, size S, Drunken Olive
callingfana1.jpg
posted by Yuki at 12:06| 千葉 ☀| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インダストリーナインの規格互換

マウンテンバイクのブースト規格が徐々に浸透してる今、問い合わせが増えてますのでこちらに
整理いたします。

フロント(100mm)ハブ
・5/9/15/20(110*20)
・I9より公式でブーストキャップが用意あります。↓
Pic_Boost_conversion_TKMA06.jpg
※こちらは既存のホイールへ換装してブースト化した場合、ホイールのセンター出しが必要になります。

そして今I9のWEB STOREを見て自分的に嫌な物を見てしまった感がありますが、
隠さずにご紹介。MTBにも12oのキャップがあるそうです。これはおそらくロードのハブでシクロクロスをやるよりも120ノッチまたは手持ちのMTBハブでシクロクロスの車体に取りつけたい、そういうユーザーのFeedbackで実現したキャップでしょうか?
Small_Parts_12mm_Torch_Front_EC-1.jpg
リアは142*12なので既存のMTBハブでは当たり前の規格だし、とにかくストップアンドゴーが多いシクロクロス。
一つの考え方ですね。
今は在庫無いですが、需要あれば入れます。

リアハブ 135/142mm
こちらはブーストへの換装は出来ません。
150/157のハブにおいても同じくブーストへの対応はNGとなります。
現状基本ブーストハブは一つの専用設計のハブシェルとなります。

なお社外でリアハブをブーストへの対応キットがリリースされてるのは知ってます。
ただI9純正ではないので、互換性やブランドはここでは省略させていただきます。
ある事はあります。

MTBでは6穴はほとんどですが、ロードディスクにおいては現状
6穴とセンターロックは半々となっております。
FATバイクは6穴のみ

弊社ではMTBとロードディスクの6穴とセンターロックのエンドキャップ前後
在庫しておりますので規格変更の際は気軽にお店へお問い合わせください。

もちろんMTBハブなら6穴ブースト全色、標準はなるべく全色。ロードディスクは6穴=程よく、センターロックは28Hの全色在庫を心がけております。

完組においても
・MTB 275/29 ブースト規格
・ロードとロードディスク フルブラック・赤ハブ版・シルバー版 の3通り在庫

ハブさえあれば、指定規格やフリーへの換装は出荷前に弊社で検品を兼ねてやっております。
tool650set.jpg

写真に写ってるシルバーの棒はリアハブのドライブサイドのエンドキャップは手で抜けないので、
この棒をディスク側から入れて叩いて押し出す純正ツールとなっております。

bou650.jpg
この様にリアが12oのキャップだとインターナルの軸と少しの段差しかないので、
その段差分をこのツールで突けてうまくキャップだけをとらえて叩き出すようにしてます。

昔はベアリング脱着工具を使ってましたがこれがある事によってキャップはたったの5秒でとれますよ。
持つべきは工具ですね。
専用工具ですが、特殊工具ではないので、これが無くてもキャップは取れます。
ただ作業時間と他の仕事を考えるとこれは賢い選択で社内で導入してよかったです。

posted by Yuki at 09:10| 千葉 ☀| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

一日過ぎるのが早いです。

P_20171023_202141_vHDR_Auto.jpg
昨日と今日はとにかく先週一週間自分がかかわれなかった仕事をこなした一日でした。
山口県の帰りは…もちろん獺祭を購入。自分はあまりお酒は飲まなくほとんどコーヒーがメインですが、
とりあえず父のリクエストもあり。とりあえず飲み比べを購入。
私は写真の右のやつを帰宅した日にじっくりと味わいながら飲みましたけどね

今日入荷したインダストリーナイン
22730437_1479130565517010_4168641202305805507_n.jpg
275プラスバイク用完組
モデル名 BC360
バックカントリー360
リム内幅36oの完組”アルミ”ホイール

写真で見るとボディの部分はやっぱりポリッシュされているのがわかります。
と写真で見て改めて実感。ブースト規格かどうか当て込んで検品。
フリーがShimanoかXD1か。回して異音または歪み。スポークのテンションおおよそのチェック。

22688366_1479273245502742_2350389579694684938_n.jpg
こちらは昨日に引き続き出荷されたチタンスポーク。
しかもストレートプルね。かなりレアな仕様ですが、チタンのナチュラルとブラック在庫ございます。
もちろんJベントも当たり前ですが弊社にあります。重さを感じる量の在庫です(笑)

EVILの検品在庫分残して今日も他の仕事してますが、
今回注文忘れを一件やらかしてしまい、急いで月曜日オーダーかけて多分今日EVILより出荷される予定。
なんてスピードな対応。最近のEVILチームに感謝。
そしてインダストリーナインが最近仕事早い。1か月に3回入荷はさすがにきついから今月は2度入荷でお願いしました。
また少し貯めこんで来月ドサッとちょっとダンプ級の入れたいと思います。

ではでは
posted by Yuki at 22:14| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

長旅が終わりまた時間に追われる日々

先週は前半台湾。後半は山口県へ今年3度目の出張をしてまいりました。
月曜日のフライトで、運よく昼過ぎは遅れのみで、午前便は全て欠航でした。
次の日以降のフライトかと思うと仕事が全て狂うと思うと不安でしょうがなかったですね。
運よく昨日は帰ってこれましたが。

今朝から先週入荷したEVILバイクの検品。
EVIL-CALLING-ANGRY-M.jpg
EVILの箱は凄く綺麗です。なぜかというとフレームを覆う箱の外にもう一層ほぼぴったりの箱があるのです。
超頑丈になってそしてこの状態から更に保護材を剥がしていくのですが、地味に大変です。
まず箱から箱を出す作業あまりにもぴったり過ぎて、もう段ボールを剥がす方法で分解しました。
おかげさまで先週はイレギュラーと超急ぎの諸条件付きで発送し、今日二人作業でなんとかフレームオーダー分を終了し発送。
また時間がある時に在庫分検品しないとです。

さて山口で私の仕事はというと、台湾の人たちに山口県の良さを紹介するちょっとしたお仕事です。
私自身今回で3度目の山口県、スポットもルートもなんとなく覚えてきました。
akiyosidou.jpg
秋吉洞

この時が普通の流れでしょうか?鍾乳洞の水が流れ出てくるちょうど入り口の所です。
3度共に訪れていて、これよりもっとチロチロと川のせせらぎぐらいの時と
2週間前の大雨のここはまさに轟音を立てながらの洪水のような勢いたっぷりなシーンも見れました。

tunoshima.jpg
角島大橋
晴天に行くと透き通る海で、INSTAGRAMもいろんな旅行写真はまさに綺麗な写真の連発ですが、
今回は夕方の太陽の沈む一瞬の表情「マジックアワー」に立ち会いました。
到着時はそれこそどんよりした曇りで、ただ曇り空の色に反射された灰色の海の上に橋がかかってるだけでしたが、夕方になり街燈が照らされて雲の明りが暗くなると角島大橋周辺の海本来の色が沿岸部から現れました。
透明の淡い青とオレンジ色のライトと薄暗い空がとても幻想的。
ほんの数分の出来事ですが、その場にいた誰もがシャッターを切って
シャッター音と日本語と中国語の賛美の言葉が飛び交ってました。

もちろんそれ以外にもいろいろありますが、お仕事の内容はここまで。

元台湾人とネットワークを活かし、輸入販売以外にもエージェント、制作依頼など業務として、
中国語が必要な時は気軽にご連絡ください。
いつでもご連絡ください。
posted by Yuki at 22:17| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする