2022年11月30日

インダストリーナインFATハブ泣いても笑っても本日最終日オーダー

インダストリーナインFATハブ泣いても笑っても本日がオーダー最終日となります。
今日は水曜日で半分以上の自転車店定休日につきお休みになりますが、
期日は期日、1日でも遅れたらインダストリーナインは容赦なく受注打ち切りますので
どうしても欲しい方は弊社にご連絡下さい、受付出来る本日営業のショップをご紹介いたします。

弊社へのオーダー期限は午後16時までにショップからのオーダーをリミットといたします。

315048131_10158844268202826_7268430974237108808_n.jpg

ではでは
posted by Yuki at 09:13| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月29日

皆にワクワクさせるためにはまず自分がワクワクしないと

昨日工場から出来上がりの連絡とプロジェクト担当が現地へ行ってチェックしてもらいました。
さすがブランドベースのチーム員。。。全然小さな事でも逐一feedbackしてくるのですが、その細かさと言い…爆

これがブランドの検品レベルかとしみじみと感心してます。工場側が良かれと思っても実際それを良くしていったり
工場側も良い意味で作る事だけが本職とし、ブランドどころかスポーツサイクルの業界関係に関しては一切関与しないという潔さ。
まぁ~その意味を説明するのも大変ですがこうして出来上がると凄く嬉しい物ですね。

今回はチームの希望で攻め過ぎない仕様としてますが、これはトレンドの意味ではなく、製造上の限界値ですね
苦労話を聞くとそれは今すぐのレベルの話ではなく年単位での話で…それがブランドという物か。。
とてもじゃないけど全然自分が思ってる以上のレベルの話で、海外のショーへ行って、気に入った業者見つけて、「はい、この仕様でフレーム作って欲しい」とかそんな簡単な流れかと思ってたけど、違った!!!

全然違った!!ロットによる更新で良くしていくことは出来ても、まだ量産まで持っていけてないけど、
次回作の話とかどうでしょう。。。チームのみんなが今回全てサービスで参加してくれたので次は難しいと思ってます。
まず今回はブランドレベルのフレームを作るというプロセスを経験出来ている事に凄く大きな経験が出来ました。って今も経験中ですが。

サポートやアドバイスはしてくれるけど、最終判断は自分ですからね。
楽しいけど道のりはまだまだ長い!!

昨日完成したのはもう色まで乗ってこれから飛行機でこっちに飛んでくる状態ですが、
皆様にはまず本溶接まで終わった状態のフレーム写真を公開。
色が乗る前にこの溶接仕上がりを見ていただければフレームのベース品質もわかっていただけると思います。

写真は2サイズショートとロングのロングサイズにあたります。
クロモリハードテールプロジェクト
ショートはリーチ 430mm(シートチューブ350mm)
ロングはリーチ 46mm(シートチューブ390mm)


658EAC4A-E2F0-42E9-BE93-165746991DF4.jpg

CEB68C4E-54F7-4FBB-AD5A-0A65F122795C.jpg


YETI CYCLESですが、11/10に国内取扱発表し、1週間のうちにSB120/140/160の新作を発表。
早ければ今週YETI出荷の来週日本入荷(←なんとか)予定となっております、遅くても再来週。
でも何とか来週の土日のイベントまでに間に合わせたいです!


という事で

年内YETI予約されたお店でYETI最新実物がご覧いただけます

315786810_6031641830202206_3475883712432505982_n.jpg

品薄や供給渋滞の所はまだそれは解消されていなく、ただYETIは今回奇跡的に弊社のオーダーが100%通ったというのが奇跡です。
サンプル便という名のまともにオーダー入れていて多分Yuris始まって以来一番入れてる量と金額でもあります。
YETIの箱でピラミッドが余裕で作れる!!!

今作っている倉庫がその時工事やって無ければ記念に積み上げてみますか!?
初便はとてつもないインパクトですが、次のオーダーも既に確認していて、
今回初便に漏れたオーダーは1月に対応できると思います!

日本の始業時間から定時までしっかりと働かせてもらいます。
定時になったら逃げるように帰らせていただきますが、その分アメリカ時間の時にいろいろと仕事もさせていただいております。
来年シーオッター遊びに行かねば♪



posted by Yuki at 09:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クロモリハードテールProject | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月28日

YETIのスイッチインフィニティーシステムについて定期的メンテが必要です。

313211227_612850710629209_4187537595987707790_n.jpg

これは声を大にして言い続けなければならないと思っていますが、これからYETIオーナーへなる予定の方
または既に初代Switch Infinity(=以後SI)のを使っているYETIオーナー方々へ連絡します。
YETIは他のフルサスペンションフレームと違ってリアショックの他にもう一つ動くPIVOTシステムが備わっていて
それがFOX社のリアユニットに採用されているカシマコート可動ユニットをBB付近に採用しております。
こちらはダンパーではなく、PIVOTポイントの役目をしていて、可動という事で出来る限りスムースにという事で
FOX社に依頼し供給してもらっているユニットとなります。

FOX社のページにてメンテの参考ページが有ります。
https://www.ridefox.com/fox17/help.php?m=bike&id=465

サスペンション機能こそないものの、常にストローク変化に応じて動く部品でもあるので、
YETIが推奨する40時間ごとに潤滑メンテナンスが推奨されております。
実際YETI取扱う際に、海外のYETIファングループに加入していろいろ勉強してますが、
多湿のイギリスとかで推奨された40時間ごとのメンテは本当に性能に直結するとの事で
これを怠るとかなりバイクに影響が出ると海外オーナー間での共通認識となっているので
是非ご検討の方はこちらのメンテも一つのメンテ項目として覚えといてください。
もちろん、40時間を目安にマイバイクを見るというきっかけになって良いと思うし悪い事ではないしね

お約束!
Switch Infinity SYSTEMは40時間ごと
清掃&グリスアップをしてください!!


YETIの本国サイトにマニュアルがPDFで掲載されているので本物を入手する前に
事前予習または参考にすると良いですので、是非本国サイトのYETIへアクセスしてみてください。
弊社のWEBの左のメニューのリンクボタンから飛んでいけます。
1669600456312.jpg

さて、今日今夜オーダーをYETIと確認して来月の輸入に向けて動きますかね!
輸入のスケジュールが決まり次第、弊社の初便の空き枠を開示します。
現在の空き枠に関して気になる方は弊社の取扱店までお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。
posted by Yuki at 11:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月24日

本付け完了。これから塗装工程

先週の最終取り決めも終わり仮付けの状態から本付けしてプロトタイプが完成しました。
全容はもう少しお待ちください。
既にローフィニッシュの状態で欲しいという嬉しい声も聴いておりますが、
ここはグッと我慢して弊社が作り出すコンセプトをお楽しみください。

まずは下から覗くとこんなフレームのリアバックは形状してます。
316421575_10229235703225201_3010405746709041546_n.jpg
シートステーのガセットは暫定処理でとりあえずつけたプロトタイプですが、
量産タイプはしっかりとナイスなデザインがセットになります。
スライドチェーンステーを採用となります。ポストマウント

316199732_10229235703505208_7173798232147655871_n.jpg
こちらはヘッドチューブの下側からのビュー

溶接跡含めここから色を被せても美しいつけ方だと思います。

デザインチームから離れ、現在製作チームにより
製造工場の選定と仕上がりの品管含めブランド目線で厳しく見てもらってます。
ゆえに少しの違和感は逐一教えてくれるのは良い事です。とても良い事ですが。。
細かすぎてレベルが高すぎて私の指示判断以上に任せちゃってる部分が多々あります。

塗装前に内部の防錆処理を施すというひと手間をしてから塗装に移りますが、当然量産型もこの内部の防錆処理施工となります。
これも製作チームのこだわり。
製作は3本。うちの1本は写真の状態で耐久試験機にテストかけての強度試験を同時に進行となります。

色は当初からフレームサイズと同じく2種類展開となります。

引き続きお楽しみに。。実物プロトは来月上陸でなんとか間に合わせます!




posted by Yuki at 17:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クロモリハードテールProject | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月23日

おはようございます。

本日は祝日、勤労感謝の日

DABOMB bikes, 先週入荷
EVIL Bikes, 月曜日入荷

共に検品しながら徐々に発送しております。
EVILやDABOMBの初入荷新色に感動しながら昨日は検品しておりました。

YETIやPUSHと先ほど電話してまた二度寝してさっきまたYETIに電話してオーダー内容詰めてました。

1669154600530.jpg

これがその暫定的予定となります。
一つ言わせてください、中学生英語で全然通じます。
伝えようとする気持ちが優先すれば向こうは理解しようと聞いてくれます。

本当にミスする時はもちろんその代償も…ありますが(笑)。
英語はコミュニケーションツールです、勉強もしたいけどあとは実践通じて慣れて覚えて行けばいいと思います。

さて今日は休もう!!!

ではでは
posted by Yuki at 07:09| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月22日

ライムグリーンとパープルが新たに仲間入り。

316414534_6084949951556425_3272888633872356855_n.jpg
Dabombのステムに新色の仲間入り。

IMG20221122102606.jpg
久々1年以上ぶりの入荷した。自分の中でキラカードレベル
INSURGENTの伝説は存在した

という事で今日は検品DAY

ではでは
posted by Yuki at 11:31| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月21日

Dabobm Bikes入荷しました。

279276830_5487180787959178_1730036923537468591_n.jpg

312401453_5987881864596568_8483270719026811236_n.jpg

初めてお見えする新色フレームも含めて今日から検品していきたいと思います。
先週は弊社の中ではこってりとハイエンドのラインナップばかりの投稿をしましたが、
弊社Yurisはマウンテンバイクの部品を幅広く取り扱う代理店であります。
コストパフォーマンス(=CP)に優れたお手頃からハイエンドまでのレンジをご用意しております

ハイエンドばかりが全てではない、定期的メンテする事を怠れば私は決して皆様にハイエンドはお勧めはしないです。
かと言ってハイエンドじゃない物はラフに扱っても良いのかというとそうでもない。
物事の評価基準は人それぞれだと思います。
CP含めすべての物、定期的ケアをすればそれはずっと良い物!良い状態として残ります。

価値は貴方が作り上げる物です。

Dabombの新色
真っ金っ金のダートフレーム”SONIC BOOM(ソニックブーム)” (ちゃっかり水色も入れてる)
綺麗な赤のエンデューロも対応するフレーム”Sentinel(センチネル)”

入荷しました。今からでも手に入ります。

ではでは
posted by Yuki at 08:41| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月18日

鉄フレーム少しずつ進んでます。

ddddd.jpg
去年のタイミングで時々SNSで話してきたハードテールプロジェクトがいよいよ形になってきました。
コロナの影響で大渋滞もあり、ようやく通常に戻りつつあるもまだ少し渋滞があります。
昔に戻るというよりも新しい業界の流れが起きているとして認識した方が良いですね

ハードテールプロジェクトと言うからにはそこに自分の思いだけでなく
そこにかかわる人が数人いてそれがチームとして動いてくれています。
フレームを作る工場にも設計部署がいて、それまでは工場に対して希望寸法を言って向こうが形を起こしてくれるんだという流れと思っていました。
まだ私自身全てを知っているわけでもないですが、今回のプロジェクトはどれぐらい凄いかというと
「ブランドが作るフレーム」の流れに沿った手順で進められているという事です。

@漠然とした私の思い
Aその思いをくみ取り形にしてくれるドイツのデザイナー。実際ブランドのフルサスペンション設計にも携わってきたデザインクルー
Bクロモリやカーボンフレームを今も世界で展開するアメリカンブランドの製造から完成品質まで一貫して管理するプロダクトクルー

構想から設計、製造、完成までを全て現在世界で展開するブランドの中にいる人たちが今回私にほんの少しだけ力を貸してくれました。
それ故に設計の時点からこれから最終的に完成する所までと、全て製造プロセスにブランドがフレームを作る際の
いろんなノウハウが詰め込まれた、ブランドフレーム同等の物が出来上がるという事であります。
もちろん仕事の合間に見てくれるという条件なので、時間はどうしてもかかってしまう部分があります

以前はCGの画像の部品を上げましたがその部品が下の写真の部分を担うパーツでありました。

185478.jpg

BB後ろのヨークをフレーム作成する中でデザイナーが一番こだわった所。これとは別に一見普通のダイヤモンド形状フレームですが、
所々に小さなこだわりが盛り込まれてます。
フレームは昨日の時点で確認事項があったので仮付けの状態でしたが数日中に本付けして
その後3本サンプル製作し、うち1本を耐久破壊テストにかける予定となっております。

設計の段階でデザイナーからいろいろアドバイスありましたが絶対に譲れないコンセプト部分もあり今に至ります。
製造に移ってからは工場の選定、部材の選定、試作、強度試験、量産というざっくりした流れですが、
その合間に上塗りの色パートとして
今回私が作りたい色は既に決まっていて、その実物サンプルを日本で調達して送付、現地で熟練した塗装会社が似せて調合して
これまた大手ブランドが色の公差を測定する機械で同じレベルで測定し合格レポートを提出いただきました。
フレーム一つ作るのに凄い時間と労力使うんだなぁって実感してますが、まだこのフレームは完成してません。

設計は図面が命
製造して出来上がる部品パート全てを公差範囲内に収める管理
プロジェクトチームは全員がそもそも現役ブランドの人たちの集まりなので考え方もブランドの基準レベルその物

チームとして動いてくれてるクルーたち、言わば取引先でもありますが
せっかく作ったプロジェクトなので最後までやり遂げたいです、
というよりも集まってくれたクルーの面子が凄すぎて止めるなんて逆にもったいないと思うぐらいです。

コンセプトは
・アジア人にとって最適なフレーム (27.5” & マレット)
・攻め過ぎずオールラウンドなフレーム 
・拡張性を持ったマウンテンバイクフレーム

夢がいろいろ詰まってますよ♪
posted by Yuki at 20:38| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クロモリハードテールProject | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YETI cycles, 3モデル目本日リリース SB140

315953847_6036966829669706_5707148502754173230_n.jpg
316006190_6036967019669687_1223246167797676124_n.jpg

11月10日にYETIの取り扱い発表日を選んだのは、YETIにて3モデルを11日から一週間の間に3モデルの新作発表が有ったからです。
11日にSB160
16日にSB120
18日にSB140 (今日)

今日の発表の新モデルは

YETI cycles, SB140(29”)
• ホイール サイズ: 29"
• トラベル: 140mm / 160mm フォーク
• Turq & C カーボン フレーム
• 65° ヘッド角度 (ロー)
• 77° シート チューブ角度
• 440mm チェーンステー (サイズ L)
• サイズ: S、M、 L、XL、XXL
• 価格: 77.5万(税込) フレーム 
    111万(税込) ~ Cクラス
    114万(税込) ~ Cクラス ランチライド
    148万(税込) ~ Tクラス (フレーム単品販売と同素材)
151万(税込) ~ Tクラス ランチライド (フレーム単品販売と同素材)


パークでもトレイルでもどっちにでも対応できる140mmトラベル。
120mmのトレイル向けフレームのSB120。120mmのEVIL Followingで実際冨士見を走るオーナーもいます、走れます。
最近のトレンドで120/140/160mmのトラベル量分け、EVILも同様なラインナップになっております。
自分がよく乗るフィールドでどれが一番楽しいのか。新調する際は今一度自分に再確認すれば、求めてた答えが出てくると思います。
もちろんどっちにでも対応できる中間も一つの選択肢です。

どんな動きするのかちょうどスローモーションな映像を見つけたので是非ご参考ください。



SB140カラーラインナップ
315969852_6036967149669674_7309900960891812864_n.jpg
ターコイズ

316097645_6036967416336314_4171276988343181345_n.jpg
ローカーボン(ブラック)

315974487_6036967143003008_1891039396923808573_n.jpg
シャングリア

315970621_6036967189669670_695099244619925429_n.jpg
セージ


YETIから用意出来たよ連絡が早くも来ました。
本日11月18日、サンプル含めていきなり発表から最速で日本展開出来ちゃいます
代理店契約結ぶまでは実に半年以上と長かったけど、決まってからは凄く対応が細かい。
向こうのビジネスが弊社のやり方を受け入れて凄くやりやすい!
多分1本でも引ける?と思ってますが、それは緊急時に取っておこうと思います

では皆さん良い週末をお迎えください。
ではでは


posted by Yuki at 10:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | YETI Cycles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月17日

ちらっとお知らせ情報 PUSH INDUSTRIES



ちらっとサスペンションに詳しい方からいろいろ教えてもらい、その視点で改めて見ると
2か月前に公開したPUSHのリアショック ELEVENSIXが解析して出来上がるまでの動画が神動画にしか見えなくなりました。

この動画は自分が何回も見る INDUSTRYNINE の MADE WITH LOVE(5年物)と並んで自分の中でかなり感動する動画



製作動画にハートやられちゃうんですよ・・・
そんな素敵な社会科見学

そんな11.6ですが、今朝期限を知らされました。詳細は言えませんが
ご検討の方はお早めに。。。

ではでは
posted by Yuki at 12:32| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする