2018年11月19日

Fireeyeからもドロッパー

Fireeyeがようやくシンプルなドロッパーをリリースする事になりました。
構想1年以上。それだけドロッパー市場も熟成されてきているという事も言えます。

FEDS.jpg
FEDS ドロッパーシートポスト

仕様
材質:AL7075-T651アルミ
配線:ワイヤー式(インターナル)
カラー:ブラック
トラベル:125mm or 150mm
全伸長時の全長:396mm(125)、458mm(150)
シートポストサイズ:30.9mm or 31.6mm
重量
30.9, 125mm = 565g
30.9, 150mm = 665g
31.6, 125mm = 580g
31.6, 150mm = 680g


希望小売価格 29,000円(税込)


FEDS zerooffset.jpg
ゼロオフセット量

FEDS cable.jpg
シフター付属

FEDS cable route in.jpg
インターナル式、カートリッジ式

FEDS geometry.jpg
詳細ジオメトリ


posted by Yuki at 13:56| 千葉 🌁| Comment(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

弱虫ペダルチームも採用するFormosaリム

FORMOSA(フォルモサ)のリムグラフィックはロードとMTBで異なるグラフィックを採用しております。

マウンテンバイクのリムはこちら
DSC_2734.jpg
展開はリムの外幅表記で
・AM32の偏芯リム 
・AM35リム
・AM42リム(スポークホール3mmオフセット)
をメインに今展開しており、対応インチ数は275”&29”となります。
24mm幅も展開から落としておりますが在庫していないだけでオーダーのタイミングで作成することが可能です。
完組ホイールに採用しているリムもこれの28Hとなります。
現在の完組ホイールはAM42でこれからAM35の275/29を製作予定

リムのグラフィックは6時と12時で全塗と芯抜きとなっており、180度回しますと、今度6時のロゴが芯抜きで12時の文字が全塗となります。
カーボンリムではありますが、黒の艶無し塗装でロゴはガンメタカラーです。


続いてロードリムのグラフィックになりますが、リムブレーキから始めましたが今年はディスク仕様にも
ブラック艶無し塗装にガンメタ文字にいたしました。
DSC_2420.jpg
ディスクブレーキはキャリパーブレーキ面が必要としないのでディスク専用仕上げですが、
キャリパーブレーキは高耐熱の素材を配合はもちろんの事、ブレーキトラック面も一つのデザインとしてとらえ

formosaroadrim.jpg
カーボン柄でも写真の様な配列パターンに拘ってみました。
FORMOSAの完組で採用するハブもカーボンを使ったハイブリットなハブとなります。
高級ハブにも採用されるENDURO社のABEC5グレードのベアリングを装備。

リムですが、実際弱虫ペダルのシクロチームで去年からスポンサーさせていただいております。
45733615_1455484217928259_3446615322650476544_n.jpg

幕張のサイクルモードと並行開催のスターライトレースでは
去年前田選手優勝、今年は3位と好成績を収めております。
チームの使用ハブはアメリカの自社生産ハブブランドのINDUSTRYNINE

少しずつではありますが、Formosaを見てもらえて、そしてFormosa(フォルモサ)の意味も知ってもらえて
その先に繋がればうれしいですね♪
posted by Yuki at 10:51| 千葉 🌁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

期間&数量限定シーズンフェア

数量限定…来週火曜日の20日までの期間限定フェアをご提案いたします。

対象はフレーム

1. DabombのSENTINEL(センチネル)アルミハードテールフレーム
特徴は142mmのリア幅でプラスタイヤを履けて、尚且つ推奨フォークが140-160mmまでの
今風だけど既存装備からでも気軽に載せ替え可能なフレーム
ブーストでのシステム変更でお悩みの方へ、載せ替えだけで気軽にプラス規格のタイヤが履けるフレームとなります。
乗り味はすこぶる不思議なぐらいソフト。トレイルで一日乗っても疲れないフレームです。
Sentinel-gray.jpg
サイズ M
カラー グレー のみ


2.EVIL BIKESのクロモリダートフレーム
evil-faction-2-front-three-quarter-no-decal.jpg
テーパードヘッドチューブを採用し、トラックエンド&MID BB採用したBMXの様なテイストダート&パークフレーム
決して攻めすぎてない程よいジオメトリで万人受けするダートフレーム。
サイズ M
1542248663755.jpg


特典または価格の詳細に関しては
全て弊社の取扱店までお問い合わせください
posted by Yuki at 11:28| 千葉 ☀| Comment(0) | スペシャルオファー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

王者のマッドガード届きました。

先日ブログで紹介したイギリスブランドの MUD HUGGER が昨日届きました
DSC_3896.jpg


物は2サイズの写真左側がShortyと右側がFRX
小さな泥除けと大きな泥除けです。それでも左側のShortyは十分に大きいです。


DSC_3899.jpg
26/275/29”をこの一つで対応し、尚且つタイヤは3"まで使用可能です。
そしてフラットなプラスティックではなく、成型樹脂なので最初から写真の様な形状となっていて、
環境を配慮して全てリサイクルプラスティックから作られるという。素晴らしいブランド。


弊社が現在販売しているフェンダー(おまけとしても含む)を全員集合させるとこんな感じ
DSC_3898.jpg

それぞれの重量は
DABOMB 30g
INDUSTRYNINE 34g
Mudhugger Shorty 60g
Mudhugger FRX 81g

それぞれ装着してみました。


DSC_3905.jpg
DABOMB BIKES, FENDER (商品は2枚セット)


DSC_3909.jpg
INDUSTRYNINE


DSC04826.jpg
Huck Norris



DSC_3915.jpg
DSC_3914.jpg
MUD HUGGER, FRX



DSC_3925.jpg
DSC_3924.jpg
MUD HUGGER, Shorty


DSC_3931.jpg
タイヤとのクリアランスも含めてご参考ください。


フェンダーの役割は何のために有るのか。
泥と水の跳ね上げを防ぐのがメインのお仕事。もちろん上の写真で挙げたハードコンディション=完全泥団子レースは泥詰まりの問題も出てくるのでそれはもちろんその場の判断になりますが、サラッとしたドロや水でレース中のゴーグルの視界または裸眼やサングラスへの直撃を極力避けてくれるのがこのフェンダーの凄さでもあり、
ダウンヒルやエンデューロレーサーの王者たちやトップレーサーがスポンサーまたは実費購入して世界で使われております。

実際の検証動画はこちら


肝心な価格はまた価格表やWEBにも反映いたしますが

Mud Hugger
Shorty
希望小売価格 3240円税込み
FRX
希望小売価格 4320円税込み


もっと詳細な比較写真をもっと見たい方はこちらでどうぞ
Facebook Page Albumb → ★★


ではでは。

サンプルとしての入荷で、まずは先行でご予約頂いているお店へ超極少量ですが条件付きで出荷予定です。
posted by Yuki at 15:29| 千葉 ☀| Comment(0) | Mud Hugger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

シクロやロードにもレインボーで

日本に実際入荷してきたホイールを一つご紹介。
オンロードの25c用には違うモデル AR25 TRA
のモデルが使用可能です。

DSC_3868.jpg

こちらのモデルはタイヤ33c〜55cまでの対応であるULTRALITE CX 235 TRA 700C
空気圧がロードみたいに高圧対応不用という事でリム質量の軽いモデルが選択できるという事で
29”のXCでも使用されているUL235リムを採用
重量は 1395g
リムの内幅は23.5mm、外幅は27mm
体重制限は100kgまで


写真はユーザー指定で、前後でハブの色が異なる仕様
今回は弊社のデモ車がきっかけなのかもう1set前後違う色のレインボーホイールがございます。


DSC_3869.jpg


DSC_3870.jpg


DSC_3871.jpg


DSC_3872.jpg


フルブラックであれば
・AR25
・ULTRALITE CX 235 TRA 700C
・ULTRALITE CX 235 TRA 650B
在庫しております。

アルミスポークやハブの色を11色ある中から指定していくことで貴方だけのオリジナルのホイールが出上がります。
高性能・高性能、尚且つ最新規格にいち早く対応するインダストリーナイン。
マウンテンバイクにおいてはアメリカではクリスキング社と肩を並べるほどの評価のメーカーです。
ロードやシクロ、ファットバイクまで幅広く展開するのもメーカー自体が切削やアルマイト設備を完備しているならではの強みと柔軟な対応

今i9社との連携は最高に良い状態です。
日本代理店としてスペア部品を含み、細かいサービスに対応可能です。
posted by Yuki at 09:03| 千葉 ☁| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

カーボンディスクロードホイール今日より出荷

週末に国内仕上げの完組を引き上げて
本日入荷したインダストリーナインの完組と共に検品して本日発送いたしました。
650formosa-road-disc--wheel.jpg

今回の完組はシーズンインとスタートキャンペーンという事で
98000円税込みのカーボンロードディスククリンチャーですが、
ハブは単品物のハブでインダストリーナインと同じ高級ベアリングのEnduro社のABEC5を使用し
スポークも既存の平べったいエアロではなく翼断面形状のエアロであるPillar社のWing20を使用。
ニップルはアルミを採用しているのですが、同じくPillarの最新モデルであるMV14を使用。
リムはディスクロードという事でディスク専用のクリンチャーリムを使っております。
チューブレスレディ構造なので、チューブ入れても良し、チューブレスレディのタイヤも付けられる最新規格のリムとなります。

98000円というプライスでのホイールはもう無いので…ご理解くださいませ。
その代わりもう少しインパクトのあるホイール製作を模索中です。

650i9a35.jpg
マウンテンバイクではインダストリーナイン社の新作ステム。
頑張って製作してるそうです。なるべく今月には入れたいですよね。
なんでも新作はとりあえず入れるのが弊社のコンセプトです。
いち早く日本へ!!!


45449999_1170134153145503_2761273777844125696_n.jpg
お客様からの写真で EVIL の CALLINGでレースイベントでのワンショット
リアサスにPUSH INDUSTRIESのコイル 11.6も入ってます、カッコいい写真ありがとうございました。

EVILも今日!!!やっと今日の夜から明日にかけて今週出荷する予定となっておりますので
大変お待たせしております。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。
EVIL曰く、アメリカ国内とヨーロッパ支社以外でまだ代理店どこも手に入れてないとの事ですが…
日本は早い方であるという事でお許しくださいませ。本当に・・・・1か月ずれました。

今日は検品と発送dayでしたので明日からまた普段業務に戻りたいです。

ではでは
posted by Yuki at 16:56| 千葉 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

サイクルモードへ行ってきました。

本日は幕張でサイクルモード1日目

先週の台北ショーのあとという事もあり、本来は出展側であるべき代理店の弊社ですが、
毎年ながらMTBの露出が減り今年は多分・・・・言わなくても想像にお任せいたします。
MTBの部品の展示会は1月に業者間のみ開催の展示会がかなり濃いのですが…なかなか難しいですね。

海外はそれこそ半々またはほぼMTB市場なのにもかかわらず、その国にはその国の市場があるので
日本はシェア的には間違いなくロードですね。

ただMTBはサイクルモードで見れなくても、MTBが決して下火ではなく表に浮き上がってないだけ
弊社は世間を逆を行く1:9?2:8?的な割合でMTB関係をメインとする代理店なのでご心配なく。

サイクルモード視察後出来上がったロードディスクホイールをピックアップし
帰社するとアメリカのブランド、インダストリーナインが入荷。

これで Fireeye・Formosaカーボンリム・インダストリーナインと入荷による検品作業がたまってしまったので
来週月曜日から検品のスタートです。

ロードディスクの完組ホイールに使われるのは実際単品販売をする
DSC_3835.jpg

FORMOSAのディスクロードハブ。
ENDURO ABEC5グレードのインダストリーナインと同じグレードのベアリングを使用したハブを使用


撮影もこれまた来週の月曜日にでも。
初回特別キャンペーンで98000円税込みで 数セットご用意しましたが
こちらは完売しております。

このキャンペーンで幸運にも手に入れた方はブログやSNSでインプレいただけると嬉しいです。

違う形で完組をご用意いたしますのでお楽しみに♪


45186747_1913590238737705_6367542157397458944_n.jpg

同時にこちらは弊社のキャリパーブレーキ用の完組 定価118,000円税込みのFormosa完組となります。
こちらは岡山県のWAVEBIKES 総社店
https://www.wavebikes.jp/
のスタッフバイクです。いろんな車輪を付け替えての通勤やライドに繰り出しているので特徴、他の車輪との違いを詳しく聞けると思います。

または近くにFormosaの完組ホイールを実際見たい方はお問い合わせいただければ最寄りの実際納品実績のある取扱店をご案内可能です。
無論 MTBも展開しておりますのでMTBも歓迎です。

現在弊社の提供可能商品は以下の通り
「カーボン完組」
MTB完組 115,000円税込み ブーストシリーズのみ AM42(27.5”)/AM35(27.5/29”)
ロード完組 キャリパーブレーキ(チューブレスレディ対応) 118,000円税込み
ディスクロード完組 最終仕様及び価格検討中
「単品ハブ」
ロードハブ 前20H, 後24H
ロードディスクハブ 前後24H, 前後28H
MTB 前後6穴32H、Boost 72ノッチ Shimano




では良い週末を
posted by Yuki at 17:42| 千葉 ☔| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

泥除けフェンダーの詳細。

月曜日の記事で興味を持っていただきましてありがとうございます。
過去記事はこちら http://yuris.seesaa.net/article/462517656.html

単刀直入に言いますと、特に仕事の流れで不具合が無ければ取扱輸入をすると思います。

DSC_3791.jpg
事務所に実際有ったサンプル。
EVILインサージェントから取り外されたRockshoxのリアショックと共に。

ブランド名は MUD HUGGER (マッドハガー)
イギリスブランドとなります。
WEB https://www.themudhugger.co.uk/

何が凄いって。。。フェンダーが役割通りの仕事をしてくれるという事です。

既に先行でいくつか予約頂いており、価格も問合せの有った所にお伝えしております。
予定価格ではありますが、楽しみにしてください。

そしてMud Huggerは役割仕事という事もあり、しっかりとワールドカッパーのダウンヒルやエンデューロレーサーの間で使われているのも事実。
スポンサーにもなっておりますが、

エンデューロレーサー@かつてのDH王者(私の永遠のヒーロー)
サムヒル

max_AspenEWS_G4A0052_541246.jpg
full_AspenEWS_N3X7879_380483.jpg
https://m.vitalmtb.com/features/WINNING-BIKE-Sam-Hills-Prototype-Nukeproof-Mega,1889?mobile=true
より引用

ダウンヒルレーサー、ダニーハート
side-profile-of-danny-hart-s-all-new-mondraker-summum-29-wheel-dh-bike.jpg
https://www.redbull.com/gb-en/danny-hart-2017-bike-check-mondraker-summum
Red Bull より引用


ダウンヒルレーサー、ロイクブルーニー
s1200_MSA18_H1D1647.jpg
https://m.vitalmtb.com/photos/features/MSA-2018-Winning-Bike-Loic-Brunis-Specialized-Demo,11929/WINNING-BIKE-Loic-Brunis-Specialized-Demo-at-Mont-Sainte-Anne,123925/iceman2058,94
Vital MTBより引用



フォークと装着するタイヤによっては若干タイヤとのクリアランスが狭くなるのと、粘土質?な日本ですが、
完璧なマッドコンディションで、あまりにも酷ければその時は最悪のコンディションというわけでどんなフェンダーでもダメなので素直に外せばいいわけで。

普段のライドでスポットで水やドロ水、少し濡れた部分とか少し雨混じりなコンディションなどに
最高のパフォーマンスを発揮する事間違いなし!
ワールドカッパーの使用率がそれを証明してると思います。

なにゆえ目立たない部品ですが、フェンダーが大きい分サムヒルのようにステッカーチューンしてのカスタムも有りですね。

さて…ちょい量のお試しサンプルオーダーが届くまであと少し。。

posted by Yuki at 09:46| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

コイルショックの反撃

海外の情報でとりあげられた軽量コイル
DSC05947.jpg

もちろんチェック済み。というよりも今年も全て見終わらないうちにショーが終わってしまったのもありますが、
たまたまこのブースで少し話をいたしました。
スプリングのメーカーで自転車のみならずさまざまな分野の製品を製作してる歴史のある会社で
今回はいつものスプリングの他に軽量スプリングのPRでした。
SAE 9254 steelを使用し、自転車ではDVOのアップチャージオプションとして採用される!?との事です。
ダウンヒル・エンデューロで高低差の激しい所では、気圧の変動によりエアサスペンションのセッティングが変わるのがよくある話
エアサスペンションの良い所は
・軽い!
・簡単にサグが出せる!
この二点で、つまりコイルの弱点でも言えます。

コイルが軽くなって200gの差に迫り、尚且つサグが出れば・・・・動きに関しては言うまでもないですね♪
どうでしょう!!!ここまで話をして扱うわけではないので話題の一つとして★
もしかしたら既にどこかの代理店がやるとか? それもわかりません。


43635867_10156730361622103_3006208710398705664_n.jpg

PUSH INDUSTRIESの話になりますが、PUSHで採用されているコイルスプリングは
ハイパーコイル社(通称ハイパコ)のコイル
を使用しております。
日本サイト http://www.hyperco.jp/

サイトへアクセスすればいろんなハイパコのこだわりを見る事が出来ます。
とにかく高精度高耐久。モータースポーツで使われている

実際EVILのエアショックを外してPUSHのコイルショック11.6と換装し、その重量差を測ると記憶では200g〜250g?だった記憶が。
それぐらい今のコイルショックの重量が迫っているんです。
確かに昔は重たい車体をとにかく軽くで、エアサスペンション、エアショックを憧れてきましたが、
重量差が縮まっている今、選択肢が復活したのではないでしょうか!?

性能・重量・使い勝手・コスト・性質・見た目
一番自分が良いと思う物がそれなんです。

展示会の規模縮小もささやかれてますが、
欲求の塊で求めれば少しだけ良い物が見つかるかもしれないですよね。

PUSHのリアショックの新しい対応モデルを紹介

45392882_10156753913032103_4753733497577799680_n.jpg
45552074_10156753912967103_5881975664835297280_n.jpg
YETI - SB150



45170213_10156745141012103_7534648667672674304_n.jpg
TREK - SLASH



44835489_10156732171387103_8044980435584811008_n.jpg
Santacruz - Nomad V4



45564879_10156754454322103_7223191971672621056_n.jpg
Transition - Sentinel
posted by Yuki at 09:56| 千葉 🌁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする