2020年01月17日

Production Privee出資のレースチーム

evil-chamois-hagar-gravel-GRX-complete-front-three-quarter-thumbnail2 (1).jpg

本日EVILが入荷しました。
受注分、新モデルのGRAVEL RoadのChamois Hagerのご予約分、
検品後順々に出荷したいと思います。

弊社WEBにて昨日EVILのサイトのフレーム在庫とグラベルロードの情報を更新。
リクエストあったグラベルロードの完成車は税込み68万~。
お問い合わせはお店までお願いいたします。

alex3marin_81764191_2671946509558178_8898441854411511035_n.jpg
※画像はPinkbikeより引用

記事URL→
Alex Marin Joins New 'The Brigade' Race Team

Alex Marinがチーム「The Brigade」に加入。
スポンサーブランドはSR Suntour, Vee Tire, Monkey's Sauce, Hexis energy drink, Kenny, Crankbrothers, HxR
何が凄いって、Production Privee(=PP)もスポンサーとして名を連ねています。
弊社でも取り扱いをしているPPはスチールフレームを世界で認識されており現在ダウンヒルフレームを持っていないので、
今シーズンはSanta Cruz V10にて参戦。

PPは去年秋にFORESTALとのジョイントもあり、今後PPの活動がますます面白くなっていくと予想されます。
チタンハードテールのPPもチラッとPinkbikeでForestalとのジョイント記事で言ってたような。

PPFORE.jpg

今年PPから何か発表されると良いな♪
posted by Yuki at 17:00| 千葉 ☔| Comment(0) | Production Privee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インサートの元祖はハックノリスです。

huck650.jpg

インサート不用論もあればインサートでグリップ力UPまでいろいろと意見や進化がありますが、
一番の根源が2016年にユーロバイクに現れたこのハックノリスでした。
一巡して、今や選択肢国内でも多々あります。

簡単言うとチューブレスタイヤが当たり前の今リム打ちによる
・パンク
・タイヤバースト
・リム破損

これがゲレンデであれば押して駐車場まで降りて来ればいいのですが、回数券でのライドだと痛い…
レース中だと上記のトラブルで勝敗が決まってしまう時。
はたまたトレイルのロングライドで走行不能になれば、1日がパーになってしまう などなど

それを防ぐためにインサートがあります。ハックノリスはずばりこれ↓


Huck-Norris_foam-strip-tubeless-flat-protection-system_flat-with-without-strip1.jpg


ただこれだけ!!

性能に直結するか!? いや!しません
必ず防げるか!? いや!確率を低減するだけ。

いわば、「インサートは保険」的な位置づけとなります。

ハックノリスは何が凄いかというと、ずばり「シンプル&軽量」です。

・パンクしづらくなる
・リム打ちによるリムの変形と破損の防止
・フォーム挿入によってタイヤの装着が楽になる
・リム加工不要・接着剤不要の簡単インストール
・タイヤ装着後のビード上げに普通の空気入れで可能
・衝撃緩和効果があるので今まで以上に低圧に出来る
・耐パンク用にトレイルバイクにDHタイヤが不要になって軽量化
・重量 70g (27.5") 77g (29") 〜85g(公差範囲)
・対応リム(内幅基準) 21-45mm
 サイズはリム内幅基準
 M=27-35mm (2020/1/17 現在)
・Huck Norrisのキャラ・フェンダー付属
・フィンランド製。

国内の希望小売価格 10,000円(税込)
内容 ホイール2本分のフォームとフェンダー1枚



シンプルがゆえに装着が簡単、リムにタイヤ片側はめたら、このハックノリスを入れるだけ
軽量70g-85gの重量で、シーラント多少吸っても120g前後。それでも最小限の重量で軽い部類に入る。

保険という事も有り、ハックノリスも消耗品です。タイヤが摩耗した分だけ、
ハックノリスもヒットに耐えてる回数&確率も上がります。

シンプル・軽量の元祖インサート。

今言える事は・・・・今年の春シーズンに向けて、今現在のトレイルシーズンに向けて、
商材的にも、タイミング条件的にも一番ベストなのかもしれません。
posted by Yuki at 09:50| 千葉 ☔| Comment(0) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

サービス時期の確認

PUSH INDUSTRYのリアショックのELEVENSIXのサービス時期ですが、
基本他社のフォークやリアショックと共通で、ある程度使用期間を基準としています。

リアショックのエアは窒素を使っておりますので、100時間ライド位でオイル交換と同時に窒素チャージを目安としています。
もちろん乗る頻度と程度によって条件が変わって来ますがあくまでも目安としてください。
リアショックのメンテは本国に送っての対応となりますので納期は大体2週間前後と見てください。

フロントのACS3 kitに関しては上側はチャンバーとして使っているのでこちら
acs-air-650.jpg

Oリングやバルブのサービスキットをご用意しております。
Complete ACS3 Service Kit 4500円税込み


これは去年年末取扱店から教えてもらったのですが、ACS3はそれまでトラベルチェンジするには上下のロット交換となって
価格もバネを抜いた4万ぐらいと高い値段とありましたが、今回は最小限のkitがいつの間にか発売されておりました。
つまりまたある程度乗って違うフレームに乗り換えた時、または所有する違うフレームに載せ替える時に
最小限の出費で希望する仕様に変更可能のkitとなります。
1578627495246.jpg

ACS3 Travel Change kit 18000円税込み

同じようなコイルキットが他社にてリリースされていて、フォーク分解して構造物の変更によるトラベルチェンジが出来ますが、
PUSH社のは構造上よりシンプルに出来ている分軽く出来ております。←実はこの重量差が大事
こちらのトラベルチェンジキットはまだ知ったばかりで在庫してないですが、今度のElevensixの入荷の時に少し入れようと思います。


あと面白い物が・・・・
7uPQsa0ITOePQYmoLzE1_evil-lib-offering-orca-black.jpg
ふとEVILの本国サイト覗くと・・・・スノボが売っていた!!!!

そして
DSC_4658.JPG
1年経過したので、また再び艶感全開のシルバーハブを限定で作ろうとおもいます。
今度はロードリムブレーキとディスクブレーキ用も数量限定で展開したいと思います。

ご希望者は”””取扱店”””まで!
posted by Yuki at 13:03| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

イギリスのBTRが入荷しました。

BTR650.jpg

オーダーフレームにつき、全てひも付きとなります。
通算BTRで200前半でうち15%位?が日本に有ると思います。
1年がかりの納期は本当に長かった。オーナー方々大変お待たせいたしました。
こう書くと、直接お届けと思われますが、基本全てお店へ販売しての形をとっております。

同じくワクワクですが、僕はそこから更に届いた荷物を検品という事で、
金額のはる物、占有スペースの大きい物は常にミススペック&ダメージに対する「ドキドキ」も同時にあります。
本日はi9の検品終了しましたが、一つ欠品…これは可愛い物ですが、スペック違いがありました。
ただそのスペック違いが幸い全て良い方向に向いたから良かったですが、昼の時本当に焦りましたね。

今回はホイールの入荷はなく、怒涛のハブとステム。

まだまだ事務所が散乱してます。


写真のフレーム達は、本来であればボツになったローフィニッシュカラーですが、
たまたますべてのオーナーが以前のフラグシップカラーが良いとの事で、やめた原因は経年による錆が目立ってくるという事で
取りやめましたが今回は全員が表面の錆に対する理解を得られたのでこの色で通してもらいました。

DHハードテールのBelter2本。 共に後ろは148mm幅の73BB
フルサスのPinnerに至っては予備バネも付属のsetとなりました。

量産型フレームと違い、ちょっとだけ高いけど、あなたのオリジナルでかつ、
フレームワーク、ハンドメイドのBTRを是非!!!


同じサイズの同じモデルのフレームでも乗り味が違います!!!
この言葉にあなたはどう思いますか??
posted by Yuki at 16:30| 千葉 ☀| Comment(0) | BTR Fabrications | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

Dabombの31.8mmステムいろいろ入荷

いや~昨日も我ながらのi9のA318リクエストに対してフル対応出来てほっとしております。
30mm この色
40mm この色
50mm ブラック と30mmと40mmは全色在庫したので対応出来て丁度良かったです。

A35の35mm版も32mmと40mmは全色在庫ですが、32mmはいくつかは切れていますが、
昨日32mmのブラックがi9の入荷で補充されました。

DSC_6344.jpg

そしてDABOMB BIKESの31.8mmの入荷ですが、一度終わったと思っていた

31.8mmと35mmコンパチのKINGステム!!!

35mmのショートステムである Bullet Shell, ブラック!!!

超絶人気のSHARKステム 60mmと80mm !!!



凄くレアかというと違います!

痒い所のモデルなのです。

その痒い所の再入荷という事で、スペックと造形と価格・・・・
基本弊社は褒める事しか書きません(笑)。

とにかく凄くお勧めなステムたち

魅せるのか、作るのか!?

という事で準備整いました
posted by Yuki at 16:10| 千葉 ☔| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

2020 EVIL BIKES 取扱ディーラーリスト

2020年 EVIL BIKESが見れるショップをこちらにてご紹介
今年の最新モデルなどがご覧になれます。
下記のショップ以外でも、弊社の取扱店より通常にご注文いただけます。


表示順はランダムにて

茨城県 Cycle Maintenance & cafe WINDY
http://windycycle.web.fc2.com/index.html

埼玉県 AST bikes
http://www.astbikes.com/

千葉県 Villagetop Bicycle
http://vtopbike.exblog.jp/

東京都 りんりん自転車館一之江店
http://www.rinrin.shop-site.jp/

愛知県 KATO CYCLE
http://www.katocycle.com/

東京都 小川輪業
http://ogawaringyo.com/

東京都 トレイルストア
https://www.thetrailstore.com/

静岡県 バイシクルわたなべ浜松店
https://www.bicycle-watanabe.co.jp/hamamatsu/

大阪府 Function Junction
https://www.fun-jun.com/

静岡県 Gonzo Perfomance
http://www.gonzosperformance.com/

山梨県 カルノーサ
https://www.carnosa.net/

群馬県 サイクルショップ重力技研
http://www.gravity-lab.com/

神奈川県 GROVE宮前平
http://grove-miyamaedaira.com/

高知県 Swankys
http://www7a.biglobe.ne.jp/~swankys_mtb/

神奈川県 Will Bicycle
https://www.willbicycle.net/

長野県 グリーンラボラトリー
http://www.greenlaboratory.co.jp/




maroubralife_80747061_157359232272087_9199342276111855724_n.jpg
posted by Yuki at 10:38| 千葉 ☀| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

Formosaハブ+マイクロスプライン到着

弊社 Yuris 本日より仕事初め
2020年1月6日

新年の抱負
「自分もワクワク!全力疾走!」

という事で特にいう事も無く、朝一4ブランドから入荷がありましたので
年末の入荷と合わせて午後から検品作業。

年末の目玉は
・Bikeyokeの空気入れ500psi仕様
・DABOMBのダイキャストペダル Double Cross(ダブルクロス) 7400円税込み
doublecross.jpg


そして2020年を飾る一発目の目玉商品はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Formosa MTB HUB, マイクロスプライン
リアは 148*12 と 141*5mm 対応


MS-formosa.jpg

お待たせいたしました、弊社と工場の食い違いで本来であれば去年には手にできましたが、仕様が違っていたので作り直しとなりました。
こちらはもうサンプルでもなく、販売在庫としての入荷となります。
出荷は秋にご予約頂いたお店から順々に明日より発送していきたいと思います。

少なすぎず、多すぎず72ノッチのEnduroベアリング ABEC5グレード採用のFormosaハブとなります。

まずは入荷した物の検品させてください
posted by Yuki at 12:50| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

本日営業最終日

夏過ぎると台風15号と19号来襲。気が付けば2019年仕事最終日。
今年は夏以降があっという間に感じた今年の後半でした。
自分の中では後半仕事として完全燃焼Modeじゃなかったのが少しの悔いであります。

今年はProduction Priveeの取扱を春にスタート。9月には業界小売店向けの展示会を開催したり、
今やSNSで最新情報を手に入れたり、他の代理店では当たり前のように展示会が開かれてますが、
自分でやりたい!そしてそれで賛同頂いた代理店に感謝!また半年後ぐらいにやれればと思いますが、
同時に来年は一般向けにコアな展示会もやってみたいと考えております。いや、目標にしたいですね。


先日、「出生率戦後最低水準」というニュースを目にしました。
10年後、20年後 日本市場のMTBはどうなるんだろうか、うち@Yurisはどうなるんだろうか
それを考えると現時点では正直心配です←真面目に
趣味・娯楽の業種なので日本が平和だからこそある仕事だし、それを選んで覚悟を決めてるわけで、
なんとか打破出来るような「何かを」他の業種ではなく、このスポーツサイクルの業種で見つけたいです
こんな小さな代理店、私と相方の二人の代理店ですが、ご要望頂きありがとうございます。
ワクワクする気持ちを忘れずに来年も引き続きいろんな事にチャレンジしたいです!!!


doublecross.jpg
↑本日の入荷の新商品(DABOMB・BIKEYOKE・XON)のうち二つを抜粋

今年も1年間ありがとうございました。
今日でYurisの最終日ですが、残り数日家族サービスと自転車遊びに没頭したいと思います。

合同会社 Yuris
篠塚
posted by Yuki at 16:13| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

コクピットカスタム(ステム編)

コクピット回りのカスタムと言えば、ハンドル・ステム・グリップ、細かいところまで突き詰めればヘッドセットのキャップまで行きますが、
今回はステムをご紹介

DSC_6258.jpg
こちらは弊社が今取り扱いをしているブランド左からFireeye,真ん中がDABOMB、右がIndustrynineのステム箱。

自転車につくのはステムですが、弊社から発送する時は箱に入った状態なので、
入れ物も含めて一つのパッケージとして見てます。
多分お店で展示されるときは箱は破棄されるのですが…実際はこのような箱に入っています♪

それを全て開けていくとこちら


DSC_6282.jpg

DABOMB
ブラウン=Berreta35(ベレッタ)
ブルー=Rifle Grenade(ライフルグレネード)
シルバー=Bullet Shell(バレットシェル)

Fireeye
ライムグリーン=Talon AM(タロンAM)
ブラック=Talon FG(タロンFG)

INDUSTRYNINE
ピンク=A35


細かい仕様と価格は弊社のWEBまたは価格表をご覧ください
他にXCやちょっとおしゃれ用途のステムもありますが、今回の掲載してるモデルは現在MTBのトレイル向けに最適なステムとなります。

DABOMBとFireeyeは丁度お手頃価格のステムとアルミブロックから削り出したステムの2グレードがあります。

DABOMBはこちら
DSC_6261.jpg
31.8mmクランプのステムBullet Shellは今では少ない貴重なシルバーがあり、もちろんシルバー党の私でもあるのであえてこのモデルはシルバーをチョイス♪
35mmクランプは2モデルがあり、安い方がブラウン色のBerretaステム、上下挟み込みタイプの青いRifleGrenadeステム
黒と青部分の合わせ目ですが触ると全く段差がなく凄く綺麗に仕上げられてます。


Fireeyeはこちら
DSC_6271.jpg
ライムグリーンのTalon AMが削り出しタイプのステムで
黒いのが鍛造タイプのTalon FG
Talon FGは現在45mm突き出しの黒のみとなりましたが、また次回作に期待したいですね。

DSC_6279.jpg
インダストリーナインのA35ステム
35mmクランプがA35
31.8mmクランプはA318というネーミングで非常にわかりやすいです。
そして削り出しの母体会社という事も有り、精度に関してはハブのインダストリーナインで知られているのであえて言う必要もない気がします。
生産体制の中で削り出しと自社アルマイト環境を持つという強みで生まれた一つのカテゴリ。。

以前他に何か作れそうな物のリクエストを求められましたが、とりあえずペダルを!!!とお願いしてみました。
あくまで自分の思いをぶちまけただけですが、今後に期待します。

このようにズラッと並べてみましたが、突き出し量と色展開、ほぼ90%はカバー出来てると思いますので、
WEBでどのモデルどの色、とここまでは確認できますので想像膨らませると思います。

フレームをスイッチするのは簡単ではないですが、周辺パーツは気軽にカスタムが可能です、
仕様の違いも有るので乗り味を変える事も含めて是非一度ご検討ください
posted by Yuki at 11:29| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

ダートジャンプフレーム入荷予定

DSC_4688.JPG

BTL BIKES, 702

ロット買い占めました。
写真の mid night
キャンディレッドのHotrod
艶消しブラックのBlack OP

既にオーダー頂いてるお店を除き、在庫として入荷しますので
基礎や遊びバイクをご検討の方は是非チェックしてみてください。
今回全て買い占めたので、切れると暫く入荷は無いです。
posted by Yuki at 15:10| 千葉 ☁| Comment(2) | BTL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする