2024年03月22日

REVELの旧色片側(赤)完売。グラベル入荷予定

rail29 sold out shred velvet.jpg

昨日の情報公開からの即決ありがとうございました。いろいろ日本経済が厳しい世の中ですが、
ブランドと常に対話し難しい現在の日本にとってどれが一番いい着地点を探した方が良いのか。

弊社代理店と言えども大量に入れてるわけではなく、少量ではありますが、
まんべん無く在庫し常に需要にアンテナを張りながら運営しています。
国際送料が高い今、マイナスにならなければ必要に応じて単発でもエアーを飛ばしたりしてます。

大量に在庫抱えて、滞留してセールという手段で流通させる。
大手ブランドはまた持ち直す体力ありかもしれませんが、中堅以下は一度その価値が定着すると回復するのに凄く時間かかるし
もしかしたらそのままその位置に留まる可能性も有ります。

少なくとも弊社は販売しつつも常にブランドの立ち位置を今までの経験を通して考えるようになりました。
台北ショーでもまた違うジャンルで大きなブランドから話が来ましたが、それの展開をすると今のバランスが一気に崩れえるので
時に欲張りも良くありません。

在庫もそれなりにしてますが、コロナだから在庫過多も無く、いつもよりも少しだけ在庫はあるかもしれませんが、
弊社なりにコントロールしてるのでご安心ください。
メーカーからのプレッシャーを調整しつつ国内でノビノビとやらさせていただいております。

という事でREVEL 旧色のRail, Lead King
1710975264335.jpg

EVIL BIKES, 旧モデル(と言ってもUDH リアハンガーの際程度)のOffering, Wasabi shadow
1710975588132.jpg

引き続きよろしくお願いいたします。

427994734_10163399139315760_5746054155032872379_n.jpg

気になるREVELのチタンフレームTiradeをやっぱりバイクにしたく、意を決してオーダーするも在庫NGとの事で、
次の入荷が数か月先と言われ意気消沈。。。代わりにグラベルのROVER現行色 オーロラ size M を入れます。
1711063940198.jpg
1711063956145.jpg
1711064255129.jpg
1.ケーブルフルインターナル
2.1x駆動システム。前は50tまで対応
3.タイヤは700*50c/27.5*2.1まで対応

自分のROVERはミントですが、組み上げたらこんな気軽な感じで再度「町」中走りたいです♪

楽しみぃ~

ではでは

posted by Yuki at 09:07| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | REVEL Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月21日

YETI 往年のASRが復活





日2投稿目。多分皆さんは私以上に詳しいと思いますが、あえて発表しますと
YETIから19日、日本時間20日に以前モデル名として有ったASRが新しくなって帰ってきました。

433633609_805839398251832_9057473906647815716_n.jpg

433654271_805839361585169_3993514973679238970_n.jpg

ASRは今ラインナップされているフルサスペンションとの大きな違いはYETIの可変ピボットの代名詞と言われるSI(スイッチインフィニティ)が搭載されてないという事です。
以前のイメージとしての軽量フルサスペンションで尚且つフレームのリアバックをしならせる””フレックスステー””をやっぱり今回のASRにも採用しました。

もちろん以前の技術ではなく、当時のASRは2000年ちょいあたりのモデルでしたので、20年ぐらいは進化して、今のフレックスステー再登場となります。

展開はフレーム基本三色
433500833_947097087204568_4144348120000241386_n.jpg
ターコイズ

433446363_947097080537902_430955471819837112_n.jpg
グレイハウンド

433436104_947097100537900_3078823020455559023_n.jpg
スプルース

完成車イメージはこちら、
構成は 単品フレームを採用するTシリーズと普及版カーボン材質で同じ強度を保持するため225g重いCシリーズ
433472700_947096617204615_7126524424551940814_n.jpg
432267459_947096663871277_3231682362436436189_n.jpg
432056907_947096640537946_64205276919177527_n.jpg

そしてフレームに設定が無い完成車のみのアルチメイトのT5 ULT XX SL。
フレームは単品よりも更に130g軽く1800gちょいに収まり、尚且つ内装ケーブルはリアブレーキのみという
完全軽さに振ったワイヤレス仕様の完成車だけに用意した特別フレーム
432052813_810128331153215_6801884860489757743_n.jpg
431531223_947098370537773_3005355569375109796_n.jpg
シフトとドロッパーはワイヤレスしか対応しない完全にぶっとんんだ仕様。


乗り味はPINKBIKEでも紹介されてますが、カリカリのXCよりも115mmらしいソフトで軽快な乗り味で
他のショートレンジフルサスペンションと比べてもより適度に動いてくれるフレームとの事で
上りに関してはやはりそこは良く路面をとらえるサスペンションになるのでダンピング調整が必要とありますが、
YETIのSIが無い分軽くて、今風のジオメトリで66.5度と程よく寝ていて、神経質になり過ぎないハンドリングがリラックスして乗れる肝との事。
SB120乗りとしてちょっと気になるPINKBIKEのインプレ
参考リンクはこちら → 


価格もゆえに
本国13900ドルと単純計算で230万税込みの車体です。

また価格表にこれから反映しますが、

YETI ASR
希望小売価格 69万税込み

完成車はのちほど反映していきたいと思います。

とりあえずMサイズのターコイズを先行予約分で数本確保してます。
他はまた落ち着いたら徐々に在庫増やす予定。

p5pb26237553.jpg
433633609_805839398251832_9057473906647815716_n.jpg

ではでは
posted by Yuki at 09:58| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | YETI Cycles | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

REVEL Bikes, ロングレンジのモデルRail29に新色追加

おはようございます。
週末からREVELとYETIの新物発表もあり、慌ただしいリリースラッシュです。
YETIは予定として聴かされてますが、REVELはRASCALのデビューが本当の新作でよりロングトラベル155mmのRAIL29も新色として追加されてました。
433110238_830698472416441_6599960037184130337_n.jpg
433194456_830698389083116_8558241612984164008_n.jpg

WEBとしてはRAIL29 170とありますが、完成車パッケージが従来160mm前フォークに対して、前170mmフォークへと採用変更です
フレームに関しては具体的に変わった部分は無く色のみの変更となります。

より明確にわかる色としてこちら
433119515_831598218993133_2308244523253723432_n.jpg
FLOW STATE (フローステート)

432633551_831598258993129_3238339876395370267_n.jpg
COWBOY COFFEE (カウボーイコーヒー)


まぁ~あれですよ。落ち着いたブルーにブラックの2色ですね。

完成車にするとこんな感じ。
433104093_831598235659798_7392205688936964360_n.jpg
433095525_831598262326462_865078634723442744_n.jpg

Rail29
希望小売定価 598,000円税込
 (価格表反映済み)


言い方悪いですが、RAIL29 160(以後、Rail29 旧色)との比較は完成車の区別で 160と170。あとは色が違うだけです。
ちなみに在庫で最近本国当時セール時に抑えて新型RASCALと入れたRAIL29 旧色は価格セール据え置きの49.8万。
Mサイズ各色1本ずつ在庫してます。


1710975299437.jpg
1710975264335.jpg
赤が Shred velvet cake(シュレッド ヴェルベット ケーキ)
ダークメタリックブラウンがLead king(リードキング)

Rail29 旧色
希望小売価格 498,000円税込


miteyo oreno revel.jpg
650 rover solix.jpg

見てよ。俺のバイク、REVELの
赤いRail29とこれから組み立てるグラベルROVER(ローバー)去年取り扱いの時点で新モデルや新色を知ってましたが
自分はあえて「乗りたい色に乗る」を選択しました。

欲しいと思う時に手にする時が一番価値がわかる時。
もちろん様々な理由により一旦我慢するもやっぱり欲しいと思えばそれが本当に欲しい物でもあります。

Rail29新色と旧色は全く傾向違いますが、ダークでも旧型はダークブラウンメタリック、新型は写真見る限りブラック。
色違いで10万。。。ちょっとした車やモーターバイクの特別色オプションのアップチャージと思えばワケないですね。
と言いつつもやっぱり10万は差が大きいので、旧色はMサイズ今月あえて入荷させたばかりですが、
気になる人は是非これを機会に。

国内だと選ばれ人気のダークブラウンで行くか、私のデモバイクと同じ赤で行くか。(笑)


ちなまみにEVIL BIKESの1個前のOffering(リアトラベル140mm), size M, Wasabi ShadowもこちらもあえてEVILヨーロッパから引っ張ってきました。国内1台のみ
希望小売価格 50万税込み (3/21現在)
現行 Offering LSとの違いは UDHハンガーとリアショックマウント部分の取付仕様利便性向上の2点のみ、ジオメトリ変化無
・UDHハンガー SRAM新型無線つけない人にはどうでも良い規格
・リアショックマウント部分の取付仕様利便性向上 =旧型のコツ教えますので面倒でも何でもない
・1年ごとベアリング無償支給
限りに無くブラックに見えるワサビシャドウで140mmの万能モデル。
1710975559168.jpg
1710975588132.jpg
本国にはもうX-Largeのみの在庫。
どうでも良い話ですが私はこの型の黒から現行のLS赤に乗り換えた OfferingからOfferingへ(笑)


私から見たらチャンスの3本の49.8万と50万のカーボンフレーム
価格的にはとても高いですが、かっとび系のEVIL、優等生のREVEL 
価格は同じでも乗り味は全く違います。

ではでは
posted by Yuki at 08:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | REVEL Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月19日

1周は360度。605ノッチのロードハブ。即駆動繋がるインダストリーナイン



時代というものは便利なものでYoutubeで字幕をonにして日本語にすれば大体の意味がわかってしまう便利な機能。
まだ信頼性が時々怪しい時も有るけどDaveの説明も多分翻訳機能で適正な意味に訳されるように意識して話してるような気もします。

solix 650 650 650.jpg

インダストリーナインの新型ハブはMTBはハブシェルだけ全世代のモデル流用して今のHydraになっていますが、
ロードに関しては全く一からの新設計になっています。

1.ハブシェル
波形フランジはシェルを軽量化しつつも強度を確保するためのデザイン。

Industry-Nine-Solix-SL-AR40-wheelset-review-27.jpg

2.ベアリング、構造
5爪でも回転抵抗の低減として爪の形状やバネの強さの見直しをし、コンタクトシールのレイアウト変更やベアリングをドライブ側とディスク側を同サイズにしてハブシェルにかかる負荷を均等に分散させ、ベアリングも接触型ベアリングにし耐久性を上げています。



A.jpg

上の図は(下側)Hydra MTBの時より発生するベアリング同士が軽くタッチするケースから学び(現在は軸にストレスワッシャ追加してマイチェン済み)、SOLiXハブはワッシャを二か所に設け、ベアリングの位置変更により応力集中によるストレスを排除した設計となります。

17108055911fff54.jpg
写真は VELO site より引用

MTBは低速でテクニカルな要素を含むライディングが必要な場面も有り、120ノッチから一気にとんで2周まで行かないけど690ノッチという細かいノッチのハブで素早いペダリング入力を容易にしてきた代わりにどうしても6爪の回転抵抗があり、Hydra構造のままではロードでは不利だった事から全てを一から設計したとの事。


Solix完組ホイールは全てで14種類のモデルがありますが、
各用途にそしてアルミスポークを採用したGモデルなどがラインナップとなります。

参考サイト VELO → ★★

ハブ単体は 前後 115,000円税込み
ホイールはこれから価格表へ反映していく予定です。

ハブは前後それぞれ24Hと28Hと各半分ぐらい入ってきてます。ロードは完組全盛ではありますが、
グラベルやアドベンチャーであれば手組ホイール需要も有ると思います
まずはハブだけの入荷ですがわけのわからない605ノッチの世界を味わいたいドロップバーのオーナー達は
騙されたと思って使ってみてください。

病みつきになります。そして是非あなたのバイクに色気を取り入れて下さい。

視覚だけでなく聴覚にも刺激を!!!


ではでは




posted by Yuki at 09:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月18日

月曜日なので言いたい事が一杯。

月曜日はたまった話題も多ければ土日のたまったオーダーも多々あり、
淡々と言っていきます。

DSC00350.jpg

写真でよく写っていませんが、先日お話したインダストリーナインのストレートプルハブを採用するSシリーズが
徐々にJ-bendタイプのハブにシフトしつつあり、通常であればJ-bendになりますが、
ストレートハブ採用のホイールで弊社の残り在庫は以下の通り

27.5”
・Trail S
・Enduro S
29”
・Trail S
・Enduro S
・Trail S Carbon

Enduro S Carbonはこれから受注分(確約分)と弊社の在庫をオーダーしますが、実質これがストレートプル仕様のラスト便と思って下さい。
色遊びは出来ないけど少しでもフラブシップのストレート構造(Sシリーズはステンレススポークが故にスポークの入手性が良い)に
近づけたい方、ご検討の方はラストチャンスです。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



P3080658.jpg
P3080652.jpg
P3060544.jpg
台北ショーのDabombブースでチラッと有った。
マットグリーンカモのハンドルとステム、新色とハンドルは新作採用色ですが、実際今度入れようと思います。
価格や詳細をこれからDabombと確認いたします。またお知らせします。
3枚目のはなんとなくキャプテンアメリカカラーと自分のイメージですが
こちらは参考出品なので欲しい人は是非教えてください。



DSC00361.jpg
DSC00360.jpg

時々聞かれますが、Formosaのコンプライアンスにとことん振ったカーボンリム
各 32Hと28H
・930TR Trail前後、またはEnduro前
・930EN Enduro後 または Enduro前後
・730TR Trail前後、またはEnduro前
・730EN Enduro後 または Enduro前後


実際去年の夏比較するために作成したホイール。テスト完了につきお店への貸し出しが可能になりました。
仕様は
32H
リム 前930TR (470g)、後930EN (500g)
スポーク Pillar エアロスポーク WIng20
ニップル Pillar MV14 アルミニップル
ハブ Formosa MTB Boost Hub

コンプライアンスに振ったカーボンホイール。アルミホイールのような乗り心地、だけどアルミホイールには無い推進力のあるホイール

レンタル希望店はリクエストお待ちしてます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

650 rover solix.jpg
REVEL BIKES グラベル ROVER
フレームとホイールと詳細部分は揃った。残りはブレーキキャリパー
中国ブランドのLEWIS Brake(ルイス)のこれを使います。
a9f42698ac62996f.png_20240109163714_800x800.jpg
2_a6b7a5f1.jpg_20231114185008_800x800.jpg
3333_02bfdb38.jpg_20231114185027_800x800.jpg
77777_c03309d7.jpg_20231115115650_800x800.jpg

せっかくなので使うのはピストンとボルトをチタン採用のグレードに
1111_7f550af7.jpg_20240109164802_500x290.jpg

色展開はこちら
22222_c7dc368b.png_20240109162131_800x800.jpg
11111_78878b4c.png_20240109162124_800x800.jpg
33333_83836c13.png_20240109162137_800x800.jpg
posted by Yuki at 09:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUSHの倒立フォーク、人気あり過ぎて水面下で受注停止となりました

2月19日前後にPUSHの倒立フォーク発表されまして、事前にプレオーダー入れた3本のうち
代理店へは最低限1本を発表日前後に出すという事で、日本には弊社が先週取り付けた倒立フォークNINEONEがその唯一の1本。
実際装着してみて、感じた事やメンテシムとして実際ばらしてみたり思ったことをPUSHにフェードバックをします。
その為の1本だと思っています。

DSC00354.jpg

残り二本は
千葉県 Villagetop様 (フリー在庫?)
静岡県 Gonzo Performancebike様 (フリー在庫?)
への割り当てとなります。


残念ながらPUSHでは公式に発表してませんが、オーダーが自社生産の生産キャパ遥かに超えたため先週木曜日に代理店向けに今後の納期を明確にするのに一時受注停止という連絡がありました。
対象は発表日以降全てのオーダーとの事なので残念ながら納期が一旦不透明となります。
但し順番はそのまま入っているのでPUSH内部でスケジュールが明確になった段階で受注を引き受けるとの事です。

なので現状国内の受注公開しますと 受注開始後の引き渡し順番
東京都 トレイルストア様 (客注?)
京都府 一条アルチメイト京都様 (客注?)
愛知県 カトーサイクル様 (フリー在庫?)


今回は具体的な入荷を開示とさせていただきました。
トラベルチェンジは内部の構成変更だけで、体重別のバネは弊社在庫完備するし、実際UserレベルのDIYでバネ側ばらしてみて自分の想像よりは簡単な気がしました。

DSC00345.jpg
黒ローター、ブロンズレッグ、ブラックキャリパー。お互いを邪魔せず渋い共演でしょ?♪




DSC00350.jpg

キャリパーは今愛用する中国ブランドのルイスブレーキ。かなり良い仕事してくれてます
NINEONEの29と275への変更は恐らくこのブロンズ部分のオフセット部品を変更するだけじゃないかと推測。

残念ながら一時受注停止で、定価はお世辞にも言えず税込み39.8万とかなり高く
実際海外でも高いコメントが見られるけど、他あまりやってない分野だし、
PUSHのこだわりが細部いたるところに見られるのでそれが価格に反映してくるのかなって思いました。
複雑な機構ではなくシンプルの中の一つ一つにこだわりを持っています。

作業していただいたVillagetop様より
コラムカットしたけど、このコラムメチャクチャ硬く切るのに時間がかかったと有って、改めて思い出すと
動画でなんとなく聴き流してたけど、オーナーのダレンが
オートバイと違ってダブルクラウンではないので剛性確保が凄く重要でコラムにも・・・・といろいろ話してたのがそれなのか?
とりあえず今週PUSHとフィードバックと共に答え合わせを使用と思います。



posted by Yuki at 09:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月15日

ロードバイクに605ノッチ数のハブが出た。その必要性は!?果たして

昨日の深夜かと思っていたら夜9時前ぐらいに発表されました。時差による発表はなかなかつかみづらいです (笑)

Yuris---i9-SOLiX 1 - 1500x1500.jpg

インダストリーナインからロード向けに第二世代のハブ SOLiX(ソリックス) がリリースされました。

2024_Sedona_MTB_Fest-80.jpg

MTBのHydra(ハイドラまたはヒュドラ)の6つ目と違って、SOLiXロードハブは奇数の5爪で121の溝のリングを超微細な0.59度という数字で噛み合わせて605ノッチを実現させてたシリーズ

solix hub i9 yuris.jpg


写真のように実際もう既に入荷していて、24Hと28Hと生産順序の都合で全色は来てないですがそれぞれ半分ぐらい到着しています。
フリーもCampy以外頼みましたが来たのはShimanoHGのみ。XD-RやShimano MS-Rは来月以降になると思います。

重量は
前 110g
後 223g
本国定価 695ドル
日本国内希望小売価格 115,000円(税込) ペア

SOLiX Classic Hubset.jpg
SOLiX Freehub face.jpg
SOLiX Freehub HG.jpg

言うまでも無く、ドライブリングや爪は工具で使われるA2工具鋼を使い、精密ワイヤーEDM(放電加工)で精密に切り出されています。
MTB以上にロードで爪の回転とスプリングの圧を調整し、ベアリングの接触シールの見直しして、抵抗とホイールノイズを最小限に抑えましたのがこのSOLiXシリーズ。
MTBもやってる方ならインダストリーナインがロードを作る場合、MTBのハブをロードに置き換えた場合、どこを伸ばすかなんとなく想像してもらえると思います。

面白いのがフランジの波形デザイン、24Hと28Hはそれぞれ専用設計で真円から穴をあけるのではないから私的にはMTBよりコストかかってるんじゃないかと思うぐらい綺麗な波形CNCです。




限定ブロンズの時に本当にプライベートで去年の時点で教えてもらったソリックスシリーズ。
使ってみたかったけど、私は結局 限定ブロンズに流れてしまいました。
とりあえず REVELのグラベルを作って暫くこの限定カラーのTorchブロンズホイールを使ったらまた考えます。

PS 私はとりあえず限定という響きに負けました。だけどいつでもSOLIXホイールは作れる。
   これも代理店の特権ですね(笑)

650 rover solix.jpg

ではでは


posted by Yuki at 17:10| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月14日

""MTB"" REVEL(レベル)ってどんなマウンテンバイクブランド?

マウンテンバイクブランドを好きになるきっかけって何ですか?
横のシルエット?構造や性能?色?ブランドコンセプトやストーリー?


弊社が取り扱うブランドで EVIL(2016)、YETI(2022)、REVEL(2023)と有りますが、
共にカーボン素材をメインとするフレームブランドで、価格帯はそれなりにします。
ただそれぞれ皆ストーリーがあるし、サスペンション構造も違います。

今回はREVELについてどのようなブランドかを説明したいと思います。
ブランドのホームページや本国がスポンサーするライダーを見て、パッと思ったのはレースで速さを競うような事も無ければ、激しいアクショントリックをバンバン繰り出すような事も無く、アクショントリックをやる人もいれば、アドベンチャーやMTB女子ライダーもいたりと幅広く、REVELのカテゴリに関してもマウンテンバイク、グラベル、ファット、プラスを網羅したラインナップとなっています。

428665367_816586443827644_3250443405545185895_n.jpg

417561555_823898419763113_5119537640645717650_n.jpg


一番REVELらしさが出てる動画がそれこそ先ほどREVELのFacebookにアップしたこの動画にREVELのブランドイメージの全てが詰め込まれています。




マウンテンバイクを衣服のように生活の一部として捉え、マウンテンバイクで出来る可能性遊べる可能性を常に意識していて、
REVELが思うイメージを自らショート動画という形であらわしてみました。
これはホームページを通してではなく、私自身がREVELを取り扱う中でREVELの数人に具体的に「どのようなブランド?」と聞き
その通りの動画だと今回確信しました。
チラッと出る世界を旅するオーナーのAdamはInstagraで東南アジアにいるかと思いきや先週末開催されたセドナフェスティバルにも表れて。
ホント凄い人だなぁって思います。旅を通してREVELの広めつつヒントを探してるとも言ってました。やっぱり視野は広くないとね

430206117_18300644125195539_8656863425916315538_n.jpg
430816191_18300644122195539_4309823258564446706_n.jpg
432287093_18300644101195539_4640257283397506037_n.jpg

写真はセドナフェスティバル、新型Rascalの二つの色

こちらが弊社に到着した現物のMサイズのラスカルです。リア130mmトラベルのREVELにおいての万能モデル
DSC00281.jpg
手前に写っているのは現在日本に入ってきているPUSHの唯一の1本の倒立フォーク。
今日あと少ししたら赤いREVELのRAIL29取り付ける予定です。


個人的に気になった先月末発表になったチタンハードテール Tirade
何が凄いってSINGERを作ったのでこれは凄いとビックリしてるのが、スライドエンドの部品までもしかしてチタンじゃないか?という件

428019006_812690357550586_8900229243427696273_n.jpg


ちょっと一台作りたくなりました。

クロモリ SINGER
カーボン YETI ARC
チタン REVEL Tirade
アルミ Dabomb Sentinel

う~ん、悪くない!!



ではでは

posted by Yuki at 08:30| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | REVEL Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月12日

PUSHの倒立フォークの他に必要なもの?

おはようございます。昨日月曜日に先週の海外出張もあり、昨日まとめて入荷しました。
・REVEL 海外出張一日目(受け入れのみ、新型RASCAL)
・PUSH メンテナンスリアショック、倒立フォーク1本Yuris向けのみ
・INDUSTRYNINE 毎月定期便 

INDUSTRYNINEからは 3/14(日本時間3/15)に何かが発表される予定
431826508_805329364956310_3689117509514032765_n.jpg

台北ショーでSINGER向けのUDHハンガーを持ち帰りました。、現行タイプと違ってスライドエンドがUDHなだけで、
新たに148mmBoost軸(172mm*P1.0mm)とUDHのハンガーが必要になるので、次のロットにUDHを適用となると純粋にUDHハンガー部分のコストが乗ってきます。
UDH 650 singer.jpg
実際プロトに取り付けた写真。軸はYETIのリア軸が使えたので流用。
スライドを止めるボルトの間隔が広く、尚且つスライド設計の都合上チェンステー長が従来の最短415mmから2cm下がって、最短435mmになってしまいます。後ろへの移動量も10mmぐらい。
乗ってみると違和感なくマイルドなバイクに変貌を遂げてます。
他のブランドを見るとやはりUDHあとから対応させようとすると構造上チェーンステー長が後ろに伸びる傾向にあるようです、最初からUDH設計にすると415mmまで行かないにしてもいくらか近づけられるかもしれませんが、フレームのシルエットや製造ジグがリセットされるのでいろいろ模索中。ととりあえずコストを抜きにした話。
次のロットを全てUDHで採用するか、オプション扱いで用意するかこれから詰めていこうと思います。





inverted fork push 650 yuris.jpg

PUSHの倒立フォークですが、今わかってる時点でお話ししますと29”からの先行販売
・275”は夏以降にリリースですが、多分下のマウントブラケットを変更するだけだと思うので実質1本のフォークで部品の付け替えで275/29”へと変わる?(オフセット違いのブラケット)
・ストローク変更はフォークを開けて内部のピン位置を変更する。詳細は下の動画にオーナーDarrenが自ら説明しています。
・コイル仕様なのでストロークに応じたバネレートは既存展開するACS3 kitのコイルレート参考と同じように選ぶとの事
 ※ACSと同じ色分けでもACSのバネと共通ではないのでご注意下さい。

上の写真が日本に届いた最初の1本。木曜日に装着する予定です。

参考バネページ
https://www.pushindustries.com/products/acs3-fork-coil-conversion-kit




日本、弊社ではPUSHのサービスセンターとしては機能しませんが、責任もってPUSH本社に発送してメンテナンス業務を承っています。
そして・・・・ほんの些細な事ですが、弊社PUSHにディストリビューターとして認めてもらえました~♪
Yuris PUSH.jpg


ではでは
posted by Yuki at 10:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月07日

台北ショー二日目

昨日は朝からホテル脇にある台湾の伝統市場へお邪魔して散策しながら伝統の朝食
P3060530.jpg
P3060531.jpg

中正記念堂付近のホテルはそれほど高くなく、いろんな定番グルメが集約されててなかなか良い所
家族旅行にはちょっと物足らないかもしれませんが、手頃にアクセスの良いという条件であれば最高ですね
来年も多分ここ使うと思う。

P3060538.jpg


台北ショー行くようになってから毎年挨拶するケーブルのブース。以前ドクロ柄のシフトケーブルを取り扱った会社が
今度油圧ホースでとても柔らかいケーブルをリリース。派手柄限定ですがこれが黒かシルバーが出来ればちょっと面白いかもしれないです

P3060541.jpg
P3060544.jpg


DABOMBで今度新しいハンドルApache2の変形版にシフト。写真だと緑カモで上から5番目
下から4番目の金カモはクランプ径35oのスティンガーミサイルの従来のモデルに新色で追加。

P3060552.jpg


ピラーは新たにテンションメーター2種類を追加。今後の詳しい注文の摺合せ


P3060560.jpg


Singerフレームの新しい企画の作品。見やすいようにローフィニッシュ、本当のローにクリアコートだけ。
とりあえず今在庫切れてるのでショートをスポットでオーダー可能、そしてUDHハンガーの仕様確認がとれました


P3060573.jpg


ゲリラ参戦のBIKEYOKE。昼食の時にもらったパーツ。
発売いつかなって思ったらもうPinkbikeで発表されてた。
実際使ってて思ってたことが製品化されてちょっと嬉しくて帰国したらすぐ付け替えて試してみようと思います。


巻きでブログ日記簡単ではありますが書いてみました。

では二日目行ってまいります。

昨日配った名刺。。。。たったの二枚。。


一応仕事してます 苦笑。

ではでは
posted by Yuki at 08:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする