2017年07月06日

スポークを比較する

spoke1.jpg
インダストリーナインのアルミスポークは実際どうなの?という事で
まずは重量面から実測表示すると、右はアルミスポーク、左は通常のステンレスダブルバテッドスポーク
同じ長さで同じ32本という条件で実測するとこちら
spokesteel.jpg
alspokei9.jpg

ダブルバテッド条件にて、32本でアルミスポークは13g軽い結果となりました。
64本で26g。ステンスポークがプレーンだともっと重くなります。
重さのみならず、ストレートプルにすることで、Jベントの首曲がりストレスからの解放。
DSC_7144.jpg
アルミスポーク採用の完組はニップルがなく、ニップルの代わりにハブ側にネジ山を入れることによる
ニップルとスポークの飛びからの解放。
そして重量物でもあるニップルはリム外周に無い分仮に同じ重量でも、より優れた瞬発力の実現。
とどめに強度は14番のプレーンに相当。

・スポークのJベント部分の首飛び
・ニップル付近のスポーク破断
・14番相当の強度
・重心のセンター化
上記に加えた元祖120ノッチハブとアルミスポークによる色遊びが出来る。


これがインダストリーナインの完組の簡単のポイント説明となります。
posted by Yuki at 14:22| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

ロードもワイドレンジ

18882161_1309250822457144_7670678988533355558_n.jpg
RELIC, R40T
・Cog 40t(10sなら11-28t, 11sなら11-32t)
・16t スプロケ
・延長ハンガー(ディレーラーは GS/SS)

希望小売価格 10,800円税込み(税別1万)

より軽い力で登坂を可能にするちょっとしたアイテム
Bikerumorにも紹介されて今回いくつか要望がありましたので入れることにしました。

入荷予定は今月

ロードバイク向けのギアのオーバーサイズキット

16t付属だけでなく、このR40tは10速(11-28t)と11速(11-32t)にも対応

17343056_1228260650556162_5041339662391003036_n.jpg

材質: アルミ7075 (R40T)、鉄クロームメッキ (16T)
対応スプロケット: Shimano 10 spd (11-28T) & 11 spd (11-32T)
重量: R40T (56g), 16T (19.5g)
キット内容: R40T, 16T and road extend hanger
Color: 黒 (R40T)
CP (16T)

バリバリのロードレーサーには全くもって300%不要なアイテムですが、
グラベルロードや気軽にロードを楽しみたいという用途で
意外と使えるアイテムだと思います。

MTBのワイドレンジによる恩恵を是非ロードでも
18836039_1305014479547445_2718809955085061872_n.jpg
posted by Yuki at 13:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Relic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

センチネルのカラー展開

先日のDABOMBの新作フレーム紹介で、熱烈ではありませんが、
何件か問い合わせがありましたのでカラー種類をご紹介。
Sentinel-gray.jpg
この前の画像の大元
セメントグレー

Sentinel-purple.jpg
パープル
実際台北ショーで見ると、色はベタっとした感じではなく、
奥行きがある感じの色合いでした。参考としてこちら
sentinel-taipei-show-dabomb.jpg

Sentinel-black1.jpg
マットブラック

デモとして選んだのはセメントグレー
どうせやるなら派手にやりたいですね。今回は高額カーボンリムやインダストリーナインを投入せずに
なるべく派手に作ってみたいと思います。
posted by Yuki at 13:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

ELSステム, 35mm

ELSステム
19657492_1330331577015735_127356951123873279_n.jpg
Extreme Light Stemの略

仕様
材質: Alloy 6061 T6 – 3D forged
突き出し: 35mm
バークランプ: Φ31.8
クラム: 1-1/8″
アングル: ±7o
重量: 127g
カラー: ブラック(フルブラック)・レッド・ブルー(黒トップ)

希望小売価格 5800円(税込)
入荷時期 = 7月(今月)
19554535_1330331567015736_839508392372936415_n.jpg
ステムが量産から仕上がったとの事です。


Relic社は「RELIC PRECISION COMPONENTS」から「RELIC CLASSIC」へ名前変更し
弊社が初期取扱っていたMTBのみのラインナップから少し変わって手広いラインナップとなっております。
RelicはDABOMBの運営会社Hibikeの中の一つのブランドで、DABOMBとは完全に切り離したチームで運営されております。
DABOMBが10年以上のあるブランドで一貫性のあるコンセプト&モデルに対して、
RelicはODMやOEM事業を手がけつつ、それらのフィードバックそして世界のトレンドを参考に、得意とするCNCを駆使して革新的なデザインや新しい技術をRELIC コレクションに反映する。

その中で今回のステムで面白いのが、表面仕上げ構成は ポリッシュ・サテン・パウダーコート
の3種類からなっており、それを代理店がチョイスしていくオーダースタイルとなっております。
弊社は三つの中からポリッシュをチョイス
19553858_1330331573682402_6165360220070221096_n.jpg
・フルブラック
・ブルー+ブラックカバー
19657492_1330331577015735_127356951123873279_n.jpg
・レッド

3パターンにしました。というよりも他国の代理店と相談の上作った色となります。
フルブラックは共通。
青が他国代理店、赤が日本Yuris仕様
この3パターンがポリッシュのラインナップとなります。

他にサテンとパウダーシリーズもありますが、
パウダーは金額が跳ね上がり、サテンよりポリッシュの方が実物良く見えたので
今回はポリッシュから展開したいと思います。

価格は上にも書いた通り
希望小売価格 5800円(税込み)
35o突き出しでかつ少しお手頃な価格で実現できました。

まだ在庫無いですが、今月入れる予定です。
お楽しみに。
posted by Yuki at 14:48| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Relic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

ブランドを立ち上げる?


と昨日の海外のサイト Pinkbikeの記事がありました。

業界の上流でしょうか、代理店より更に上にいく「ブランド」のお話で
簡潔にいうと莫大の資金と人材と最高のチームとパートナーが同時に必要という事ですかね。

今直売や自社生産のブランドは独自のスタイルや新しいビジネスモデルとしてありますが、
ほとんどが台湾や中国の生産になっています。
事の簡単にバイクを作りたい。ブランドを作りたい。こういうバイクだったらとか
理想・希望・妄想が有ります。

形にすることはイメージ図で簡単。
寸法に落とし込むのも知識や理論があれば作り出せる
フレーム工場勤務のエンジニアはそのイメージを形にしてくれる
いざ製作(経験者からフレッシュな新人までさまざま)
部品組み立て
デカールまたはステッカー貼り
検品
箱詰め
配送ハンドリング担当
出荷

一通りの簡単な流れで、以降、メーカーまはた代理店の所に着荷。
自分は実際自転車の製造実務経験してなく、着荷したところからYurisの仕事が始まるのですが、
まぁ〜ビデオ見ると大変ですね。
フレームの内訳がざっくり出てて、単価はそれほど高くないです。

800ドルのフレーム100本
特別カラー 1100ドル*30本
笑。

お!?1ドル100円換算して
1本80000円=完成引き渡し価格。100本で800万♪
特別カラー1本110000円*30本=330万
そこに国際間送料と国内消費税。
ここまでの物量だと海の方が安いので、これまた取引量に応じて送料変わってくるので省略
800万の消費税は64万。  


ただ皆「仕事・ビジネス」なのでその単価での引き渡しの為には「MOQ(minimum order quantity)=最低数量」
が取引条件となります。
あとはその条件に対してやれるかどうか、もちろん単価以外に品質・納期・対応があるし、
一番は言葉の壁ですかね。微妙なニュアンスがやっぱり外国語だと伝えづらい部分があると実感してます。
ビデオ内に出てくる品質管理責任者だったり仲介役の人。いっそのこと台湾に住み着いた方などさまざま
品質管理または中継仲介を入れる。これまたコストですが、その分会社にとってプラスになります。

昔と違って海外のサイトやSNSで現地の情報が簡単に見れるようになり
どんどん業界の上流がオープンになってきたは良い事なのか悪い事なのか

★オープンモデルを買ってそこにブランドロゴを入れて販売というのも一つのビジネス
メリット。
・トレンドの規格または技術が即座に使える
・気軽に導入出来る
デメリット。
・よく見たら他のブランドと同じ物だったりする=かぶる

★オリジナルモデル
メリット
・世界でオンリーワン
デメリット
・工場はあなたのためにラインを開けて作るので、最低取引数量(より多くの数量生産が条件となる)

その物の単価は幾ら…
飛び込んでくるのは値段と取引条件。そこから品質・納期と細部突き詰めていくのですが、
単価は簡単に言うと生産のコストを含めたものをその物すべてで、
あとはオプションアップチャージでブランドとしてどこまでブラシュアップしていくか。

お金は頑張れば作れるけど、人材(=人財)と最高のネットワーク(チームワーク)は
本当・・・・プライスレスですよ。
どの業種のお仕事にも言える事ですよね。 


趣味・スポーツで自転車に乗る。自転車で遊ぶ。
希望や理想も一杯あると思いますが、ビジネスに落とし込んで考えた時、

正直
・仕事としてはチャレンジワクワクとして楽しいけど。
・遊びの延長線として全く楽しくない

⇑自分の言葉ですが、なんとなくわかりますか?苦笑

動画中にインタビューに出てきた人の中にお友達(台湾在住外国人)がいて一瞬ビックリしました。
中国語べらべらです

私はというと中国語を話せる強みを生かして、仲介なお仕事やりますよ?
というよりも既に何件かさせていただいておりますが。

では今日も仕事を楽しんで「生き」ましょう。
posted by Yuki at 09:01| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

AM/Enduroハードテール

DABOMB
SENTINEL(センチネル)
Sentinel-gray.jpg

センチネル。意味は番兵・番人
ダボン社における最初のエンデューロハードテールフレーム。
2017年の台北ショーで公開され、とりあえず昨日公開したシャークステムと同じぐらい直感に感じる物が有ったので
デモ車を作ってみようと思います。

角パイプのダウンチューブとシートステーで路面からの強い衝撃を受け止めるデザイン。
・材質:アルミ6061 T6
・3サイズ展開: 15/17/19
・ショートチェーンステー 435mm
・地上〜BBまでの距離:305mm 低いBB
・65.5度に寝かせられたヘッド角
・水平トップ 15”=567mm, 17"=585mm, 19"=597mm
・ホイールベース 15”=1119mm, 17"=1145mm, 19"=1170mm
・シートチューブ: 30.9mm
・推奨フォークトラベル: 140-160mm
・リアエンド: 142*12mm
・BB幅:73mm


正直ジオメトリを最初に見て感じたことは、ショートチェーンステーで 435mm ??

すぐにDABOMB社に聞くとそこに出た答えは
27.5”*2.8-3.0までのタイヤが収まるように」。

なるほど納得。そしてより期待感が膨らんだところで先週これに使えるフォークを注文。
コンポーネントはShimano XTを中心に自社で使える物は使い、ブレーキはMAGURA導入してみようかと思います。
タイヤは正直…悩み中で3.0を入れるか2.8を入れるか。
リアの142mm幅に合わせてあえてフロントはノンブースト。
Yurisのデモバイク環境においてですが、現状前だけブーストにするとホイールの着せ替えが難しいので
上記の選択にしました。時代はブーストだと思います、代理店としての提案であれば間違いなく先の規格であるブーストを紹介します。

今あるホイールをそのまま流用できる。最低限の費用で載せ替えが出来るという点に着目して
今回はあえて作ってみる事にしようと思います。
26”で足りてた剛性142mm, 275/29”やより強いグリップに耐えるために生まれたBoost規格。
Boost規格で得られる剛性とスポークテンションの適正化によるメリットを考えると
今更感全開ですが、その中での性能up以外で得られるメリットだったり、
このジオメトリは一体どういう面白さがあるのかを見つけたいと思います。

サイズはもちろん。身長的にLですが、造形美、開発基準のど真ん中サイズ「M」で

たわみ、ねじれ、コーナリングスピードの高さ
シンプルゆえにこのジオメトリは疑問視しながらも気になりました。
BTR Fabricationsの取り扱う時と同じように。
posted by Yuki at 11:03| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

29"バイクが3台

群馬県の前橋市にあります取扱店
重力技研”様にて
Facebookページはこちら ➡ ★★

DCcsD9eUwAAs2T9.jpg
EVIL BIKESの29”のWreckoningが3台!!!
しかも組みあがった状態であります。

そもそもEVIL BIKESのフレームは全てカーボンで35万-39万。
これが3台でしかも同じモデルでサイズは確かM2台とL1台?だったような・・・・
サイズまでは詳しく覚えてないですが、弊社にとってハイエンドの価格帯商品
カーボンフレームしかり、インダストリーナインのフレームしかり、シリアル番号はもちろんの事、
大体把握しております。
そんなすごい密な時期で3台でしかも同じモデルはかなりレアな光景だと思いましたので
ツイッター画像ですが、ご紹介させていただきました。
wreckoning-650-grey-重力技研.jpg
ステルス仕上げ

今は全てお店にあるかどうかわかりませんが、気になる方はお店までお問い合わせください。

callingfana1.jpg
Fanatik Bikeより引用 参考URLこちら 


The Callingが入荷したと先週末連絡来ましたので、ご予約分含めてまたCalling便を入れたいと思います。
Callingは275で131oストローク。26+(=26*2.8”)も正式的に対応しているので
遊び方それぞれ、29”のレコニングはモンスタートラックならコーリングは速く走るバイクではないですが、日本の里山でかなり遊べる一台ですね。

今回はMサイズの鮮やかグリーンの「Angry Dolphin」に加えて、上と下の画像の色「Muddy Water」
も在庫としてお迎えします。
MサイズのCallingとWreckoningは各色在庫来月揃う予定となります。

callingfana2.jpg
Fanatik Bikeより引用 参考URLこちら ★
posted by Yuki at 17:34| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャークステム

sharkstem.jpg

DABOMBの新作ステム「シャークステム」
1. Material: Aluminum 6061 T6
2. Process: 3D forged
3. Extension: 60 & 80mm
4. Bar bore: 31.8mm
5. Angle: ±7゜
6. Color: Black with silver faceplate
7. Weight: 60mm/132g, 80mm/138g
8. 価格 3,240円税込み
入荷予定 7月中。

ファーストインパクトで感じた人だけだと理解してます。
60mmで次のバイクにつけてみようと思います★★
posted by Yuki at 17:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

ジャージ★ジャージ★ジャージ

先週の週末にI9より便りが来まして、もうFacebookページや本国のWEB STOREに掲載されてますが、
男女のMTBジャージ新作が出ました。

881ff4c1-48d8-4231-9237-9e44ce0e44d8.jpg
The Men's Pinstripe


92b55cb4-2f1c-4e4c-b17a-1766288144cb.jpg
The Men's Lightning. (MADE WITH REAL LIGHTNING!)


ec996da6-965b-4c4c-a6cd-75519180abd8.jpg
Downhill Jersey


502cdc52-67f3-4966-938b-d1ccf3926654.jpg
Women's Pinstripe


57ac083a-4ddc-4b01-8ea4-e9c1a693b7e8.jpg
Women's Lightning (MADE WITH REAL LIGHTNING!)


フィットチャートがようやく確認できましたのでこちらに掲載します。
腰の部分は伸びるという事で、他のサイトの目安を参考に+5p表記してみました。
1498095211700.jpg

ダウンヒルジャージのみ、上のチャートよりも少し大きく作られるそうです。
(↑I9社+製作会社より回答もらいました)

現地価格は80ドルぐらいなので、日本で1万円と消費税ぐらいでしょうか??
まだ値段もらっておりませんが、こちらはI9社の気まぐれスポット生産、
いつもの通り売れたら終わりだと思うので、欲しい方は要チェキ。
早めに入れて梅雨明けぐらいに一発入れましょうかね?
posted by Yuki at 10:42| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

ブースト規格は必要か!?

という問いに対して答えるとしたら
「従来の100mm幅より15%の剛性向上」が数値データーとして海外のMTB総合サイトに書かれているのを記憶してます。
じゃー最初から20o(=110mm*20mm)でいいじゃんと思いますが、実際ブースト規格が110mmになり、
フランジ間も広がっているので20mmとはまた違う意味となります。
そんな今年のシーオッタで20mm boostやらの規格がDVOから提案されてました。
I9の方も限定カラーのカッパーシリーズにもその対応がちらっとありました。
今後普及するんでしょうかね???

本音は言うとあまり規格増やしてもらいたくないです。。。by 代理店の本音。
ユーザーやお店の心の声と同じ私もそう思ってます。
完全移行なら別にかまいませんが、この混在する時期が一番正直つらいですね(笑)。

新規格に移行するには費用が重なりますし、正直なやみの種にもなります。
インダストリーナインはせめてという事で、専用ブーストハブ以外にも
現行のハブ規格に限りフロントのみブーストキャップを作っております。
21441.jpg
但し装着する際は10o程左にオフセットされるので、そのオフセット分をセンター戻してあげる必要があります。


これが必要な時は多分以下の事例じゃないかと推測します↓
・今のリア142o幅のフレームが好きで乗り続けたい、でもフォーク新調するのに先を見越してブーストを取り入れたい。
・(実際あるかどうかわかりませんが)欲しいフォークがブーストのみの設定

15%という剛性アップの数値も確かに正ですが、コストを抑えるというのも無視できないという事で
とりあえず暫定で楽しむ。今度フレームをBoostに新調するときに前後買い替えるので今のハブでなんとかするという方への一時的アイテムという事でご用意しております。
日本在庫あり。

Boostが去年開始してからハブを販売する身として、
前後はもちろん出ますが、
フォークを残してフレームがBoostなので
F ノーマル、 R ブースト が昨年の傾向でしたが、
今年は 前ブースト、リア142mmの組み合わせが主であります。

どれが正解だかわかりませんが、移行期という事でそれに合わせて弊社もなるべく
対応していこうと思います。


今日は水曜日、全国の自転車店の定休日率が高い日を利用して
ちょっと海外在住日本の方と会って、自転車にかかわる仕事の話をしてました。
仕事ってお金うんぬんではなく、仕事=ビジネスの中で自転車がある的な話です。
意外と私こういうのお話大好きなんです。ただそれをうまく伝えられなかったり、
文章がうまくかけなかったりへたくそな部分もありますが、濃厚な時間を過ごさせていただきました。

明日からまた頑張ろう!!!
今年は楽しみですよ。

波に乗っては飲み込まれてます(笑)。
posted by Yuki at 22:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする