2020年06月10日

新型フレーム?

102751055_10213548334222064_9084084709070666369_o.jpg

EVILオーナーのクラブSNSで掲載された写真。
アガシーのInstagramに上がっていた新型?と思われるポストが!!!

今年のスケジュールは大体把握していますが、色の割り当てと詳細スペックは一切知らされていないので
正解のEVILオーナーと同じ気持ち同じ立ち位置でワクワク状態(笑)。

最近ブランドの傾向は1週間前ぐらいの連絡ですからね。。

そういえばインダストリーナインから廉価版のSシリーズにもカーボンホイールバージョンがリリースされました。
看板ラインナップと違い、同じ690ノッチを採用するSシリーズは差がスポークがi9自社製のアルミスポークかサピムのバテッドスポークの違い。
もちろんそれぞれのストレート構造のハブは共用ではなく、それぞれ専用設計!!!

ハイエンドはニップルを使わない他社のホイールと同じ重量でもニップルレスの外周が軽量化されたホイール
Sシリーズは通常のスポークを使った完組シリーズ

こちらは落ち着いたらまたご紹介いたします。


さて、EVILの怒涛の入荷の検品をしつつ、本日i9の入荷もありますので
暑く忙しい一日になりそうです。

ではでは
posted by Yuki at 08:40| 千葉 ☁| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

46/30tのロード・グラベル向けチェーンリング入荷

ピラースポークの入荷の翌日にチェーンリングの入荷。
一番待ちわびていた新商品がこちら↓

ロード向けの純正に無いギア選択
46/30tのロード・グラベル向けチェーンリング


DSC_6991.jpg

5アーム用46/30t


DSC_6990.jpg

4アーム用46/30t


DSC_6985.jpg
構成はチェーンリング2枚とアーム数分のボルトが付属となります。

@Climb Ring NW Ring 110 4 arm
AClimb Ring NW Ring 110 5 arm
☆固定ボルト付属
希望小売価格 11,000円(税込み)



そしてシクロクロスやグラベル向けのシングルスピードリングも改良しての入荷。
NW Ring 110 4アームのみですが、展開は38/40/42t
DSC_6987.jpg

DSC_6989.jpg
現行のクランクへ取り付けるため、ユーザー側でギア側を加工してつけてきてたのを
今回はつけられるように仕様改良しました。こちらのリングはギアのみとなります。

切れていた在庫を補充したアイテムはこちら
・BSA BB入荷
・MTB用スラム用のダイレクトマウント28t入荷

MTB向けの新商品展開
・Raceface用ダイレクトマウントリング ブラックのみ
 28/30/32/34/36t


ではまた明日。

DSC_6984.jpg
Formosa NW ring 96, チェーンリングの裏側写真。
posted by Yuki at 15:15| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

PUSHのコイルキットを少しだけ広めたい

先日のブログでPUSH社のコイルキット
ACS3
を説明させていただきましたが、キャンペーンを文字として出した以上
少しだけPUSHファンを増やしたく、ちょっとだけキャンペーンをしたいと思います。

pat_mamuad_75107482_1385918414865840_2131169007464264433_n.jpg


モデルチェンジでも販売終了でもなく、純粋の思い「感動を体験してもらいたい」だけです


対象期間 6/2本日この投稿~6/10(水曜日)まで
PUSH ACS3コイルキットを購入しますと


Fork_Seal_Iso_2000x.jpg
@純正の3倍のグリスが封入されたPUSHのフォークシール 
摺動抵抗は純正と同じ、耐久性のあるフォークシールです。

Top_Cap_Silver_2000x.jpg
APUSH P-Icon ヘッドキャップ (silver or black)

以上の2点をお付けいたします。


ACS3のコイルキットはエアと違って、空気量でサグを取るのではなく
実際コイルのバネレートをキットの付属バネとして選択してもらう必要があります。
バネレートは各社レッドからグリーンまで揃えております、国内歴代でもほとんどグリーンがMAXなので
それ以上はオーダーとなりますが、まずは下の表で自分がどのバネかご確認下さい。
※体重ではなく、乗車装備体重が基準となります。

w1200_5ac7_ACS3_Spring_Rate-Setup_Guide_1.jpg

@.2018-2020 RS PIKE Boost 140/150/160mm (35mmインナーのレベレーションも装着可能です)
A.2015-2020 RS Lyrik/Yari 140/150/160/170mm
B.2015-2021 FOX 36 140/150/160/170mm (Factory & Performanceのみ、リズムとE-BIKEは対応不可)

ACS3はフォークを分解する作業が必要となります。
DIYでも出来ますが、ご心配の方はショップでの作業を推奨いたします。
どうせバラすならば!フォークシールも一新しよう!!という事でPUSH社のシールをキャンペーンとして提案させていただきました。

是非コイルとエアーの良い所取りのACS3キットをご検討くださいませ。


posted by Yuki at 13:06| 千葉 ☀| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

棚卸無事に終わりました。

地獄の二日間棚卸がようやく終わりが見えてきました。
来週に備えて、Stayhomeも解除されるので、実重量200kgオーバーの入荷と共に
全力疾走行きますぜ!

EVILのINSURGENT LB, 恐らく次の便は遠い先になると思いますが、
EVILの前線の社員と本部と密に連絡を取り、来月=6月に入れられる予定です。

名称未設定-1.jpg

その中でいくつか足らないスモールパーツをオーダーするのですが、
画像に有るフレームのタッチアップも受注分のみ入れますので、このタイミングにどうぞご検討ください。

タッチアップペン
1500円前後じゃないでしょうか?

ではでは

最高の週末を!!!
posted by Yuki at 16:26| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

5/28-29 Yurisお休みします。

YURIYURI.jpg

棚卸につき。
posted by Yuki at 09:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

Yuris明日木曜日と金曜日お休みします。

明日木曜日及び金曜日は棚卸と倉庫整理のため、お休みとなります。
なお問い合わせ及び電話も含め、応対が困難となりますので、御用の方はメールなどでお問い合わせ下さい。
お時間が出来ましたら順番にお返事いたします。

昨日upしたACS3ですが、やっぱり気になる声もチラホラありました。
導入してみたいけど、実際どうなるんだろう。重くなって満足する動きで無かったら…というのが率直の意見でした。
ブログでご紹介したお店以外にも歴代で導入しているお店のオーナーや店員もいますので、ご案内しますので気軽にお問い合わせください。
但しやりとりの流れから販売の話が出てくるのですが、

YURIS=弊社は直売業務はやっておりません。
のでご理解くださいませ、納期や在庫の有無には普通にお答えしますが、ご購入はお店の方でお願いいたします。


弊社は商品に対する情報は余すところ無く開示しますが、お店の方は取り付けからセッティング含めて
凄い台数の自転車を触っているので、新品のみならず酷使されたものまで、
通常の摩耗破損からイレギュラーな破損まで経験するので、商品以外の情報・ノウハウを持っているのも
プロショップであるからと自分は思います。

PUSHは基本カスタムでも作業が伴うアイテムがほとんどです。
高性能部品の性能を最大限に引き出すのもお店ですし、味付け出来るのもお店です。

さて・・・・地獄の棚卸に向けて準備と一頑張りしますかね。。。

来月PUSHのACS3キャンペーンでもやってみます??

DSC_6981.jpg

DSC_6980.jpg
posted by Yuki at 13:08| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

フォークの特性変更でオールシーズン対応に☆彡

アメリカコロラド州でMTBのフォークカスタムやリアサスペンションを展開するPUSH INDUSTRIES(プッシュインダストリーズ)
リアサスペンションはかなり気合の入れる金額になりますが、誰もが驚くぐらいの特性変化を可能にするコイルキットの
ACS3(Advanced Coil System)キット

ただのコイルキットではなく、コイルの初期から中間の反応の良さを活かしつつ、
コイルの苦手とするストロークエンド部分のもっちりするエアフォークの利点でもある踏ん張り感を
付属のエアチャンバーでその役目を担うキットとなります。
ABS(Air bump stop)と呼ばれるそれは、5-50psiの調整容量(初期設定は20psi)、エンド部分をコントロールします。
推奨は5psi以上となりますが、全く入れないと完全なコイルフォーク(昔のよくあるコイルフォーク)になります。

PUSHのコイルキットというのは簡単にいうとコイルキットで説明してますが、
厳密にいうとコイルとエアーの良い所を取ったカスタムキットとなります。

※体重別によるコイルで250-300gほどエアーシステムフォークより重くなりますが、
 装着後の喜びはそれをかき消してくれる程の凄さとの事です(by ほとんどの装着ユーザーの感想)

今回はお店の視点・装着ユーザーの目線で散在する記事をいくつかピックアップしましたのでどうぞご参考ください。
※ご紹介に関して、お店様とユーザー様に許可を頂いております。

PUSHogawa.jpg
東京都 小川輪業様
http://ogawaringyo.com/
デモ車にACS3が装着されていて、東京で一番ACS3をインストールするお店でもあり、
ACS3の他にもPUSHのリアサスペンションも今年よりデモとして導入してます。


東京都 M.D.S様
https://mds.co.jp/news/2019/05/08/16150/
こちらも実際デモとして導入していただいてるお店のACS3導入記事です。

個人@I LOVE DH, nasyo様
https://ameblo.jp/nasyo/entry-12577811081.html
EVILを購入するにあたり、WEB検索すると必ず一度はこの方のブログを見るんじゃないかと思います。
というよりも実際USER様からお問い合わせの時に話の流れで、上記のブログが出て来たります。
サイズ感もあわせて参考になるブログです。
ACS3よりも記事の最後にPUSHの11.6リアショックが出て来てびっくり、価格的にバカスカ出るショックではないので、
大体いつの時期か想像がつきました(笑) ありがとうございます。

DIRT & MOTO MAGAZINE様
https://yakandirtmoto.wordpress.com/2019/01/31/push-industry-acs3/
記事の内容は多分去年の展示会の内容ですね。
MTBのみならずモーターサイクルの記事もありますので、両方所有する方には良い情報サイトですね

個人@次郎様
http://blog.livedoor.jp/ymmr32/archives/52244427.html

弊社も参加するブログランキングに登場する上位に位置するブロガーの次郎様
いろんな部品を実際使っているので、ニュートラルな目線で紹介しております。

兵庫県 輪心様

ブログ記事 → ☆彡
純正キットとの比較を交えてのACS3の説明がされております。
ここの記事に出てくる「全てのライダーにおススメ出来るわけでは無い」、実際読んでちょっと気になりますよね。
その答えを知りたい方は店頭でお尋ねください。


欠点で私が思い浮かぶ事はこれら
1.重量が重くなる
2.カスタム化により保証から外れる(保証期間中)

ACS3を組み込んだ時の利点(=コイル仕様)
1.サグがコイルで一度決まれば、サグ管理(エアー圧)にシビアにならなくて済む
2.季節の気温変化にかかわらず動きが一定
  同じく高低差による気温変化にかかわらず動きが一定

とメリット・デメリットを並べましたが
体感出来る一番の事はトラベルの初期~中間の動きの繊細さである事を改めて言わせてください。
例え60kgのライダーでも80kg設定のACS3を入れたフォークを押したとしてもその違いは体感出来ます。

それぐらい・・・・PUSH ACS3 kit はちょっとした破壊力を持ったカスタムパーツです
posted by Yuki at 16:28| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

Pillarスポークが来週?補充される予定です。

昨日はたまたオーナーからDABOMBのSentinel 2.0の写真を頂きました。
99294092_2695871457302118_6664249635055337472_n.jpg
98445874_2695871520635445_5046398981513412608_n.jpg
ブレーキをUPDATEしたそうです。少し前にFOX36を入れた写真を頂きまして、手持ちの物をいろいろと差し替えたりして
楽しんでて何よりです。先日のFOX36も凄く自然体で溶け込んでて良かったし、
フォークトラベルもそうですが、29”車輪という事も有り、サイズMのこれも大きく見えます。
安定してて凄く山が楽しそう。このフレームスペックで〇万円。
弊社では現在SとLのグレーのみの残り在庫のみですが、DABOMB本社では第一ロットで出荷前から完売するぐらいの
2代目Sentinel。昨日次のロットを聞くと7月ぐらいとの回答でしたので、最速7月末、大きな遅延なければ8月に第二ロット上陸させたいです。

最新のトレンドスペックが備わりつつ、マイルドなアルミハードテール


写真汚いですが、Pillar Spokeが本日メーカーより出荷される予定です。
F3B35B1A-F6B1-4304-B458-72E5B201E9DA.jpg
レインボー

31677AEF-8C6D-4C0D-A45A-181FC188373E.jpg
14番の首元で2回潰しの入った3D Force

E6464F82-020E-473C-80EC-6B63522E06BC.jpg
ゴールド

3D947A6F-15BC-4923-8868-91FE7ED96C21.jpg
レアーなブルー

上記の写真は全て14番です。

今回よりレギュラー在庫で追加したのは
15番のストレート シルバーとブラック となります。




PS
@EVIL レコニングの問合せユーザーへ、まだEVIL社より返答が来ておりません。
引き続きお待ちくださいませ。
AEVIL INSURGENT, 少し在庫が工場の方に有るかもしれません、予約分を除き、ご検討の方は今が一番ベストのタイミングです。ただ予約分を最優先としますので、入手できる確約は出来ませんがご希望の方はショップの方にてご予約お願いいたします。こちらもEVIL支店社員と確認中でわかり次第情報更新します。
posted by Yuki at 12:49| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

セドリックグラシアがPPのクロモリフルサスに乗る!

今も現役なフランスのMTBライダー、セドリック・グラシア(以降CG)のINSTAGRAMで
Production Privee(以降PP)のクロモリフルサスに載ってる動画がありましたので、PPを通して許可をもらい弊社Facebookページにて公開いたしました。

https://www.facebook.com/224223734341039/videos/2331640960473093/


これならInstagramのアカウント無くても見れると思います。
PPの開発にも携わるCGですが、動画を見るとジョイントする会社のE-MTBもガレージにチラッと出てきてます。
カーボンフレームはアルミやクロモリ時代の時に横から見た時のボリュームのインパクトで憧れでしたが、
今は逆に細いパイプはハードテールクロモリ以外あまり見られなくなりましたね、

時代に逆行してると言われたりしますが、逆の意味はなんでしょうか??
純粋に速さで言うとシングルピボットだし、最新のリンク式やカーボン材質には劣るのは確実に有ると思いますが、
走る楽しさ、操る楽しさはまた別の評価になると私は考えてます。

PPのクロモリフルサス No.5 のお値段今日現在rear shock付きで定価税込み298,000円
andisykes_95923122_277109783452347_7146576576184644188_n.jpg

弊社で言うとDABOMBのADV275(カーボンフルサス)とほぼ同じ価格、EVILに至ってはレコニング、コーリング、インサージェントは少し足せば届く価格。
カーボンがこの値段ならクロモリが必然的に高く感じてしまいます。(←否定しません、笑)

ただ世界にはまたマニアックなブランドもあり、ハンドメイドで言うと弊社が扱うイギリスのBTR Fabricationsに至っては
日本導入時の価格は約50万。こちらは直近では確か…実績納期1年です。
96535176_3255975241088294_4680096777209118720_o.jpg
※BTR社より最新画像のPinnerを拝借
ちなみにこれ国内で記憶をたどると多分歴代最低5台は流通してます!!!

現在BTR通し番号は250番手前ですが、通し番号150番まではBTR社のインタビュービデオで日本が20-25%を占めてると言ったぐらい数年前に一杯今では当たり前になったヘッドアングルが非常に寝ててトップが長いジオメトリが2013年ぐらいから国内展開しました。

BTRのFacebookでは新しいクロモリフルサスを開発してるぐらいなので、
ダメかと言われると「それはない」というのが答えで、素材違いによる乗り心地や見た目の刺激。
MTBライフは奥深いです!!!!

余裕があればPPのNo.5を1台作ってみたいなぁ・・・・
限られた予算で行くならば、今PPのハードテールのコンポを総移植して、
ハードテールのShanGTに新作のDeoreを入れてどれぐらいの値段でコンプリート出来るのかっていうのも面白そうです。


ではでは
posted by Yuki at 16:21| 千葉 ☔| Comment(0) | Production Privee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

差し込み最短を実現したドロッパー

海外では少し出してつけるのを良く写真で見ますが、日本市場においては
「如何に底挿しが出来るか!?」、フレームにドロッパーを全て入れられるかを良く質問で受けます。
BIKEYOKEのツバ部分は他社と比べて短いので差し込みは少しだけ奥にいけますが、
やっぱり限界を突き詰めるとなるとやっぱり現物合わせになるわけで。

ただBIKEYOKEはそれでも奥に差し込める方とだけは言えます。
もちろん動き・動作・耐久力に関してはイニシャルコストは高い方ですが、相対的に考えて
動きが軽くて、故障頻度が1%未満、で考えると凄くパフォーマンスが高いドロッパーだと自負してます。
詳細は取扱店が一番知っているので良い所、現物はお店までお求めください。

DSC_6969.jpg

GW前に入荷した新型ドロッパーを2本ご紹介。(今更ですが…)

写真左は DIVINE SL RASCAL(ディバイン SL ラスカル)
写真右は DIVINE(ディバイン)

左のDIVINE SL ラスカルは従来のSLのカット可能部分を最初からある程度カットしたモデルで尚且つ
アウターバテッドを無くしてきたので、SLだけだと底挿しが出来なかったのがラスカルモデルにより底挿しが出来るようになった
BIKEYOKEのラインナップで最短で最軽量のモデルとなります。

181012-4.jpg
※ ↑ DIVINE SL カット前とカット後
DSC_6972.jpg
※ ↑ DIVINE SL RASCAL 写真左


DSC_6971.jpg
※ラスカルの操作バルブはパイプの中に隠れているので、全長が短く尚且つ突き出した固定にも対応してます。

右側のDIVINEはREVIVEの簡略化されたi9でいう101と同じ位置づけコストダウンモデル
価格は
REVIVE 48000円税込み
DIVINE 42000円税込み
構成部品数がよりシンプルになり、DIVINEシリーズの特徴であるドロッパーを下げるだけで自動的に毎回リセットする構造となります。
構造構成部品が少ない分、REVIVEより少しだけ軽いドロッパーとなります。
これだとDIVINEでいいじゃん!!!と思いますが、動きの質感はやはり精密なREVIVEの方が一枚上手でした。
言葉にするとオイルが混ざったようなシルキーな動きがREVIVEにあると言えば良いのでしょうか。
REVIVEのユーザーであれば、伸縮動作、伸ばした時、や手で下ろす時の軽さ、その違いがわかると思います。

もう一つREVIVEにはなく、DIVINEにしかない機能として
4個の5mmスペーサーが付属していて、30.9と31.6mmのDIVINEは本体を分解してこのスペーサーを使う事により
125/120/115/110/105へとストローク変更が可能になります。
また別途5mmスペーサー(もちろん国内在庫有り)購入でどんどん短くなっていきます。
↑実はこれが一番DIVINEの特徴と自分は思います。

・そこまでストロークいらないシーン
・とにかくBIKEYOKEが欲しい!!!
これらの需要に対してDIVINEは答えてくれます。

本日BIKEYOKE在庫は
・SAGMAサドル 在庫切れ
・REVIVE
30.9=125/160/185mm
31.6=125/160/185mm
34.9=125/160mm
・DIVINE SL RASCAL
30.9 & 31.6
・DIVINE
30.9= 125mm
31.6= 160mm
・Shifty各色
・Squeezy シートクランプ 34.9mm用

他シフター系小物含め上記掲載するドロッパー及びそれらの補修部品とゴム類は全て在庫ございます。

シーズン中は是非ご安心してお使いください。
posted by Yuki at 16:07| 千葉 ☔| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする