2018年06月05日

自転車を預けてきました。

800sbp.jpg

本日早朝出発して東京の稲城市にあるSBP(スマイルバイクパーク)へ自転車を預けてきました。


昨日ブログで紹介したようにSBPでレンタルと試乗可能ですので、
・DABOMBのSENTINELが気になる方
・MTBを始めてみたい
・挙動がマイルドなハードテールが欲しい方

DSC_2639.jpg

コンパクトにまとまったSBPはスラロームとパンぷトラック、そしてダートジャンプの3つのセクションから構成されていて、
これから夏に向けて、必須になる避暑場所も完備しているのでリピート練習と言いますか
繰り返すマシンガンライドや乗り比べをしたい方にぴったりなコースだと思います。
というよりも弊社にとってもゲレンデとかだと一度出ると30分ぐらい帰ってこないので
このようなコンパクトなコースがあるといろんな方に乗ってもらえる=順番待ちしなくて済むのがうれしいですね。

という事でかなりフレッシュな車体で、挙動も優しい車体ですので是非
このフレームを乗って、その裏切りをご期待ください!!!
posted by Yuki at 16:10| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

パープルの車体

東京都稲城市にあります、スマイルバイクパーク(略称SBP)に弊社取扱のDABOMBのSENTINELが明日より稼働することになりました。

SBPのWEB情報ページはこちら
https://www.facebook.com/SmileBikePark/

今回バイクの組み上げを茨城県土浦にありますサイクルメンテナンス&カフェ ウィンディ様にて製作をお願いいたしました。
猫が大好きな店長、ありがとうございました。
DSC_2653.jpg
一軒屋を使ってのショップで、外の庭はディスプレイやちょっとした休憩談話場所に使ったり出来ます。


そんな店長のデモバイクと一緒に
DSC_2636.jpg

現在パークのバイクはSサイズが多めという事で弊社で勝手ながらMサイズを選定
当初ダートジャンプのフレームで考えていましたが、レンタルされる方は初めての方が大半なので
まずは安定志向のフレーム、しなやかなフレームという事で弊社デモにも使っているDABOMBのSENTINEL(センチネル)に決定
部品いろいろ使って組み上げたのがこちら。
DSC_2639.jpg


DSC_2641.jpg
KOWAのフォーク(ノンブースト)を使用し、タイヤは最近リリースされてばかりのMSC社のタイヤ2.4を装着、コンパウンドが柔らかく2.4ですが、とても太いタイヤですね。
ハブとリムはDABOMBで、スポークはPillar spokeのシルバー。ニップルはリムに溶け込むように黒のアルミニップル



DSC_2648.jpg
DSC_2647.jpg
コンポ関係はShimanoのSLXを使用、ローターはXONの2ピース鍛造ローター
ブレーキアダプターは精度の高い削り出しのFormosa PM180



DSC_2642.jpg
SLXの170oクランクにチェーンリングはディスクマウントアダプターに合わせて挿し色で赤を入れる



DSC_2646.jpg
DSC_2649.jpg
サドルはDABOMBの Dirt Devil
ペダルはDABOMBの Shoot block ローカラー



DSC_2656.jpg
組みあがった実物のパープルが見たこと無いので正直赤の挿し色も結構おっかなびっくりで選びましたが。
まずフォークは黒と白で悩みましたが白にして全体的のトーンを持ち上げて明るい感じで正解でした。
そしてパープルもベタ塗りではなく、金属アルマイトの様なマットでもメリハリがあるので赤の挿し色自然に溶け込んでいてほっとしてます(笑)

フレームが凄く派手なのでどうしても黒色最初選びがちでしたが、スポークをシルバーにしたり、
パープルを邪魔しない主張しない明るめの色を入れるのもカスタムとしてありですねぇ〜。


勉強になりましす!!


SBPの試乗車として明日から稼働しますが、実物見たい方は多分いつでも見れると思いますので、是非ライドでSBPへ行ってみてください。

SENTINELを試乗出来ると思いますので是非弊社がなんで当フレームが一押しなのか乗って体感してみてください。


DSC_2654.jpg
こちらはWINDYの店長バイクになります。
試乗もいつでも可能との事です。


面白いのが・・・・装着してるフォークが全てフレームの価格を上回っている事
フレームはRear axle付属で 54000円税込みとなります。
posted by Yuki at 16:50| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

新しいフレームはカーボンで!

30708811_10215210661516076_2490551774687106445_n.jpg

30716758_10215210661156067_5335352195212855368_n.jpg

昨日DABOMBより車体が組み上がってもう早速スポンサーライダーが走るというt高尾で
まずはエンデューロバイクからではありますが、立ち姿そしてジオメトリもなかなか今風だと思います。
ADV-275

ENDURO
Full carbon 27.5/29er Enduro frame
Invisible VPP linkage design with 5.9" suspension travel
Drive side York with stainless protector
Rockshox TUNNION mount
148x12mm rear thru-axle inlcuded
Internal cable routing


搭載リアショックは Rock Shox RS-SUPER DELUXE RC3
リンクシステムはVPP


30180308_10216204198205720_634362499_n.jpg
30547156_10216204198125718_1814922111_o.jpg


そしてダウンヒルモデルも同時にリリース
30768060_10216204198165719_1730751389_o.jpg

Downhill
Full carbon 27.5 Down Hill frame
Concentric BB pivot, 4 bar linkage design with 8.5" suspension travel
Oversize shock
Double-crown fork rubber protectors on both sides of the downtube, plastic protector on downtube for stones and rocks would impact protection
Drive side chainstay rubber protector
Rear suspension protection fender
Integrated ISCG-05 mounts


搭載リアショックは X-Fusion VECTOR AIR HLR


30768120_10216204198325723_1253155297_o.jpg

リンクシステムは 4バーでBBをピボットの一つとして使っていいます。
話題は29”DHばかりですが、とりあえず安定の275”規格でのリリース。

詳細情報は本国サイトよりこちら
http://www.dabombbike.com/weapon.php?m=d&pid=149&cid=2&f=2

価格は既にもらっていて、今回も悩みの種の一つとなります。

シーオッターでいろいろな新製品が注目される向こう
取扱発表をしたRSD BIKESは新作のミドルチャイルドを2台かついで現地にいるそうです。
30724765_1455286901247185_4521242927820701696_n.jpg

2週間ぶりに週末の天気は良く、ENSの国内エンデューロレースイベントも開催されるので
シーズンもいよいよ始まりますね。


本日のインダストリーナインのUL235 275完組は
本日 142,000円
4/21 138,000円
4/22 134,000円

では良い週末を

posted by Yuki at 14:50| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

ハードテール少しだけ進化

福岡のお店 サイクルガレージプローバ
から飛んできた貴重な写真DATAと共にせっかくだからという事で
DABOMBのアルミフレームSENTINELの全貌をご紹介
DSC_2394.jpg

グレーとブラックは想像つくと思いますが、パープルだとどんな感じのフレームか結構
当フレームの問い合わせでこれが上位にランクインしてきます。
DSC_2373.jpg
ずばりこの色です。



DSC_2380.jpg
ちょっと艶消しっぽくなっていて落ち着きのあるパープルです。多分組み合せるパーツはほぼブラックで統一していくと思いますが、
冒険できる人は是非ここから更なるカスタムを楽しみにしております。

セカンドロットで進化し部分それはこちら↓
DSC_2381.jpg


リアバックシートステーのガセットをちょっとだけ上へ移動しました。
弊社が持つファーストロットのガセット位置はこちら↓
DSC_2383.jpg
条件は同じMサイズで撮影してます。

プローバ様が今回1ロットと2ロット目の当フレーム2本目の275*3.0を入れた時の写真クリアランス
29695060_2534918030066911_6568013416792566063_n.jpg

初期ロットは29”*2.0までは履けましたが、2.2で若干タッチしておりました。
29”のタイヤはどれぐらい履けるかはわかりませんが、2.35〜2.4ぐらいまで履けるんじゃないかと推測。

DABOMB社の提示コンセプトは27.5*2.8〜3.0、プラス規格なので29”はオフィシャルじゃないのですが、
せっかくなので遊びの可能性という意味でフィードバックしたら見事に改良してきたところがナイスです。

リアの幅は142mm幅なので手持ちのホイールが使えて気軽にプラスに乗ってみたい
オーナーまたは組み上げたお店からの声は「柔らかめのフレーム」との感想ですので
ご検討の方は改良したセカンドロッドは是非チェックください。

まだWEBに反映してませんが、
DABOMBのSENTINELフレーム全てリアのQRアクスル最初から標準装備にいたしました。
今まで通りの54,000円税込みの定価となります。

SサイズとMサイズ全色とりあえず在庫しておりますので、
・セカンドバイク
・苦行ハードテール
・のんびり里山MTB
・手持ちの部品でフルビルド

低予算で実現できる現代のプラスタイヤを楽しめるフレームです。

DABOMBの意味はこういう時に使う言葉です。

posted by Yuki at 16:26| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

万能なプロテクターリング

180116-2.jpg
プロテクターリングと言えば通常チェーンステーに巻いてチェーンとチェーンステーをガードする用途として
開発された商品ですがちょっとした加工をすれば凄く機能的な使い方が取扱店の
バイシクルショップ FINE様にて紹介されております。

詳しくはこちら → ★★

一個として考えるのではなく4つを一つのプロテクターとしての考え方。
凄い!画期的です。


今週はEVILのFollowing MBをしまって代わりにDABOMBのセンチネルを引っ張り出して
車に押し込みました。今週はこれで遊ぼう。
Dabomb-Sentinel.jpg
posted by Yuki at 15:28| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

マウンテンバイクを装飾する

年末。。。。忙しさの峠を越えました…と思いたい。
Yurisの仕事日は28日まで。オーダーの受付は明日27日昼までとなります。
忙しいのは大変うれしい事です。でも少数精鋭人数による子会社なので
これからは事務所整理、在庫整理したいです(笑)。

ここ数日同じ車体が自分の中で続いてるので日記と紹介を交互に。
DSC_1865.jpg
・この前のトレイルでサスペンションが結構沈み込んでたので前後共に10psiを増やしてみた。
・新品のBIKEYOKEドロッパーREVIVEを付けたのにもかかわらず作動スピードが遅いので、来年のオーダーついでに相談すると冬はオイルが硬いので、現状よりももっと高いエアー圧にすれば解決できるとの事。
 初期は200-210psi入っているので、Max300psiまで大丈夫との事。
 初期の説明書では280psiと書かれていますが途中から300psiでも可という記述へ更新されてます。

在庫あるかどうかわかりませんが、同じカラーが石川県金沢市のバイクルート様にあります。
http://www.bikeroute1.com/
21751557_1631028006917246_703011443045102361_n.jpg

スタッフ自身でパープルのセンチネルを組んで乗っています。
23379943_1692971490722897_7392296518010556751_n.jpg

お店ではいろんな選択肢が用意されております。
24899969_1719608174725895_2494101598927105587_n.jpg
Fireeyeのカラフルなプラスティックペダル

24852148_1719627274723985_1648111286016124528_n.jpg
FireeyeのTalon FGステム。突き出しが35oの短いステム。価格もリーズナブルなので試したい方は是非実物を手に取ってみて下さい。

25507873_1734067189946660_5510040478199295310_n.jpg
お店での新しい提案ホイール。カラーハブにカラースポーク。
ブラックとシルバーの通常のスポーク色に飽きた時。カラーホイールでフレームとマッチングさせるのも一つのやり方としてご参考に。
カラーアルマイトパーツももちろんですが、視覚的にすぐに飛び込んでくる車体のフレームの次に面積を占める要素。
目立ちます

福岡県の飯塚市にあります。サイクルガレージプローバ
https://www.facebook.com/prova.jp/
こちらではブラックなセンチネルが組みあがっております。
25395816_2459750717583643_479324596916710080_n.jpg
写真のサイズはM


25396089_2459750787583636_4747084185273110434_n.jpg
さし色にレッドを混ぜてますが、スポーク方向はネオンイエローがかなり目立つので実物合わせをして最終的にこの進行方向の放線形状に決定されたとの事。



25396002_2459750764250305_5525374644627653952_n.jpg
シートクランプは付属してないので、今回はDABOMBのBOMP Seat QR Clampのレッドを使用。
サドルはDABOMBのブースターサドルでストリーク柄

フレームが組まれる前のヘッド周りのドアップ
25498310_2459750824250299_6519996659862412238_n.jpg
スッキリさせるためにメタルエンブレムはこのフレームではあえて採用してません。

現在は弊社@YurisもDABOMB社も第1ロットは完売で。
年明けに第二ロットが仕上がるのですが、第二ロットは第一ロットからのフィードバックを元に
「拡張性」を持ったセンチネルとなってカムバックいたします。


そして組まれたユーザーに感想を聞くと必ず出る言葉が
「アルミなのにイメージに反して柔らかい乗り味」。
やっぱり僕の感じた事が間違っていなくて良かったです。(笑)

写真はWTBタイヤ 2.8のRANGERを入れた時の実際のクリアランス写真です。
DSC_1878.jpg

不思議ですが、バイクへの衝撃が柔らかく、角が無いと言ったらいいのか。
最新のブースト規格じゃないですが、プラスタイヤが入るフレームとして
既存のコンポーネントを移植してプラスを楽しみたい方は是非
第二ロットのセンチネルをチェックしてみてください。

DSC_1871.jpg
posted by Yuki at 14:17| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

ゴールドカモフラージュ

おはようございます。昨日の夜…DABOMBが入荷してまいりました。
とりあえず今検品中ですが、少しだけ珍しい物を入れてみました。
DSC_1886.jpg

REV-275
ゴールドカモカラー
275用チューブレスレディリム
リム外幅26o
重量 426g/本


DSC_1888.jpg

DSC_1887.jpg

熱烈なコールに対して今回入れてみました。
数量は多くないですが数台分はございますのでご検討の方は取扱店までお問い合わせください。

明日…また入荷があり、本日も出荷がたまっているので
ではでは。

posted by Yuki at 09:23| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

DABOMBバイクスタンドいよいよ締め切り

23559687_1498532210243512_2841797165981188134_n.jpg

こんばんは、先週はインダストリーナインの入荷もあり、結構ラッシュでしたが
今週はいくらか余裕あります、といってもDABOMBとBTLとI9今年最後の入荷が控えてますが、
その他のブランドの来年のお話も少しずつ討論中。
2018年も刺激的な一年になりそうですよ。

上の画像にありますDABOMBのバイクスタンドですが、今年中に入れたいのでそろそろ閉め切ろうと思います。
まだお店に予約してない方はお急ぎを。
こちらは常時在庫商品じゃないので、予約分と少し在庫分で保有するつもりです。
以降、DABOMBの入荷に合わせて予約分のみで対応していこうと思いますのでご理解ください
↑一応この予定で考えております。

ビジネスツールの携帯が現在不調といえば不調なのでメンテに入る予定。
しばらくは現行アプリの負荷の重い動作で、Galaxy S3でも動かせてちょっと点検修理から帰るまで頑張ってもらいますかね

ではではバイクスタンドですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

詳細はこちら → ☆彡
posted by Yuki at 23:22| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

バイクスタンド

火曜日に台湾から戻り、昨日もそうだけど今日もなんだか忙しい一日でした。
解釈ミスというのもあり、スポークを何台分切った事か。

今年中に入れられたら入れたいのでもったいぶらずに紹介
先月のブログ写真を通してお店からの問い合わせが何件かありまして、
そして電話してる時でふとしたタイミングで唐突に例のこのバイクスタンドの事聞かれてきました。
残念ながらFormosaのカーボンクランクには使えないけど、基本基準は私ではないですからね
23519179_1498532063576860_2483748684932167267_n.jpg
これ。Shimanoのクランクみたいなタイプなクランクに使えるバイクスタンド
ZEEのみ穴直径小さいので使えませんが、Shimanoクランクたいてい使えるそうです。

ショーモデルは目立たせるためにオレンジの明るい色に最ペイントしたけど。
実際販売されるモデルはこちら
23559687_1498532210243512_2841797165981188134_n.jpg
黒いモデルとなります。

バイクスタンド
希望小売価格は 4320円(税込)

なるべくクリスマス前までには入れたいですね

帰国して早々昨日長男がインフル発症し昨夜からさっきまでかなりダウンしてたみたいで、
今は脇で熱下がったのか気持ちよく寝ててホッとしてます。
出張を除き、事務所にいるとやることが一杯あり。そもそも人手が足らないのが原因でもあるけど
増やしては人件費というものもあるので、増やすべきかどうかもう少し様子見しようと思います
posted by Yuki at 22:44| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

お気軽ハードテール

dabomb-sentinel1000.jpg

今日も朝の運動で事務所周辺の里山にちょっとウロチョロ徘徊。
2.8”のタイヤはまた26”のそれと違って、一回り大きく感じました。
同じタイヤ銘柄をEVILのCalilngに履いてるのでヒラヒラ感でいうと26”の方が高いですが、
275は安定してます。そして上ります。
チェーンステーが435mmという数字ですが、
フロントアップなどの反応は思ってる以上に動いてくれます。
もちろんショートステーなバイクと比べると俊敏さはかけるが、
フルサスと比べると上げやすいちょうど中間位置と言いますか。
これがプラス方向に働いてスピード上げていっても安定するし、神経使わない分疲れない?

今度はBTRのレンジャーと入れ替えながら同じ日で乗り比べてみたいですね💨

21231581_1435599469870120_48789520761033569_n.jpg

バイクを作る際に今回はこれをイメージにして作りました。
さりげなくDABOMB社の関係者から渡された一枚の写真。
Yamaha-MT-10-Bike-Review20160723_0761.jpg

ヤマハのバイクでグレーのフレーム。当初の計画ですが、最近お気に入りのシルバースポークで
クラシカルに作ろうと思いましたが、渡されたからには作れ?と言わんばかりのタイミング
フレームに蛍光イエローのグラフィックも有るという事で
蛍光スポークに急遽スイッチ。結果的に良かったと思いました。
本当・・・・カラースポーク入れる時は想像つかないのでヒヤヒヤします(笑)。

DSC_0615.jpg
モーターバイクを見ていくと緊急停止スイッチが赤なので、グリップとチェーンリングに刺し色の赤を入れてみました。
グリップ=DABOMB, Candy Jelly, red
チェーンリング=Formosa, NWDM Ring 323t, red
フォークはサスペンションを得意とする弊社取扱店の重力技研が日本代理するブランド
”X-FUSION”の”TRACE”をチョイス。
重力技研情報ページはこちら https://www.facebook.com/gravitylabmtb/

DSC_0613.jpg
タイヤは275*2.8” WTB, Rangerを入れてみました。リア142o幅なのに余裕のクリアランス。

DSC_0619.jpg
ブレーキ台座はもちろんキャリパーを映えさせる黒子に徹したFORMOSAのPM180台座
入れたかったMAGURA。エンデューロハードテールという事で、
軽さよりも絵柄が大事 キャリパーが黄色のMAGURA MT7 にしました。
ブレーキはいつも海外で一緒になる代理店担当者と一緒というのも有り、
今度デモ車作るときにはと決めてました。もちろん普通に買ってます。
MAGURAの魅力は入り口で感動、そして今まで使ってたブレーキと違って立ち上がりからロックまでの制動力が完全にリニアな傾向。=一発目の初期制動が抑えられた感じでソフトタッチなブレーキが出来るとでもいうのでしょうか。
好みはそれぞれあるので、純正仕様で最初から自分好み側に凄く近いMAGURA。
次のEVILデモバイクも必然的に決まりました。MAGURAで行こう!

このフレームに特徴
★リア幅142*12でタイヤ2.8”が収まる
★ドロッパーポスト配線
★ヘッド@テーパード、BB73o、シートポスト30.9mm、ISCG05
 =特殊規格無し
★希望小売価格 54,000円税込み

・材質:アルミ6061 T6
・3サイズ展開: 15/17/19
・ショートチェーンステー 435mm
・地上〜BBまでの距離:305mm
・ヘッド角 65.5度
・水平トップ 15”=567mm, 17"=585mm, 19"=597mm
・ホイールベース 15”=1119mm, 17"=1145mm, 19"=1170mm
・シートチューブ: 30.9mm
・推奨フォークトラベル: 140-160mm
・リアエンド: 142*12mm
・BB幅:73mm
・価格 54000円税込み(リアアクスル付属無し)

Mサイズ三色共に現在日本在庫有ります。
実際輸入して発覚したのですが、リアアクスルは付属しておりません。
なので初回特典としてDABOMBの単品AXLEの142*12を初回ロット分無料でお付けすることにしましたので
気になる方は早い者勝ちとなりますので是非ご検討ください。

Sentinel-frame-3-color.jpg
sentinel-purple.jpg
posted by Yuki at 13:26| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

使用環境に応じたデバイス

DABOMBから新しいデバイスが3月の発表から・・・・
ようやく第一便が出来上がって日本に入れました。
DSC_0512.jpg
いきなり商品の写真がふさわしいのですが、皆に見せたいのが、
実際お店に並ぶ前の各ブランドの包装。このような箱になっております。
発送の時に段ボールに商品を入れていくのですが、箱のコストを考えると
商品に入れるデザインされた箱やハンドル1本のために作られた他社の化粧箱を見ると惚れ惚れします。
皆さんお店によって商品そのものが展示がメインだと思いますが、この化粧箱も中身と同じように
ブランドのそのこだわりが入っていて、楽しみの一つでもあります。

そんな中身を取り出すとこれ↓
DSC_0514.jpg
インストールマニュアル(英語版)と写真に写ってないですが取り付けるボルト類です。
DABOMB, GSX 3 in 1


DSC_0517.jpg

三つの機能が入ったデバイス
上部=チェーン脱落防止
バッシュガード=腹打ちによるインパクトを緩和する一体式アルミプレート
下部=テンションローラー
ISCG05マウント
重量 約118g
対応ギア 28t〜36t
DSC_0515.jpg
この様に上部はスライドさせて対応ギアの対応ゲージがついてます。

あまり写される事のない商品の裏側はこうなってます↓
DSC_0518.jpg

下部のテンションプーリーはこのような構造になってます。
写真をご参考ください。
DSC_0522.jpg


希望小売価格 7,800円(税込)


価格に対してコストダウンはなく従来通りベースプレート部はアルミとなっていて
重量がその証拠として120g前後の数値としてあります。
ダウンヒルだけと思われがちですが、
ナローワイドチェーンリングは落ちないのではなく「落ちづらい」だけなので
走る環境によって何度か外れるような方は是非ご検討ください。
20258229_1549147091803423_1445646781281681436_n.jpg
20374749_1549147171803415_3960555247259224457_n.jpg
20431177_1549147258470073_8279926263959877994_n.jpg



今日の出荷物の一部。
・インダストリーナインのブースト規格のハブ前後。+XD-1フリー
・ピラースポークのチタンブラック、プレーン
・DABOMBのブースターサドル
・XON鍛造ローター
・Fireeyeのグリップ グースバンプ
・Formosaのナローワイドリング

今日もスポーク切った切った。3営業日連続スポークカットはさすがに疲れますね(笑)。
ではでは
posted by Yuki at 15:23| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

これまた悩める週末に。

夏季休暇とお盆の間の仕事日とお盆明けからさっきまで。。。
怒涛な仕事をしております、社長業ではなく倉庫業と検査と出荷と仕様準備でしょうか。
やっと落ち着いてこれから完成車にするフレームの箱を開封してご対面。
sentinel-dabomb-xfusion.jpg
DABOMB, Sentinel
サイズ M、グレー
275+対応のアルミハードテール
価格54000円税込み
取り付けるフォークは先日取り上げたX-Fusionを使用予定。
モデルはTRACE 29"ですが、275+にも対応するフォークで140oにセット

sentinel-head650.jpg
フォークを指してみた図。DABOMBのヘッドバッヂはこのフレームではレスがスタンダードで
出荷前にDABOMB社よりヘッドバッヂ付属の提案ありまして、有無の写真を見せてもらいましたが、
グラフィックのみのスッキリ感がDABOMBのスタンダードとして決めたのなら、バッヂレスで送ってもらいました。
久々のアルミハードテール。

黒はご想像の通りにありふれたイメージなのでとりあえずパープルだけ取り出して撮影
sentinel-purple.jpg
深みのある感じで光の当たり方で少し黒ずんだり明るく見えたり、奥行きのある色合い。
一番派手です。

Sentinel-frame-3-color.jpg
こちらがSentinelの3色。公式写真。
初回入荷はMサイズのみ

20106628_1608212945865274_6187876111868618584_n.jpg
あとサドルの「ダートデビル」も入荷しております。

他にいろいろありますが、また来週。紹介します。
私は部品の組み合わせで土日考えこみたいと思います。

では良い週末を
posted by Yuki at 17:40| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

DABOMBの入荷遅れます。

devilsaddledabomb.jpg
ダートデビルサドル


650shark.jpg
シャークステム 60mm と 80mm


19105707_422917201413473_1400678055461936322_n.jpg
ボトル


7月の入荷予定がずれ込み、月末仕上がりとDABOMB社に先週末連絡を受けまして
月末出荷だと弊社の夏季休業(8/5-8/11)にぶつかるため、都合により
8/12日の入荷を予定とさせていただきます。これ以上遅れることは無いと思います。

そして同じく先週企画商品出来立てホヤホヤの 
2in1 タイプのヘッドロック
2017headlockdabomb.jpg
こちら興味ありますか?

エア抜き3秒ドロッパーのBIKEYOKE(バイクヨーク)、REVIVE(リバイブ)が昨日出荷されたと連絡がありました。
予定では今日出荷だったのが一日早まり、早い対応に感謝いたします。
早ければ今週末に弊社到着。

今ドロッパーは 30.9mmの125mmストロークの在庫2本だけですが、
入荷すればまた4パターンフルラインナップとなります。
もちろんリバーブや他細かい物やSRAMのリアディレーラーをチューニングできるShiftyなど。

なるべく「在庫」「大事に」「スピード」。
マニアックなYurisもそうですが、
マウンテンバイクと言えばYurisという印象でいたいものですね。
ロードも少しだけ…

さて今日は事務所整理整頓しようと思います。
5Sはビジネスの基本。
posted by Yuki at 13:38| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

センチネルのカラー展開

先日のDABOMBの新作フレーム紹介で、熱烈ではありませんが、
何件か問い合わせがありましたのでカラー種類をご紹介。
Sentinel-gray.jpg
この前の画像の大元
セメントグレー

Sentinel-purple.jpg
パープル
実際台北ショーで見ると、色はベタっとした感じではなく、
奥行きがある感じの色合いでした。参考としてこちら
sentinel-taipei-show-dabomb.jpg

Sentinel-black1.jpg
マットブラック

デモとして選んだのはセメントグレー
どうせやるなら派手にやりたいですね。今回は高額カーボンリムやインダストリーナインを投入せずに
なるべく派手に作ってみたいと思います。
posted by Yuki at 13:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

AM/Enduroハードテール

DABOMB
SENTINEL(センチネル)
Sentinel-gray.jpg

センチネル。意味は番兵・番人
ダボン社における最初のエンデューロハードテールフレーム。
2017年の台北ショーで公開され、とりあえず昨日公開したシャークステムと同じぐらい直感に感じる物が有ったので
デモ車を作ってみようと思います。

角パイプのダウンチューブとシートステーで路面からの強い衝撃を受け止めるデザイン。
・材質:アルミ6061 T6
・3サイズ展開: 15/17/19
・ショートチェーンステー 435mm
・地上〜BBまでの距離:305mm 低いBB
・65.5度に寝かせられたヘッド角
・水平トップ 15”=567mm, 17"=585mm, 19"=597mm
・ホイールベース 15”=1119mm, 17"=1145mm, 19"=1170mm
・シートチューブ: 30.9mm
・推奨フォークトラベル: 140-160mm
・リアエンド: 142*12mm
・BB幅:73mm


正直ジオメトリを最初に見て感じたことは、ショートチェーンステーで 435mm ??

すぐにDABOMB社に聞くとそこに出た答えは
27.5”*2.8-3.0までのタイヤが収まるように」。

なるほど納得。そしてより期待感が膨らんだところで先週これに使えるフォークを注文。
コンポーネントはShimano XTを中心に自社で使える物は使い、ブレーキはMAGURA導入してみようかと思います。
タイヤは正直…悩み中で3.0を入れるか2.8を入れるか。
リアの142mm幅に合わせてあえてフロントはノンブースト。
Yurisのデモバイク環境においてですが、現状前だけブーストにするとホイールの着せ替えが難しいので
上記の選択にしました。時代はブーストだと思います、代理店としての提案であれば間違いなく先の規格であるブーストを紹介します。

今あるホイールをそのまま流用できる。最低限の費用で載せ替えが出来るという点に着目して
今回はあえて作ってみる事にしようと思います。
26”で足りてた剛性142mm, 275/29”やより強いグリップに耐えるために生まれたBoost規格。
Boost規格で得られる剛性とスポークテンションの適正化によるメリットを考えると
今更感全開ですが、その中での性能up以外で得られるメリットだったり、
このジオメトリは一体どういう面白さがあるのかを見つけたいと思います。

サイズはもちろん。身長的にLですが、造形美、開発基準のど真ん中サイズ「M」で

たわみ、ねじれ、コーナリングスピードの高さ
シンプルゆえにこのジオメトリは疑問視しながらも気になりました。
BTR Fabricationsの取り扱う時と同じように。
posted by Yuki at 11:03| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

シャークステム

sharkstem.jpg

DABOMBの新作ステム「シャークステム」
1. Material: Aluminum 6061 T6
2. Process: 3D forged
3. Extension: 60 & 80mm
4. Bar bore: 31.8mm
5. Angle: ±7゜
6. Color: Black with silver faceplate
7. Weight: 60mm/132g, 80mm/138g
8. 価格 3,240円税込み
入荷予定 7月中。

ファーストインパクトで感じた人だけだと理解してます。
60mmで次のバイクにつけてみようと思います★★
posted by Yuki at 17:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

片面はまだ入荷せず

Vstage.jpg
クリップレスペダルといえば両面が基本ですが、人によっては時々クリップレスで使いたいという要望に応えて
市場では数が少ない片面タイプのクリップレスペダルが存在します。
DABOMBからは「V-STAGE」(Vステージ)
が発売されておりますが、黒は残念ながら今メーカー含めて弊社も欠品中です。
こちらは来週入荷予定分でも間に合わず、7月の新作商品の便と一緒となりますので
基本現在は予約受付のみとなります。
Vstageblue.JPG





hotcandy-blue1.jpg
そして昨日の画像up気になった方もいるかと思いますが、
新色です。こちらは次のFireeyeのオーダーで入れたいと思いますが、
欲しい方はこちらもご予約の方お願いいたします。
新作に限って時々私の予定数を超える時がありますので、絶対に欲しいという方は予約が確実となります。
こちらのHot CandyはFireeyeのプレぺの2世代目となりますが、1世代目のモデル名は「Soft Sweets」です。
ちなみにSoft Sweetsはプラペが世界に展開始まった時もあり、何度入れても入荷前に売り切れで、自分のデモペダルを手に入れたのは半年後でありました。

最近の色のトレンドはクリスキングが艶消しアルマイトの提案。弊社取扱のインダストリーナインはブロンズカラー(こちらは限定完組のみ採用)。
この色は・・・・近年フレームの流行色にマッチするために作った色との事。
具体的なフレームモデルを言われて、うーん、納得はしましたが名前はあえて省略させていただきます。
Fireeye社の新作のフレーム…まだ先のようですが、そちらに期待!!!
posted by Yuki at 15:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

2種類のチェーンデバイス

昨日ご紹介したDABOMBのチェーンデバイスですが、
価格が決まりましたのでお知らせいたします。


SCG.jpg
DABOMB, Recoil SCG
材質 ナイロンとカーボンファイバー
適用 9-11s
対応歯数 28-36t
ISCG05マウント
重量 28g
希望小売価格 5000円(税込)

RecoilGSX3in1.jpg
DABOMB, Recoil GSX 3 in 1
材質 アルミ削り出し
適用 9-11s
対応歯数 28-36t
ISCG05マウント
重量 118g
希望小売価格 7800円(税込)

ただDABOMB社の出荷開始時期が6月中旬予定なので、現段階では予約という形のみとなりますが、
シーズン開始真っ最中ですが、更新予定の方は是非ご検討ください。
SCGは主にクロスカントリーからトレイル・オールマウンテンに焦点を絞ったミニガイドで
ナローワイドリングが主流の今の保険的な役割として開発されました。
プレートがカーボン繊維含有なので物自体は凄く強いし尚且つ軽く出来上がっていて
取り付けもガイドがずらせる構造なのでシンプルかつ簡単なインストールが出来ます。

GSX 3 in 1
樹脂を採用したアンダーガードモデルは衝撃吸収性に優れますが、その分重量が200g前後の重量は避けられず、バックプレートを軽量なカーボンにするとコストも上がってしまうという課題が残ります。
考え方をよりシンプルにという事でアンダーガードまでをバックプレートと一体式にしたのがこのチェーンデバイス。
重量も軽くなってカタログ値は脅威の118g(カタログ値)。
アンダーガードを一枚の無垢のプレートにせずに肉抜きにする事で、いざマウント台座へのインパクトをアンダーガード部分で吸収。
そして何よりも樹脂部分の型費用だったり樹脂を固定するボルト類が無い分、重量を軽く、価格も下げられる
新しい考えコンセプトであります。

樹脂を破壊し、補修部品もそれなりの価格ならば
軽くて、いざという時はまた新品にという選択肢も6月以降にぜひ!!!

posted by Yuki at 12:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

Dabombの新商品in台北ショー

月曜日のざっと紹介した中で本日はDABOMBの新作商品を写真を交えてご紹介。
まだ価格も細部情報を完全にもらえてないので、今後進展があり次第随時upしていきたいと思います。

DSC04589.jpg
SENTINEL(センチネル)
意味は歩哨(ほしょう)
☆ある場所に武装して立つ見張り役の兵

アルミハードテールでエンデューロ向けフレーム。
リリースする予定はありますが、代理店とショー中の意見を聞いて小変更をしつつ仕上げるとの事。
完成車としてこのパッケージでそのまま出てきてほしいです。
DSC04560.jpg
2サイズ展開予定で、完成車が大きいほうで、こちらは小さい方
色も今回は参考カラー
DSC04561.jpg
今は標準のテーパード規格ヘッドチューブ。そしてステルスドロッパーに対応できるように
内蔵式ケーブルワイヤリング。
DSC04562.jpg
この艶消しパープルはなんていうか艶消しのところに一層の艶消しクリアがのっかってる感じの色合いです。

DSC04563.jpg
リアはポストマウントで、エンドは142oとのことです。
148oリアエンド幅の29と275+対応と行きたいですが、
既存のアイテムから乗せ換えであれば安く上がるし、148oだとフォークもホイールも買いなおさないといけない、そして選択肢がまだそれほど多くないので悩ましい所ですが、
ここはDABOMB社の最終判断にゆだねたいと思います。

新しいサドル "DIRT DEVIL"
DSC04564.jpg
DSC04565.jpg
デザインタイプとブラックタイプ
DSC04570.jpg
DSC04569.jpg
シルエットはこのようになっております。
現行のBoosterサドルとASPECTの中間のシルエットとなっています。
Da Skull 2.0の新シリーズとなりますので、今の在庫が終わり次第終了となりますので
長寿サドルのDa Skull 2.0ご検討の方は早め。

DSC04573.jpg
入れ物。中に入れるものはお任せ。

DSC04585.jpg
先日あげた画像ですでにおわかりのお店もあり、
こちらは既存のDABOMBのハブをブーストへ変換するアダプターとなります。
インダストリーナインもブーストキャップkitがありますが、あちらはドライブサイドに10o追加したもので
実際ホイールセンターを再度調整する必要があります。
DABOMBのブーストアダプターはといいますとこちら↓↓↓↓↓↓↓↓
DSC04586.jpg
左右5oずつ追加する形で、5o引っ込んだディスクフランジに5oスペーサーで補正することにより
今お使いのホイールをキャップ交換とスペーサー追加するだけでそのまま使えるアダプターセットとなります。
便利!!!
ただこれはあくまで利便性で応急対応的なアイテムでブーストに対応するものであり、
ブーストの意味そのものではないことをご注意ください、あくまでコストを優先としたものとなります。

DSC04581.jpg
2サイズのステム。まぁ〜よくあるこのイメージですよ。
36234989palmspringsp40banking-jpg.jpg
装着するとこんな感じ。
DSC04592.jpg
シックとは真逆な雰囲気なデザインですが、ありそうでなかなか無いグラフィック。
イメージ作りに。

DSC04595.jpg
チェーンデバイス。
アンダーバッシュを樹脂からアルミガードに変わり、下側は脱着可能にし、更に上のガードはスライド出来るので、デバイスをずらしたり、何かを外したりする必要がなく整備性の高いチェーンデバイスへと更新。

DSC04600.jpg
左のデバイスはより軽量で、そもそもぶつかる部分でもないのでプレートの材質はアルミではなく
もっと軽い…なんだろう? カーボンではなくサーモプラスティックでしょうか。
とにかく軽いし、そして両手で折る行為をわざとやっても全然しならず
結構上だけで良い人のハートにささるアイテムになるんじゃないかと思います。
軽い!!!

DSC04579.jpg
一番下のカーボンハンドルもリリースするとのことで、
こちらは780oの幅、Formosaでupした耐久テストの試験動画を
より過酷の条件とかなんとか。

FormosaのFシリーズはクラッシュを除き、通常使用で折れた話は聞かないので、
DABOMBのカーボンハンドルはどのような特性か楽しみですね。

以上今年のDABOMBの新情報となります。
新作グリップはもう国内で流通しているので今回は
チェーンデバイスとアダプターとフレームの3点セットですかね。
posted by Yuki at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

2表情のシートクランプとクリップペダル

昨日DABOMBが入荷し、検品完了し程よく出荷も終えましたので今日は新入荷商品の紹介
DABOMBBOMB QR 3.0 Clamp

DSC_7410.jpg
写真の通りの4色展開
造形にこだわりもあり、ちょっとどういう基準かは不明ですが、
ブラックとブルーのレバー部分は 梨地仕上げ
グリーンとレッドのレバー部分は ヘアーライン仕上げ
もちろん他の部分も随所CNCのつるんとした感じで、
CNCとレバー部分の仕上げで二つの表情を見せるシートクランプとなります。
DSC_7407.jpg

DSC_7405.jpg



そして昨日ちらりと挙げたBonbons Lockon Grip 2.0
DSC_7412.jpg
去年の春の展示会で参考出品して、いろいろ世界の代理店の声などを吸い上げて
最終的に両方クランプ型、実際のゴム質をちょっと柔らかく選定しなおしました。
ちょっと長かったですがシンプルなキーボード柄で程よいグリップ感のある物が出来上がりました。

DSC_7413.jpg
この写真のようにこのモデルには中のプラスティックをくりぬいてる部分があり、ちょうど手の平にタコが出来る部分に切り込みが入っております。
実際ハンドルにはめて触ってみるとほんの少し空間があって、ゴムがそこで変形して手になじむ小細工がされてます。
DSC_7414.jpg
これが自然と握った感じ。親指はシフターに添えるイメージで
フランジもちゃんと初代のを継承してシフターエリアはカットされてます。

こちらもレッドとブラックの展開となっておりまして
昨日より出荷可能となっております。

群馬県のBIKESHOP FRESH様でもグリップの違う目線で紹介されてます。
http://bikeshopfr.exblog.jp/23656361/

では良い週末を♪
EVIL遊びしてきます。
posted by Yuki at 17:01| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする