2018年12月13日

泥除けがまた表彰台に

mudhugger-front-guard-black-EV323305-8500-4.jpg
一昨日ワールドカッパーでの採用率が高いマウンテンバイク用の泥除けフェンダー

Mudhugger(マッドハガー)が到着いたしました。
・ロング 定価税込み 4320円
・ショート 定価税込み 3240円

昨日はお店休みだったので本日より順々に発送していく予定です。

そしてつい最近中国の広州で行われたダウンヒルレース
アジアグリーンランドダウンヒルに日本からも一杯現在第一線で活躍されている選手が参加し
上位に食い込む結果となりました。中国ライダーもこれらの刺激を受けて数年後強くなるんだろうなぁ
日本はもちろんの事、台湾も含めて、アジアのレベルが共に上がっていくと良いですよね♪

3位に10月の山口県DH UCIレースで入賞した台湾のDAN選手
4位に日本@九島選手
5位に日本@金子選手 本当にうれしく思います。

1544597860500.jpg

画像に有りますが、優勝したGiantのグローバルファクトリーライダーのJacob Dickson選手もよく見たらMudhuggerが付いてましたね、後ろに長く伸びてるからやはり速度域の速いレースはロングのFRですかね。
国内でもサンプル便でのフィードバックに雨上がりの粘土質のコースではクリアランスが気になるが、ゴーグルへの泥アタックは本当に無いと言っておりました。
視界がクリアであればライディングにも集中出来る、本来の役割ですね。

という事で今日から出荷作業に入りたいと思います。

ではでは
posted by Yuki at 10:40| 千葉 ☀| Comment(0) | Mud Hugger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

王者のマッドガード届きました。

先日ブログで紹介したイギリスブランドの MUD HUGGER が昨日届きました
DSC_3896.jpg


物は2サイズの写真左側がShortyと右側がFRX
小さな泥除けと大きな泥除けです。それでも左側のShortyは十分に大きいです。


DSC_3899.jpg
26/275/29”をこの一つで対応し、尚且つタイヤは3"まで使用可能です。
そしてフラットなプラスティックではなく、成型樹脂なので最初から写真の様な形状となっていて、
環境を配慮して全てリサイクルプラスティックから作られるという。素晴らしいブランド。


弊社が現在販売しているフェンダー(おまけとしても含む)を全員集合させるとこんな感じ
DSC_3898.jpg

それぞれの重量は
DABOMB 30g
INDUSTRYNINE 34g
Mudhugger Shorty 60g
Mudhugger FRX 81g

それぞれ装着してみました。


DSC_3905.jpg
DABOMB BIKES, FENDER (商品は2枚セット)


DSC_3909.jpg
INDUSTRYNINE


DSC04826.jpg
Huck Norris



DSC_3915.jpg
DSC_3914.jpg
MUD HUGGER, FRX



DSC_3925.jpg
DSC_3924.jpg
MUD HUGGER, Shorty


DSC_3931.jpg
タイヤとのクリアランスも含めてご参考ください。


フェンダーの役割は何のために有るのか。
泥と水の跳ね上げを防ぐのがメインのお仕事。もちろん上の写真で挙げたハードコンディション=完全泥団子レースは泥詰まりの問題も出てくるのでそれはもちろんその場の判断になりますが、サラッとしたドロや水でレース中のゴーグルの視界または裸眼やサングラスへの直撃を極力避けてくれるのがこのフェンダーの凄さでもあり、
ダウンヒルやエンデューロレーサーの王者たちやトップレーサーがスポンサーまたは実費購入して世界で使われております。

実際の検証動画はこちら


肝心な価格はまた価格表やWEBにも反映いたしますが

Mud Hugger
Shorty
希望小売価格 3240円税込み
FRX
希望小売価格 4320円税込み


もっと詳細な比較写真をもっと見たい方はこちらでどうぞ
Facebook Page Albumb → ★★


ではでは。

サンプルとしての入荷で、まずは先行でご予約頂いているお店へ超極少量ですが条件付きで出荷予定です。
posted by Yuki at 15:29| 千葉 ☀| Comment(0) | Mud Hugger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

泥除けフェンダーの詳細。

月曜日の記事で興味を持っていただきましてありがとうございます。
過去記事はこちら http://yuris.seesaa.net/article/462517656.html

単刀直入に言いますと、特に仕事の流れで不具合が無ければ取扱輸入をすると思います。

DSC_3791.jpg
事務所に実際有ったサンプル。
EVILインサージェントから取り外されたRockshoxのリアショックと共に。

ブランド名は MUD HUGGER (マッドハガー)
イギリスブランドとなります。
WEB https://www.themudhugger.co.uk/

何が凄いって。。。フェンダーが役割通りの仕事をしてくれるという事です。

既に先行でいくつか予約頂いており、価格も問合せの有った所にお伝えしております。
予定価格ではありますが、楽しみにしてください。

そしてMud Huggerは役割仕事という事もあり、しっかりとワールドカッパーのダウンヒルやエンデューロレーサーの間で使われているのも事実。
スポンサーにもなっておりますが、

エンデューロレーサー@かつてのDH王者(私の永遠のヒーロー)
サムヒル

max_AspenEWS_G4A0052_541246.jpg
full_AspenEWS_N3X7879_380483.jpg
https://m.vitalmtb.com/features/WINNING-BIKE-Sam-Hills-Prototype-Nukeproof-Mega,1889?mobile=true
より引用

ダウンヒルレーサー、ダニーハート
side-profile-of-danny-hart-s-all-new-mondraker-summum-29-wheel-dh-bike.jpg
https://www.redbull.com/gb-en/danny-hart-2017-bike-check-mondraker-summum
Red Bull より引用


ダウンヒルレーサー、ロイクブルーニー
s1200_MSA18_H1D1647.jpg
https://m.vitalmtb.com/photos/features/MSA-2018-Winning-Bike-Loic-Brunis-Specialized-Demo,11929/WINNING-BIKE-Loic-Brunis-Specialized-Demo-at-Mont-Sainte-Anne,123925/iceman2058,94
Vital MTBより引用



フォークと装着するタイヤによっては若干タイヤとのクリアランスが狭くなるのと、粘土質?な日本ですが、
完璧なマッドコンディションで、あまりにも酷ければその時は最悪のコンディションというわけでどんなフェンダーでもダメなので素直に外せばいいわけで。

普段のライドでスポットで水やドロ水、少し濡れた部分とか少し雨混じりなコンディションなどに
最高のパフォーマンスを発揮する事間違いなし!
ワールドカッパーの使用率がそれを証明してると思います。

なにゆえ目立たない部品ですが、フェンダーが大きい分サムヒルのようにステッカーチューンしてのカスタムも有りですね。

さて…ちょい量のお試しサンプルオーダーが届くまであと少し。。

posted by Yuki at 09:46| 千葉 ☁| Comment(0) | Mud Hugger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする