2024年07月03日

作業ビデオも有ってとても整備性良き

仕事の受注に合わせて、オーナーの体重向けにスプリング変更


nineninie2.jpg


外部キャップでいきなり内部にアクセスする構造ではなく、実は化粧キャップ的な洒落た構造になっています。
そしてその手で洒落たキャップを外すといよいよ中にアクセスするためのキャップが露出してきます。
ただのキャップではなく、自社がそれまでリリースしてたACS3と同じ構造の
ABS=Air Bump Stop、ストローク中盤から後半にかけてバネからエアーに切り替わるシステムの部品が露出してきます。
↓写真

ninenine1.jpg

で手のひらにある付属の工具で開けてあげるとバネが表れてめでたく交換という作業。

バネ交換するコツは
@ディスクマウントネジを緩める=ABSが外れやすくなる
AABSを外す
Bバネ露出交換、グリスを一杯塗布する
CABSを戻す、トルクは25lb
Dディスクマウントのネジを締める 3.5lb

たったこれだけの作業。そんな作業ビデオはこちら


・内部スペーサー入れ替えでトラベルチェンジ可能
・別途購入必要ですが、コイル交換の簡単作業
・予定ですが、下の部品変更でオフセット変更、これにより29/275対応。

イニシャルコストは高いですが、実は整備性も良く、1本でほぼ対応できる仕様のフォーク。

では仕事に戻ります。

では仕事に戻ります。
posted by Yuki at 13:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月13日

MTBリアショックでPUSHが上品でシルクの薄い手袋と比喩された

1718238288579.jpg
※画像 PINKBIKEより

おはようございます。ちょっと前のPINKBIKEの記事ですが、
アメリカのPUSH INDUSTRYがリリースするリアショックで車種専用の11.6の他に
取付アダプターからコイルまで汎用可能な汎用型リアショックSV8が去年年末に発売されましたが、
そのSV8がPINKBIKEでしっかりとインプレされておりました。

調整幅が広く、とにかくグリップ感トラクションに優れているとの評価になりました。
もちろんアメリカ製でフラグシップの11.6と同じ社屋で作られています。

価格はRockshox, FOX, Ohlinsと比べて1番高いダンパーではありますが、量産というよりも
テーラーメイドなアメリカ製リアショックと思えば良いんじゃないかと思います。

SV8 revel red.jpg

技術的な特徴はというと
・高速と低速圧縮ダンピングは24クリック
・リバウンド18クリック
・ダンパーセットはAバージョン(300-500lbsバネ)とBバージョン(525-700lb)
を体重範囲で選択
日本人はほぼタイプAでですね

ここでPINKBIKE通して知ったのは、AとB以外に追加料金で好みのダンピングセットに出来るらしく。。
それならOHのタイミングでやれば良いし、11.6のみならずSV8にもそのサービスが有るんだと感心

・油圧ボトムアウト
ストロークエンド最後の15%で作動しボトムアウトを開始するのですがここはメーカーにて設定固定。

・保証
リアショック。11.6も同じですが、オーバーホールするごとに1年間保証が付与されます。直近のソーシャルメディアだと初期11.6もメンテした記事がありました。


11.6は車種専用設計。瞬時の切り替えレバーで1つのショックで二つのセットが作れますが、SV8はそれを1回路のみのリアショックを思えば良いです。その代わりロックアウト機能とかないので、長い登坂アプローチの場合、バイクの特性に応じてダンピングダイヤルを触る必要があるかもしれません。


PINKBIKEでは性能と具体的なそれまで使っていたショックとの比較を用いての説明でしたが、
比較はそちらをご参考ください。

私から言えるのは、PUSHは買ってからの柔軟なサービスが存在という事です。
詳細はここに書くとそれが当たり前のように思われるので控えますが、
こちらからのリクエストに対して、ビックリするぐらいな答えや対応されたりします。

導入のイニシャルコストは高いですが、弊社はサービス拠点じゃない代わりに本社送りのメンテナンスになり時間がかかりますが
その分満足度の高いサービスとなって帰ってきます。

それがテーラーメイドと例えた理由でもあります。

ではでは
posted by Yuki at 10:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月19日

PUSHの前後サスペンションがYETIのブースに



YETIのブースに出現した往年のペイントが施されたSB140
そしてさりげなく前後にPUSH INDUSTRIESの倒立フォークとELEVENSIXが搭載されている

同じコロラド州のアメリカンブランド♪


それより昨日はフィンランドにあるMTBブランドのPOLE Bicycles が破産宣告で現在買収先募集してるとの事で
自分的にもなかなかパンチのあるニュースです。

なぜかというと、Huck NorrisがPOLE Bicyclesの傘下?(または別事業)にあるからです。
Huck Norrisと連絡とる時、時折Poleのアドレスで来たり、
実はオーナーのレオからもPoleの日本エージェントやらないかと過去に話があり
あくまで「仲介エージェント業」でこちらは諸事情により辞退してますが、やりとりが実はLINEだったという
だからレオのLINEアカウント持ってます。日本が好きで時々来てたみたいでそれにしてもアジアのアプリのLINEを使っていたことに感心しました。


という事でHuck NorrisはPoleがあのような状態なので弊社のインサート部門は暫くお休みになるのが
確定いたしました。弊社に現在在庫も無く、ずっと希望仕様のインサートをオーダーしたくても全然向こうが作ってくれなかったので
今回の件でなんとなくいろいろ理解できた気がします。


まぁ…何が起きるかわからない世の中、海外の業界ニュースでシーオッターで既にこれまた大きなビックリニュースが出たぐらいなので
今年は大きな変化の年である事は間違いないです。

今日はゆっくりしようと思います。。。

posted by Yuki at 08:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月18日

PUSHの倒立フォーク、人気あり過ぎて水面下で受注停止となりました

2月19日前後にPUSHの倒立フォーク発表されまして、事前にプレオーダー入れた3本のうち
代理店へは最低限1本を発表日前後に出すという事で、日本には弊社が先週取り付けた倒立フォークNINEONEがその唯一の1本。
実際装着してみて、感じた事やメンテシムとして実際ばらしてみたり思ったことをPUSHにフェードバックをします。
その為の1本だと思っています。

DSC00354.jpg

残り二本は
千葉県 Villagetop様 (フリー在庫?)
静岡県 Gonzo Performancebike様 (フリー在庫?)
への割り当てとなります。


残念ながらPUSHでは公式に発表してませんが、オーダーが自社生産の生産キャパ遥かに超えたため先週木曜日に代理店向けに今後の納期を明確にするのに一時受注停止という連絡がありました。
対象は発表日以降全てのオーダーとの事なので残念ながら納期が一旦不透明となります。
但し順番はそのまま入っているのでPUSH内部でスケジュールが明確になった段階で受注を引き受けるとの事です。

なので現状国内の受注公開しますと 受注開始後の引き渡し順番
東京都 トレイルストア様 (客注?)
京都府 一条アルチメイト京都様 (客注?)
愛知県 カトーサイクル様 (フリー在庫?)


今回は具体的な入荷を開示とさせていただきました。
トラベルチェンジは内部の構成変更だけで、体重別のバネは弊社在庫完備するし、実際UserレベルのDIYでバネ側ばらしてみて自分の想像よりは簡単な気がしました。

DSC00345.jpg
黒ローター、ブロンズレッグ、ブラックキャリパー。お互いを邪魔せず渋い共演でしょ?♪




DSC00350.jpg

キャリパーは今愛用する中国ブランドのルイスブレーキ。かなり良い仕事してくれてます
NINEONEの29と275への変更は恐らくこのブロンズ部分のオフセット部品を変更するだけじゃないかと推測。

残念ながら一時受注停止で、定価はお世辞にも言えず税込み39.8万とかなり高く
実際海外でも高いコメントが見られるけど、他あまりやってない分野だし、
PUSHのこだわりが細部いたるところに見られるのでそれが価格に反映してくるのかなって思いました。
複雑な機構ではなくシンプルの中の一つ一つにこだわりを持っています。

作業していただいたVillagetop様より
コラムカットしたけど、このコラムメチャクチャ硬く切るのに時間がかかったと有って、改めて思い出すと
動画でなんとなく聴き流してたけど、オーナーのダレンが
オートバイと違ってダブルクラウンではないので剛性確保が凄く重要でコラムにも・・・・といろいろ話してたのがそれなのか?
とりあえず今週PUSHとフィードバックと共に答え合わせを使用と思います。



posted by Yuki at 09:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月12日

PUSHの倒立フォークの他に必要なもの?

おはようございます。昨日月曜日に先週の海外出張もあり、昨日まとめて入荷しました。
・REVEL 海外出張一日目(受け入れのみ、新型RASCAL)
・PUSH メンテナンスリアショック、倒立フォーク1本Yuris向けのみ
・INDUSTRYNINE 毎月定期便 

INDUSTRYNINEからは 3/14(日本時間3/15)に何かが発表される予定
431826508_805329364956310_3689117509514032765_n.jpg

台北ショーでSINGER向けのUDHハンガーを持ち帰りました。、現行タイプと違ってスライドエンドがUDHなだけで、
新たに148mmBoost軸(172mm*P1.0mm)とUDHのハンガーが必要になるので、次のロットにUDHを適用となると純粋にUDHハンガー部分のコストが乗ってきます。
UDH 650 singer.jpg
実際プロトに取り付けた写真。軸はYETIのリア軸が使えたので流用。
スライドを止めるボルトの間隔が広く、尚且つスライド設計の都合上チェンステー長が従来の最短415mmから2cm下がって、最短435mmになってしまいます。後ろへの移動量も10mmぐらい。
乗ってみると違和感なくマイルドなバイクに変貌を遂げてます。
他のブランドを見るとやはりUDHあとから対応させようとすると構造上チェーンステー長が後ろに伸びる傾向にあるようです、最初からUDH設計にすると415mmまで行かないにしてもいくらか近づけられるかもしれませんが、フレームのシルエットや製造ジグがリセットされるのでいろいろ模索中。ととりあえずコストを抜きにした話。
次のロットを全てUDHで採用するか、オプション扱いで用意するかこれから詰めていこうと思います。





inverted fork push 650 yuris.jpg

PUSHの倒立フォークですが、今わかってる時点でお話ししますと29”からの先行販売
・275”は夏以降にリリースですが、多分下のマウントブラケットを変更するだけだと思うので実質1本のフォークで部品の付け替えで275/29”へと変わる?(オフセット違いのブラケット)
・ストローク変更はフォークを開けて内部のピン位置を変更する。詳細は下の動画にオーナーDarrenが自ら説明しています。
・コイル仕様なのでストロークに応じたバネレートは既存展開するACS3 kitのコイルレート参考と同じように選ぶとの事
 ※ACSと同じ色分けでもACSのバネと共通ではないのでご注意下さい。

上の写真が日本に届いた最初の1本。木曜日に装着する予定です。

参考バネページ
https://www.pushindustries.com/products/acs3-fork-coil-conversion-kit




日本、弊社ではPUSHのサービスセンターとしては機能しませんが、責任もってPUSH本社に発送してメンテナンス業務を承っています。
そして・・・・ほんの些細な事ですが、弊社PUSHにディストリビューターとして認めてもらえました~♪
Yuris PUSH.jpg


ではでは
posted by Yuki at 10:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月01日

PUSHの倒立フォーク 140/150/160/170 27.5/29" 本日公開

A.jpg

皆さんPUSHの倒立を聞かされて検討してて長年待ってた方もいると思います。
2/29 アメリカ時刻 AM7:00 に発表されました。

PUSH INDUSTRIES
フォークモデル名 NINE ONE(ナインワン)

色 ブラック or ブロンズ
トラベル量 140/150/160/170 (分解内部調整にて)
車輪径 27.5/29”
バネ側は ACS3ハイブリッドコイルの改良型?
ダンパー側は リアショックのELEVENSIX
ディスクマウント 180/185、200/203mm ユニバーサルマウント
重量 2780g
参考本国定価 2600ドル
希望小売価格 39.8万(税込)



020123_Push_NIne0ne_v4_h19-Edit-4.jpg
020123_Push_NIne0ne_v4_h19-Edit-3.jpg

去年のシーオッターのプロト状態では、一般の人たちはおろか代理店の人でさえも搭載されたバイクを触る事が出来ないほど実物は目の前に有れどトップシークレットでした。
今だから暴露しますが、あの時はフォークガードを射出成型を待つだけでリリースは2023年の夏ぐらいとありましたが、あれから伸びてのアナウンスという事は最終的な微調整だと思います。

今まで世に出てきたシングル倒立で想定されるデメリットを低減または排除した上での2年?3年越しのリリース。


429938065_784677743708054_6267182314142004237_n.jpg
内部圧の開放ボタンの写真もありますが、深く伸びた上のクラウンはねじれ剛性の確保のデザインにもなっています。
下の写真のエンド部分ボルトオンにしたのは恐らく車輪径やオフセット変更を簡易にするシステムだと思います。事前にもらった資料は紙っぺら1枚だけなのでフォークの全容は実物をしながら確認していくしかないです。
ディスクマウントは別途アダプター不要で写真のように180/185、200/203mmを一度にカバーできるデザインになっています。
そう考えると275/29のフォーク別に製造するのではなくここだけ交換すれば製造は一つで済むという製造にとってもユーザーの汎用性にとっても素晴らしい事であります。

429965904_784203820422113_6808280313163112411_n.jpg

フォークの心臓部(バネ側とダンパー側)
バネ側はACS3コイルで培った技術を採用。コイルの作動時の静音化にACS3採用の収縮チューブを採用せずに「サイレントサラウンド」の潤滑機構を使って同時にスムースに動かし、ダンパー側は低速および高速圧縮ダンピングは 28 クリック、低速リバウンドダンピングは 18 クリックで調整できるため、ライダーはパフォーマンス、快適さ、コントロールを適切な量に微調整することができます。リアショック11.6をフォーク向けにリファインした設計で外部調整のみならず、弊社ではやりませんが、本国送りでOHする際に内部チューニングも出来ます。

140/150/160/170 ユーザー側で調整可能のトラベル
NINE.ONE は独自のトラベル調整システムを備えており、ライダーは追加の部品を購入することなく、フォークのトラベルを 140mm から最大 170mm の間で 10mm 刻みで内部調整できます。

スピードサービスシステム機構
高性能フォークには定期的なメンテナンスは不可欠。オーナーはアウターチューブのスピードサービス機構にてフォークをバイクから取外すことなく簡易潤滑のメンテが出来るような作りにしました。


Push_3-4_V1-2.jpg
※フレームはWe are one の Arrival 国内取り扱いはライドバディ
 リアショック PUSH ELEVENSIX
フォーク PUSH NINE ONE

何と言ってもコロラド州のPUSH社内で一貫生産しているので最高の品質・耐久性・パフォーマンスを提供出来ます。
量産出来ない分、商品化するまでのとことんの追求と1本1本製作してからの性能測定も含めPUSHは市場に出荷してきました。

ELEVENSIXやSV8リアショックと同じく
1年保証経過後に通常OHを推奨し、OH実施後に1年の保証が付与されます。
中古譲渡でも購入時の証明、または最後に受けた小売店が発行する伝票があれば保証継承出来ます。
詳細は弊社の保証概要の項目をご覧ください

メンテサービスを受け続ける限り、セカンドオーナー以降でもPUSH保証が受け続けられる事になります。
量産ブランドにはないメリットだし、リアショックのElevensixに関しては柔軟な提案もしてもらえる
サスペンションを社内で製造する会社の強みではないでしょうか?


日本でのこれからの展開

1本目 ブロンズ 弊社Yuris REVEL Rail29に装着します。
2と3本目 ブラック 千葉県 Villagetop様
          静岡県 Gonzo Performance Bike様

1本目 近日中にPUSHより集荷、または出荷されたか
2と3本目 3月末に完成、4月入荷?
4本目以降は 予約受け付けます、そしてレンタルデモで導入しようか考え中。決定した際にはレンタル希望店は歴代リアショックのオーダー実績のあるお店から優先とさせていただきます。

大量生産出来るPUSHではなく1本1本作っていくので、今年の夏までに目にする事あまりないかもしれませんが、

倒立ってもうロマンですよね??

ではでは

更に深堀したい方は下記の海外のリリース関係の情報をご覧ください

PINKBIKE 紹介記事 → https://www.pinkbike.com/news/push-industries-releases-nineone-inverted-fork.html

BIKERUMOR 紹介記事 → https://bikerumor.com/push-industries-nine-one-inverted-suspesnion-fork/

Vital MTBでオーナー ダレンへのインタビュー
posted by Yuki at 09:33| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月10日

PUSHのリアショックはOHすれば永遠に保証が継続する

オーナーのダレン氏が自ら説明する、オーナーによるプレゼンはなんだかオーラーを感じます
https://www.facebook.com/reel/1020742212348775

保証継続プログラム 
Facebookのアカウント持っている方であれば上記のリンクを是非見てください。
PUSHのリアショックのトップグレードのイレブンシックス、と去年年末に発表したSV8(エスブイーエイト)。
こちらは他社と違って、自社生産のリアショックでもあるので、最初の登場が2016年?から現在の3世代目まで作られてきてますが、
リアショックの定期的メンテナンスが必要という事もあり、ただメンテナンスを出せばいいだけでなく、
トップの11.6リアショックに関しては標準OH以外にも、ダンパーの仕様変更も無料の範囲で変更可能で
尚且つOHサービスを実施することによって1年の保証が付与されます。
それはトップの11.6も普及版のSV8にも同じことが言えます。

保証は使用中に起きたオイルリークまたは予想しない本体の不具合をカバーするプログラムとなります。
11.6に関しては専用モデルになりますが、対応モデル範囲内での仕様変更に関しても柔軟に対応するので
既存オーナーにも手厚いサービスを供給可能です。

当プログラムはファーストオーナーのみならず、セカンドオーナー以降にもOHサービスを受ければ
その権利は引き継がれます。…第二世代のリアショックを手に入れられるならばOHついでに第三世代へアップグレードが出来るというスペシャル裏技も出来ちゃうという事です。

言ってしまいました…☆彡

という事で PUSHのダストシールもよろしくお願いいたします。
二つの役割、内部オールの潤滑保持と外部のゴミや汚れの遮断。
耐久性にも優れたPUSHのオリジナルダストシール



ではでは
posted by Yuki at 20:29| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月25日

38mmのフォークダストシール、PUSHのSV8ショックいろいろ入荷

先週PUSHが入荷してましたがいろいろとやる事が多くパンクしておりましたが
オーダーのリアショックが無事到着してて、自分用のSV8リアショックも到着しております。
PUSHのフラグシップのElevensixがEVILについてますが、写真左のSV8、PUSH汎用リアショックはREVELにつけてお正月の間乗ってみたいと思います。
PXL_20231220_013210732.jpg

バネとショックレデューサーは他社汎用OKとあるのでバネは普通の物かと思ったらちゃっかり11.6ショックと同じハイパーコイル使ってました。
PXL_20231220_074647460.jpg
HyperCoil / PUSH って刻印あるし、PUSH改めて凄い。ハイパコとどんな関係よ!!!

PUSHの低フリクションシールに38mmが新たに仲間入りしました。

PXL_20231220_074617484.jpg

こちらはFOXとRS両方とも対応してます。但しFOXとRS以外の38mmは検証してませんのでそれ以外はチャレンジしてみて下さい。
ダストシールは外部からのごみ侵入防止、そして内部のオイルの潤滑の保持しつつ外に飛び出さないという二つの機能が有り
下の動画を見ると2重構造になっております。シールのグリス含有量も純正対比で多めに入っていて
つけた瞬間の摺動抵抗性能というよりも使っていくうち摺動性能を保持し続ける耐久性に重点を置いたPUSHシールとなります。

OHするのでしたら是非使ってみてください。





Formosaのカーボンリムのモデルチェンジ、そしてラインナップ整理も兼ねて
弊社のアウトレットセールを後ほど更新します。
気になる方はチェックしてみてください。
早い者勝ち。
posted by Yuki at 10:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月30日

PUSHから汎用性のリアショックがついに発売される 

おはようございます。昨日本当はPUSHのリアショックの発売日でこのリアショックを書きたかったのですが、
思わぬタイミングで急遽新規取扱ブランドREVEL BIKESの発表に切り替えました。
もう少し自分のスケジュールで動きたかったのですが、そこら辺は柔軟に対応という事で。

という事で昨日はPUSHのリアショックで待望の汎用タイプのリアショックが発表されました。
SV8

p5pb25928160.jpg

SV8 汎用ショックの仕様はこちら
希望小売価格 165,000円(税込み) ダンパー+コイル+レデューサー

• Melonite QPQ 高強度スチールシャフト
• 28 クリックの高速圧縮調整
• 28 クリックの低速圧縮調整
• 18 クリックの低速リバウンド調整
• 油圧ボトムアウト
• 標準アイレットおよびトラニオン オプション
• eMTB 互換
•ダンパーチューンタイプAとB (体重対応範囲)
☆リアショックサイズラインナップはこちら☆
• 180 x 50-55mm トラニオン
• 205 x 60-65mm トラニオン
• 210 x 50-55mm 標準アイレット
• 230 x 60-65mm 標準アイレット


今まで特定のバイクモデルにのみ展開されていたフラグシップの11.6sリアショック。
そのレバー切り替え式2系統のそれを今回はシングルバルブにして、ダンピングをほぼ同じ仕様にしつつ
且つ通常のMTBから電動MTBまで使えるように幅広い互換性を持たせたリアショック SV8

・耐久性が有って
・シングルバルブにより軽量
・高性能のハイパーコイルばね
・11.6sと同じく同じPUSHにて社内生産
・補償内容も11.6sと同じ
1701308612950.jpg

コンプレッション高速と低速共に28クリックずつ、リバウンド18クリックの外部よりダイヤルで調整幅を持たせ、11.6sと同じ油圧ボトムピストンを採用して後半最後の15%の所で踏ん張り感を出す構造。ピストンと固定式ボトムアウトがトップモデルのそれと違って簡略化されてますが、それでもノウハウが一杯詰まっているSV8。
リザーバーのエアー圧も95psiと低く路面の追従性に優れています。

ストローク長を付属スペーサーで2.5mm単位で調整出来ます。その範囲内であれば移行が可能となります。
そしてバネと車体に取り付けるアダプターのレデューサーは他社の使えるので流用すればコストも抑えられます=ダンパーのみの購入も可能です。

汎用を持たせて尚且つ機能を絞ったPUSHリアショックのSV8は、マスブランドのトップモデルたちと比べると現地で1000ドルとハイエンドな価格帯となっていて、そして弊社はサービスセンター認証の代理店ではないですが、PUSH本社に返送しPUSH品質でサービスをまた受けるつつサービス後の保証も受けられます。
そしてPUSHのリアショックは最初のオーナーのみならず中古で買ってもPUSHオーナーとして保証サービス適用期間中であれば、
オーナーであるサービスを受けられるという事になります。

簡単に言うと…1世代目、2世代目のPUSHリアショックオーナー リセールが良いって事ですよ(笑)
特に今メトリックしか販売してない今、そのフレームに乗っている限り他に欲しいオーナーがいるのも知っています。
裏技的な部分も実際あるし、それはわざわざここに書く必要もないので、現役オーナー様はどうしても…ってな時はご相談ください。

マスブランドではない自社でこだわって製造するPUSHだからこそ出来るサービスでもあります。

最後に・・・・ここまで書くと11.6sいらないだろ?って思われると思いますが。
SV8は
・自分でセッティング出せ
・大容量ピストン(11.6) VS 従来型ピストン(SV8)
・チューンドボトムバンパー(11.6) VS 固定式ボトムバンパー
・3D球体タイプの取り付けアダプター(11.6) VS 通常レデューサー

やっぱりトップモデルにはトップモデルの仕様というのが存在するんです。
その分11.6sは高いですが、このSV8も是非ご検討下さい。

もちろん REVELのRAIL29 テスト車両にも搭載予定です。
※今週PUSH完成するらしい。11.6sドレッドノートオーナーお待たせしました、来月入荷予定です。

ではでは


オーナーのダレン氏による直々のSV8の外観解説。


posted by Yuki at 11:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月22日

38mmのシール結局出すことになりまして…発売となります。3倍のグリス含有量

PUSHから太い38mmのダストフォークシールが発売されました。

400182675_723284526514043_5221317712393421699_n.jpg

RSのZEB用とFOX38用の低フリクション寄りのダストシール
共に従来のように超絶な良くあるストンと落ちるようなそういうテロテロ系ではなく
あくまで純正と同等の摺動抵抗ですが、染み込ませたグリス量は純正比の三倍にしているので
装着してすぐの体感は至って普通ですが、その後の耐久性がエッライ違いそして既に好んで使用するライダーもいるほど…

まぁ~マニアックな製品ですよ。フォークバラス前提ですしね。


P91.jpg
WEBを除くと倒立フォークに PROJECT NINE ONE という欄が増えてますね。
価格の問い合わせをされますが、私にも全くわかりません。
価格帯はとりあえず日本で展開する高いなぁって思うフォークと同じ価格帯と思って貯金していただければ購入できると思います。
あとは私の思いをどこへ着地点にするのかお楽しみにどうぞ!


皆が期待する倒立フォークですが、こればかり見てるとPUSHからさりげないカウンター攻撃がそのうち入ると思います。
ボソ


ではでは
明日の祝日  RIDE ON !!!!

posted by Yuki at 17:08| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月03日

倒立フォークに憧れますか?相当テストしてます。

マウンテンバイクのお話。
もう数年レベルでの企画もので倒立フォークを形にして今試用していろいろなDATA取り段階だと思います。
それが向こうのYoutubeチャンネルでも公開されればそのままこちらに転用できるのですが、
ショートな情報なのでInstagramになってしまいますが、IGのアカウント持っている方なら是非フォローして最新の動画を見てください。
倒立の動きが見れます。

https://www.instagram.com/pushindustries/

1696294174440.jpg
posted by Yuki at 10:10| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月28日

★PUSH 直すならアップグレード★35mmのRSフォークの圧縮ダイヤルからオイルリークしたオーナー諦めないでください

★PUSH 直すならアップグレード★
35mmのRSフォークの圧縮ダイヤルからオイルリークしたオーナー諦めないでください

シンプルにタイトルでまとめました。
お店からの情報を元にPUSHにも確認しました。
ROCKSHOX社で35mmインナーを使用している PIKE LYRIK BOXXER でチャージャーダンパー2.0または2.1使っている方で
経年使用により圧縮ダイヤル付近からオイル漏れやにじみが確認できしてしまった方。
保証期間内であればそれは思う存分そのサービスを使った方が良いと思いますが、
ここではそのサービス期間が終了した場合についての第二の選択肢をご紹介。

基本ダンパーは分解推奨しないとされています、PUSHの圧縮ダンパーシステムのHC97はそもそもダンパーを分解するカスタム部品なので
それをしてしまった場合当然ながらフォークの保証期間中であろうと適応条件外れてしまいます。

現状純正での回復はダンパーロッド一式を新調するしかないですが、問題はその圧縮部品の周囲が起因であれば
一層の事分解して、PUSHのシムレス式ダンパーシステムへ換装するというのも面白いと思います。
1687906704248.jpg
1687906719296.jpg

HC97の定価は 44,500円(税込) + カスタム費用(こちらは弊社取扱店へご確認ください)

今なら純正同等またはそれ以下の費用とオーバーホイールついでにより優れたダンパー制御システムにアップグレードできます。


HC97に関する以前の紹介記事はこちら http://yuris.seesaa.net/article/465212573.html

DSC_4859.jpg
フォークがチャージャーダンパー2.0か2.1かの確認はダンパー側を外してみて、赤いロックリングがあるかどうかで判断します。
赤いロックリングがあれば換装可能です。


Charger2.0や2.1のフォークはまだまだ新しい。
PUSHからのHC97を装着した時のチューニングサポートページもありますので
https://www.pushindustries.com/pages/hc97-support
是非オイル漏れのフォークを捨てて新しいフォークにシフトする前にこの可能性を検討してみてください。

でも‥‥捨てるなら安く買い取りますよ?(笑)

原状復帰ではなく調整機能とダンパー性能がよりUpgradeしたフォークへ

ではでは
posted by Yuki at 10:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月12日

PUSHのリアショックはまさにトラクションの鬼

Its "damping", not "dampening".
1683849122166.jpg
今朝PUSHのオーナー、ダレンが自分のIGに投稿した写真。


直近のPUSHからこんな発表が!!!要注目!

PUSHの倒立フォーク
P4210337.jpg
P4210339.jpg
詳細はある程度知りつつもより明確の情報も代理店側も把握できておりません。
大まかな情報を知りたい方は弊社の取扱店までお問い合わせください。
価格はわかりません、でも今のリアショックの価格を参考にして、他社のリアショックとフロントフォークの価格を参考にすれば
大体の価格帯がわかるんじゃないでしょうか?

もちろん”それなりの値段”はすると思います。

IMG20230511092552.jpg
フロントフォークは汎用出来ますが、リアショックは特定のモデルにのみ展開となっております。
そんな対象モデル乗ってる人は本当にラッキーと思っても良いと思うレベル

なので全くあり得ない発想ですが、いつも冗談で言ってる事、
「PUSHを付けられるフレームに買い換える」。。(笑)

今デモ車のEVIL OFFERINGにつけてますが、それまで使っていた純正RS社のエアショックからの換装となります。
暫く11.6に乗ってて感覚忘れて、そしてしばらく期間が開いて今回あえて純正仕様で暫く乗ってから11.6に交換したわけだが、
一発でわかるこのPUSHリアショック11.6の凄さ

その良さを言葉で表すのがとても難しいのだが頑張って自分なりの言葉で言うのですが、
もちろん本体の構成仕様で言ったらいろいろありますが、体感として衝撃を受けたのは

PUSHはとにかくトラクションが凄い!

まず体重に合わせたPUSH 11.6はそのままポン付けでつけて、すぐにサグが出て、尚且つ最初からおおまかな最適セットとセッティングカードあるのであとは微調整する程度だと思います。

サグの状態でそこで一つのプラットフォームを形成します、そのサグがとれた状態でラリーカーのように
そこからも伸びるし縮む。単純にそんな行為ですが、足に伝わる情報は衝撃と路面形状なんですが、これが凄く良いバランスなのです。
無感触ではなく、路面の感触を感じつつ接地感もあり、「ここから自分が荷重したいのか抜重したいのかいつでもどうぞ」という感覚に陥るのです。

そしてゼロから動き始めてボトム付近までの動きがエアーで言うとどこかデジタルに感じる部分があるのに対して
PUSHの11.6は完全アナログ、ストロークしてる間はとてもスムースで動いてる間に純正で感じるわずかな抵抗が全く持っての皆無。

路面情報を感じ取りながらコシがありスムース過ぎるリアショック。

本当に久々過ぎるから余計にその性能にたんまげました。

キャンバー斜面に突っ込んでスリップダウンするんじゃないかという時にグリップ
そして自走で砂利登坂で空転しそうなシチュエーションでもしっかりグリップ

自分の語彙力、表現力。言葉ではこれが限界ではありますが、
PUSHの凄さに改めて感心。つけるなら11.6がついてるOfferingにつけて前後PUSHしたいですね♪

PUSHのみならず今はメーカーがセット推奨値出してるのであれば一度それに合わせてセットして走ってみると良いと思います。
いじるのはそれもまたメーカー推奨を基準&起点に変更していくと良いと思います。
昔と違って今の機材は本当に進化しています。

ポン付けがほとんどの今、加工に対して時折ハテナマークが出るかと思いますが、
ほんの20年前以前は・・・・以下省略。

で何が言いたいかというと、PUSH最高です

では楽しい週末をどうぞ


posted by Yuki at 12:47| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月06日

メーカー直結のサービス、末永く使う。PUSH INDUSTRIES

先日第三世代のリアショックを発表したPUSH INDUSTRIES
弊社では2018年の春から取り扱いを開始し、この写真のショックもその時の初回輸入の商品
IMG20230306083109.jpg

サンタクルズのNormadからこの度EVILのレコニング現行への仕様変更するのに
今日の午前中にFEDEXへと引き渡しましたが、このリアショック2021年にOHもやっております。

5年経過して、外見のシルバー仕上げこそもう純正ではなく特別感のあるリアショックですが、
コイルを固定する部品やダイヤルなどは現行と変わっておりません。
中身こそ違いますが、それがダンパー性能に対してガラリと変わるかと言われると
感動するほどの違いは恐らく体感出来ないと思います。
IMG20230306083119.jpg

こんな事は決して代理店側で言ってはならないかもしれないですが、性能の向上以上に
PUSHの加工と品質管理が自分たちのブランド基準であるがゆえの最高品質レベルだという事を皆さんに伝えたい。



IMG20230306083131.jpg

という事で今日はそんな精度高すぎるPUSHの商品に泣かされてます。
公差が小さすぎて空間に遊びがないから部品の脱着が出来ないというハプニング。。 苦笑

今度は黒いショックで通常タイプからトラニオンタイプに生まれ変わってきますが、
また引き続きPUSHライフを違うバイクでお楽しみください。

リアショックサービスはこのように行われています。


ELEVENSIXはOHするたびに保証が13か月更新となります。
酷使されている方がいましたら是非リフレッシュのご検討ください。

posted by Yuki at 13:31| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月01日

PUSHより第三世代のリアショックがリリースされました。

PUSH INDUSTRIESから第3世代の新型リアショック
ELEVENSIX(S-series)が発売となりました。



p5pb24290016.jpg


アメリカコロラド州を生産拠点にするPUSHがそれまで数々の自転車レーシングチームで培ったノウハウを元に2015年に満を持してリリースしたリアショックELEVENSIX(イレヴンシックス)、2020年に第二世代へと進化し、本日第三世代のリアショックをリリースとなりました。

今回は大幅なパフォーマンスの更新と共に最近トレンドである電動バイク=E-MTBにも対応し始めました。
従来と変わらずPUSHが選定したブランドの特定のバイクモデルを実際解析し、各ライダー、ライディング スタイル、装着するフレームに合わせてカスタム チューニングしたリアショックとなります。



新型の第三世代は第二世代よりも300ドル高い1600ドルの定価となりますが、
今回はガワは第二世代と同じ物の採用となる為、第二世代のショックを持つオーナーであれば+160ドルで第三世代にアップグレードが出来ます。

今回の大幅な内部変更はダンピングの部分の見直しで、トレイルライドにおける中速制御の部分で今まで強めだったダンピング部分を緩和しより追従性を上げてポッピーなフィーリングに仕上げつつ、トレイルやパークにある細かいウォッシュボードに対しても繊細に追従するリアショックとなります。
もう一つはMotorexのRSFフルードを使用することにより最高の減衰力特性をコントロールすることが可能になりました。

p6pb24290017.jpg

Sシリーズの更新の仕様詳細
• Dual Overhead Compression Valve system
• Updated low and mid-speed damping
• External low-speed compression, high-speed compression, low-speed rebound
• Independent speed-sensitive hydraulic bottom-out
• Stroke-specific bottoming bumper
• Standard eyelet or trunnion mount


PUSHといえば従来からあるこれらの特徴ではないでしょうか?
@ PUSHでは、お客様に提供するチューニングを完璧なものにするために、すべてのバイクを社内でテストしています。スプリング、ハードウェア、その他ショックの詳細についてお客様が心配されることはありません。
Aそのため、最終製品の品質管理、一貫性を保つことができます。
B私たちは60日間の性能保証を提供します。もし、お客様が追加のチューニングサポートを必要とする場合、私たちはどんな質問にも答え、ショックが私たちの期待するライドエクスペリエンスを提供することを確認するために利用可能です。
C私たちは、お客様が2つの独立したユーザー調整可能なバルブを持つことができるデュアルオーバーヘッドバルブデザインを持つ唯一のショックです。

Bに関してはどのような事かはまだ遭遇した事無いですが、質疑応答に関しては普通に今まで通り弊社してますのでご安心ください。
技術的な部分に関してはPUSH本社への確認となりますので1日お時間いただきます。

私としていろんなブランドを取り扱う中でPUSHで感じたのは、とんがったこだわりと製造品質の会社である事です。
自社で製作して自社の検査品質で判断し、組み上げていき、尚且つ実物を特性解析し最適な性能に反映していくスタンス。
自社製品のサービスコンセプト。
部品構成では表に出てこない代理店向けの仕様表も有るのでそのこだわりに驚くばかり

イニシャルコストは果てしなく高いと思います。
ただ性能もサービスも一級品である事も間違ってないと思います。

もちろんデモ車にも導入する予定ですが、もう少しだけつるしを楽しんでからシーズンインまでに第三世代を導入したいと思います。

posted by Yuki at 11:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月02日

量産とは違うワンオフに近いリアショックはこうして作られていく。

328260148_901821497774734_8462085437593463602_n.jpg

オフシーズン楽しんでますか??って言葉おかしいですよね。
オンシーズンはゲレンデがオープンしよりダイナミックな下り重視のダウンヒルという遊びが出来ますが、
自走を楽しむ人たちにとって、シーズンのオンオフなんて関係ないですね(笑)。

要は自転車楽しんでますか??って事です。

弊社の取扱っているアメリカ生まれアメリカ育ちでYETIと同じコロラド州でお互いの距離もとても近いという
こちらはリアショックダンパーを得意とするブランド PUSH INDUSTRIES

特定の車体に向けてのリアショックのみをリリースし尚且つ金額も大手のFOXやROCKSHOX、DVOをはるかに上を行くという
狭き門のカスタムリアショック。

そんなリアショックが作られていく過程がまとめられたビデオが先日公開されたのでこちらにもシェアいたします。


弊社に届くとそれはダンボールに包まれて開けるとPUSHのオリジナル巾着袋の中に鎮座する11.6Rリアショックですが、
実はこちらはゴム以外の小物はほとんどが社内製作されているという。
車体に合わせてPUSHが蓄積したDATAを元にライダーの体重に合わせて作られていくダンパー。
映像はその製作の一連の流れですが、シネマティックに撮ればもちろん他社のリアショックもこのように素敵な映像を吐き出すと思います。

リアショックへの理解により皆さん違う視点で見ていくと思いますが、
私が感じたのはショック出来上がってからの診断&分析のDATA取りもしっかりやっていて、検査も製作者と最終的に違うエンジニアによって二次検査されるという点

リアショック愛も凄いけど、企業のこだわりという面もうまくまとめられた映像です。
普段見る事のない映像ですが、私はこういう映像大好きです。

ではでは
posted by Yuki at 08:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月30日

PUSHも入荷し出荷しております。

650pusharrived1130.jpg

PUSHのスーパーキャンペーン分のリアショックが届きました。
もちろん予告なく終了したキャンペーンでしたが、無事到着して本日全て発送しております。
到着するまでお待ちください。

耐久性の高いPUSHのダストシールもROCKSHOXの35mm版もやっと復活してきたので
こちらは明日以降展開可能です。

フォークダストシール
ROCKSHOX 32(2015以前と以後モデル)/35
FOX 32/34/36/40
こちら在庫完備しております。

オフシーズン清掃ついでに使ってみてください、カピカピになりづらいシールです。

ではでは
posted by Yuki at 16:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月17日

ちらっとお知らせ情報 PUSH INDUSTRIES



ちらっとサスペンションに詳しい方からいろいろ教えてもらい、その視点で改めて見ると
2か月前に公開したPUSHのリアショック ELEVENSIXが解析して出来上がるまでの動画が神動画にしか見えなくなりました。

この動画は自分が何回も見る INDUSTRYNINE の MADE WITH LOVE(5年物)と並んで自分の中でかなり感動する動画



製作動画にハートやられちゃうんですよ・・・
そんな素敵な社会科見学

そんな11.6ですが、今朝期限を知らされました。詳細は言えませんが
ご検討の方はお早めに。。。

ではでは
posted by Yuki at 12:32| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月07日

TOP NOTCHという最高の選択肢が出来るチャンス リアショックPUSH ELEVENSIX

dsaddasdad.jpg

Top notch

ELEVENSIXというPUSHのリアショックを知っていますか?

英語を数字に直すと11.6。 そうです!
今日は日本時間11月7日ですが、本国コロラドに拠点を構えるPUSH INDUSTRIESの時間帯は今11月6日なんです!
最近この時差的な事に凄く気にするようになりました。ずっと夜または早朝未明も仕事してる気がします。
EVILのWreckoningから始まり、Offering、Following、InsurgentのLSシリーズと完全に翻弄されてきました。

そしてi9の限定ホイール(期間未定)と1か月限定のFATハブなどがあり、情報ががとても濃い毎日を過ごしてます。
限定ホイールはより絶対的限定感を出すために最終的に5setのみに限定して日本に入れる事にしました。
それを所有するお店様は後日ご紹介します。過去に出した限定シリーズをご参考いただければですが、限定という事で歴代復活リリースも無いので今回は尚且つ北米専用という事で、いつもの特別以上に超特別のホイールセットだと思います。
実際弊社では詳細をお伝えすることが出来ないので、本国webで見てもらうか、後日紹介するお店様のアナウンスにご期待ください。



ElevensixのPUHSリアショック(以降=11.6)ですが、今回月初めに突然案内メールが来て、
その国の日時、つまり11.6というタイミングで発表していいという事でしたが、私的には本国の日時に尊重したいのと
そして今弊社のタイミング的に今日じゃないといけない部分が有ったので日本時間だと1日ずれてのアナウンスとさせていただきました。

現状かなり条件の悪い為替相場で円安傾向ですがそれでも今回のキャンペーンは思いきってふりきってきました。
PUSH, Elevensix
希望小売価格(税込) 21.4万 → 15万


対象期間は決められてなく、もちろん対象機種も現行ラインナップ以下となります。
・EVIL
・Forbidden
・IBIS
・Nukeproof
・ORBEA
・PIVOT
・REVEL
・Santancruz
・Specialized
・Trainsition
・YETI
・YT

289323497_10160055762737103_9212300792784987887_n.jpg

なお期間が決められてない、そして11月6日=ELEVENSIX という事もあり、
私の推測では11月というブラックフライデー的な要素を含んでるのではないかと推測しております。
アメリカにもボーナス時期というものはあるのか?それは11月?12月?
それだから実施してるのか!?全ては推測の範疇。

PUSHのリアショックは汎用品ではなく上記挙げたブランドのみ対応となっており
対象モデルは全てPUSH社内にて実際車体取り付けての動きを解析して、体重別と技量別にセッティングされたリアショックなので
リアショックを実際ポン付けするして、細かいクリック設定もありますが、大体初期設定から前後数クリックで済むぐらい
非常にレベルの高いセットのリアショックとなります。

つまりですよ!!!セッティングの苦悩から解放されるわけですよ。
それが期間限定、日本にとても不利な円安の今、またとないチャンスです。

いつ終了するかもわからず、今の為替相場で思い切って固定しましたが、
対象車両該当者で少しでもアフターショックまたは11.6をご検討の方、ここは少し無理しても良いと思います。
※・・・・煽っちゃった。。。苦笑。でも本音で言ってます

PUSHの11.6動画をどうぞ
11.6はこのようにして現車合わせして、クリアランスチェック、ダンピング解析して専用モデルとして開発され、製作していく動画です。


Fitment Process from PUSH Industries on Vimeo.




ワクワクはまだまだ続きますよ

ではでは
posted by Yuki at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月14日

リコールのお知らせ フルサスペンションMTBオーナーの方はとりあえず見てください

おはようございます。昨日のお昼にPUSHより代理店向けへ連絡があり、

2020年4月-2022年直近まで製造のPUSHリアショック11.6
下記のモデルを対象にリコール対応いたします。
・Specialized Gen2 Turbo Levo
・Turbo LevoSL
・Gen3 Turbo Levo
・2021/2022 Stumpjumper EVO


1665705738099.jpg

弊社の方にて正規輸入した11.6リアショックは出荷前に全てシリアル番号と装着モデルを管理しており、
昨日の時点で弊社が把握する販売したリアショックに対しては販売店に個別に連絡済みです。
昨夜PUSHとやりとりをして、なるべく多く対応したいとの事なので

当リコールに対して
弊社が正規販売以外の11.6で、現在日本に住んでいるユーザーに対してサービスを実施いたします。
・海外の個人売買で買った11.6
・海外出張または海外で買って日本に持ち帰った11.6 など
※但し国内の送料は全てご負担ください
※弊社の正規輸入品の対応スケジュールを優先としますので、期間外れた場合は送料関係は全て実費負担お願いします。

具体的に取り付け部分のアイレットが緩む事象があり、リアショック以外破損につながる恐れがある為
対応が必要となります。

対応としては
・リコール部分の改良
・オーバーホールの実施(OHサービス業務)
・OH後の1年保証(OHサービス業務)


と通常のPUSHのOHサービスの特典もついて帰ってきます。
https://www.pushindustries.com/pages/recall-select-specialized-models

という事で貴方なの回りでPUSHのリアサスペンションを使用してる
日本在住で尚且つスペシャライズド乗りで上記の車体が対象がいましたら是非彼・彼女にお知らせください。

Yurisが責任もってサービスいたします!!!

ではでは
posted by Yuki at 09:25| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする