2019年04月22日

ハイパーチャージャーダンパー導入しました。

金曜日は業務をほぼ潰しての手順の確認も含めて、RockshoxのPike(Charger2仕様)に
PUSHから出ているシムレス構造のハイパーチャージャーのHC97を装着いたしました。

自分のフォークが適応するかどうかはまずダイヤルにChargerという文字がある事を確認。
52046.jpg


次にダンパー側を少し露出させて、プラダー部分の下にある金属リングが赤かどうかを確認。
DSC_4859.jpg


赤であればめでたく取り付けが可能となります。
取り付けた状態がこちら
DSC_4872.jpg
上下にダイヤルが有る状態で誇らしげに「P」の文字が刻まれております。
クリックは仕様ではハイコンプとローコンプ共に28クリックとありますが、
ローコンプは位置関係の設定で28クリックにする事が可能です。(取り付け後に出荷時のクリック数に対して加減調整)
ただハイコンプは製造上の公差で最低28クリックでの保証となります。ちなみに弊社在庫物は32~34クリック。

DSC_4868.jpg
装着した状態がこれ!!!ってそもそもフォークの内部の構造変更なので外見は先週のとなんら変わりがありません。
ちなみにこのOfferingはサイズMです。
私自身身長180cmで、装着しているドロッパーは125mm?だったような。
それでも写真の状態でも足に余裕があるのでMサイズでも足つき性抜群のEVILフレームだと思います。
見た目は大きいですが、またぐと意外とコンパクトです。

DSC_4874.jpg
せっかくのタイミングもあり、29”のホイールを導入してみました。
インダストリーナインのTRAIL270(リム内幅が27mm)のモデルをチョイス
タイヤは前が2.5”で後ろが2.4”。もちろんハブは第三世代のHydra(ハイドラ)の690ノッチです。
29”なので尚更少しの動きでジリジリとサウンドします。

もちろん今回はレインボーホイールでの反省を込めてハブはシルバー。
で明るめの配色であるピンクを導入
IMG_20190421_110510_9.jpg
新しく導入した携帯のカメラ性能もなかなかのシャープ感!!!!

HC97Render_2000x.jpg
肝心なハイパーチャージャーですが、クリックがとにかく上下共に動作軽いです。
全閉するとロックアウトですかというぐらい、オイル回路が遮断され、左レッグに入れたコイルである事を忘れさせられます。
もちろんこんな状態で使いませんが。。。

幅広い調整で数クリックで違いがわかるような繊細な体感機能は無いですが、
それでもいつも以上に多めにクリックする事による違いはしっかりと体感出来ます。
何よりもクリック動作が軽いので気軽に調整出来ます。
5クリックずつ探っていって、3クリックずつ減らして、と徐々に減らしていってスウィートポイント探せると思います。
このキットにはリバウンドのバルブをシムレス構造に合わせての再設定シムが付属しています。
コンプのみならずリバウンドもPUSH INDUSTRIESの考えるダンパー機能をディーラー側またはUser DIYで作り出すことが可能となります。

Climb、Trail、Decendと3段階の調整で物足りない方、または私と同じようにそもそも1系統のコンプしかない方で
Charger2の上のグレードまたは最新のCharger2.1へスイッチを考えてる方。
オーバーホールついでに是非ご検討くださいませ。

対象フォークはPike、Lyrik、Boxxerと対応しております

1555893650351.jpg

HC97 サポートファイルもPUSHで掲載されております。
https://www.pushindustries.com/pages/hc97-support


Rockshox Charger Disassembly INSTRUCTION
→既存のRockshoxのチャージャーダンパーのバラシ方

PUSH HC97 Assembly INSTRUCTION
→HC97をばらしたチャージャーダンパーとドッキングする手順説明

HC97 rebound tuning Guide
→ダンパー組みつけの際のリバウンドのバルブの並びの変更説明
 ノギスで直径測れば大丈夫ですが、ノギス無い方はこのファイルを等大印刷してください
 Weight Rangeはポンド表記です。


↓↓ここ大事↓↓

全てのファイルに必要工具が掲載されておりますが、バラシてみて一番注意が必要なのは
10”(=25.4cm)の延長ソケットでしょうか。
ソケットレンチは1/4(=6.35mm)の頭を推奨します。

こちらはRockshoxのChargerダンパー分解する際にカートリッジチューブに延長ソケットを入れて
コンプレッションボルトを外すのに必要とします。
特殊工具ではないけど、意外と延長ソケットここまで長いのはあまり無いので、
作業する前に一度ご確認くださいませ

※エア抜きの際はリバウンドもコンプレッションもフル開放で


posted by Yuki at 09:53| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

HC97の価格

すっかり忘れておりました。

PUSH INDUSTRIES
HC97キットの価格は
希望小売価格 32,400円(税込)


となります。

Push_Charger_Damper_3-4_2000x.jpg
posted by Yuki at 09:22| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HC97が使える幸せを感じた本日!

DSC_4863.jpg

PUSHのハイパーチャージャーダンパーを発表してから、いてもたってもいられず、
昨日は出荷にお努めしてましたが、今日は朝早く事務所入りしてデモバイクへの可能性を検証。

Charger2で有る事が前提ですが、一つ気になる事が…
52046.jpg
Low Speed Compダイヤルのみのモデルフォークが使えるかという事。

PUSHに確認すると、Charger2であればプラダー(ゴムラバー)の下のロックリングが赤であれば大丈夫との事。
ちなみにChargerダンパーは黒ですので、わからない場合はもう抜いて確認した方が早いという事で!!!

DSC_4856.jpg
バイクをハードテールのRSD Middlechildを引っ込めて、EVILのofferingを引っ張り出しました。

ぱっと見ブルーの艶消しですが、少しだけ緑っぽいです、でもCallingのドルフィンカラーではなく、
レコニングの青との中間が正解なのかもしれません。
でこのOfferingは左レッグはPushのコイルが刺さっているので取り外し簡単。32mmのソケットで1分作業。
コイルの入れ替えは5分もあれば出来ちゃいます。

DSC_4858.jpg
全部ひっこぬくのではなく、上の固定を解放してあげれば一番確認したい部分が見えてくるという事で。
チャリ高短化

なんと!!!!!!!

DSC_4859.jpg

ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪

という事で本日は開店休業=発送業務お休みして、作業にお勤めしたいと思います♪

ちなみにPUSHのソケット使っております。
DSC_4857.jpg
DSC_4861.jpg
アルミのソケットなのでキャップ類と同じ材質なのでいくらかアタリが優しくなっております。
ソケットはPUSHの部品製造と同じ機械で切削成型され角の部分で回すのではなく、六角形の面で回すので
よりしっかりと回す対象物をとらえて作業が出来ます。作業は苦手ですがなんの不安もなく作業こなせました。
PUSHのソケット類もフォークシールのアダプターも日本在庫ありますのでショップもDIYの方も絶対おすすめ♪

それどころじゃないですね。

これとは別に商品ではなく、あるブランドとも水面下で話を進めているので
どうするか・・・・どうします?


とりあえず本日はYuris業務開店休業なり(=発送ね)

では良い週末を!!!
posted by Yuki at 09:05| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

Hyper Chargerダンパー

待ちに待った。ようやくPUSHからの制約が解き放たれました、公式発表日より1日遅れましたが
リアショックの11.6やハイブリッドコイルキットのACS3をリリースするPUSH INDUSTRIESより
RockshoxのCharger2 or 2.1ダンパー向けにHC97キットが発表されました。

Push_Charger_Damper_3-4_2000x.jpg

HC97のHCは「HyperCharger」の略で97は…わかりません(笑)

HC97Render_2000x.jpg

つい先日発表されたCharger2.1ダンパーもあり、個人的にそれを超えるのか?と心配してましたが、
根本的に違うシムレスシステムを採用しているので、そもそもその心配は無用でありました。

弊社はサスペンションのプロではないので詳しい事はこれから勉強しようと思います。
まずは与えられた情報を箇条書きしますと
・リアサスペンションElevenSixのコンプレッションバルブ機能をフォークダンパーにも採用
・オイルの流量をうまくバランスし、トラクションやコントロール性能をより多く確保
・スムースで質感の有るダンパー作動
・シムレス高速圧縮バルブにより連続するダンピングフォースでもスムースな減衰力を実現
・28クリックの調整範囲を持つ低速圧縮調整
・28クリックの調整範囲を持つ高速圧縮調整
・リバウンドバルブシム付属
・Rockshox Lyrik, Pike, Boxxer RCT3, RC2 などのCharger2 & 2.1 ダンパーカートリッジに対応


またまたPUSHのHC97商品ページをかいつまんで紹介すると
トラクションと小さなバンプをよりハイレベルな域で仕事するハイパーチャージャーダンパーで
多いクリックによりライダーがダイヤル操作で、従来欲しかった「その中間!!!」の設定値も出来るようになります。

HC9797.jpg

左側が従来のシムを使用したシステムで
右側がPUSHが提唱するシムレスシステム
大雑把に理解した感じとしてはシムレスにする事により、
シムのエッジが無い分よりスムースな流量が確保できる事でしょうか!?

商品知識不足で申し訳ございません、取扱を通して勉強していきたいと思います。
ただ輸入に関しての経験はずっと豊富なので、実は並行して既に日本に入れております!!!

DSC_4854.JPG

弊社が持つRockshoxのフォークは今はYariとPike。
残念ながらYariはモーションコントロールでしたので、Pikeにまず入れて自分で経験してみたいと思います。
それとは別に既にほしい方は本日より出荷可能となります。


こちらの商品はACS3コイルキットと違い、ダンパー側を分解する作業が必要となります。
欲しいと言っても簡単には導入できないものかもしれませんが、
何か!!!何か提供できるように模索したいと思います。

ACS3コイルキットもそうですが、HC97キットを導入する事によりフォークの正規保証から外れる事をご注意ください
本国サイトのHC97ページはこちら↓
https://www.pushindustries.com/products/hc-97
posted by Yuki at 09:55| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

PUSHオーナー徐々に増えております。

PUSHのACS3(アドヴァンスコイルキット)をデモで導入するお店が増えました。
(既にDemoリストのページに反映済み)

DSC_4700.jpg

神奈川県 ライズライド様
http://www.rise-ride.net/

東京都 M.D.S様
https://mds.co.jp/


共に実物を触った又はトレイルで乗ったお店です。弊社とまた違うまたより分かりやすい説明で
ACS3のメリットを教えてもらえると思います。

実際実測重量では300gほどバネ分重くなりますが、それを感じさせない大きな感動があるのは確かとの事で、
本当に・・・・三日連続。。。立て続けにPUSHのACS3コイルキットが出るのは自分の中では凄いと思ってます。
何せ自転車の部品構成の中で無くても良いカスタム品だから!

フィーリングが激変します。ただこのキットはオーバーホールするためのキットではありません。
オーバーホールついでにやっても良いと思いますが、最新のフォークでもその変化は「誰でも」感じ取る事が出来ます

もちろん、少し前のノンブーストのRockshoxのPIKEも140/150/160mmにも対応しますのでフォークを買い替える前に
これを導入してみてください、違うフォーク?と思えるようなフォークに化けます。

で最近のPUSHは言うとこれ↓
56190010_10157088322837103_5977930770440781824_n.jpg
新しい切削機械の導入ですよ!!!
で社員募集との事


オーダー中のリアショック多分もう出来上がってますので、これから補充分のACSと他もろもろを入れたいと思います。
リアショックのイレヴンシックスって何!?!?
こういう物です。汎用ショックではなく、全てフレームにつけての解析&製作、いわゆるそのモデルに合った専用ものです。
体重や大よその乗り方に合わせたセッティングで出荷してくる、「プチワークス」
ものです

54255162_10157057403562103_5049568512759037952_n.jpg

55457300_10157057403307103_5256124021283487744_n.jpg

54414055_10157057403342103_5454299370008608768_n.jpg

54279618_10157057403472103_5079394874491404288_n.jpg

54730194_10157057403407103_3325214996832452608_n.jpg
posted by Yuki at 09:27| 千葉 ☀| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

PUSH INDUSTRIES布教してます。

今日アメリカのMTBサスペンションカスタムブランドのPUSH INDUSTRIESが入荷いたしました。


DSC_4700.jpg


リアショックのオーダーがあるので単独フライトのついでにコイルキットの在庫補充を少々。
今回より入れ物が新しくなって、ACS3キットもリアショックの入れ物もよりコンパクトに進化してます。
リアショックは袋付きになったので実質お得感がupしてますね★★

DSC_4702.jpg


DSC_4704.jpg
※写真は届いた Sanntacruz High Tower LT用

左の用紙は出来上がってからの性能検査結果、小さいシートは出荷時のセッティング。
オーダーする際にライダーの走行時の装備体重とライディングスタイルを確認した上で
製作されるリアショックのElevensix(以後11.6)


この11.6は汎用物はなく、全てPUSHが流通量を厳選の上で、選ばれたモデルで尚且つ車体状態から実際装着し
分析してそのブランドのフレームモデルにPUSHが考えるベストの仕様に仕上げていきます。

なので価格も現地で1200ドル。国内で15万税込みと、リアショックにおいてはかなり高額な部類になりますが、
汎用ではなく、専用。そして届いた状態からポン付入れ替えでセッティングも高いレベルの状態でいきなり乗れる。

もちろん11.6自身も二つのオイル回路を持ち、レバー切り替えで瞬時にコンプレッションセッティングを切り替えできるので
エアーのような利便性を持ったコイルショック

数は少ないですが、確実にPUSHは少しずつ日本で展開しております。
11.6はオーダー入ればお客様に代わって、オーダーし、納期1か月ぐらいでお届けいたします。

posted by Yuki at 12:37| 千葉 ☀| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

レアなフォークを求めて!

フォークのカスタムキットで弊社日本展開をしている
アメリカコロラド州にあるPUSH INDUSTRIESが何やら意味深の動画をあげています。
見たい人はこちら → リンク先に飛ぶ

なんとなく推測してますが、本当にわからない。完全ベールに包まれたままですが、今月?来月?
何かしらの動きが有ると思います。プッシュ

そしてコイルキットを使ってみたいけど実際どうなの?
真っ先に飛び込んでくるのは
・重量増しどれぐらい?
・保証は?
・実際の動きはどうなの?

全ては想像の状態にあるかと思いますが、実際国内でちゃんと流通しております。簡単に答えると
・重量増しは約250gぐらい
・純正保証外れます。フォークのサービス出来ます、詳細は取扱店まで。
・動き=初期超繊細スムース、奥の踏ん張りも調整可能でシームレスな動き。
    初期コイル、中間~後半=コイルとエアチャンバー

1551248681971.jpg

上の画像に有るデモ使用取扱店リストに実際弊社取扱の
ハイエンド商品。技術を要する商品を実際見れる触れるお店を紹介しております。

PUSHのコイルキット。気になるのであれば今はこちらで実際装着されたフォークのお店がありますのでご紹介します。

PUSH ACS3 Kit (コイルキット) 装着店
・東京都 小川輪業商会
・静岡県 バイシクルショップ ゲンノジ
・愛知県 のぞみサイクルオープンハウス
・愛知県 カトーサイクル
・京都府 R's CYCLE
・兵庫県 Big Mountain
・高知県 Swankys


※お店の情報は弊社のWEBサイトからアクセスしてください

ちなみ高知県のお店SwankysはリアサスペンションのElevensixも導入しています。
他にリアショックの販売実績のあるお店もございます。
気になる方はご案内可能ですので気軽にお問い合わせください。
posted by Yuki at 11:37| 千葉 ☔| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

日本3本目のPUSHフルチューンフォーク到着

FOXのガワを使った中身がPUSHのフォークが届きました。
国内3本目。


43331.jpg

限りなく少ないです。
今回のオーナーもコイルキットを入れるならばと、PUSHにダンパー側も触ってもらいたいとの事で依頼を受けました。
ありがとうございました。

弊社ではフォークやリアショック関係をサービス出来る体制がないので、基本本社送りとなります。
期間は多分これ送ってから本日到着まで14日かかってないでしょうか。

PUSH社も認める、今どきのブランドのダンパー性能。
今回の依頼は精度上げつつ、速さよりも操る楽しさに振ったセットに仕上げました。
もちろん細かいリクエストがあればそれに合わせて味付けを変更してくれます。
これはあくまでオーバーホール+チューニングというサービスなので
運賃も入れるので費用も少し高め

純粋にオーバーホールであれば、国内の正規代理店を推奨いたします。


43332.jpg
こちらがセッティングシート、初期設定数値。
ライダーの体重と今回装着されるバイクがリアショックの11.6にも対応する車両だったため
ポン付出来るフォークである程度セッティング出ると思います。
あとの細かいセットは必要に応じて調整してください。
右上にあるように二人の技術者による組立と検査を通してのサービスとなっております。


さて本日の入荷
51075847_2044716782291716_392719796522713088_n.jpg

PillarスポークとFormosaのマウンテンバイクのハブですが、
スポークでも通常の在庫の他に条件さえ満たせばお店のリクエストで在庫以外の物も入れたりします。

写真は
子供のプッシュバイク向けのスポーク。ストレートで尚且つレインボーです。
長さは120mmでも70本で同じく15000円也。日本のストライダーレースが楽しみですね。
ダブルバテッドのストレートプルスポークブラック。こちらもホイールを一杯製作する取扱店からのオーダー。

本日は怒涛の発送をいたしました。土日の休日出勤のおかげでスムースにいつも以上の量をこなせて一安心。
明日はEVILが入荷いたします。
posted by Yuki at 17:40| 千葉 ☀| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

PUSHは面白いブランドですよ。

事務所の発送荷造りスペースに棚を導入しましたDIY。これでまたデスクのタスク面積が増えました。

650push-acs3-with-oil-maxima.jpg

昨日忘年会で10数年ぶりのチョイスで、「コーラーフロートから始まりコーラーフロートでおわりました
久々すぎて美味しすぎました。明日は息子のリクエストでしゃぶしゃぶ食べ放題行きたいというので
またコーラーフロートを飲みたいと思います。

凄く凄く嬉しい事があります。それは必須アイテムではないカテゴリとしての「カスタム変更」にあたる
弊社取扱ブランドのPUSH INDUSTRIES
が年末にかけて立て続けにハイブリッドのコイルキットであるACS3
と今国際輸送中のリアショックのELEVENSIX
今回は
・EVIL Calling
・EVIL Offering
・Santacruz 19' HighTower LT
EVILのオプションで11.6が選べるのでEVIL専用と思われがちですが、11.6は専用設計ではありますが、
いろんなメジャーブランドに対応してますので適合できるかどうか気になる方は本国サイト
または弊社または取扱店まで気軽にお問い合わせください

少しずつノウハウやお客様インプレとかで情報量も蓄積してきたので
背中を押されたい方は誘惑しっかりとご用意しておりますので覚悟を決めてください(笑)

ACS3のキットはただのエアーからコイルへ戻すキットではなく、エアーとコイルの美味しい所両方を兼ね備えた
動きにおいてパーフェクトで卑怯なキットです。(コイルによる重量増しはありますが、それさえ受け入れられる感動があります)

キットを選ぶ際に乗車装備体重に応じてバネレートを選ぶ必要がありますが、あくまでPUSHが提案する指標となりますので
乗り方・技量に応じて変わってく来ます、但しそのスウィートポイントに合致すれば(=ストロークをフルに使う意味として)
初期~中間までコイルは本当にリニアに繊細に動き、ボトムはエアーチャンバーによるエアーの仕事へシフトします

今日の出荷によりまたPUSHのACSオーナーが誕生いたします。
二つのみのキット出荷ですが、純正のエアーシステムからのカスタムキット、特性変更。

たくさん爆発的に出る物もなく、少しずつで良いんです。

ではでは!


posted by Yuki at 10:14| 千葉 🌁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

自分でダストシール交換作業が出来る簡単キット

マウンテンバイク内容

アメリカコロラド州のサスペンションブランド
PUSH INDUSTRIES
(プッシュインダストリーズ)

のDIYキットが取扱当初、アメリカ国内のみの販売でしたが、販売体制に余裕が出たのか
海外の代理店にもそれが解放されたので、輸入してみました。
黒い圧入ドライバー不足で今はFOX36とFOX40しかないですがRockshoxの32/35、FOX34も揃い次第入れたいと思います。
来年あたりでしょうか。
DSC_4078.jpg
このような入れ物に入ってきます。

DSC_4079.jpg
・PUSH ウルトラローフリクションフォークシール
・PUSH フォームリング
・PUSH クラッシュワッシャ
・PUSH フォークシール圧入工具
・PUSH 組立用グリス, 1 oz jar
・Maxima PLUSH 10wt ロアーレッグ用オイル, 16 floz bottle
・60cc 注射器

希望小売価格 14,000円(税込)

DSC_3646.jpg
導入店からは最高に気持ちいいシールドライバーは欠品でDIYキットもドライバーセットも在庫NGですが、
FOX36とFOX40のDIYキットなら日本で今供給可能です。


先日のローカルレースで優勝された方のバイクにも実は入っていた
PUSHのコイルキット!! ACS3(アドヴァンスコイルシステム)

選手のACS3に対する作動感の感動(つけてばかりではなく、周三回ぐらいの頻度で乗る方)はもちろんの事、
装着されたショップオーナーや実際作業したショップオーナーからの声が今週届いたのでもういてもたってもいられなくなり、
日記に記したのであります。

1544068053537.jpg

・エアみたいにすぐに決まらない分バネは決まるまではちょっと大変ですが、
 決まればエア圧変化とサヨナラでダンパー側のセットに集中できる
・初期からウルトラスムースの作動感
・今までエアーで慣れてしまった分、忘れていたコイルの動きに感動。
 重量さえ忘れてさせるほどの動きの良さ、知った分リアサスのELEVENSIXも気になってきた。
・いつも走ってるコースがマイルドに感じ、路面追従性が優れる


とかいつまんでのインプレですが、本当に喜びの声を聴いた時に
私自身も凄く嬉しかったです。今週も確定と引き合いのELEVENSIXの話もあり、フィッティング対応車種ですが、
今日確認して明日リクエスト有ったお店様に回答したいと思います。



posted by Yuki at 13:34| 千葉 ☔| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

コイルショックの反撃

海外の情報でとりあげられた軽量コイル
DSC05947.jpg

もちろんチェック済み。というよりも今年も全て見終わらないうちにショーが終わってしまったのもありますが、
たまたまこのブースで少し話をいたしました。
スプリングのメーカーで自転車のみならずさまざまな分野の製品を製作してる歴史のある会社で
今回はいつものスプリングの他に軽量スプリングのPRでした。
SAE 9254 steelを使用し、自転車ではDVOのアップチャージオプションとして採用される!?との事です。
ダウンヒル・エンデューロで高低差の激しい所では、気圧の変動によりエアサスペンションのセッティングが変わるのがよくある話
エアサスペンションの良い所は
・軽い!
・簡単にサグが出せる!
この二点で、つまりコイルの弱点でも言えます。

コイルが軽くなって200gの差に迫り、尚且つサグが出れば・・・・動きに関しては言うまでもないですね♪
どうでしょう!!!ここまで話をして扱うわけではないので話題の一つとして★
もしかしたら既にどこかの代理店がやるとか? それもわかりません。


43635867_10156730361622103_3006208710398705664_n.jpg

PUSH INDUSTRIESの話になりますが、PUSHで採用されているコイルスプリングは
ハイパーコイル社(通称ハイパコ)のコイル
を使用しております。
日本サイト http://www.hyperco.jp/

サイトへアクセスすればいろんなハイパコのこだわりを見る事が出来ます。
とにかく高精度高耐久。モータースポーツで使われている

実際EVILのエアショックを外してPUSHのコイルショック11.6と換装し、その重量差を測ると記憶では200g〜250g?だった記憶が。
それぐらい今のコイルショックの重量が迫っているんです。
確かに昔は重たい車体をとにかく軽くで、エアサスペンション、エアショックを憧れてきましたが、
重量差が縮まっている今、選択肢が復活したのではないでしょうか!?

性能・重量・使い勝手・コスト・性質・見た目
一番自分が良いと思う物がそれなんです。

展示会の規模縮小もささやかれてますが、
欲求の塊で求めれば少しだけ良い物が見つかるかもしれないですよね。

PUSHのリアショックの新しい対応モデルを紹介

45392882_10156753913032103_4753733497577799680_n.jpg
45552074_10156753912967103_5881975664835297280_n.jpg
YETI - SB150



45170213_10156745141012103_7534648667672674304_n.jpg
TREK - SLASH



44835489_10156732171387103_8044980435584811008_n.jpg
Santacruz - Nomad V4



45564879_10156754454322103_7223191971672621056_n.jpg
Transition - Sentinel
posted by Yuki at 09:56| 千葉 🌁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

PUSHで気になる事はなんですか?

PUSH BIKESのリアショック ElevenSix 最近問い合わせも徐々に増えてきていて、
実は専用開発での対応となる当リアショックのElevensixですが、汎用が無いので
残念ながら今回も2つほどNGとなりました。

43635867_10156730361622103_3006208710398705664_n.jpg

ただ以前NGとなったモデルがようやく開発スケジュールに入るとの事ですので
今回のNGのうちの1つ=Giantの2019 REIGNも含めてもう少しお待ちくださいませ。



こちらにリアショックの11.6とハイブリットコイルシステムのACS3のわかりやすい構造説明動画が有ります。
Darrenブランドオーナー自身による説明です。
どういう仕組みなのか参考になると思います。

では良い週末を!!!
posted by Yuki at 15:42| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

DIYキットが登場!

現在受注しているPUSH INDUSTRIES, リアショックの11.6ですが、早くも今週出来上がるとの事ですが、
月末の出張の関係で届いても発送出来ないのでついでにコイルキットとかを覗いてみたりしてるとなんと


代理店向けにDIYキットがリリースされたではありませんか!?


Complete Lower Leg Service Kit
Push_Studio0726_1024x1024.jpg

付属内容はこちら
・PUSH ウルトラローフリクションフォークシール
・PUSH フォームリング
・PUSH クラッシュワッシャ
・PUSH フォークシール圧入工具
・PUSH 組立用グリス, 1 oz jar
・Maxima PLUSH 10wt ロアーレッグ用オイル, 16 floz bottle
・60cc 注射器

Push_Studio0730_1024x1024.jpg

ROCKSHOX 32/35
FOX 32/34/36/40


価格は14000円税込みぐらいでしょうか!?


DIYユーザーは要チェック!


Push_Studio0623.jpg
このツールが有ると無いとで大きく作業利便性も変わってきます。
もちろんお店向けにこれのフルキットもご用意あります。
フルセットは価格表に有りますが、Complete Lower Leg Service Kitはまた価格表に反映せねばです。
posted by Yuki at 16:58| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

リアのコイルショック到着

念願の。。。PUSHのコイルショックが届きました。
いや、実際販売展開としては全て国内にデリバリしてるのですが、
弊社のデモバイク用として、やっと!!
なんです。

42849548_1866695173427212_1854068614961823744_n.jpg

簡単に言うと取り付けるバイクが今まで無かっただけでしたので。
PUSHのフロントアドヴァンスコイルキットだけでした。実に長かった。。。

PUSHのコイルショックは汎用ではなく、PUSH社が実際車体(会社保有またはメーカー協力または触れる環境)を自社で手配または
提供を受け、現物合わせで製作されるリアショックなのです。
なので開発済みリスト以外のフレーム、例えると弊社取扱のRSD BIKESはそのリストにないので販売不可となります。
実際3件ほどオファー来ておりますが、残念ながらPUSH社のフレームリストに無いので供給がNGとなります。残念。

今回装着する予定のフレームはEVIL INSURGENT LB になります

1538542161125.jpg

同じ色系統のサンタクルズでイメージするとこんな感じでしょうか

1538540739190.jpg

フォークも同じFOX36(中身のダンパーとスプリングはフルPUSHサービス)なので。
違いはフレームとホイールですね。
そしてホイールは以前にノンブーストホイールでレインボーを導入してるので、今回は同じレインボーでも
前後で違うレインボーパターンにしてみました。
rainbowwheel.jpg

ハブ・アルミスポーク(ニップルレス)・リム。つまりのフルアルミホイールと言えます。

遊びでやってみましたが営業車の18インチと27.5インチの比較
DSC_3284.jpg

チューブレスバルブが見えると思いますが、
インダストリーナインの完組ホイールは最初からチューブレスレディ仕様となっております。



明日から山口へ週末開催のダウンヒルイベントへ出展出席しますがイベント当日天気持ってくれるといいなぁ〜
帰ってきたらまずは一号機のInsurgent LBを組み立てたいと思います。

そして2号機の先日発表のOfferingはまた日本に到着次第まずは29”で組み上げましょうかね

ではでは
posted by Yuki at 14:07| 千葉 ☀| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

フォークの周辺工具もしっかりと

p5pb16336471.jpg

海外の情報サイト PINKBIKE で
・FOX 36
・Rockshox Lyrik
2社による比較ライバル対決の記事があります


https://www.pinkbike.com/news/review-fox-36-grip2-vs-rockshox-lyrik-rc2-fork.html
↑詳細を見たい方は上記のリンクをクリックしてください。

今度のデモバイクとして弊社が選んだのはFOX36。ただしこちらはPUSHのフルチューンフォークという事で
FOXのガワ=ハード的な部分を使ったPUSHフォークとなります。
PUSH社も絶賛する近年の両社のダンパー機構。そのままPUSHのコイルバネkitを入れれば繊細な動きを手に入れられるのだが
ここはあえてPUSHがサービスとして行っているダンパーチューンフォークをチョイスしました。
PUSHのリアショックが届けばEVILのINSURGENTをくみ上げたいと思います。

喉から今にも飛び出しそうな情報がありますが、それは土日のどこかのタイミングでアナウンスしたいと思います。


フォークのコイルキットやダンパーチューンサービスの他にフォークを分解する時の上のダイヤルを取るためのソケット
DSC_3649.jpg
アルミ7075素材を切り出したアルミソケット

フォークシールを圧入する際のガイドツール
32/34/35/36/40mmのセット (別売り有り)
DSC_3646.jpg
ナイロン樹脂を高精度なCNCで仕上げた物です。

1537943065377.jpg

こちらも少量で、ほぼショップ向けの工具となりますが、販売もしておりますので
DIYユーザー&メカニックは一度チェックしてみてください
全てPUSH社内の切削機械でリアショックの11.6と同じ機械・作業環境で作られたアイテムとなります。

1537943104117.jpg

オイルとグリスは現在在庫無いですが、次の入荷で入れたいと思います。
・オイルはMaxima社の10wオイル
・グリスはPUSH社が実際フォークをサービスする時に使用するグリスでフォークシールやオーリング・エアピストンなどへの塗布、潤滑しつつ耐用性の高いオリジナルグリス

低フリクションのPUSHフォークシールも最近少しずつですが出るようになりました。
ダスト掃除する際に是非ご検討ください
FOX 32/34/36/40
ROCKSHOX 32/35
※2016年以降RSの32mmモデルには対応しておりません


posted by Yuki at 15:41| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

下るために登ってる!!

PUSHのハイブリットコイルキット ACS3

愛知県にあります取扱店のカトーサイクル様より許可をいただき
お客様でかつレース参戦している方がPUSH INDUSTRY(プッシュインダストリー)のACS3とPUSHのローフリクションフォークシールを装着して
2か月使った経過感想がありますのでどうぞご参考ください。

ACS3の対象フォークは
・Rockshox PIKE 2014-2019 140/150/160mm
・Rockshox Lyrik/YARI 2016-2019 140/150/160/170mm
・FOX 36シリーズ 2015-2019 FIT4/RC2 140/150/160/170mm
※PIKEに関してはBoost有無と型式によって使用する部品違うのでオーダーの際は
 年式と詳細SPECを確認させていただきます 




1535928494146.jpg

↓↓↓以下がN様のインプレを原文のまま掲載いたします↓↓↓


PUSH ACS3&ウルトラローフリクションフォークシール
素人ライダーの勝手な感想なので暇な人、気になってる人は読んでみて下さい。
取り付けて2ヶ月ほど使いましたがこれかなり良いです😁
商品の説明は代理店さんのホームページに詳しく書いてあるので省きますが、乗った感じはギャップの角が丸くなるような走り心地で昔のコイルフォークを思い出します。昔のと言うとイメージ悪いですが、ダンパーは最新だしボトム防止用の独自機能があってこれまた良い感じ👌
最近はエアサスの進化がすばらしくコイルがいらなくなった感がありましたが、やはりまだまだコイルのしっとりとした動きには追いついてないと感じました。
重量は少し重くはなりますが、昔のコイルと比べれば激軽なので全然気になりませんw
1グラムを削る軽量化してる人には向きませんが、下るために登ってる!って人は是非お試し下さい‼️

↑↑↑N様のインプレを原文のまま掲載いたします↑↑↑



PUSHのローフリクションシールもRSとFOX用も取り揃えておりますので
合わせてご検討くださいませ

改めてN様 ありがとうございました。
ACS3キットに関して愛知県@カトーサイクル様 ありがとうございました。

WEB http://www.katocycle.com/
posted by Yuki at 08:07| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

サクッと臨機応変に

ddd.jpg
写真は弊社の取り扱いではないバイクですが、フレームはパイプドリーム@イギリスのブランドです。

弊社の部品が付いていて車輪には
・インダストリーナインのハブ
・XONのディスクローター
・Formosaのカーボンリム
・Pillarスポークか?

ではっきりは聞いてなったですが、ホイールはレンタル物?

ドロッパーはBIKEYOKEの恐らく予測ですが、REVIVE 160mm?じゃないかと思います。
ありがとうございます。

かなり画像をガン見する方ならある事がわかってくると思いますが、
装着されているRockshoxフォークにPUSH INDUSTRIESのエアーコイルキットが入っているのです。

そしてそのフォークがレベレーションであるという事。
レベレーションがそれまで32mmのインナーだったのが2018から35mmに変更されたという事を踏まえて・・・・
オフィシャルとしてはレベレーション対応はアナウンスしてませんが、PIKEとレベレーションの関係、詳細は取扱店までお問い合わせ下さい。

今回のオーナーがPUSHをチョイスしたのは
・国内の在庫が140mmしかなかった
・体重が50kg台

この二つの条件が重なりPUSHは140/150/160mmの選択が出来るので140mmフォークで購入して
160mmキットを換装し、バネは一番軽いレッドを装着しての完成となりました。
8月ライド楽しみになりましたね♪
ありがとうございました。

1533002654874.jpg

保証を外してのカスタムキットを入れるという抵抗はあると思います。
そして年々性能が良くなるフォークのアナウンスで果たしてその差はと言われるとこれまたなかなか説明が難しい部分かと思います。

・特性を変更する
・イージーにセッティングできる


簡潔に説明するとこの二つのポイントでしょうか。実際装着した別の方の感想では
条件 65kg前後、フォーク=PIKE, Non-boost

初期も良いけど、戻りの反発が凄く自然で良い、エアーだと沈んだまま戻らない事があり、エアーを強めて戻りを早くしてあげようとすると今度初期の入りが犠牲になり弾かれるようになる。灼熱太陽に当てても動作感変化なし

上記のコメントは少しまとめてみました。
エンデューロレースにも参加されている方で、安定感が増して限界が高くなってガレているエリアを全開で走っても不安無く、
とどめにその方と一緒に走ってる方からも速くなっていると言われたとの事です。

full_IMG_0747_487293.jpg


ダンパー側、高速と低速のコンプ機構、細かい調整機能を装備したハイテクフォーク
スプリング側、サグ取りまたはバネレートをエアースプリングが担当

エアーは高度や気温が変われば微妙に影響してくるのに対して、バネは体重で使うポンドが決まるので
平均して240g前後重くなりますが、調整機構が一つ減り、よりシンプルにダンパーセットに集中できます。。


新しいまたは数年程度のフォークであれば換装するだけで済みます、
何年も酷使されたフォーク(=古いフォークで)でという考えも有りますが、フォークを開けた際の現状確認とメンテも同時に必要になります。

ACS3 kitはオーバーホールキットではなく、カスタムキットです
ラインナップに対応フォークが明記されておりますので詳細は弊社のWEBにてご確認ください。

初期の反応をメインに説明してきましたが、体重別におけるコイルが持つ本来の反発&リバウンドをACS3 kitまたは他社のコイルフォークを
どこかのタイミングで体験出来ると皆さんの既存セットに対する迷いの答えの助けになるかもしれません。


posted by Yuki at 12:00| 千葉 ☀| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

コイルキットのインストレーションビデオ

36606570_1738063872957010_4391260183603445760_n.jpg

PUSHが水曜日に入荷しまして、今回は170mmバージョンのFOX36とROCKSHOXのLyrikが入荷いたしました。
以前PUSHよりリリースされ、どうやら不具合があったらしく、弊社のPUSH開始時のオーダーの時点では供給不可でありましたが、
今回弊社にとって初めての入荷となります。具体的に変わったのは170mm対応に向けて、FOXとLyrikのバネがバージョン2になったという事です。
他に何が変わったかという疑問も有るかと思いますが、ストロークに応じてキットが全て違うので特にその汎用性に関しては気にしてません。

とりあえず昨日はFOXの170mmとPIKEのキットを発送。


動きの抵抗を低減する”ウルトラローフリクションシールkit”もございますのでACS3と同時にインストールすると
よりサスペンションが良い仕事してくれます。
単体シールも販売しており気軽にPUSHチューン出来ますので、分解掃除のついでに一緒にどうぞ♪

PUSH社の社長DARREN直々のインストレーションビデオ解説もありますのでインストールする際
DIY愛好家は是非参考にどうぞ。


ACS3 Install FOX 36 from PUSH Industries on Vimeo.


FOX




ACS3 Install Rock Shox Pike from PUSH Industries on Vimeo.


ROCKSHOX PIKE



ACS3 Demonstration from PUSH Industries on Vimeo.


ACSの構造がよくわかるビデオ
posted by Yuki at 09:37| 千葉 ☔| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

PUSHのバネキットがよくわかる動画

PUSH INDUSTRIESのACS3 kit
ハイブリッドコイルキットの作動がよくわかる動画



posted by Yuki at 13:06| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リアサスペンションの形状追加

昨夜はPUSHから違う件のメールとACS3キットやフォークシールの補充オーダーの確認でメールのやりとりしてましたが、
話の中でまったく出てこなかったリアショックのELEVENSIX SS

お恥ずかしいながら今朝海外の情報サイトを見て知りました。

p5pb16042719.jpg

オフィシャルリリースのアナウンスですが、内容を読む限り大きな更新というよりも
この形状にする事による対応フレームが増えたという事が読み取れます。
時差で逆転してるので聞くとしたらまた昨日の話の続きで今夜ですかね。


p5pb16042721.jpg


今回のリザーバータンクをオフセットさせる事により
・Santa Cruz Nomad 4
・Trek Slash
の車種が対応出来る事になったの事です。

36308909_10156449601887103_6973616661962162176_n.jpg


見た目で欲しいのであればショックメンテサービスついでに変更も可能ですが、
今ついてるのであればわざわざ変更する必要も無いですね。
もっとも凄いのは既存の通常マウントからトラニオンマウントへの変更も可能というサービスもやっているという事です。
フレーム代わってもメンテついでに仕様変更も承っています。

現在対応するブランドはこちら
・EVIL Bikes
・BMC Bikes
・Banshee Bikes
・Canfield Bikes
・Devinci Cycles
・GT Bikes
・Giant Bicycles
・Guerrilla Gravity
・Intense Cycles
・Knolly Bikes
・Niner Bikes
・Norco Bikes
・Pivot Cycles
・Santa Cruz Bikes
・Scott Bikes
・Specialized Bikes
・Transition Bikes
・Turner Bikes
・Yeti Cycles
※上記のブランドでも対応不可の車種がございますので、取扱店または弊社までお問い合わせください。
posted by Yuki at 13:04| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする