2020年08月25日

「MTB」インサートよ再び!!!ハックノリス

インサートのパイオニアである「ハックノリス」

Kiekkosetti_Huck_Norriksella_2017-Feb-20_10-51-20PM-000_CustomizedView16272625039-1024x472.jpg

今ではベンチマークまたは比較対象として後発の他社のインサートでよく取り上げられております。
ハックノリスはそれまでS・M・LとDH・FATと幅でリリースしてきました。

それまでのハックノリスは
メリット
・装着のしやすさ
・軽量
デメリット
・よく言われるインサートならではなのシーラント吸収


それでも重量増しはわずかで、インサートそもそもの一番の目的は何でしょう
「リムを守る、パンクをしない」


huck-Norris-Explained-1024x918.jpg

ボリューミーなインサートはより安心感がありもう一つの価値としてそのボリューム素材によるダンピング性能を作り出すことが出来る事です。引き換えに欠点としてのより重量は重く、インストールも凄く大変です、気軽にタイヤ交換・リムやタイヤの相性問題もあると聞きます。

ハックノリスは少し硬いDH版が好調で、そしてペアではなく1本販売も有ってかとても人気だったので、
今回はより少し重量増しにはなるけど耐久性を3段階に用意したシリーズ「メガノリス」をリリースとなりました。

Huck-Norris-Meganorris-toast-sandwich-hamburger-1024x768.jpg
左から
・トースト(旧DHと同じ)
・サンドイッチ
・ハンバーガー


実際動画は2019年からのテストですが、去年年末に実物のサンプルをもらっています。
ただ発売のタイミングと言いますか、コロナ騒動でフィンランドもいろいろと大変らしく、ようやく最近連絡取れる様になりました。
動画はインサート、ハックノリスのオーナーでもあり、PoleのオーナーでもあるLeo氏。なのでバイクもPOLEバイクですね。
同じ建物内で運営してるけど、ハックノリスとPOLEは完全違う部門として運営してる企業です。

メガノリスシリーズを既にサンプルとなる3種類を国内で実践テストしていて、今回のレポートはサンドイッチ。
乗るというよりもわざと過酷な条件で走らせての
走行による体感フィールですが、ドロップ・ジャンプ(舗装路着地)や階段の上がりの角などで10回ぐらいリム打ちさせテストを実施
大容量系と比べるとリム打ちの衝撃はやっぱり芯に来るものはありましたが、インサートとしての仕事はしっかりしているのでリムは凹みませんでした。

このメガノリスの最大のメリットは作業の簡単さであります。

山でタイヤカットしてしまった時に、「チューブ入れて応急処置すればまだ走れる」って時に大容量インサートの場合は「取り出してどうしよう?」となりますが、ハックノリスならビニール袋か何かあれば折り畳んでしまえるので、トラブル時の対応が可能と言う点です。

他社のインサートにある比較でいろんな項目がありますが、ハックノリスへの分析はおおむね間違いのない情報です。
ただ比較されるハックノリスはそれこそS・M・Lの素材なのかDHなのかで変わってくると思います。
ただハックノリスのインサートが最強ではなく、大容量の良さもちゃんと有りますので、皆さんが実際比較して決めて、または使い分けても良いじゃないでしょうか?


メガノリスはトーストが旧モデルでいうDHに相当するので、
重さも少し重くなりますが、シーラントも少し吸いますがそれでも
それに伴って耐久性が大幅に上がり、インストール作業が従来と変わらず楽であるという事。

リムを保護しパンクを防ぐ、
これが新しいハックノリスの新シリーズ「メガノリス」
が答えとなります。


meganoris.jpg

具体的な輸入スケジュールと商品状態を整理した上で今回ご紹介しました。
55mmシリーズのまずはサンドイッチを多めにトーストとハンバーガーを少し入れます。
60mmはサンドイッチのみとしますが、リクエストにもお答えいたしますので気になる方がいましたら取扱店までお問い合わせください。
今週オーダーを出して、来月ぐらいには日本に入れたいと思います。

希望小売価格(税込)/本
トースト 7000円
サンドイッチ 8300円 
ハンバーガー 9500円
posted by Yuki at 10:31| 千葉 ☀| Comment(0) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

インサートの元祖はハックノリスです。

huck650.jpg

インサート不用論もあればインサートでグリップ力UPまでいろいろと意見や進化がありますが、
一番の根源が2016年にユーロバイクに現れたこのハックノリスでした。
一巡して、今や選択肢国内でも多々あります。

簡単言うとチューブレスタイヤが当たり前の今リム打ちによる
・パンク
・タイヤバースト
・リム破損

これがゲレンデであれば押して駐車場まで降りて来ればいいのですが、回数券でのライドだと痛い…
レース中だと上記のトラブルで勝敗が決まってしまう時。
はたまたトレイルのロングライドで走行不能になれば、1日がパーになってしまう などなど

それを防ぐためにインサートがあります。ハックノリスはずばりこれ↓


Huck-Norris_foam-strip-tubeless-flat-protection-system_flat-with-without-strip1.jpg


ただこれだけ!!

性能に直結するか!? いや!しません
必ず防げるか!? いや!確率を低減するだけ。

いわば、「インサートは保険」的な位置づけとなります。

ハックノリスは何が凄いかというと、ずばり「シンプル&軽量」です。

・パンクしづらくなる
・リム打ちによるリムの変形と破損の防止
・フォーム挿入によってタイヤの装着が楽になる
・リム加工不要・接着剤不要の簡単インストール
・タイヤ装着後のビード上げに普通の空気入れで可能
・衝撃緩和効果があるので今まで以上に低圧に出来る
・耐パンク用にトレイルバイクにDHタイヤが不要になって軽量化
・重量 70g (27.5") 77g (29") 〜85g(公差範囲)
・対応リム(内幅基準) 21-45mm
 サイズはリム内幅基準
 M=27-35mm (2020/1/17 現在)
・Huck Norrisのキャラ・フェンダー付属
・フィンランド製。

国内の希望小売価格 10,000円(税込)
内容 ホイール2本分のフォームとフェンダー1枚



シンプルがゆえに装着が簡単、リムにタイヤ片側はめたら、このハックノリスを入れるだけ
軽量70g-85gの重量で、シーラント多少吸っても120g前後。それでも最小限の重量で軽い部類に入る。

保険という事も有り、ハックノリスも消耗品です。タイヤが摩耗した分だけ、
ハックノリスもヒットに耐えてる回数&確率も上がります。

シンプル・軽量の元祖インサート。

今言える事は・・・・今年の春シーズンに向けて、今現在のトレイルシーズンに向けて、
商材的にも、タイミング条件的にも一番ベストなのかもしれません。
posted by Yuki at 09:50| 千葉 ☔| Comment(0) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

インサート物をどこまで求めるか

昨日九島勇気選手の今シーズンの機材の発表がありました。
30656854_1799668480335000_7845207500759498752_n.jpg
Facebookページはこちら → 

機材詳細は
* Frame: Mondraker Summum Carbon Pro Team
* Fork: FOX Factory 40 Float 
* Shock: FOX DHX2
* Drive Train: Shimano Saint
* Chain Ring: Renthal 1XR Chainring
* Chainguide: E.13 LG1 Carbon
* Stem: Renthal Integra 35 50mm
* Handlebar: Renthal Fatbar 35 30mm rise/770mm width
* Brakes: Shimano Saint
* Rotors: Shimano 203mm
* Grips: ODI Elite Motion Lock-On
* Wheel: DT SWISS FR1950
* Tires: Maxxis Minon DHR2 1.9-2.0Bar
* Tire Protection: Huck Norris
* Seatpost: SDG I-Beam Carbon
* Saddle: SDG I-Beam I-Fly
* Pedals: Crankbrothers Mallet DH
Mechanic: Bike Shop 玄武

なんと!Huck Norrisが入ってるではないですか!?
ここで一言。弊社スポンサーしてなく九島選手の好みでのチョイスでびっくりしました。
本当に心から嬉しいです。

現在日本でチューブレスタイヤのインサート物で
Huck Norris
・シュワルベのプロコア
http://www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=16&item_category_id=9
・クッシュコア
 https://www.aandf.co.jp/news/release/news_release_2018_brand_cushcore
・フラッとタイヤディフェンダー
が日本市場に点在しております。それぞれを簡単に分析しますと

共通する項目として
★タイヤをより低圧の環境で使用できる
★リムをスネークバイトによる破損からの保護

「価格面」
・ハックノリス=1万
・クッシュコア=2万
・プロコア=3万

「性能面」(他社は推測)
・ハックノリス 共通項目の通りの働き, 重量70-85g/片側。

・クッシュコア 半分フォーム半分エア。重量250-260g/片側
        サスペンションのようなダンパー効果も備える
        
・プロコア 中に高圧のチューブがあり、ビードを押し付けるのでよりよりリムとタイヤに一体感が生まれる=ビードが外れにくい
      重量200g/片側

同じインサートでも機能が豊富についてたり、特に最近国内に登場した
クッシュコアは抜群の広範囲のメリットをもたらしているナイスなアイテムです。
ダンパー機能もあるので、逆を返せばセッティングがまた探っていく必要があります。
もちろんセッティングを楽しみに使うというのもあります。
ただ重量的には3つの中で一番重い(←単品で比較した場合とする)

ハックノリスはシンプル簡単
・パンク防止とリム破損防止
・インサートフォームによる低圧設定が出来る
・最軽量
・インストールが3つの中で一番楽、ただタイヤとリムの間に挟むだけ(=タイヤ交換楽)


Huck Norrisはいわば掛け捨て保険とシンプルに思っていただければ幸いです。
それがあるからといって性能を体感するものでもなく、お守りとして
わざわざ鋭利な岩にヒットさせてちぎれたかどうか確認する人もいないと思いますが(笑)
ただそれだけの物がハックノリスです。

インサートものでどれが一番というのはなかなか判断難しいかと思います。
各社商品一長一短あるので自分の求めようとする物と予算に応じて選んでみてください。

ハックノリスの一番の売り文句・・・・
それは・・・・ フェンダーが付属するという事です (笑)
p5pb14193762.jpg
posted by Yuki at 10:35| 千葉 ☁| Comment(2) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ハックノリス一味違う。

一昨日ハックノリス入荷。今検品作業中ですが、
今回新しく入ってきたDHとうたわれているハックノリスは次元が違う。
DSC_2169.jpg


通常のハックノリスのS・M・Lと硬さが全く違います。

ハックノリスDHは23-33mmのリム内側対応になります。
しかも販売はペアではなく1本売り。(価格は価格表をご覧ください。)



DSC_2171.jpg

今までMサイズでDHに使ってた方。今シーズンは是非DHを試してみてはいかがでしょうか?
事前にショップにアナウンスして予約分を抜いて
今回のハックノリスDHの在庫は 10本=5台分のみとなります。

是非シーズン前にご検討ください。

通常のハックノリスと違って価格は少し高いですが、保険としての価値も高まっております。
指でなかなかへこまないと言えば伝わりますか?

ではまた
posted by Yuki at 09:56| 千葉 ☁| Comment(0) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

来週ハックノリス入荷します。

長らくお待たせいたしました。ハックノリスが入荷いたします。
p5pb14193762.jpg

かれこれ数か月というMサイズの品切れ、そして近年増えてきたプラス規格の幅広タイヤでのLサイズ需要。
ハックノリス社の商品品薄というよりも弊社の都合で年末から年明けまでオーダー止めておりました。
2月にオーダー入れてやっと品物が揃って今日本に到着して今日通関との事です。

皆自転車部品は今や台湾と中国生産がほとんどという常識有るかと思いますが、
実は台湾からじゃなくてハックノリスはフィンランドから飛んで来てるのです

最近弊社の事を知った方に今一度説明しますと
ハックノリスは低圧パンクやリム打ちによるリムの破損を防いでくれるもので
装着は至って簡単。タイヤとリムの間に挟むだけ
max_DSC2404_552165.jpg

一種の保険みたいなもので、ライディング中にその性能を体感するものではなく
メンテの際やタイヤ交換の際に初めて恩恵の有無がわかるシロモノとなります。
パンクはタイヤを新調すればいいだけですが、リム破損の交換費用は痛い出費になるので
それを未然に防ぐという保険商品。
見た目はただのスポンジですが、材質に熟知している者にお願いしてシーラントの吸引を少量にとどめつつ
重量と耐衝撃性を考慮したバランスのとれた材質を選定し採用してるという徹底したこだわり。
Huck-Norris-Rim-Protection-9-1200x676.jpg

Huck Norris
SとMとLはペア販売
新商品のDHは片側の販売
重量: 70-85g
29”の外周直径の商品で275はカットラインの所をカットし、26”は現物合わせ。
サイズS: 21-26mm リム内幅 and 2.25-2.50” タイヤ
サイズM: 26-35mm リム内幅 and 2.25-2.50” タイヤ
サイズL: 34-45mm リム内幅 and 2.6-3.0” タイヤ
希望小売価格 税込み
SとMとL 10800円(ペア)
DH 7000円(片側)


では良い週末を
posted by Yuki at 10:02| 千葉 ☔| Comment(0) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

ファットもDHも

DH_Kasa-1.jpg
チューブレスのパンク&バースト防止、そしてリム破壊防止の
HUCK NORRIS

の補充をするのですが、去年の秋ごろからDHとファットバイク向けにひっそりと
リリースされています。
huck_fat-1.jpg
DHに関してはDHは従来よりも少し打たれ強い材質。
FATはより幅を広くとったバージョン。
実は一昨年取扱開始から既にある計画で各国代理店専用のページで意見交換して
その後二つとも研究を重ねてようやく市販になりました。

材質の厳選そして使用量もあり、FATとDHに関しては片輪売り方式を採用してますので
弊社もそのまま日本で展開しようと思います。
価格は数日前にもらいましたので来週ぐらいに価格表と共に掲載したいと思います。

まずは整理としてHUCK NORRISの対応表を添付いたしますので
ご参考にどうぞ
1515740570509.jpg

では今週も最高に良い週末を!!!
posted by Yuki at 16:09| 千葉 ☀| Comment(0) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

ついにHuckNorrisにもDH版

そういえば昨日もう一つ台北ショーで気になった事を言うの忘れてました。
DSC04516.jpg
これ!X-Fusionのブースです。
ブース全体の撮影すっかり。。いや自分の取り扱いの所も撮影すらままならなく・・いいわけですが。
実は数年前からファンだったりします、毎年必ずこのブースには立ち寄ります。
今年はバシッと写真を見ればわかると思いますが、モデルによってインナーが黒くなってます。
上位モデルに関して?でしょうか。
カッコいいです。今度デモ車起こすときはこれを使いたいですね。

ブレーキも使いたいものを使おうと思います。というよりも全て
今ついてるやつを入れ替えてもいいぐらいです。MAGURA・・・・

17554448_414699505557418_7266969537111203954_n.jpg
HcukNorris(ハックノリス)
にもいよいよDHバージョンがリリースされることになりました。
この前の入荷でDHがそろそろ出来上がるとの情報がありましたが、従来のやつよりも少し耐打撃性に強いとの事。

そして写真のようにこのようなパッケージングになります。
現在はフェンダーがついてますが、おそらく次回の便よりこれで出荷されると思います。
いよいよおじさんフェンダーがレアになってくる時がやってきました。(笑)
まぁ消耗品ですから。おまけという事で。


こちらにライダーのインプレがございます。
85kgのライダーによるハードのライディングで実際終わった後に取り出した状態も取り上げられてます。
いろんなシチュエーションのパンク防止をしつつ、リム打ちダメージを極力減らすにも一役。
というよりもパンク以上にリムの凹みを守る事が一番のコスト的にお財布にやさしいですね
posted by Yuki at 11:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | HuckNorris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする