2020年05月19日

差し込み最短を実現したドロッパー

海外では少し出してつけるのを良く写真で見ますが、日本市場においては
「如何に底挿しが出来るか!?」、フレームにドロッパーを全て入れられるかを良く質問で受けます。
BIKEYOKEのツバ部分は他社と比べて短いので差し込みは少しだけ奥にいけますが、
やっぱり限界を突き詰めるとなるとやっぱり現物合わせになるわけで。

ただBIKEYOKEはそれでも奥に差し込める方とだけは言えます。
もちろん動き・動作・耐久力に関してはイニシャルコストは高い方ですが、相対的に考えて
動きが軽くて、故障頻度が1%未満、で考えると凄くパフォーマンスが高いドロッパーだと自負してます。
詳細は取扱店が一番知っているので良い所、現物はお店までお求めください。

DSC_6969.jpg

GW前に入荷した新型ドロッパーを2本ご紹介。(今更ですが…)

写真左は DIVINE SL RASCAL(ディバイン SL ラスカル)
写真右は DIVINE(ディバイン)

左のDIVINE SL ラスカルは従来のSLのカット可能部分を最初からある程度カットしたモデルで尚且つ
アウターバテッドを無くしてきたので、SLだけだと底挿しが出来なかったのがラスカルモデルにより底挿しが出来るようになった
BIKEYOKEのラインナップで最短で最軽量のモデルとなります。

181012-4.jpg
※ ↑ DIVINE SL カット前とカット後
DSC_6972.jpg
※ ↑ DIVINE SL RASCAL 写真左


DSC_6971.jpg
※ラスカルの操作バルブはパイプの中に隠れているので、全長が短く尚且つ突き出した固定にも対応してます。

右側のDIVINEはREVIVEの簡略化されたi9でいう101と同じ位置づけコストダウンモデル
価格は
REVIVE 48000円税込み
DIVINE 42000円税込み
構成部品数がよりシンプルになり、DIVINEシリーズの特徴であるドロッパーを下げるだけで自動的に毎回リセットする構造となります。
構造構成部品が少ない分、REVIVEより少しだけ軽いドロッパーとなります。
これだとDIVINEでいいじゃん!!!と思いますが、動きの質感はやはり精密なREVIVEの方が一枚上手でした。
言葉にするとオイルが混ざったようなシルキーな動きがREVIVEにあると言えば良いのでしょうか。
REVIVEのユーザーであれば、伸縮動作、伸ばした時、や手で下ろす時の軽さ、その違いがわかると思います。

もう一つREVIVEにはなく、DIVINEにしかない機能として
4個の5mmスペーサーが付属していて、30.9と31.6mmのDIVINEは本体を分解してこのスペーサーを使う事により
125/120/115/110/105へとストローク変更が可能になります。
また別途5mmスペーサー(もちろん国内在庫有り)購入でどんどん短くなっていきます。
↑実はこれが一番DIVINEの特徴と自分は思います。

・そこまでストロークいらないシーン
・とにかくBIKEYOKEが欲しい!!!
これらの需要に対してDIVINEは答えてくれます。

本日BIKEYOKE在庫は
・SAGMAサドル 在庫切れ
・REVIVE
30.9=125/160/185mm
31.6=125/160/185mm
34.9=125/160mm
・DIVINE SL RASCAL
30.9 & 31.6
・DIVINE
30.9= 125mm
31.6= 160mm
・Shifty各色
・Squeezy シートクランプ 34.9mm用

他シフター系小物含め上記掲載するドロッパー及びそれらの補修部品とゴム類は全て在庫ございます。

シーズン中は是非ご安心してお使いください。
posted by Yuki at 16:07| 千葉 ☔| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

SAGMAサドルが入荷分完売しました。また次回

先日のインプレ以降に問合せとご注文が増えて、今日を持って在庫入荷分の
BIKEYOKEのSAGMAサドル 130mmと142mm両方とも完売となりました


96519709_2922820781147974_6710420993048838144_o.jpg

と上の文章を書くといかにも一杯出回ってると思われてますが、いえいえ、そんなに入れてなかったのが正直であります。
それでもお店で複数個のオーダーもらってるので、今回は入荷から納入したお店様のリストを公開しますので、
先日のインプレで気になる方は下記の取扱店様よりお買い求めください。
お電話は弊社WEBの取扱店一覧をご覧ください。

BIKEYOKE, SAGMAサドル 入荷店舗一覧
東京都
・風魔プラス1様
・小川輪業様
埼玉県
・AST BIKES様

千葉県
・Villagetop様
宮城県
・Dimension様
大阪府
・FunctionJunction様
愛知県
・PRIDEONE様
・人力車様
山梨県
・カルノーサ様
茨城県
・サイクルメンテナンス&カフェWindy様
三重県
・オガワサイクル様
栃木県
・夏草自転車店様


という事でドロッパーの方は補充されましたが、サドルは思いの他今回の人気アイテムとなりましたので、
また輸入したいと思います!!!ただすぐにはBIKEYOKEからも出ないので、2か月コース?か・・・・!?
今5月だと7月ぐらいになる可能性があるので、連絡してなるべく早く国内2ロット目展開出来るように工夫してみます。
1ロット目に関してですが、付属でソフトとハードのクッションが1個ずつ付属してますが
こちらはソフト・ノーマル・ハード共にスペアで在庫してるので、フィーリングセッティングによる変更はいつでも大丈夫です。


DSC_6897.jpg

そしてGW明けの立て続けの入荷ですが、こちらはEVILの最新トレイル最強フレーム(←自社評価)
120mmショートトラベルのFollwoingフレームとなります。 275+/29”

予約分を除きMサイズですが、ブラックとホワイト両方とも在庫してます。

コロナ影響な今ですが、取引先メーカーとの日常会話で欧州のイギリスとイタリアから大きな注文が入ったとの事との事で、
なんとなく、元気が出る明るいお知らせでした♪

毎日 XX新規感染 や XXXの恐怖 と暗いニュースやドキュメント番組ばかりですが、

日々の綺麗さを保つ ””手洗いとうがい”” 一番気軽に実践出来る事です。

基本中の基本を保ちつつ、楽しい事を見つけて笑って行きましょう!!!

という事で最近のブログ更新出来ないのはただ単に忙しいだけ・・・・でした。

紹介した商品まだまだありますよ。

ではでは
posted by Yuki at 16:35| 千葉 ☁| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

BIKEYOKEのアライメントサドル

先日こちらで説明したBIKEYOKEのサドルSAGMAが入荷いたしました
Blog記事→

DSC_6885.jpg


DSC_6890.jpg
DSC_6891.jpg
前後にショックアブソーバーを搭載。付属でソフトとハードのそれが1個ずつ付属。

デモバイクにつけているのですが、グラベルバイクにつけるとこんな感じ
DSC_6883.jpg
DSC_6880.jpg
DSC_6882.jpg
レールはパッと見専用ものに見えますが、このように普通のシートポストまたはドロッパーで固定可能です。


早速ライダーからのインプレが有りましたのでこちらにご紹介。

「可動すると言ってもグラグラ動きまくる様な感じではなく、さり気なく動くので…良い意味で「言われなけば気が付かない」レベル。

新品のサドルに有りがちな「カチカチでハリハリ」のフィーリングは最初から無く、使い込んでパッドがお尻のカタチになって、レールとベースが馴染んできて撓りが出てきた頃の様な、コレも良い意味で「使い込んだ後のサドル」のフィーリングに近いです。
しばらく走ると「あっ!そうだサドル変えたんだった!」って思います。

感じで言うと、お尻に優しいと言うより腰に優しいサドルって感じですね。
サドルからの疲労に繋がりそうな衝撃はマイルドにしてくれるので、リエゾンでの疲労軽減やロングツーリング等でジワジワ腰にくる疲労に効果有りそうです。

あと、サドルの高さが微妙に合わない様な斜面でのペダリングや荒れた路面のペダリング場面でもペダリングの腰動きにサドルが合わせてくれるので、シッティングでトラクションコントロールしたままペダリングしてイケるのでフツーのサドルとは明らかに違いは感じますね。」



と会話の中での感想を抜粋してみましたが、
・使い込んだサドルのフィーリング
・腰に優しく、疲労軽減・ロングツーリングに効果
・トラクションかけやすい!


とてもわかりやすくまとめられていて、感謝いたします。
そしてこのサドルが某トライアルを専門とするお店様にも興味頂き、まだ取扱店ではないですが、
サドルをテスト導入しております、やはり上にあるペダリング・ロングライドに着目してるらしく、
今後が楽しみだし、それだけこのサドルの可能性を感じました。

130mmと142mm幅の展開。国内入荷し、在庫しております。
是非ご検討くださいませ。

SAGMA サドル
希望小売価格 16,500円(税込)




posted by Yuki at 11:51| 千葉 ☀| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月28日

サドルでペダリングの抵抗をなくし、ステアリングする。

昨日のブログでちょっと取り上げました
BIKEYOKEのサドル「SAGMA」

DSC_6362.jpg

本日は手元にある実物と共にご紹介。
全長は242mmで横幅は130mmと142mmで展開。
最初に言いますと、SAGMAサドルは弊社の輸入タイミングにサンプルがなかなか合わず
今回浅草の業界向け展示会の5日前にBIKEYOKEのSNSに実物を初めて見て、
急いで生産ラインから一つわけてもらった次第、なので展開は最速でも4月以降となります。

展示会の時に手に取ったショップの方々は触って感じた事
・思ってるよりも軽かった。
はい!私自身も取扱サドルの中でこれは軽いと感じました。

DSC_6368.jpg

ただこのサドルの最大の機能はサスペンションと言ったら大げさになりますが、
少しだけショック吸収するショックアブソーバー性能が入った機能性のあるサドルでしょうか。



・インパクトに対するショックを少しサドル側で吸収するアブソーバーをレール取付前後部に装備
・標準硬さの他に付属で ハードとソフトが1個ずつ付属。
・ペダリングによる足の動きにサドルが左右に傾きながら追従
 →太ももの動きに抵抗が減りより自然になり、パワーの伝達向上
 →トレイルの登坂や平地の移動ペダリング→◎
・下りをメインとする場面でもショック吸収のみならず、少し動く事により足とサドルのコンタクト面が増える
 →ホールド性を高めつつ、よりステアリングコントロール性を上げる事が出来る



DSC_6372.jpg

DSC_6371.jpg

SAGMA 仕様:

・サスペンションレールデザイン
・idbeads™ フォームテクロノジーを使った低反発素材
・表面はPUレザー仕上げ
・カーボン強化ナイロンボディ
・交換可能のショックアブソーバー(ソフト・レギュラー・ハード)
・AL2014-T6アルミシートレール

​SAGMA 重量:
130mm: 210g
142mm: 220g

DSC_6374.jpg

パッケージング:
・SAGMAサドル(レギュラーアブソーバー2個装備)
・アブソーバー。ソフト・ハードを各1個
・BikeYoke ステッカー

希望小売価格(税込) 16,500円
展開開始予定時期 2020年4月より

DSC_6373.jpg


今手元にあるのは1個だけとなります。これはそのままこれから組むEVILのグラベルロードに装着してみようと思ってます。
ではでは

DSC_6375.jpg
posted by Yuki at 10:32| 千葉 ☔| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

軽量ドロッパーでも注意が必要。

補足説明がございます。

BIKEYOKEの軽量ドロッパーである「DIVINE(ディバイン) SL」ですが、
ストロークは80mm。

チタンボルトなど随所にREVIVEと違い軽量素材を使いつるしの重量で385g
カットも可能で、全長をMAXにした場合は、重量は350gというとてつもないスペックを誇るシートポスト。

但し注意しなければいけないのは
bikeyoke_81946884_115347376658916_6099065091867326623_n.jpg

写真に有るように、シートチューブに挿すアウターケースは写真のように軽量するためにアウターバテッドしております。

短いストローク!!!
 軽いドロッパー!!!

このようにアウターバテッド形状により底挿しが出来ないという事で単純に選ぶのは禁物です。

単純にストロークを殺して使いたい場合は春に輸入予定のDIVINE(ディバイン)をご検討ください
作動の軽快感はREVIVEよりも劣りますが(=伸ばしてからの押し込みの力み具合)、付属のスペーサーで最短125mmから105oへ、別途購入で更に短くできます。
来月DIVINEの30.9と31.6mmの125mmをオーダーしようと思います。




SAGMA_4K_8bit_015-min-min.png

そして展示会で展示したBIKEYOKEのサドル SAGMA

実際手に取り、ショックアブソーバーの構造はもちろんの事、皆さんが驚いたのは意外に軽いという事でした。
今日は写真撮れなかったので明日またサドルを改めて紹介しようと思います。

posted by Yuki at 21:00| 千葉 ☁| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

サドルが間に合いました。

明日は業界向けの展示会が東京都で開催される予定となっております。
発送業務は明日と明後日休止とさせていただきます。
DSC_6351.JPG
本日間に合った商品がこちら!!!
モザイク物はまだ公開していいかどうか確認中。

BIKEYOKEのSAGMAサドル
SAGMA142_reduced.png

SAGMA Features:

Rail Suspension Design
idbeads™ foam technology with low speed rebound properties
PU-Skin covering
Carbon reinforced shell
Exchangeable shock absorber units with different hardness
Aluminum rails

​SAGMA weights:
130mm: 210g
142mm: 220g


One retail set SAGMA includes:
1pcs SAGMA saddle with 2pcs shock absorbers "regular" installed
1pcs shock absorber "soft"
1pcs shock absorber "hard"
BikeYoke sticker

なんとかダメ元でサンプルをおねだりしたら、1個なら渡せるという事で
急遽FEDEXの最速便で先週金曜日に出して、今日受け取り。
明日展示するのも1個の実物だけなので、BIKEYOKE側でまだ供給が間に合わず受注対応のみとの事で。。
展示終わったらまずはデモ車のEVIL offeringに入れようと思います。

紹介海外サイトはこちら → ★★



そして国内ディーラーの広島県にありますGrumpy様にて
弊社のMud Haggerを紹介していただいてます。単独で動画1本取り上げていただき大変感謝感謝です。

お飾りではなく、本気の泥除けフェンダーとなります。


オンラインショップ購入URL → ★★


さて、展示会の準備しなくては。。
posted by Yuki at 15:08| 千葉 ☀| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

シートポストの為の泥除け

DSC_5098.jpg

先週土曜日にBIKEYOKEが入荷してきたわけですが、棚卸と倉庫整理で実質稼働できたのは火曜日夕方で
BIKEYOKEは水曜日検品して昨日発送し、今日もまた溜まったバックオーダーを出荷するのですが、
シートポスト泥除けのWillyが届きました。
初回100個で瞬殺されてので今回は200個入れてみました。

初回ロットと違ってBIKEYOKEの黒から白ロゴに変わってます、ただ色変更ではなく
チョイスしたシリコンゴムをより伸ばした時に白くなりづらい材質にしたので区別するのに白ロゴとなりました。
ただそれに伴いコストが上がったと言われて、値上げかと思いましたが、今回は据え置きにしてくれたので
弊社もそのまま今回のロット分は定価の1080円税込みで継続販売したいと思います。




でいつも長期遠征すると必ず刺激を受けて、何か買い物してしまいます。
他人の実践している事を実際自分の中に取り込むという、視野を広げる意味としても・・・・と言い聞かせつつ(笑)
酒・たばこ・賭博もやらない代わりに自分の好きなものに割り当てられるという
かと言って買う時は慎重ですがサクッと決める時もあり。。これがまた悪い癖でもあるんですが…苦笑。

今回は3か月をも悩んでいた新しい機械式時計をよそに、このガーミン時計を海外来客のボスの影響で即決。
物の数日で悩んでいた機械式時計以上の値段でした。スマホで運動のログを取っていたという事も有り
バッテリの減りを考慮しいつしかと思っていたので、それが即決に繋がったのかもしれないですね。
普段の生活や運動を数字として出してくれて「普段の行動を見える化」してくれるツール。
山に行く時も時間測定出来たり、ルート記録したり。
これがある事に、何か動こう!運動しよう!やろう!
ただの時計であると同時にやる気を起こさせてくれるツール。かなりのディープインパクトです!!!
という事で仕事としても使える新しい私のコンセルジュが加わりました。



そして話はまたBikeyokeに戻りますが、写真の赤い部品はShifty(シフティ)と言って
SRAMのリアディレーラーのある部品をこれと入れ替える事によるシフトがスムースにある
チューニングパーツであります。具体的にドライよりもウェットでそのスムースな変速性能が歴然と出る
Bikeyokeの中で人気のアイテム。

ディレーラーのグレードにより既存の部品がカシメ固定の物もありますが、
今回の入荷でそれを打破する部品が標準で付属するようになりました。
これでほとんどのSRAM RDに対応する事が出来ます。
カラーは ブラック・ゴールド・レッド
全色在庫有りの出荷可能です。



では良い週末を!!!

posted by Yuki at 09:21| 千葉 ☁| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

全部出揃いました。

BIKEYOKE入荷しました。

DSC_4157.jpg

世界最軽量のドロッパー
※最軽量の実現に設定条件有

DIVINE(ディバイン)
と読みます。

・400mmの全長(285mmまでカット可能)
・80mmストローク
・重量385g(カット重量350g)
・ドロッパーカット可能 全長285mmまで
・シフターはトリガー式または2by式
・インターナルケーブル式
・オーバル、カーボンレール対応
・ラインナップ 30.9mmと31.6mmサイズ
・価格 48000円税込み


では検品と出荷作業に戻ります。


最新の小物アイテムはこちら。
DSC_4158.jpg
posted by Yuki at 07:29| 千葉 ☁| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

世界最軽量ドロッパー

BIKEYOKEからリリースメールの案内が来ましたのでお知らせします。

181012-4.jpg

BIKEYOKE社より新しいドロッパーがリリース
モデル名は DIVINE




用途は XC/Marathon向け
世界最軽量のドロッパーとなります。

・400mmの全長(285mmまでカット可能)
・80mmストローク
・重量385g(カット重量350g)
・ドロッパーカット可能 全長285mmまで
・シフターはトリガー式または2by式
・インターナルケーブル式
・オーバル、カーボンレール対応
・ラインナップ 30.9mmと31.6mmサイズ
・価格 REVIVE 125/160mmと同じ 48000円税込み予定



DIVINE-SL-min.jpg


詳細は簡易動画をご覧ください




日本デリバリーは12月〜で予定しております。
初便と年末もあり、多分BIKEYOKEからの初回生産の予約期限が設けられているので
本日BIKEYOKE社にスケジュールを確認して常に最速のスケジュールで日本で展開させていきたいと思います。

posted by Yuki at 09:30| 千葉 ☔| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

ドロッパーは常に進化している


BikeYoke REVIVE - Microvalve in action


の動画は今年の3月にYoutubeで紹介されていますが、BIKEYOKEのドロッパーであるREVIVEは常に進化をしております。
空気を3秒で瞬時に抜くという機能を持っていますが、逆を返せばそれは他社の構造と違い簡単にエアを抜くことが出来る分
空気も流れ込みやすいという構造という事になります。

年のあるロットから動画にあるMicrovalveが追加されています。
もちろん去年のどこかのタイミングから切り替わり、今年のロットは全て搭載されております。
今年のユーザー&オーナーであれば、リセット機構有ってもあまり使う事がないはずです。

デモ車も新車導入時は旧車からの流用はせずに全て新品を導入しているので、このリセット機能を使うのは
プロモでわざと混入させる時以外無く、RSDのミドルチャイルドに装着したドロッパーに至ってはまだ一度も作動させたこと無いです。

BIKEYOKEに新モデルというよりも対応クランプサイズとストロークのレンジ拡大をメインに拡張して来てますが、
見えないところの進化も実はしております。

ウェットコンディションで走ったり、使用して1年経過して、粉塵などで動きが少し鈍くなったり
メンテナンスサイクルもあります。目安は100時間使用

BIKEYOKE社では、ご自身でメンテも出来るように簡単なビデオも公開しております。
トライしたい方は是非


または買われたお店にご依頼ください



posted by Yuki at 11:32| 千葉 ☁| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

小さなスマートアイテム

昨日のエントリー皆さんの「いいね」及びSNSでのシェアありがとうございます。
募金も一つの気持ち、いろんな思いやり方はあると思います。
きっと台湾の皆さんが喜んでくれると思います。昨日のブログ見ていただけるだけで感謝。
皆さんありがとうございました。

今日はちょっと勉強になった小さなスマートなアイテムをご紹介。
BIKEYOKE社のシフターアダプター
・I-Spec U(Left or Rgiht)
・I-Spec B

こちらのアダプターは通常Shimanoのブレーキそれぞれの規格に対して使い
ブレーキレバーとドロッパーシフターを直接一つのクランプで結びつけるアダプターで
クランプがブレーキレバーとシフターでそれぞれではなく一つにすることによって
ハンドル周りをスッキリさせる部品。かなり脇役的なアイテム
P_20180209_102450.jpg

I-SpecUアダプターは今回より右用と左用のラインナップに分かれました。通常は左用です。
なぜ右用が出たか。。。通常右はリアシフターがあるし、シフターのTriggyも左用のデザイン。
実はシフター自身が下記の写真の構造になっているため

TRG Front 01.jpg
左下の”スプリットクランプ(シフターに付属しない単体販売)”無しで下記の条件でTriggyシフターが使用可能です。
SRAM brake + Matchmaker lever clamp
Magura brake + Siftmix lever clamp
Hope brake + Hope Shifter Mount lever clamp
Formula brake + Mixmaster brake clamp
Shimanoに関してはBIKEYOKE社がリリースする I-Spec B or I-Spec IIを使用。
P_20180209_102702.jpg

実はもう一つの使い方としてこの I-Spec BとI-Spec IIは
ShimanoブレーキとSramシフターをワンクランプさせられる機能があります。

実際世界でこのような組み合わせを可能にするアイテムはBIKEYOKE以外に
Problem solvers社, Trickstuff社の3社だけの超レアアイテム

P_20180209_102606.jpg
i-spec2規格のシマノブレーキとSRAM変速ユーザーであれば
左側はドロッパーシフターとブレーキ。
右側は右側用のI-Spec2アダプターでSRAMシフターとShimanoブレーキ
ハンドルから内側は左右共にワンクランプで完結する超スマート仕様なコクピットが出来上がります。


超限定された組合せですが、I-Spec2の左右はもう日本で在庫しておりますので
ハンドル周りをスッキリさせたい方でかつShimanoブレーキとSRAM変速組み合わせの方は是非!!

では良い週末を!!
posted by Yuki at 11:47| 千葉 ☀| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

ドロッパー2秒でエア抜き

本日は金曜日。今週は今年最後の入荷に合わせて倉庫整理をしております。
最後の入荷は
・DABOMB。先日ご紹介したバイクスタンド含む。
・ダートブランドのBTL BIKESのフレーム702
・インダストリーナイン
の三つで今年を締めくくるべく。。。なるべくであれば入荷時期は分散してほしいですね。

bikeyoke revive reset image.jpg

BIKEYOKEで外からの操作でエア抜きが出来る海外で最高評価を連続獲得する
ドロッパーポスト REVIVE(リバイブ)

本日にて30.9mmの125oが在庫終了となりました。
30.9mm= 160mm, 185mm
31.6mm= 125mm, 160mm, 185mm
が今年の在庫となります。

まず装着してから最初にやる事は「エア抜き」です。
輸送でメーカーから弊社Yurisへ、そして国内の取扱店様への長旅で
ドロッパーは横置きになると、構造上エアーが流れ込むので必ずと言えるほど
最初のセットアップの儀式として必要であります。マスト操作

リセットするとオイルの流れ方がわかるこの動画


実際儀式またはリセットする際のやり方はこちら


posted by Yuki at 16:30| 千葉 ☁| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

どこまでも伸びていく如意棒



ユーロバイクで発表以降。おそらく・・・多分ですが、
今月上旬からデリバリ開始で日本=弊社の展開も世界の中でも早い方だと自負しております。
そんな125/160mmに続いて185mmを今回入れてみました
もっとも160mmが暫く品切れだったのを補充して、そこで185mm!!
価格は125/160より少し高めの
REVIVE 185mm
対応ポスト径 30.9/31.6
希望小売価格 53,000円税込み

p6pb14994881.jpg

今回のロットからリセットレバーが標準付属いたします。
レバーは従来のシートポストにもつけることが可能です。
reset lever 03.JPG
REVIVE用リセットレバー 希望小売価格 450円税込み
これで工具レスでリセット出来るようになります。
昨日試しに在庫品に装着してみました、Oリングがついてるのでつけるのは結構大変ですが、
その代わりほぼ落ちないと思います。

あと限定カラーでXONが出荷前に提案してきた別注カラーのアップルグリーンとパープルの180oが少しあるとの事ですので、とりあえず買い占め。
DSC_0250.jpg
こちらの情報はお店へ先に連絡しており、予約分で既に抑えてるところもありますので、
枚数に関しては・・・・通常無い物ですので、入荷数は…アップルグリーンとパープルが各10枚でした。
160mmはパープル少数、アップルグリーンも20枚未満?ぐらいはあります。

DSC_6933.jpg
この前のインダストリーナインの入荷でフェンダーも補充しました。
ご検討してた方は冬に備えて小ぶりのフェンダーを是非

明日は急遽弊社都合でお休みします。
来週月曜日から1週間ほど海外出張と国内出張で業務が少し遅れ気味になります。
EVILの入荷はもう確定してますので、大体10/23の週で予定しております。
ご予約のショップ及びユーザー大変お待たせしております。
もう少しだけお待ちくださいませ

posted by Yuki at 15:07| 千葉 ☀| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

185mm動くドロッパー



p6pb14994881.jpg

PINKBIKEにてBIKEYOKEのプレスリリースがされてます。
https://www.pinkbike.com/news/bikeyoke-revive-185-need-a-little-more-drop.html
新作185oストロークのドロッパー。
いつしかロングストロークが出るとは聞いたが正式のリリースアナウンスと同時に世界のMTB情報サイトで公開されてます。

展開は9月ぐらい?ですかね?弊社の輸入時期に依存という事で。

MTB関係のサイトで1位の評価を獲得したBIKEYOKE。
勢いは止まらず、125oと160oの比率を前125o多めに入れてて、今回は1:1の割合で入れたにもかかわらず
30.9mm, 160mmの在庫残り1本・・・・(予約未出荷分を除き)
先週の金曜日入ってきて凄いスピードで減っております。
取り付け長が短く、それゆえに長いトラベルも使える
エア抜きの機能だけでなく、インストール条件が凄く良いのがポイントか。
他社はわかりませんが、160oが逆転して125oの出荷量を超えております。

新作の他に改良もあるのでこちらは後日にでもご紹介。
とりあえず、速報として

REVIVEの185oがリリースですよ





posted by Yuki at 15:27| 千葉 ☔| Comment(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

今月最後の入荷。

先週金曜日入荷してきました。
ドロッパーポストのドイツブランド@バイクヨーク
DSC_0388.jpg

ドロッパーに目が行きがちですが、スラムの変速リアディレーラーチューニング部品も
今回は黒のみならずゴールドも入れてみました。
DSC_0393.jpg
アジアンが好む金でなく、渋いシャンパンゴールドでマットな仕上がりでした。
今流行りのハンドスピナーにもしかしてと思い手に取って回してみたが。それの構造とも違うし、
遠心力と真ん中入ってる身の状態も違うのでまたそっと戻しておきました。
家にあるやつで遊んだ方が・・・・いや、買って一日で飽きました。
あれに楽しさを見出せませんでしたよ。

ドロッパーはこれで
・30.9 125mm
・30.9 160mm
・31.6 125mm
・31.6 160mm
の4パターンが在庫となり、もちろんシフター系も全て在庫Readyとなりました。

金曜日と今日程よく予約分を出荷し、忙しい月曜日を堪能させていただきました。ありがとうございます。
昨日はふじてんでYuris無しの遊びモードで行ってきました。
シャバシャバ路面、べちゃべちゃ路面のうんこだまりになるようなシチュエーション無かったですが、
久々のマッドコンディションでそれはそれで楽しかったですね。
ただ・・・・実は11時まで乗ろうかやめようか迷ってましたが、普段ブース展示はほぼ乗れないので
せっかくだし、雨具無し状態ですがそれほど汚れてなくて良かったですね。
かと言ってそのまま奥様にどろんこウェア丸投げするのもかわいそうなので帰宅後せっせの水洗いです。

帰りは道の詳しい人に大月〜小仏トンネルや相模原・上野原の渋滞を回避する抜け道を教えてもらいました
凄く複雑で脳内メモリは出来ませんでしたのでこれからナビの走行履歴で記録できるかどうかやってみようと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

xon-rotor.jpg
こちら時々オーダー入るんですが、アップルグリーンとパープルのローターは限定品で
180oと160oの展開ですが、残念ですが180oシリーズは完売いたしました。
現在は160oのアップルグリーンとパープルのみの在庫となります。
限定と言っても最低生産数量なので需要があればまた今度にでも考えたいと思います。多分。
posted by Yuki at 16:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

ドロにも負けない!!

BIKEYOKEで大々的に現在日本に展開しているのは「ドロッパーポスト」
そんなドロッパーも今現在 30.9mmクランプの160mmストロークの在庫が終わってしまい
残りの3つのサイズも実質各10本未満となっております。
30.9mm, 125mm
31.6mm, 125mm
31.6mm, 160mm が残りの在庫となっていて。
またタイミングを見て輸入を考えております。
revive vintage.jpg

過去記事で紹介されてますが、海外のサイト@VITALMTBにて
最高のドロッパーとして紹介されております
➡ 紹介記事 

それと並行に実は一部のユーザー、プライベーターでもレーサーにも使えるアイテムがございます。



Shifty(シフティ)

Shifty black.jpg

このローラーの様な物はSRAMの変速系統に使う部品で、簡単にまとめますと
劣悪なコンディションでも確実の変速をするための物。
shifty bikeyokeyokeyuris.jpg
図のように純正部品と入れ替えるだけというシンプルな物で
純正のSRAMリアディレーラーのそこはプラスティックボディに鉄の軸だけなのでそこをステンレスベアリングとアルミボディのShiftyに換装する事により、摩擦低減し泥詰まりによる突然のシフトをより低減することが可能となります。
Shifty
希望小売価格 4800円(税込み)


以下のリアディレーラーに対応いたします。
SRAM EX1 1x11
SRAM NX 1x11
SRAM GX 1x11
SRAM X1 1x11
SRAM X01 1x11
SRAM XX1 1x11
SRAM X01 Eagle 1x12
SRAM XX1 Eagle 1x12



少量ですが、在庫あります。

一杯物があふれてるYuris。。。ちゃんと商品紹介しないとですね。
ホームページにも反映したいと思います。
posted by Yuki at 13:37| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

No.1のドロッパーはこれだ!

寝て起きて、SNSのタイムラインで海外のサイトでドロッパーのレビューが有ったので
見てみたら、多分意味合い的に弊社取扱のBIKEYOKE(バイクヨーク)社のREVIVE(リバイブ)

s1600_Dropper_A_37857.jpg

一番に取り上げられてて、総合ポイントを見てもREVIVEがダントツの1位評価
珍しくもオーナーがドイツ人なのにも関わらずLINEやってるという(笑)
メッセージで知らせたらびっくりしてました。
他にもいろんなブランドありますが、VITALはこの9ブランドを取り上げたという事で
あくまでも取り上げたブランドの中での評価になりますので誤解しないように。

比較項目以下の部分となってます
・全長
・各部分の長さ
・重量
・リモートレバー
・価格

REVIVEの特徴は
・ワイヤー式
・伸縮は油圧とエアー式, Non-IFP system
・外部エア噛みリセット機能
・多種のシフターマッチングシステム 選択可
・伸縮高さ自由調整
・125/160mmの2ストローク有
・30.9/31.6mmのシートポストサイズ
・重量 620g (31.6/160mm, リモート関係一式込み)
・価格 日本税込み定価48,000円 (参考 375-400 米ドル)

以前にも紹介しましたが
bikeyoke-yuris.jpg
ここのカラーが他社のより薄く作られているため、奥までさせたりこの薄さによって150oのドロッパーではなく160oドロッパーが使えるわけであります。
何よりも今までのドロッパーは使っていくうちにどうしても空気混入によりサスペンションっぽい動きになってしまう部分をBIKEYOKEはこのネガティブな部分を完全排除。
サドル下にあるリセット機構でエア抜きをすることにより3秒で元通りになります。

内部と外部に部屋があり、内部に空気がたまるとサスペンション動作の原因になります。
下の映像で内部に少し空気があるのがわかるかと思います。


で実際の動きとリセット方法はこちら


全長・重量共に高い数値で要求を満たす仕様となっております。
Youtubeでもメンテナンスビデオを公開し、簡単な分解掃除もわかりやすく説明していて
スペア部品も実際販売開始しております。
↑ここら辺に関しては弊社もそれに近い環境を作らないとですね。いくつかスペアはも事務所にありますが、
頑張って整理したいと思います。

実際使用して、ユーザーやショップからの声で、出荷エア圧は210psiで
レバーの作動やシートポスト自体の動きも凄く軽快で、
縮めるのに、ヒジではなく手のひらで戻せる。
これが出来るぐらい伸びが早く縮みも軽いのです。

そんなBIKEYOKEのDropper、REVIVEですが、、今 31.6/160mmしか在庫がありません。
ただ来週にはまたドロッパーにかかわる商品「全て」が揃います。
・REVIVE 4パターンサイズ
・Rockshoxのリバーブの油圧をワイヤー式に変更するDehy
・レバーの Triggy(Front and Rear Feed)


なんという朝からのグッドタイミング。
VITALに感謝。予約はもちろんの事、それを抜いても在庫ございますので
普通にシーズン中は大丈夫でございます。

1494378253837.jpg
写真は愛知県名古屋市にある PRIDEONE様より
一番上がBIKEYOKEのREVIVE 160mmストロークです
お店のインプレはこちら 
http://blog.goo.ne.jp/p_ride819/e/a200d9aebe9121cd438d16b129ddeab0


長文駄文見ていただきありがとうございました。
フル英語ですがこちらがVITAL MTBのサイトになります。
まだこのサイトを知らない人はブックマークですね
http://www.vitalmtb.com/features/Vital-MTB-Face-Off-The-Best-Dropper-Posts,1762

重量も動作も軽いREVIVEを是非💨
posted by Yuki at 10:59| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

スペシャライズドの社外ヨーク

P1040701.JPG
Specialized Enduro 2017 650b
Specialized Enduro 2017 29"
に使えるBikeyokeのヨーク。ベアリング2個付属
希望小売価格 21000円税込み


BIKEYOKEのドロッパーに合わせてヨークも予約分だけ輸入いたします。
他のヨークは定価17000円税込みとなります。

1x BikeYoke
2x bearing
1x DU bushing
1x reducer
1x stainless steel bolt
posted by Yuki at 14:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

ドロッパーのおかげ?

全然バイクと関係ないですが、
BIKEYOKEのドロッパー”REVIVE"を使ってる
Jared GRAVESとチームメイトの Curtis KEENEが
一緒に1・2フィニッシュですよ。
https://www.pinkbike.com/news/enduro-results-sea-otter-classic-2017.html

バイクもそうですが、きっと事務所の椅子のドロッパーが
ペダリングセクションで活躍したのに間違いない!!
17951861_1421530017867535_3629242027280867973_n.jpg
写真は Jared Gravesのfacebook より引用
posted by Yuki at 09:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

ドロッパーの扱い

台北ショー前に飛び込んできたニュースとして
BIKEYOKEがスペシャライズドの Curtis KeeneとJared Graves
エンデューロシリーズ向けにドロッパーシートポスト「REVIVE」(リバイブ)のスポンサーした事でしょうか。
17308786_1169259916529252_3738787172148757574_n.jpg

17342642_1381992295154641_4695073679291526838_n.jpg

実際台北ショーでドロッパーのバラシ講座最中にスポンサーのストーリーを聞く
これまたきっかけが面白く当初はRockshoxのリバーブに機械式アダプターを希望したいとの事が、
話が進んで最終的にREVIVEを使う流れになったそうです。
ほんのちょっとしたきっかけなんだなぁって

1490948917678.jpg

そんなREVIVE(リバイブ)
ドロッパーシートポストですが、残念ながら31.6mmの125mmストロークは現在日本在庫NG
30.9mm, 125mmストローク OK
30.9mm, 160mmストローク OK
31.6mm, 125mmストローク NG
31.6mm, 160mmストローク OK

次の入荷は5月初旬。4月にBIKEYOKE出荷可能なので、ゴールデンウィークの関係もあり、
輸入と通関の関係でおそらく日本に入ってきてもGW明けとなってしまいます。
31.6mmの125mmストロークはすみませんが予約となります。
小物関係も在庫NGがあるので詳細はお店までお問い合わせください
Rockshoxのリバーブを機械式に換えるアダプターは現在A1/A2
2011-2016モデル対応が残り1setとなります。


ドロッパーポストの話に戻りますと
説明書にも書いてありますが、出荷では200-210psiの間で機械注入しております。
150psi以下は動き途端に遅くなるので
・150psiより上
・260psi以下 の間で空気圧調整をしてください。

基本空気を触る必要ないのですが、使用環境に応じて必要であれば調整も可能です。
DSC04521.jpg
丸を付けたアダプターが標準でついてますのでこれを使うと簡単に空気入れられます。
1490949343730.jpg
通常は左の絵のようにリセットレバーを上に操作してアダプターをさせば空気調整可能状態となります。
万一アダプターをなくした際は右の図のようにばらして入れることになりますが、
赤丸は共通として小さいキャップを空気圧調整する際に取る必要があるので無くさないように気を付けてください。
というよりもこれはちょっと小さいので弊社も補修として持たなくてはと今回の講習で思いました。
スペア用意しようと思います。

あと正確な空気調整or空気解放の際は必ず
・ストローク全伸長状態
・横置き厳禁、必ず走行状態=立てた状態
にてお願いいたします。
横置きはオイルが噴出する可能性が大となります。

では楽しい週末は。
posted by Yuki at 18:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする