2017年08月29日

ギア内蔵のZERODEバイク

160mm カーボンエンデューロバイク
ニュージーランド発のZERODE。
ユーロバイクにてお披露目。
ZERODE BIKE, TANIWHA

posted by Yuki at 11:42| 千葉 ☀| Comment(0) | Zerode Bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

Zerode G2 DHフレーム価格

12313734_899335023469182_1135563530865239937_n.jpg

Zerode G2 Downhill
希望小売価格税込 40万


1.26" or 275"
2. 8.3" リアトラベル
3.メンテナンス用意な日本Shimanoの内蔵ギアシステム採用
4.ハイピボットポイントによる優れたショック吸収システム
5.サスペンションが動いてるにもかかわらず優れたぺだリング性能

付属品 
・リアショック FOX or Canecreek からお選びください
・シフター
・ギアボックス(Shimano内蔵ハブ)
・テンショナー
・リアスプロケット
・リアアクスル
・ショックガード

zoom916x811z100000cw916.jpg
posted by Yuki at 22:22| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Zerode Bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

1号機完成

7月ぐらいに少しモザイク入りでお知らせしましたが、
ニュージーランド発のMTBフレームブランド
Zerode Bikes
を取り扱い始めました。

FBページはこちら https://www.facebook.com/zerodebikes

916_500_0_19.jpg

凄く簡単に言うと
内装ギアシステムを設けたDHフレームで。BBの上に日本Shimanoの内装ハブが搭載されたフレーム
通常のフレームと比べるとチェーンとリアハブが余計に1個ずつの重量加算はありますが、
中央に重心配置しつつ、ピボット位置を煮詰めた事により
サスペンションの動きとペダリングを効率よくデザインフレーム。

何よりも内装ギアがインパクトではないでしょうか。
こちらは実際ニュージーランドのレースでも使用されていて、タイトルを獲得した実績もあるフレーム。
生産は台湾ですが、デザインは本国で、ロットごとに色やステッカーの違いはありますが、
ロットごとの進化が有ったり、
現時点で650Bオールマウンテンも開発してるとの事

12118619_550515828437423_2279853372887000090_n (1).jpg
こちらは国内1号機。
製作ショップは東京の中野区にある Breezebike&outdoor

規格は26/275で今回は275を選択
初回という事で特別にZerodebikesよりチタンバネがプレゼント♪
ありがとうございます。

ハブは インダストリーナイン
リムは FORMOSAの35o幅のカーボンリム

リムに関してはフックレス仕様に切り替えてからちょっと改良し
体重制限で言いますと着衣装備状態条件で100kgから130kgまで対応可能にしました。
重量で言うと
275 DHは530g
FRは440g 共に公差±20gとなります。

そして弊社の29”のXCリムはシクロクロスにでローハイトリムを使うという事を想定し、
29”のXCリムのみ、6BARまで耐えるように設計しなおしました。
32Hのみではありますが、常時在庫しております。

オフシーズン突入ではありますが、FireeyeのDHフレームと共に動き始めております。
posted by Yuki at 09:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Zerode Bike | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする