2018年04月28日

営業はカレンダー通り

冒頭ではありますが、企業によっては本日よりロングなゴールデンウィークへ突入するところもございますが、
弊社はカレンダー通りの営業で5月1日と2日は営業しております。



休み期間中インダストリーナイン完組ホイールオークションはこちら↓
お店からのFAXまたはメールなどの連絡手段で早いのを優先といたします。
既に指定日の入札も入っておりますので、気になる方は・・・・

本日のインダストリーナインの完組ホイールオークション
UL235、275”の価格は 110,000円(税込)

これ!?なんぞや? と思う方はこちらの過去記事をご参考ください。
http://yuris.seesaa.net/article/458873096.html

4/29 10.6万
4/30 10.2万
5/1 9.8万
5/2 9.4万
5/3 9万

★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡

先日紹介しましたFORMOSAのカーボンホイールの試乗サンプルセットのうちの1セットが
静岡県の浜松市にあります、バイシクルわたなべ浜松店様へ到着しております。


31398258_2031072953772174_1462115117914128384_n.jpg


Facebookアカウントお持ちの方はこちら
紹介ページ → ★★

INSTAGRAMアカウントをお持ちの方はこちら
紹介ページ → ★★

実測はまた弊社と違い、軽めの1440g、弊社実測した個体は1460gだったので±20gは当てはまるのですが、
同じく受け取った別の店舗では1440g切りしていたので、もしかしたらうちのデジタルが壊れてるのか、実は1450g切りが平均なのか。
いい方向の結果なのでラッキーという事で(笑)

今回試乗またはプロモーションホイールとしてご協力いただいているお店のある県がこちら
・静岡県
・東京都
・石川県
・千葉県
・岡山県
うち一つだけサンプル仕様を盛り込んでいて今後の検討仕様が含まれております。

また徐々にお店からの紹介とライドインプレッションも含めてこちらで取り上げていきたいと思います。

ホイールの詳細はこちら、モデル名もまだ決めておりませんが、とりあえずキャリパーブレーキ用
http://yuris.seesaa.net/article/458987251.html
posted by Yuki at 07:35| 千葉 🌁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

Formosaロード車輪準備完了1460g

FORMOSAのロードホイール企画は個々の部品をチョイスし、
実際日本で組み上げるホイール。完組ホイールの定義はなんでしょうか?
・ユーザーが手にする商品として手にすることが出来るのが完組ホイールか
・メーカーが全て専門の部品を使い、または解析・分析をしてバランス化されたホイールのが完組ホイールか
・ストレートプルスポークまたはJ-bendスポークで完組の区別されるのか

いろいろありますが、Formosaのホイールは全て日本で人の手で組まれたホイール、
良い言い方をすれば「ハンドメイド」「クラフトマンシップ」とでもいうのでしょうか?
何を基準とするのは皆さんにお任せいたします。
弊社の今回の企画、MTB完組ホイールもそうですが、実際弊社が決めた仕様で車輪の状態をお店で買える車輪を商品にいたしました。

Formosa-Road-Wheel800.jpg

Formosa ロードカーボンクリンチャー
 (キャリパーブレーキ&チューブレスレディ)


ハブ=Formosaストレートプルカーボンボディ20/24(完組専用)
   24Hリアハブは2:1を採用し両サイドのスポークテンションを最高のバランスを実現しています。
スポーク=Pillar Racing Spoke, Wing20スポーク
     2017年Pillar社が満を持してリリースした最新技術を搭載したエアロスポーク
     翼断面形状で平エアロスポークと同じ重量でかつ横剛性を上げて、
     エアロスポーク特有の風切り音を軽減
ニップル=Pillar Racing Spoke, MV14(アルミ14oロングニップル)
     通常よりもネジ山を1mm奥へオフセットする事でよりスポークのストレスを軽減
リム=Formosa C3825(キャリパーブレーキモデル)
   去年より標準採用した250度以上の耐熱仕様。厳選した高水準のTG樹脂を採用。
   チューブレスレディ構造

■フロントハブ : Formosa Carbon Hybrid 
■リアハブ : Formosa Carbon Hybrid, 24ノッチ
■ベアリング : ENDURO Bearing, ABEC5 グレード 
■フロントアクスル : 100×5 QR
■リアアクスル : 130×5 QR 
■フロントスポーク : Pillar Wing20、straight pull
■フロント組 : 20H, ラジアル
■リアスポーク : Pillar Wing20、straight pull
■リア組 : 24H(2:1)、駆動側2クロス、非駆動側ラジアル 
■ニップル : Pillar, MV14 アルミ14mmロングニップル
■リム : Formosa C3825 カーボンクリンチャー(耐熱仕様高さ38mm,幅25mm)チューブレスレディ
■重量:1458g(前790g、後668g)実測±20g
別途用意必要の物、リムテープ・カーボン専用ブレーキパッド・ハブQRレリーズ

ベアリングは”高精度”という表現を使わずに、ベアリングその物の精度を証明する
ENDURO社のインダストリーナインにも採用するABEC5グレードのベアリングを採用。
カーボンクリンチャーをもっと身近に気軽に使い、そしてそのままローカールレースにも参戦
をコンセプトとした完組ホイール。
ハブボディは横剛性をあえて少し柔らかさを持たせて長距離でも体をいたわる事が出来るハブを採用といたしました。

希望小売価格 118,000円(税込)



リムなどに関しては単品物で販売している物を採用しています。
ユーザー様からの写真もありますのでどうぞご参考ください。
1524042176151.jpg

DSC_2404.JPG
こちらはチューブラの高さ60mmのリムでカスタムアップチャージで赤デカールを入れてあります。
ステッカーを貼るのではなく、弊社のデザイングラフィックは全て水転写デカールなので剥がれ落ちる事はなく
紫外線による劣化も大丈夫です。

組み上げられたバイクはこちら
31242763_1553128461470946_5442640299031527424_n.jpg

ピストレーサー

image1-112.jpeg

組み上げたお店は 愛知県にあります。
ワイズロード名古屋本館
紹介URLはこちら → ★★


フォルモサのロードカーボンホイールは既に数セットあります。
企画初期から賛同いただいてるショップ様の方でプロモなどを含め今後展開していきますので
デリバリまではお店のブログやお知らせを通して、お店目線でのフィーリングをこちらで紹介していけたらと思います。


★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡★☆彡

本日のインダストリーナインの完組ホイールオークション
UL235、275”の価格は 126,000円(税込)

これ!?なんぞや? と思う方はこちらの過去記事をご参考ください。
http://yuris.seesaa.net/article/458873096.html
posted by Yuki at 16:48| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

ワンランク上を行くロードホイール

弊社が現在採用しているリムで先日お店様から教えてもらった嬉しいコメント
「某ブランドのそこそこの値段のホイールを使ってFORMOSAのリムにスイッチして全体重量は200gほど重くなったけど、レースイベントでなぜか17秒更新。そして何よりもリムがシャキっとしているのが凄くわかる」
組手の仕上げた味と慣性、走るステージも加味されるかと思いますし、当日の体調しかりいろいろな要素が有ってのタイムアップだと思いますが、17秒はさすがに凄いと思いますしユーザーからリムを交換して出た結果との事でしたので、素直にうれしいです。ありがとうございました。
DSC_1102.jpg

そんな弊社のモデルはこちらフォルモサのC3825またはC3823。
高さ38mm、幅25o(or23o)のリムとなります。25o幅をメインに扱っておりますが、
従来と違ってブレーキ面の耐熱温度仕様を現在ハイエンドクラスに採用する250度以上の素材を当て込んでおります。
従来モデルもありますが、弊社はリムブレーキモデルに関しては全て高耐熱モデルを採用しております。

もっと攻めるための素材、そして日常ユースとしてはたまた草レースにも投入できる価格帯のホイールと
スペックを求めて、ハブメーカーと相談しました。
速さは正義ですが、弊社は程よいスペックで自転車を気持ちよく楽しみたいというコンセプトに
年始から計画してきた完組にこちらのハブを選びました。
DSC_2365.jpg
レースするためのホイールを目指してないので、体に優しい程よい剛性の上の写真のハブを採用。
カーボンボディを身にまといマルっとしたボディ。
そしてメーカーの説明でよく歌われている高性能ベアリングとありますが、
弊社が出来る証明としてベアリングを「ENDURO社のABEC5のグレード」を標準採用にしました。
ENDUROのABEC5クラスのベアリングはハイクラスなハブによく採用されていいて
インダストリーナインにも使われております。

ハブにJベンドのスポークではなくストレートプルのPillar社のウィングスポークを採用。
ニップルにもちょっとこだわりをいれたニップルをこのホイールから使おうと思います。
ハブはフロントラジアル。後ろは駆動側は2クロス、非駆動側はラジアルで
尚且つ2:1システムでテンションをより均等な配分になるように

カーボンリムの特性を生かした踏み出し軽さ、程よい剛性による楽しく乗れるホイール
足を止めてもペダリングしても滑らかに回ってくれるベアリング(=ホイール)


部品を厳選して各方面から調達し、国内で組み上げる完組ホイール
形になるのを楽しみにしております。

ストレートプルのウィングスポークもこのホイール企画を機に
標準在庫していきたいと思います。

そしてJベンドのロードハブとロードディスクハブも同時に展開予定
こちらは単品として展開しますが、同じくベアリングはENDUROのABEC5を入れています。
DSC_2350.jpg

DSC_2349.jpg

取扱ブランドのハブを数社触って、この仕様なら一番気軽に扱えるのではと
そんな思いを込めて企画させていただきました。
思い立ったら使う。そしておもいっきり使う。

FORMOSAはそんな立ち位置で有りたいです。
posted by Yuki at 18:32| 千葉 🌁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

限定10setホイール完売のお知らせ

おはようございます。
先日ご案内しましたFORMOSAのカーボンホイール 10set限定企画は
発表から約26時間で完売となりました。

この度即決または企画に賛同いただきありがとうございました。
スペックや詳細を少しずつ公開していきたいと思います。
DSC_1861.jpg
posted by Yuki at 07:10| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

10setのみのカーボンホイール

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

完売しました。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡



ようやく整理できたのでご案内いたします。

先にロードの方が先行していますが、ロードのハブを実際手に取り納得の上で
温めていた企画を実現したいと思います。

カーボンリムをより身近に、かつお店で購入できる弊社の取扱ラインナップを通して
高品質の仕様をセレクトしたものを皆様にご提案いたします。

何を持って価値を見出すか。
絶対的イニシャルコスト、またはコストパフォーマンスに優れた物。
今回は後者で攻めてみたいと思います。

MTBホイール10setのみの企画
・ハブ=Formosaセレクトのストレートプルハブ 28H
・スポーク=Pillar Racing Spoke, 14番のプレーンスポーク
・ニップル=Pillar Racing Spoke, PT734アルミニップル L=14o
・リム=Formosaカーボンリム AM32(偏芯)リム。 (外幅32o)

希望小売価格 115,000(税込み)
限定 10setのみ
納期 5〜6月初旬


全て単品物からの組み合わせで、国内で組み上げられる完組ホイール。
リムとスポークは既存取扱ですが、肝心のハブですが、完組専用に選定し
ストレートスポークでより強いテンションで組むことが出来て、
なおかつベアリングにもこだわり、ベアリングの事細かな技術説明よりも単純明快
インダストリーナインと同じグレードのENDUROベアリング ABEC5グレードを標準装備させました。

「条件」
ハブとリムはブラックですがグラフィック不問。
スポークとニップルはシルバーまたはブラックから選択。
フリーはShimanoまたはXD-1から選択。
前後の規格は F15/R142 または 前後ブースト どちからかのみ、混合はNG
リムは 275または29

※チューブレスレディタイヤでのご使用の場合は
 別途チューブレステープとバルブをご用意ください。

極端に条件しぼっておりますが、好評のフォルモサのリムはMTBは1台分108,000円なので
カーボンリムをご検討されてる方。
インダストリーナイン、Fireeye、DABOMB3社のハブを実際触る弊社がセレクト及びスペックインしたハブをご期待ください。

仕様だけですが、この企画にご賛同いただける方。
お待ちしております。

↓改めて紹介します、ロード向けの完組ハブ。
FRMShubwheel.jpg
posted by Yuki at 14:40| 千葉 🌁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

シクロ用ナローワイド38/40t

大変遅くなりました。
凄く今頃で実に2年説得の元ようやく・・・・ようやく提携先の工場から出来上がってきました。
P_20180403_102316.jpg
工場を換えれば製品化はすぐですが、そこら辺は縁と腐れ縁でしょうか…
ありがとうございます!形にしてくれたことに感謝いたします。
P_20180403_102157.jpg
シマノ用のロード向けの4アーム(BCD110)のナローワイドリング

今回の入荷は38tと40tのみです

商品名 FORMOSA 「NW Ring 110
希望小売価格税込み
38t=5500円
40t=5800円
42t=6100円


※チェーンリングのみでクランクボルトとカバーは付属しておりませんのでご注意ください。

さて・・・・BTRのスプリンターに入れますかね!?
P_20180403_102238.jpg
posted by Yuki at 11:50| 千葉 ☁| Comment(6) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

新しいロードホイール導入

昨日開いてる時間を使って、先月末?今月月初めに作成した手組ホイールを車体に装着できる状態に仕上げました。
tegumi-formosa-i9-hub.jpg
手組ホイールです

スペックは
ハブ=インダストリーナイン、 ディスクロード(6穴=ISO)
スポーク=ピラーレーシングスポーク、 ウィング20(翼断面スポーク)
ニップル=ピラーレーシングスポーク、 アルミニップル 14mm
リム=フォルモサ、 C3825ディスク (カーボンクリンチャーリム)
ローター=XON、 前160o後ろ140oローター

tegumi-xon-i9-hub-formosa.jpg

今回は弱虫ペダルチームで実際使われてる組み方 ”3クロス”で組み上げてみました。
以下の数値は実際組み上げた個体の実測値となります。公開数値ではありませんのでご参考にどうぞ

今回のホイールは

ディスクロードで3クロス
前754g
後903g
合計1657g
参考部品kit価格合計 184,400円税込み
tegumi-fomosa-cross-i9-industrynine-pillar-spoke.jpg

同じ仕様で2クロス
前730g
後855g
合計1587g

同じ仕様で2クロス、リムはチューブラ T3825
前632g
後772g
合計1404g
参考部品kit価格合計 176,600円税込み

同じ仕様で2クロス、リムは29"XCベース フックレスリム
前634g
後768g
合計1402g

通常ロード 前20H、後24H
前ラジアル後ろ片面ラジアル、C3825クリンチャーの組み合わせ
前666g
後855g
合計1521g
参考部品kit価格合計 189,100円税込み
tegumi-blue-i9-formosa-carbon-rim.jpg

参考価格は部品同士の組み合わせなので、手組のコストは含まず。
上記の仕様は全て実際に組みあがってリムテープも貼らない
裸の状態での実測値となります。
重量は大々的に気になると思いますのであえて今まで集めたDATAを公開させていただきますが
一番の要素は搭載されてる回るハブです。
60ノッチですがとにかく回る、ダンシングして負荷かけてもグイグイ進むインダストリーナイン

ロードで定番&王道な組み合わせ・人と違うアイテムを
と考えてる方は是非これらをもとにご検討ください。

半年ぶりのオンロードタイヤのi9ハブの手組ホイール。凄く楽しみです。
今日は乗れないけど。。。

是非ご参考にどうぞ

posted by Yuki at 10:10| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

偏芯リムは凄いかも

EVIL BIKESのFollowing MBをくみ上げるのに
35o幅のリムから急遽、タイトルにある偏芯リムをインストール。
通称オフセットリム、またはアシンメトリックリム。

asynmetric-carbon-rim-Yuris.jpg

リム幅でいくつか選択肢ありますが、全て採用ではなくどれにするか悩み中。
オフセットによるスポークテンション均等化で横剛性のバランス化を実現するのですが
リムの形状は見た目均等じゃなく変な感じですが実際組みあがるとセンターにリムが来てるんです。

もう少し乗り込もうと思います。

posted by Yuki at 22:09| 千葉 ☔| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

カーボンクランクブーツ

DSC_1384.JPG
カーボンクランクブーツ
希望小売価格 700円 ペア税込み
posted by Yuki at 12:33| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

アダプター。裏方の化粧直し

PM180-I9cup.jpg
先週インダストリーナインの入荷でとりあえずソフトグッズはI9 LOVERであればご自身で調べるという事で
あまり量を入れてなくてとりあえずコップは自分用以外に在庫で一つ。
ステンレスのコップとレザーセットで定価4500円(コップ1500円、レザー3000円)。

昨日BIKEYOKEとFormosaのブレーキマウントアダプターのPM180が届いたので
今日はそれの検品。
DSC_1224.jpg
今回は切削刃を小さくして全体に切削痕の模様を入れてみました。
結果的に1個に対する製造時間が増えて少しコスト増えましたが、そこら辺はこだわりという事でコスト吸収。
価格は据え置きのままにしてます。
kiridasi-pm180.jpg
アップ部分こ車体につけて少し離れたところの光の反射でどのような表情を魅せるか楽しみです。
FORMOSA, PM180
Color = Black or Red
希望小売価格 1,500円(税込)

DSC_1235.jpg
左がつるッとした仕上がりの従来使用で、右のブラックと上のレッドが今回入荷したアダプターとなります。
ブラックに関しては特に指定なければ手に取った物から出荷といたします。

BIKEYOKEは160mm一杯と少量ですが新作の185mmが入荷
今回は少しアップデートが入ってますので本日の出荷分より全て反映しております。
posted by Yuki at 15:11| 千葉 🌁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

BTO方式にも対応

BTO(Build To Order)。オーダー生産方式
弊社取り扱いのブランンドという条件で個々の部品を使えば
wingbura.jpg
このように製作することも可能です。
インダストリーナインのハブを使った手組ホイール
ピラーレーシングスポーク社のウィングスポークをを使用
カラーニップルはFireeye社のカラーニップル
Formosaのカーボンリム、T3825チューブラリムを使用。

そして先日入荷した旬のFormosa新作リムC3825のクリンチャーリム
sh2.jpg
リムブレーキを最高規格250度の耐熱仕様。
組み合わせたハブはインダストリーナイン社のライムグリーン
ウィングスポークのブラックカラーにFireeyeのアルミニップルで組み合わせ
ブレーキ面がツイール柄+ガンメタデカール。
組上げたホイールはこちら
sh1.jpg
スタンダードのブラックやレッドは見慣れてるけど、それ以外をロードで見るのはなんだか新鮮に感じます。

完璧で独自性の強い完組ホイール。
そしてハブ・スポーク・ニップル・リムと全て自分の好みのパーツを使って組上げていく
カスタムホイール。部品個々の楽しみもあれば、スポークの組み方で性格を作り出すこともできる。
ホイールの性格をいじれる楽しみ。自分だけのホイールというオリジナリティ。

そんな私は
シルバーハブ・スポーク・ニップルでローハイトのリムで
シルバービカビカで1セット作りたいです。

今日は自転車とは関係ない展示会に行ってきました。、台湾企業が来日しての展示会。
いろんな分野が出ていて自転車も少しだけありましたが、専門の展示会と比べたらそれはそれは。
自転車とは別の目的で物色してました。仕事に生かせる物探しです。
自分の中では結構いい収穫でした、是非いつか皆様にシェア出来るように頑張ってみよう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
午後会社に戻っては仕事したのですが、伝言でもらった紙を退社後夜相方に言われて思い出す。。
今日の問い合わせある1件ご連絡せずに申し訳ございません。。すっかり忘れてしまいました。
入荷予定の件こちらにてお知らせしたいと思います。

Bikeyokeですが、再来週ぐらいには日本に入ってくる予定となっております。
EVILバイクは10日ほど遅延があり、弊社の来月中旬の出張と重なり、10月末の国内配送になりそうです。

ちょっと10月は忙しい月になりそうですが、なんとか回し切りたいですね。

明日は子供の運動会。。お父さん席取り頑張ります・・・・並びたくない。。。
posted by Yuki at 22:08| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

入荷でイレギュラー物

昨日日曜日に入荷有ったのでわざわざ会社へ行って、荷物受け入れてきまして
入荷したカーボンリムはさきほど検品完了。
弊社規模と言っても私と家内の二人なので、代理店の”仕事”は二人でなんとかやりくりしています。
つきっきりで発送作業は本当に時折ぐらいでほとんど忙しいというのは
いろんな種類の業務が一度に集中するのがほとんど。

午前中は発送作業をして、カーボンリムの検品。
カーボンリムとフレームとインダストリーナインは入荷時必ず全量検品してます。
凄く細かいですが、未然に防げるものは検品でチェックしていきます。
完全はじくB級品はほぼ最近は無いです。

カーボンリムでいうとリムブレーキであれば一周両端のブレーキ面をなぞってフラットかどうか。
ロゴの欠落有無、リムエッジの整形具合、整形不具合の有無など。
P_20170925_095042_vHDR_On.jpg
今回リムの内部にちょっとした成型時の不要物が中に残留していたのでスポークを使って除去
これでリムを回して、振っても異音がなくなりました。
以上が検品の一例で今日起きたチェックにひっかかった項目です。

今日の入荷のオーダー物とスタンダード物はこちら
P_20170925_113333_vHDR_On.jpg

弊社では多分初めての88mm高さのカーボンロードリム。ステッカーの型を作っておいて良かった…
P_20170925_113445_vHDR_On.jpg
艶有で60mmが前輪。後輪が88mmのオーダーでした。
このように常時在庫はしてないですが、オーダー対応そしてカスタム仕様にも対応可能です。

P_20170925_113412_vHDR_On.jpg
左が弊社の展開開始しましたクリンチャーの耐熱仕様モデル。
ブラック塗装にガンメタロゴがそれとなります、明るく映ってますがガンメタカラー。
今までのUD仕様が製造上使えないので今回の仕様となります。
右が3kのチューブラ高さ50mmのリムとなります。

ではまた午後の部も頑張りましょう。
posted by Yuki at 12:16| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

お化粧は大切さ

Formosa PM180.jpg
長い間切れていたFormosaの黒子に徹したポストマウントアダプター
PM180
最近また徐々に出始めました=ブラックのみ。

赤はバックオーダーをかかえ、ようやく重い腰を上げて作る事にしました。
少しずつ浸透してもらえて心から嬉しく思います。
ただフレームとブレーキキャリパーをつなげるただのアダプターですが、
ビシッとCNCで仕上げて拘った1品。

今度は少し手を入れてみました。
写真はお願いしてる工場より。あまりにもスマホの写真適当撮影なので
少し雰囲気だししましたが、削りに拘りました。

ではまた

今日は出かけますのでちょっと忙しい。
posted by Yuki at 09:25| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

ロードクランク用ナローワイドリング

やっと。。。プロトが出来上がってきました。
Shimano現行クランク4アーム向けの
ナローワイドリング
564654654654.jpg

38/40/42t その上の歯数は検討中。

DSC_0661.jpg


シーズンまでになんとか。。
posted by Yuki at 14:56| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

高耐熱カーボンクリンチャーリム

昨日サラッと書きました、新しいグレードのリム紹介ニュース
アクセス数が余裕で同じ日に公開したMTB関係の記事を抜きました。
片や午前のMTB記事、ロードリムの記事は夕方のアップにもかかわらず
これでロードのサイクリストはまだまだ多いのが証明されました。

昨日の記事の中で書いた内容でSNSでコメント付きで紹介していただいた方に感謝。
着目した言葉がこちら
一度も弊社のオーダーに対して今までミスが無い事
現在の取引先に決定したのは取引要望(価格ではなく)にすり合わせてくれたこと。
そしてここで初めて言いますが、最初のサンプルオーダー 50-60本だった記憶が。。。
サンプルオーダーはそれこそMTBからロードと様々なカテゴリそして異なるホール数に全てミスなく
納品してくれた事で今の取引先に決めました。その後はお互いやりとりしていく上で
オーダー生産納品のビジネス的な事以外でもいろいろと話をしたりしてます。

簡単に言うと弊社は完全に今の取引先を信頼してるし、自信もってお勧めしております。
これだけは胸を張って言えます。


今年のカーボン製品の価格競争に対して悩んだ時にいろいろ相談に乗ってくれて、
ただ単に「値段下げます」ではなく条件はいろいろ提案された上で最終的に判断したのが
「より上のレベルのカーボンリム」でした。
DSC_0637.jpg

カーボンリムはアルミに対して質量が軽い分、ハイトの高いリムが使用できエアロ効果を高めることが出来る
ハイトが下がればその分質量が軽くなり軽量なホイールを作る事が出来ます。
反面、ブレーキ面はアルミの精巧なCNCによる面だしではないので、どうしても制動力が劣ります。
そしてユーザーであれば直面する「ブレーキによる熱問題
カーボンという材質を理解したうえでのブレーキング操作が必要ですが、いざ事が起きた時
それは保証なのかユーザー側の配慮不足なのか凄く判断が難しい所です。
これは弊社のみならずカーボンリムを扱う販売側が直面してる問題だと思っております。

去年の夏前後に取引先が良い耐熱素材が手に入ったと情報有りましたが、
コストがとても高く、とりあえず実験テストするとの事で導入せずに静観。
そして今年の春前に量産可能のアナウンスがあり、コストの面で悩みましたが
昨今のカーボンホイールの市場を見ると同じような仕様ならば一つ頭を抜き出た性能で勝負をしたい
いろいろわがままを聞いてくれたり、提案してきた担当に応えてあげたいという思い
取引先が持つ現時点で最高性能を誇るカーボンクリンチャーリムを導入することにしました。
現時点で弊社の他に数社のブランドにしか開放してないって言われたもんだからちょっとだけ優越感に浸ってますよ。
販売量はまだまだですが・・・・感謝しております。

事は単純にカーボンのリム自体の耐熱温度を上げてあげれば良いだけ。
耐熱温度250度以上のカーボンクリンチャーリム。Cシリーズ
DSC_0640.jpg

FORMOSAのカーボンリム取扱の耐熱温度性能の変遷
190度 初期数か月
210度 現在の弊社の基準
250度以上 クリンチャー リムブレーキspec (2017年9月出荷分より)


DSC_0642.jpg
素材の制約上、250度モデルは黒塗装+ガンメタデカール、ブレーキはツイード仕上げ
リムのタイヤ側は通常モデルと違った仕上がり方でメッシュっぽい表面仕上げで
若干茶色素材が見えます。

DSC_0638.jpg
もちろんチューブレスにも対応。

基本的な仕様を継承しつつ、外見の250度モデル専用の配色パターンに変更。
中身の性能だけを大幅にアップ。
ブレーキ熱とおさらばというわけではないですが、
熱によるリム破損がしづらくなったという事に有ります。

クリンチャーのリムブレーキにのみ採用で
こちらだけ通常の43200円税込み➡48000円税込み/本
ディスク仕様は熱無縁なので通常の210度。
チューブラはタイヤからの内圧熱がないので、こちらも通常の210度。

やっぱり製作に凄く時間かかるのでオーダーに対してまだ4本しかもらえてないですが、
今月残り分が入ってくると思います。
C3825 20/24/28H
興味のある方は是非お店までお問い合わせください。


そして今外は雨…今朝朝の体操感覚で、DABOMBのSENTINELを近所で乗り回し、
DSC_0634.jpg
ブレーキのタッチ調整確認。
このマイルド感はプラスタイヤなのか?今ついてるのは2.8”
ブロック低めだから転がりますが、高めのタイヤだとグリップ一気に増しそう。
軽快感を手に入れるなら2.6”?
組み上げたばかりなのでまだまだ手探り状態。
サスペンションもまた10psi前後の調整で違いを経験しないとです。
posted by Yuki at 11:47| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

最高のカーボンリムを導入

技術日々進歩に伴い、カーボン製品も手頃な値段帯で
手に入るようになりました。カーボンリムは中国からダイレクトに気軽に買える時代。
もちろん弊社のFormosaのカーボンリムに関しては中国企業から購入しております。
単に購入してデカールを貼って「はい、どうぞ」ではなく。

取引先を選定する際にいろいろ話を通して企業を知る事から始めて
取引条件、保証関連うんぬんといろいろ段階を踏んで最終的に取引先を決定するわけで。
弊社はカーボンリムは一環としてリリースからずっと同じ会社と取引しています。
品質しかり、価格もそうですが、一番肝心なのは「仕事内容」ではないでしょうか?
ちなみに一度も弊社のオーダーに対して今までミスが無い事が自慢?でしょうか=凄いと実感してます。

低価格化の今いろいろと企業との話をして出した結論は。
最高レベルのリム。をFormosaとして扱う事に決めました。
それが先日入荷してきた

これ↓

DSC_0627.JPG

写真すこしぼかしてますが、
FORMOSA ロードリムのカーボンクリンチャー
モデルは C3825 詳細は明日以降…
posted by Yuki at 16:43| 千葉 ☔| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

ロードクランク用ナローワイド

やっと・・・・やっと出来て来たよ。。。
長かった。。実に長かった

^A6A9D9A8001C3C9F5B9C17ED7480F3927231DFF9B53E0DFD31^pimgpsh_fullsize_distr-(2).jpg

Formosaのナローワイドリング。
シマノのロードクランク4アーム向け。
38tと40t。他…検討中

posted by Yuki at 15:11| 千葉 ☔| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

ナローワイドリング入荷。

先週週末からの怒涛の入荷ラッシュも終わり、今日の最終の発送用段ボールの入荷にて一段落つきました。
入荷した
・Pillar Racing Spoke
・Dabomb Bikes
・FORMOSA

の検品も終わり、Formosaのチェーンリングとカーボンクランクのパッケージング作業をやりながら
本日静かな午後を過ごしております。

今回は3つほど良い物。かゆそうな物。使えそうな物を入れましたのでご紹介
FormosNWring650.jpg
ナローワイドリングのBCD04向けの30tが痺れるぐらい在庫切れたのでこちらを補充。
黒と赤の他に今回は二つ以前数量限定で作った色を復活!
FormosaNWringcolored650.jpg
パープルとターコイズ (=BCD104, 30t)

そしていつしかサンプルでもらって感触良かったので今回数量限定で導入した
Black Edition
blackediton-formosa-NW-ring650.jpg
写真左が従来の黒に白レーザーですが、右が今回の「Black Edition
従来の順序としては
削り上がったリング→ポリッシュ→アルマイト→レーザーロゴの順序ですが、
今回はアルマイトとレーザーの工程をひっくり返して、先にレーザーロゴ入れてからアルマイトをやりました。
ただ一発レーザー刻印だけだとアルマイトで陰影凹凸がかなり無いに等しいので、レーザーは2回打刻して
より深く刻印しております。ゆえにフルブラックでも光加減で少しだけ陰影が浮かび上がる仕上がりとなりました。
パッと見、わからなくても歯の形状と悪天候の泥吐けスラッシュ加工でFormosaのリングだとわかる作りになっております。
他のアイテムと違ってリングシルエットが普通すぎて判別しにくいかもですが、
Formosaリングその物であります。
レーザーの加工工程が一つ増えてますが、こちらはターコイズとパープルと同じく数量限定で
価格も同じとさせていただきます。

Shimanoのクランク規格もグレードが徐々に対応が広がってきたという事もあり、
今回のBCD96規格に赤を導入致しました。
・ブラックとレッドの展開となりました。
・対応歯数は 30tと32t
formosa-nwring96.jpg




dabomb bomb pin 3.0.jpg
DABOMBでシートクランプの「Bomb Seat Clamp 3.0」と並行して展開されている
前後QRの「BOMB PIN 3.0」ですが、明るい色の青と黄緑を入れてみました。
前後セットで価格は3240円税込みとなります。
posted by Yuki at 15:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ベアリング工具ラスト1set

販売終わり

FORMOSAのベアリング工具ラスト1set

在庫整理で1setだけ出てきました。
時々問合せが来て都度終了の案内をしておりますが、今回が本当の売り切れたら暫く終わりとなります。
工具は消耗品ではなく雑な扱いをしない限り一生物に近いバイク整備するときの相棒だし。
この引き抜きと圧入の機能、両方を持った工具、12種類のベアリング規格を網羅して
希望小売価格税込み25000円。

Bearing-Tool.jpg

これをどうみるか、実際触る人しかわからないかもしれません。
そんなちょっとした整備ツールとなります。

売り切れの際はこの記事を更新いたします。
posted by Yuki at 09:21| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

1500円で夢を見れる

ユーザーからブログでFORMOSAのブレーキマウントアダプターが取り上げられてますので
ご紹介いたします。

>IMG_20160515_103459.jpg
PM180とPM203がございますが、
・PM180は160mm→180mmへ20oアップするアダプター
・PM203は160o→203oへ40oアップするアダプター
と簡単に考えれば大丈夫です。

サルサ野郎様のブログ記事はこちら
http://blogs.yahoo.co.jp/stsg0325/15221593.html

4点ほど素晴らしいポイントがあるとの事
1. カットした面が芸術の域!
2. しっかり軽量になってます!
3. 低頭ボルトが最初から同封されてます!
4. 穴径に変更あり!だれがやっても高精度に固定できます!


img_2.jpg
このカットが一番好きですね。拘った部分でもあります。
※写真はサルサ野郎様より引用

切削面と重量にはこだわりました。
切削面はしいて言えば80点ぐらいですが思ってた求めてたよりも綺麗になりすぎたといいますか。
このままでも良いのですが、もっと自分の理想に近づけるためにも3月実物を持ってちょっと工場と検証してみます。
重量はこの小さなアルミですし限界はありますが、少しだけ日本のコンポShimano社よりは軽く出来上がっております。

低頭ボルトは実際到着して装着して現行のキャリパーで当たるモデルもあるという事がわかったので
急遽用意しました。もちろん今のPM180においては最初から標準装備となっております。

フルCNCというのを生かして、なるべくぬかりなく美しく。
ブランド刻印もあえて露出を控えて装着した時の美しさに拘ってみました。
もちろんこれは弊社のオリジナルデザインなので、たとえブランドロゴを取っても
Formosaデザインはそのままオリジナルとして存在します。

今回精度の方も評価していただきありがとうございました。
今ついてるバイクからわざわざ換える、またはこれを付けたことによって
大幅な性能UPは無い部品ですが、少しだけ愛車が輝き、
ブレーキの精度出しを手助けするドレスアップパーツとしてご参考ください。
posted by Yuki at 10:28| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする