2017年06月22日

ジャージ★ジャージ★ジャージ

先週の週末にI9より便りが来まして、もうFacebookページや本国のWEB STOREに掲載されてますが、
男女のMTBジャージ新作が出ました。

881ff4c1-48d8-4231-9237-9e44ce0e44d8.jpg
The Men's Pinstripe


92b55cb4-2f1c-4e4c-b17a-1766288144cb.jpg
The Men's Lightning. (MADE WITH REAL LIGHTNING!)


ec996da6-965b-4c4c-a6cd-75519180abd8.jpg
Downhill Jersey


502cdc52-67f3-4966-938b-d1ccf3926654.jpg
Women's Pinstripe


57ac083a-4ddc-4b01-8ea4-e9c1a693b7e8.jpg
Women's Lightning (MADE WITH REAL LIGHTNING!)


フィットチャートがようやく確認できましたのでこちらに掲載します。
腰の部分は伸びるという事で、他のサイトの目安を参考に+5p表記してみました。
1498095211700.jpg

ダウンヒルジャージのみ、上のチャートよりも少し大きく作られるそうです。
(↑I9社+製作会社より回答もらいました)

現地価格は80ドルぐらいなので、日本で1万円と消費税ぐらいでしょうか??
まだ値段もらっておりませんが、こちらはI9社の気まぐれスポット生産、
いつもの通り売れたら終わりだと思うので、欲しい方は要チェキ。
早めに入れて梅雨明けぐらいに一発入れましょうかね?
posted by Yuki at 10:42| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

ブースト規格は必要か!?

という問いに対して答えるとしたら
「従来の100mm幅より15%の剛性向上」が数値データーとして海外のMTB総合サイトに書かれているのを記憶してます。
じゃー最初から20o(=110mm*20mm)でいいじゃんと思いますが、実際ブースト規格が110mmになり、
フランジ間も広がっているので20mmとはまた違う意味となります。
そんな今年のシーオッタで20mm boostやらの規格がDVOから提案されてました。
I9の方も限定カラーのカッパーシリーズにもその対応がちらっとありました。
今後普及するんでしょうかね???

本音は言うとあまり規格増やしてもらいたくないです。。。by 代理店の本音。
ユーザーやお店の心の声と同じ私もそう思ってます。
完全移行なら別にかまいませんが、この混在する時期が一番正直つらいですね(笑)。

新規格に移行するには費用が重なりますし、正直なやみの種にもなります。
インダストリーナインはせめてという事で、専用ブーストハブ以外にも
現行のハブ規格に限りフロントのみブーストキャップを作っております。
21441.jpg
但し装着する際は10o程左にオフセットされるので、そのオフセット分をセンター戻してあげる必要があります。


これが必要な時は多分以下の事例じゃないかと推測します↓
・今のリア142o幅のフレームが好きで乗り続けたい、でもフォーク新調するのに先を見越してブーストを取り入れたい。
・(実際あるかどうかわかりませんが)欲しいフォークがブーストのみの設定

15%という剛性アップの数値も確かに正ですが、コストを抑えるというのも無視できないという事で
とりあえず暫定で楽しむ。今度フレームをBoostに新調するときに前後買い替えるので今のハブでなんとかするという方への一時的アイテムという事でご用意しております。
日本在庫あり。

Boostが去年開始してからハブを販売する身として、
前後はもちろん出ますが、
フォークを残してフレームがBoostなので
F ノーマル、 R ブースト が昨年の傾向でしたが、
今年は 前ブースト、リア142mmの組み合わせが主であります。

どれが正解だかわかりませんが、移行期という事でそれに合わせて弊社もなるべく
対応していこうと思います。


今日は水曜日、全国の自転車店の定休日率が高い日を利用して
ちょっと海外在住日本の方と会って、自転車にかかわる仕事の話をしてました。
仕事ってお金うんぬんではなく、仕事=ビジネスの中で自転車がある的な話です。
意外と私こういうのお話大好きなんです。ただそれをうまく伝えられなかったり、
文章がうまくかけなかったりへたくそな部分もありますが、濃厚な時間を過ごさせていただきました。

明日からまた頑張ろう!!!
今年は楽しみですよ。

波に乗っては飲み込まれてます(笑)。
posted by Yuki at 22:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

初代部品一応在庫有

初代のインダストリーナインのハブ
フリーハブのボディ部分のみ。
P_20170619_152529_vHDR_On.jpg
切削が今のより細かく高いけど、一応一つだけ在庫ございます。
なぜか海外からの問い合わせ…せっかく写真撮ったのでこちらにもupP_20170619_152537_vHDR_On.jpgP_20170619_152552_vHDR_On.jpg

posted by Yuki at 16:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラシックテイスト

先週は山口県へ海外からの観光客を誘致するプロジェクトなお仕事に参加してまいりました。
サイクル県やまぐちプロジェクト

子どもから大人まで、初心者の含めて、幅広い年齢・レベルの人々が、県内のあらゆる場所で、年間を通じて、サイクリングからプロツアーまで様々なジャンルのサイクルスポーツを快適に楽しめる県を目指します。
http://cycleken-yamaguchi.com/

自分自身にとって初めてのジャンルのお仕事ですが、台湾生まれ?というアドバンテージというよりも
言葉の壁がなく、台湾の業界と言ってもそこまで深くないですが、意思疎通とネットワークで
ちょっとだけですがアドバンテージ的なところがあると評価され今日にいたっております。ありがたやぁ。
濃厚な一週間。山口県を少しだけ知ることが出来ました。
一杯頭のタンスに記憶をしまったので、今年の後半は家族を遊びに連れていきたいと思います。
山口県の魅力を入り口とっかかりでつかむナイスな動画がありますのでこちらも合わせてどうぞ


山口仕事の間ずっと自転車に乗りっぱなしでしたが、自分の自転車が恋しくなったので
帰宅後、早速土曜日に一杯乗ってあげましたよ
P_20170617_064619_vHDR_On.jpg
P_20170617_064636_vHDR_On.jpg
6時前後だともう暑くなりだすので、また梅雨の合間を見て天気がいい日にでも
一杯乗ろうと思います。MTBの29”ベースの車輪にCXタイヤなので見た目のインパクト重視。
※29”UL235はMTBベースの為、ロードのスプロケは使えません。

金曜日は山口帰り翌日という事もあり、到着したI9と発送に明け暮れておりました。
P_20170616_111654_vHDR_On.jpg
今回オーダーのカラーカスタム。ゴールドとブルーが標準色の黒・銀・赤以外を2色使っているという事で
2色以上のカスタムカラーで「モデル価格+32400円」
写真は29”のUL235クロスカントリー向け軽量なホイールです。
1455g

P_20170616_114010_vHDR_On.jpg
i25 TL
重量は 1410g

ロードのリムブレーキ用完組ホイールでスポークはSapimのCX-RAYを使用。
ハブはターコイズを使用し、ニップルもターコイズ。他シルバー。
シルバースポークとリムでクラシック感がプンプンしてました。
こちらの完組は今こちらの取扱店様に有ります。
➡ バイシクルわたなべ浜松店
近くの方は是非現物を一度ご覧になってみてください.

引き続きですが、ロードディスクハブキャンペーンが今月一杯開催しておりますので
どうぞ引き続きCXシーズンまたはロードディスクバイクカスタムの際にご検討くださいませ
XONrotor-I9-hub.jpg
今購入するとXONのローターがお選びいただけます。
詳細はこちら ➡ http://yuris.seesaa.net/article/450448628.html
posted by Yuki at 13:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

2種類のロードディスクホイール

ロードディスクが徐々に動き始めたという事もあり、
インダストリーナインのロードディスクの完組もボチボチ出荷しておりますが、
中でも時々質問受けるのがこれ
AR25 DiscUL235 CX Road Discって何が違うの?」

という事で自分自身が勉強になりましたので皆さんに比較シェアいたします。

AR25_1_web.jpg
AR25 Discの仕様↓
重量: セット 1450g, Front 660g, Rear 790g, Rim 437g
リム: クリンチャー 21.5mm内幅 // 25mm外幅 // 25mm高さ、チューブレスレディ
前: QR 100mm, 9x100mm, 12x100mm, 15x100mm
後: QR 135mm, 10x135mm, 12x142mm
フリー: Shimano/SRAM HG, Campy 11-speed or SRAM XD-R
推奨タイヤ: 25-50mm
ブレーキ方式:6穴 or センターロック式
ライダー制限体重: 240lbs/108kg以下
備考:アクスル・QR付属無し


650ul235cx_1_web_27298809732_o.jpg
UL235 CX Road Discの仕様↓
重量: セット 1350g, Front 610g, Rear 740g, Rim 385g
リム: クリンチャー 23.5mm内幅 // 27mm外幅 // 29"XCリム、チューブレスレディ
前: QR 100mm, 9x100mm, 12x100mm, 15x100mm
後: QR 135mm, 10x135mm, 12x142mm
フリー: Shimano/SRAM HG, Campy 11-speed or SRAM XD-R
推奨タイヤ: 30-55mm
ホイールサイズ:29”/700c/ 27.5"
ブレーキ方式:6穴 or センターロック式
ライダー制限体重: 210lbs/95kg以下
備考:アクスル・QR付属無し

共通して言えるのは
・ハブとスポークは同じ物を使用している
・ハブはロード規格、60ノッチ
・スポークパターンも 2:1、 Sapim CX-RAY
  前ディスク側16本、駆動側8本
  後ディスク側8本、駆動側16本

DSC_0283.jpg
DSC_0285.jpg


違いは採用しているリムとなります。
AR25はよりロード向けという事で対応は25c〜50c
UL235はベースリムを29”のUL235(XC軽量リム)を使用していて尚且つワイドなので対応は28c〜となります。
AR25の重量は 1450g
UL235 CXの重量は 1350g
リムの重量の差で全体重量が100gも変わるなら最初からUL235 CXで良いのでは?と結論に達しますが、

UL235リムは空気圧制限があり、65psi=4.5BARまでとなります。

せっかくの軽量ホイールと行きたいところですが、UL235 CXホイールはあくまでもCX向け(4.5BAR未満のタイヤ)とお考え下さい。

ここから代理店としてどうなの?という派生的なホイールになりますが、
同じUL235リムでも弊社のCX BIKE, BTR Fabrications作のにはMTB向けの29”のUL235を搭載しております。
どうしても太いアルミスポークと色遊びをしたくて、こちらをチョイスしました。DSC_7375.jpg
但し注意が必要なのはこちら↓
・ハブのベースがMTBなのでMTBのカセットを使用する事。ロードカセットと互換性ありません。
・1455g。AR25とUL235 CXと比較して、3車輪の中で一番重い
・ライダー制限体重: 86kg以下
・MTBハブの為、120ノッチ。
上記の条件でも良ければ実は3種類の選択肢があります。
3番目は少し派生的で条件付きですが、実際こうして使えてるし、それを理解して弊社以外にも
ユーザーで使用されてる方もいますので「一つの選択肢」としてご参考頂けたらと思います。

ではでは今週出荷予定のホイールが出来上がりました。
UL235CX650.jpg
posted by Yuki at 14:43| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ディスクロードハブキャンペーン

本来は昨日発表するはずでしたが、精鋭少人数…家内と二人でやっているものなのでなかなかブログ更新まで
手が回らず、言い訳ですがもっと時間の使い方を今一度見直ししないとです。
先日のロードコンポーネントブランドのカンパニョーロよりディスクロードがついに発表されて
ロードにおけるディスク仕様の車体が今後徐々に拡大されるであろう予測しつつ、
私自身はロードよりもどっちかというとMTBよりな為、ディスクブレーキに関してはむしろ歓迎モードで
リムブレーキと比べると重量デメリットはあるにしてもそれ以上の恩恵をうけてると思っております。
ただもともとロードの市場にいるユーザーは受け入れづらいというのも事実で、
今後どうなるかはわかりませんが、せっかく大手ブランドが発表したのであれば
弊社としても是非「新規格」と「より身近に」をテーマに今月キャンペーンを実施したいと思います。

ディスクロードハブキャンペーン
XONrotor-I9-hub.jpg


今インダストリーナインのディスクロードを購入するともれなくディスクローターを2枚おつけします。


ディスクロードハブキャンペーン
条件は以下の通り
ハブを購入するとローター2枚プレゼント
対象期間は 2017年6月一杯
ハブ= インダストリーナイン, ディスクロードハブ, 6穴, 前後28H
ハブの色= ブラック・レッド・シルバー 基本この3色の中から
      ※ゴールド・ターコイズ・オレンジ のみ1個ずつ供給可能
ローター= XONの140mmまたは160mmの中から2枚
ローターの色= ブラック・レッド・ブルー・ゴールド

DSC_0232.jpg

なおハブに関してですが、フリーはシマノ・カンパ・XD-1R(ロード)の中からお選びください。
DSC_0242.jpg
インダストリーナインのロードディスクの対応軸規格は以下の通りで
ご購入の際は前後各規格を最初にお選びください
フロント 5mmQR, 12mm, 15mm
リア 135*5mmQR, 142*12mm
軸の規格もキャップ別途購入で変更可能となります。

以上

レースでもグラベルロードでもファッションの一つとして
性能も含め色遊びも楽しんでいきましょう。

土日は富士見にいます。
土曜日は子供と自転車に乗ってます。

では良い週末を
posted by Yuki at 10:11| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

ハブのフリーが抜けない時

1495776034721.jpg
インダストリーナインのハブをメンテする時。
ShimanoフリーとXD-1フリーの換装。
または135や142へ軸の規格変更をする時に、ドライブサイドのエンドキャップを抜くのですが、
ついでにフリーの内部駆動部の洗浄またはグリスアップする時にフリーを外すのですが、
少し動くが抜けない時があります、それは軸の歪みではなく
実はエンドキャップの内部のゴムリング(O-ring)が少しちぎれてそのカスが軸の溝に残ってるのが原因であります。
18625.jpg矢印に残ってるゴムカスを除去すればスルッと抜けるので抜けない時はまずこちらを
チェックしてみてください。


※フリーを外すときは真横=外側に向かって真っすぐ引き抜くのではなく、回転しながらゆっくり引き抜いてください。勢いよく抜くと中の小さいバネがぶっ飛ぶ場合がありますのでご注意ください

ちなみにI9のリアハブドライブサイドのキャップのO-Ringは1mm*17mmとなります。=Yuris在庫有り。
ちぎれたからと言ってもうダメではなく、あくまで車輪の携帯やメンテナンス時にフリーの脱落防止程度なの物なのでスポスポになって、携帯やメンテで不便になった時にスペア購入すればいいかと思います。
もちろん一杯買って頂けると弊社はうれしいですが(笑)。
是非シェアしていただけると嬉しいです。

1495775879865.jpg
限定カラーのカッパーエディション完組の受付は今月一杯で終わりです。

私は地元の部落付き合い行事で土日潰れます
では皆さんにとって良い週末を…

posted by Yuki at 14:47| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

ブロンズカラー

1495502422509.jpg

1495502433204.jpg

ブロンズカラー今月一杯の限定カラーとなります。

ENDURO305, Copper Limited edition
posted by Yuki at 10:22| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

アルミチューブレスバルブで軽量化

インダストリーナインのアルミバルブ在庫ございます。
長さは35o。FORMOSAとかぶらない色だけ在庫しております。

c0225621_12284484.jpg
写真は北海道のロードキッズ様より

ロードキッズブログ
http://roadkids.exblog.jp/26627219/
商品説明はロードキッズ目線でご参考くださいませ
posted by Yuki at 16:51| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

限定カラーリリース

e179c0d4-5ece-499f-9e8e-59b4abaa3e68.jpg
アメリカ時間に合わせて、インダストリーナイン社が突如のニュースを発表しました。
現在アメリカで開催されてるイベント、シーオッタクラシック期間に合わせて
「限定カラー」として「カッパー(銅)カラー」を期間限定でリリースとの事。
当件に関しては発表一日前に代理店の弊社に事前に連絡があり、最初何が何だかわかりませんでしたが、
先ほど電話して内容をすべて把握したので日本の皆様にお知らせしたいと思います。

カッパー(=銅)の元素記号番号は 29 
という事にちなんで29"、なぜか27.5"の2サイズの完組ホイールを展開。
18177334-cbfd-44f9-94ad-d58153ed67f3.jpg

今回の限定内容としましては
LIMITED EDITION COPPER EN305'S
・29”と275”
・完組ホイールセットのみ
・対象モデルは ENDURO305
希望小売価格 187,400円(税込) 
        USA 1520ドル
・対象期間 5月末まで


「仕様詳細」
重量: セット 1,700g, Front 790g, Rear 910g
フロント: QR, 9x100mm, 12x100mm, 15x100mm, Boost 15x110mm, Boost 20x110mm
リア: QR 135mm, 10x135mm, 12x135mm, 12x142mm and Boost 12x148mm
フリー: Shimano HG mtn 9-11spd or SRAM XD
120ノッチ
推奨タイヤサイズ: 2.3-2.8"
リムデーター: 30.5mm 内内寸法 // 34.1mm 外外寸法
チューブレスレディ
対応体重 114kgまで(着衣&装備重量)
対象ホイール規格: 27.5" & 29"


8287e1b3-5f26-4fe2-9ce7-31f775f690d3.jpg

久々の限定カラーとなりまして、3度聞き直して確認しました。
今のところ限定カラーで間違いなく、6月以降受注では生産しないとのことです。

人と違うホイールが欲しい貴方。
カッパーは主張性を抑えたカラーでもあるのでいろんなバイクにも合わすことが出来る色合い。
ホイールをこれからご検討の方は是非取扱店までお問い合わせください!

数量限定ではなく期間限定です。

これを機にエクスクルージブな世界に飛び込んでみてはいかがでしょう?

最後にインダストリーナイン本国サイトに情報登録で
ホイールセットが当たるプレゼントコーナーもありますので
フル英語でやり取りできる方は是非ご応募してみてください。
https://industrynine.com/copper
posted by Yuki at 06:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

チューブレステープ@業パ

インダストリーナインの完組で実際使われてるチューブレステープが
実は日本で普通に買えます。前は10ヤード(約9.2m)と60ヤード(約54.9m)
両方持ってましたが、今は60ヤードをメインに在庫してます。

というよりも
10yd(約9.2m)=1700円(税込)
60yd(約54.9m)=3780円(税込)


どっちがお得か必然的に答えわかりますよね。
写真は…撮るにしてもバルクものでパッケージも何もないので
この値段だったり。

60yd(約54.9m)=3780円(税込)
・24/28/32mm幅


10yd(約9.2m)=1700円(税込)
・24/28/32mm幅 は現在取り扱ってないですが、取れます。

10yd(約9.2m)
・40mm幅=2000円(税込) 
・90mm幅=3000円(税込) ←今在庫切れ、また入れます



業務向けのパッケージ内容ですが、在庫してたりします。
中身は実際インダストリーナインの完組で使われてるチューブレステープとなります。
posted by Yuki at 16:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

I9のカスタムホイールについて

弊社ではフルブラックの完組ホイールをブースト規格ベースに
275と29を現在日本サイドの在庫として取り揃えております。
軽量のウルトラライトは後ろが142oとなりますが、
大体は前後ブーストとなります。中にはモデルによって142oも残ってますが、
売り切れ次第全てブースト在庫で考えております。=Yuris

ベースのフルブラック以外にもインダストリーナインでは性能はもちろんの事、
色鮮やかなアルマイトのアルミスポークとハブをカラーオプションとして選択できます。
特定の色に関しては別途アップチャージとして発生してしまうため、
ただでさえ高いホイールが一体イクラになるの?という問い合わせが時々来ます。
そこらへんはウェブサイトでしっかりと説明すればいいのですが、怠慢しております。
もう少しお待ちください。

こちらでざっくり説明すると基本価格表にあります、
・スタンダードカラー個別指定
・1色カスタムカラー
・2色(以上)以上カスタムカラー

の3段階アップチャージのカスタム費に分かれます。

インダストリーナインの基本色はロードもそうですが、
基本色 Black, Red, Silver
これは ハブ・スポーク・リム を全て選ぶことが可能です。

ただリムに関してはブラックがメインとなるため、シルバー希望される場合はもしかしたら
リムの在庫の関係で納期遅れの時もあるかもしれません。

カスタム色 Blue, Gold, Green, Pink, Purple, Orange, Turquoise, Lime

現在の無料となる標準色=組み合わせとしては2パターンのみとなります。
・フルブラック(ハブ・スポーク・リム)
・赤ハブ・赤スポーク・黒リム


では色のカスタムステージを説明しますと


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「スタンダードカラー個別指定」=LEVEL 1
こちらは ブラック・レッド・シルバーをホイールに対して好きなように配置ができます。
※カスタム色のスポークは片輪につき4本まで無料

level12.jpg

フルブラックにカスタム色のスポーク(ゴールドとターコイズ)を2本採用。
片輪4本までなので、扱いは「スタンダードカラー個別指定」=LEVEL1

level11.jpg

ブラックに赤を好きな配置指定、この時点で「スタンダードカラー個別指定」=LEVEL1
カスタム色のスポーク片輪4本までならステージup無という事で
こちらのホイールは「スタンダードカラー個別指定」=LEVEL1

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「1色カスタムカラー」=LEVEL2

標準色 Black, Red, Silver は自由に使えて指定配置も可能。
カスタム色(Blue, Gold, Green, Pink, Purple, Orange, Turquoise, Lime)の中から1色選び
使うことが出来る。
※選んだカスタム色以外のカスタムカラースポークは片輪につき4本まで無料


・紫ハブ・紫スポーク・黒リム
・黒ハブ・紫スポーク・黒リム
・銀ハブ・紫スポーク・黒リム
・紫ハブ・黒スポーク・黒リム

level2.jpg
ターコイズハブとターコイズスポークをメイン。これで「1色カスタムカラー」=LEVEL2
更に紫スポークを指定配置で片輪4本までにとどめているので、
※選んだカスタム色以外のカスタムカラースポークは片輪につき4本まで無料
写真の仕様は 希望モデルに「1色カスタムカラー」=LEVEL2 の費用が合計となります。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


最後に「2色(以上)カスタムカラー」=LEVEL3
これは標準色とカスタム色、合計11色を好きなように使う事が出来る最高レベルのカスタム
よりオリジナリティを出せる究極のワンオフフルアルミホイールとなります。
LEVEL3の例はもう無限大なので詳細はこちらのFacebookに置いてあるアルバムをご参考ください。
→ インダストリーナイン完組アルバム

イメージがわかない時はインダストリーナインのAnolabホイールデザインサイトを使うと
よりイメージしやすいと思います。
http://anolab.industrynine.com/

是非あなたのホイールを魅せてください。

WebSite_Tech_Vis_Christian_Press-1.jpg
posted by Yuki at 16:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

インダストリーナイン日本在庫

完組の在庫は弊社のホームページでブランド欄でいつでも確認できますので
気になった際は是非ご参考ください。今日の日付で最新の在庫を更新してます。

「Yuris 完組 即納 在庫」2017年3月30日現在
★★MTB★★
・27.5" Ultralite235, all black
・27.5” Grade, all black (Rear 150/157 OK)
・27.5" Trail245, 32H, F15, 142*12 下の写真参考↓
・27.5” Trail24, all Black F15, 142*12
・27.5” Enduro305, Full black F15, 142*12
 ↓↓↓ブースト↓↓↓
・27.5” Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Trail245(32H), Full black, F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Trail245(32H), 赤ハブ・赤スポーク, F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Back Country 360, Full black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・29” Trail245(32H), Full black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Enduro305, Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・29 Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
★★ロード★★
・I25 TL, full black
・I25 TL, Red Hub, black spoke, red nipple, black rim
・AR25 Disc, full black
・AR25 Disc, Red Hub and nipple, black spoke, black rim
・ UL235 CX TL Disc, Full black F15, R135*5
「入荷予定」
・27.5” Enduro S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)

インダストリーナインTORCHハブ在庫
MTB
・ブースト前後 黒・赤・銀・オレンジ・黄緑・紫・ターコイズ・青(ピンクのみ在庫切れ)
・前5/9/15/20 後135/142=全色OK
Roadハブ
・黒と赤とシルバー 20/24と前後28H  通常在庫
Road Disc
・黒と赤とシルバー 前後28H 通常在庫
ホール数で他の色混在もあるので、他の色はお問い合わせください、
FATハブ
後ろ170/177, 190/197 黒と赤 在庫OK
完組向けスペアスポークは 全てオーダー
他小物部品 ほとんど在庫有ります。
チューブレステープ 90o以外全部あります。

特に取り上げる部品があるとすれば以下のも在庫ございます。
・MTBシマノ鉄フリー
・ロードカンパフリー
・ロード向けSRAMのXD-1フリー
・セラミックベアリング MTB, Road
・通常ベアリング MTB, Road


1490834554663.jpg

インダストリーナインのMTBホイールは性能以外にも色遊びが出来ます。
こちらは標準色とカスタムカラーにわかれているので多分皆さんどうやってやっていいのかわからないと思うので、後日説明したいと思います。

イメージサイトでこちらで好きな配色が出来ますのでまずは自分のホイールを作って楽しんでみてください
http://anolab.industrynine.com/
posted by Yuki at 10:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

単発で入れたホイールたち

インダストリーナイン。さっき到着。
前回の発送に漏れた分で10日ほどあとになりましたが入荷いたしました。
検品完了したので本日発送。

DSC_7444.jpg
DSC_7446.jpg
Trail245, 29"
参考価格
Trail245 = 153,000円
2色以上カスタムカラー= 32,400円
合計185,400円税込み(税抜き171,666円)

DSC_7449.jpg
DSC_7451.jpg
Trail245, 29"
参考価格
Trail245 = 153,000円
1色カスタムカラー= 18,360円
合計171,360円税込み

DSC_7456.jpg
DSC_7455.jpg
DSC_7457.jpg
参考価格
BigRig 845 = 157,000円税込
フルブラック、または赤ハブ・スポークは純正色

DSC_7459.jpg
DSC_7460.jpg
参考価格
Enduro305, 275 = 155,000円税込み
フルブラック、または赤ハブ・スポークは純正色

では良い週末をお過ごしください。
明日は家族に山へおいてかれます in S-Trail

16939297_10154874653820953_2668800849812634798_n.jpg
EVIL BIKESの倉庫より
posted by Yuki at 13:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

フォークに軸に仕込む工具

yuris i9 matchstix.jpg
リリースしてすっかりご紹介出来ずに物だけがすこし入荷していて、敏感な需要にだけ出て行った。
実は日本に上陸してたインダストリーナインのアイテム
MATCHSTIX

MatchStix+Fx100+Blue+Handle-1.jpg

・重量 102g(15*100mm)
・軸 15*100mm と Boost 15*110mm
1. FOX(Non-Boost FOX36, 20mmコンバージョンkitには使用できません)
 2.Rockshox
 3.Rockshox Bluto
・ビット 7個ステンレスビット(6/5/4/3/2.5/2mmとT25)付属
     ハンドルには5oが最初から装備されております。
・チェーンカッター
・スポークレンチ 2.32mm
・チェーンリンク収納( KMC 9, 10 and 11spd, SRAM 9 and 10s対応)
・仏式バルブコア外し
・ハンドルのカラー展開はハブと同じ11色。


industry-nine-matchstix.jpg

希望小売価格 19,000円 税込み

MTBにおける主要の7つのビットを装備しつつ。トレイル先などでいざトラブルが起きた時の
有ったら便利な機能が全て軸に詰め込んだ工具となります。
5oはハンドル部分についてるので、軸の中に6種類のビットからバイクに必要な4種類を入れるものとなります。

実際日本のユーザーから頂いた写真をご商会
16711982_1909248342631104_8627094731108960930_n.jpg

16807327_229197750819991_8491240646712136935_n.jpg

走行時はハンドルを外しても大丈夫ですし、つけっぱなしでも大丈夫です。

DSC_7435.jpg
現在日本にRockshoxの15*100mmのみ在庫ございます。
色と仕様はいつでもオーダー承ります。

DSC_7436.jpg
posted by Yuki at 10:52| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

I9在庫更新

http://www.yuris.biz/industrynine%20top.htm
インダストリーナインのページ更新しました。
最新の完組在庫見れます。
参考写真に「2017」も追加しました。
今年インダストリーナインで組まれたホイールとなります。
カラー参考にどうぞ

「Yuris 完組 即納 在庫」2017年2月10日現在
★★MTB★★
・27.5" Ultralite235, all black
・27.5” Grade, all black (Rear 150/157 OK)
・27.5" Trail245, 32H, F15, 142*12 下の写真参考↓
・27.5” Trail24, all Black F15, 142*12
・27.5” Enduro305, Full black F15, 142*12
 ↓↓↓ブースト↓↓↓
・27.5” Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Enduro S Black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Trail245(32H), Full black, F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Trail245(32H), Red Hub & Spoke, F110*15, 148*12 (前後Boost)
・27.5” Back Country 360, Full black F110*15, 148*12 (前後Boost)
・29” Trail245(32H), Full black F110*15, 148*12 (前後Boost)
★★ロード★★
・I25 TL, full black
・I25 TL, Red Hub, black spoke, red nipple, black rim
・AR25 Disc, full black
・AR25 Disc, Red Hub and nipple, black spoke, black rim
・ UL235 CX TL Disc, Full black F15, R135*5

「入荷予定」
・27.5” Enduro305, Black F110*15, 148*12 (前後Boost) 3月
・29” Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost) 3月


AR25 Yuris industrynine.JPG
posted by Yuki at 09:44| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

I9のシングルスピードで遊ぼう

Aidan Horn in North America

INDUSTRYNINEの方で時折FacebookやInstagramで取り上げてる下のレーザーロゴのハブの正体は
DSC9935.jpg
インダストリーナインが直々にスポンサーするAidan Hornのネームロゴでしたね。
紹介サイトはこちら
http://www.the-rise.com/2016/11/industrynine-aidanhorn-in-north-america.html

実際組み込んだバイクの絵柄はこんな感じ
DSC9917.jpg
26”のパークやダート用のフレームも同時に販売しているようです。
ホイールはアルミ完組を使っていて
アルミスポークでパークとかに使われるリムはENDUROモデルを採用。
ENDUROであればスポークもTrailよりも太いやつをつかってるんじゃないかと推測します。
※I9の完組はカテゴリ別に実際バテッドでも線径直径は変えたりしています。

DSC9969.jpg

aidan-flair-barhaven.jpg
実際下の方に今回のプロモーション動画見れば、アルミスポークの強度も証明されると思いますが、
普通に飛んだり跳ねたりしても大丈夫です。
ただ当たり前ではありますが、高級品だからではなく、常日頃の日常点検、定期的メンテをしてこそ
機材は100%の性能を発揮されます。




すごくいいタイミングで今回のインダストリーナインのスポンサー紹介が上がり、
ちょうど先日同じカテゴリのBTLのフレームを年内に入れるアナウンスをしたばかりで。
26”はまだまだ熱いですよ。
BTL7022.jpg

・10sを11sの変速へ
・26”を275”へ
・現行の軸からブーストへ
とか無理に新しい規格に追従する必要なんてないです。今を楽しむ事を最優先が大事だと思います。
今何が楽しいのか何が不可欠なのか。最新と最速は必ずしも幸せにしてくれるものではない。
波に追われるのではなく、遊びを自分でマネジメントしていく事でそこに楽しさが生まれるんだと思っています。


・・・・プレイバイクにI9のSS完組・・・・1本持つのもありかもなぁ。。。
しみじみ。


DSC0020.jpg
posted by Yuki at 13:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

動画で紹介してみるよ

昨日インダストリーナインからちょっとしたブラックフライデー?的なお買い得情報がありました。
t697_f63e385ce786d499623e3c90294172dc.jpg
・フロントフォークの止めてるAxleの”Match Stix”
・大きいきんちゃく袋 Yuk Sak
・ウィンターハット@ニット帽
の三点セットがWEB STOREで販売されてますが、その3点setの連絡がないので
聞いてみたいと思います。ってMatch Stixもその時フォークメーカー指定しないといけないので
あらかじめ注意しないとですね。

DSC_6911.jpg
昨日写真掲載した紫ハブですが、実際はこれよりもっと鮮やかな色が出ていて
ピンク味皆無!写真でいろいろとホワイトバランス調整したけど目に映った色が出なく
これが一番の近似値でした。ハブと一緒に最新のベースボールキャップと生地が凄く丈夫な巾着袋が映っております。

x3_f63e385ce786d499623e3c90294172dc.jpg
H 17.25" x W 16" - DEPTH 16.5' - TOP OPENING EXPANDED 13.5"
高さ43.8p、幅40.6p、 開口部34.2p
Yuk Sak
定価 4,500円税込み


生地はシャカシャカではなくとても分厚いキャンバス素材ってもう言葉で説明するの難しいので
初挑戦!!!動画で撮ってみました。
好評であればまた次回構造の説明とかで動画取ろうと思います。


新感覚・・・・
動画紹介ありでしょうか?
posted by Yuki at 10:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

WEBストアで探し物

http://store.industrynine.com/
i9top.jpg

いつも自分が勉強で有効活用しているインダストリーナインのWEB SHOPが
大幅に更新されてます、取扱開始から初めてのリニューアルです。
凄く細かい部品まで掲載されてます。
弊社も完組スポーク以外はほとんどそろえるようにしてますが、
大体の消耗部品は取り揃えているつもりです。
特殊サイズベアリングやOリング・爪・ばねなど。規格変更用のエンドキャップ
現行の2代目だけでなく初代のスペアまで取り揃えておりますが、
今回のアップデートで凄く痒いところまで届くようになりました。

本国の足を引っ張らないように弊社も頑張らなくては…汗。
価格だけは本国と近いのだけ自負できますので
現地価格が掲載されているWEB SHOPを自信もって掲載させていただきました。
探すのが面倒な人は直接弊社まで問い合わせても大丈夫です。

互換性とか細かい部品に関する事、80%以上対応できると思います。
MTBi9.jpg
posted by Yuki at 14:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

オールロード車輪

今日はもういてもたってもいられず、少しずつ増える為替に対して海外送金は今週にどこかのタイミングでやろうと思います。
本当…海外振り込みもある意味勝負事ですわ、汗。


AR25i9.jpg
先日入荷したインダストリーナインでロードの新商品である
ロードディスク AR25
量産第一号を日本で取れてなんだか気分的にうれしいものです。
日本ではまずフルブラックモデルと赤ハブとニップルモデルの二つを入れてみました。
arar25pho.jpg

リム 外-外で25o、内側21.5o
対応するタイヤは チューブレスレディとシクロクロスタイヤ
重量は前後で 1460g
前後とも24ホールの構成
前 駆動側ラジアル、ディスク側4クロス
後 駆動側4クロス、ディスク側ラジアル
実際の走行イメージ動画は生音で飾りのない動画ですがどうぞご参考ください

ロードはMTBよりも少しでも軽量に振っておりますので、ラチェットリングはチタン採用。60ノッチ
ノッチ数はマウンテンバイクの半分ですが、ロードでは十分なノッチとなります。
シクロクロスのStop & Goの連続とした加減速に素晴らしく反応する一品。
フレーム?スポンサーを受けてるライダーで実費でI9の完組を使ってくれていたことにびっくりしました。
※MTBに近いいろんな軸の選択肢がございますので、選択される際はご指定ください。

同時にいつも通りの在庫としてリムブレーキのI25TL
赤ハブとニップルモデルを補充しました。
i25red.jpg

現在の国内即納在庫はこちら

★★MTB★★
・27.5" Ultralite235, all black
・29" Ultralite235, all black
・27.5” Grade, all black (Rear 150/157 OK)
・27.5” Trail S Black F15, 142*12
・27.5” Trail245, F 5/9/15, R135/142, Shimano or XD-1
★★ロード★★
・I25 TL, full black
・I25 TL, Red Hub, black spoke, red nipple, black rim
・AR25 Disc, full black
・AR25 Disc, Red Hub and nipple, black spoke, black rim

「入荷予定」
・27.5” Trail S Black F110*15, 148*12 (前後Boost) 12月入荷予定
・27.5” Enduro S Black F110*15, 148*12 (前後Boost) 12月入荷予定


ロードユーザーの方も最近問い合わせで「インダストリーナインって何?」な質問が増えてきましたので
改めてご紹介しますと、アメリカのノースカロライナー州でハブを自社生産する企業で
Turnamics Inc.から切りわかれた一つの企業として同じ屋根の下でやり始めて
自転車関連工場には無い高精度な切削マシーンでハブを製作され
自社でアルマイトセクションを設け、多色アルマイトを仕上げるHouse Madeな会社。
2013年よりフルモデルチェンジし、ロードやシクロクロスにも本格展開をするハブ&完組ホイールブランド

・航空宇宙産業等の精密機器切削品を手掛けるゆえの高精度
・駆動部はより硬い金属素材を使った120ノッチと極限まで高めた伝達効率
・自社生産がゆえの細かいアルマイト色展開
・Enduroベアリング採用

先月のミーティングでは現在規模が大きくなり、Turnamics社の仕事の半分がインダストリーナインの切削でしめてるそうです。
動画で実際の製作環境が今月youtubeにアップされてますのであわせてどうぞ

posted by Yuki at 15:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする