2021年03月02日

E-MTBは興味あるのですが、日本を取り巻く環境とルールは?

Production Privee(以下PP)の小物部品を近頃入れる予定ですが、
ForestalとPPが合体して、モーター搭載がForestalでPPは電動レスの位置づけになりますが、
二つのブランドが同じFTC=フォレスタル テクノロジー センターの中にいるのと、
実際担当の人は両方の業務を担う人間であるから
自分の中では同企業の別商品ラインを持ったプロダクトとして認識しています。

PPまたはForestalのSNS関係を見ると有名なセドリックグラシアもずっとどっちかのバイクに乗ってたりそれらのSNSに登場してきたりしてます。
テストライダーも含めて何かしたらかかわっています。
ちなみに私が一番好きなビデオクリップはこれでシェアいたします。それより検索して実際出てくるYoutubeは本当にすごいですね。


ForestalTest.jpg
PPがダウンヒルレースの為に特別に制作したフレーム
聞く限り市販予定のない本当のレース専用フレーム
CR5_4531.jpg
制作過程の写真もPinkbikeとかに掲載されてますが、もはや技術と可能性を示してるようにしか思えないスペシャルなモデル。

foforestal.jpg
今既存のFORESTAL SIRYON
Enduro E-MTB

1614640414486.jpg1614640406092.jpg
Eモデルのトレイル向けのCYON
Eモデルのシティー向けの折り畳みARYON

簡単に考えてForestal社の打ち出す規格が、日本の現在のE-MTBの規定合うとも思ってもなく、
””管理地専用バイク””という枠組みであれば日本で流通可能なのでしょうか?
Forestalからは声がかかっていて、実際私が止めている状態でもありますが、日本側のE-bikeに対する制約に合わせるのではなく、
逆に回避じゃないですが、この条件さえ守ればそもそもその制約に束縛されない事がわかれば、
あとはいつも通りの自分の中の””輸入展開・代理店としての仕事””を果たせばいいだけですので、それだけなんです。。
詳しい方がいましたら是非ご教授ください。



とりあえずPPの補修部品の小物を入れたいと思ってます。フレームも今向こうの在庫聞いていて、
マルティーニのNo.5 Sサイズ
旧型No.5 XLサイズ
Shan GT, ロスマンズ Sサイズ (すごい!!!)
Shan GT, Sサイズの完成車 エスプリ・ロスマンズ・スティングレイ 
の在庫があるので必要な方は申し出くださいませ、アンドラから飛行機で引っ張ります!!!

ではでは

posted by Yuki at 08:48| 千葉 ☔| Comment(2) | Production Privee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そのち個人輸入で海外版e-mtbを購入しようかと考えているので、代理店さんがどう動かれるか、非常に興味があります。

「公道走行不可」と明記して販売することは可能だと思いますが、電動アシストが有効な里山では、アプローチルートに公道が間違いなく含まれるので、購入者が公道を走らずに使用することはほぼ不可能だと思います。

「公道走行不可」として販売して、実際にトラブル(人身事故等)が起きた時に、メーカー、ディストリビューターに責任が及ぶか、については自分は明るくありません。が、車検切れの自動車で事故が起きてもメーカーに責任が及ばないことを考えれば、大丈夫かな?と思いますが。裏取りに弁護士等の意見が必要だと思います。


サポートライダーへのスポンサードなどで少量をテストするくらいから初めてみてもありなのでは?
Posted by kisuke1234 at 2021年03月02日 15:44
コメントありがとうございます。はい、まさにそのアプローチ時の公道利用が一つの焦点と考えております、管理コース専用車として販売しても結局はアプローチに公道移動ありきだと思うので、書面での契約確認のみならず、電動バイクの価格条件と同時に弁護士にも確認したいと思います。
Posted by Yuris at 2021年03月05日 17:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。