2020年09月08日

「MTB」アルミフルサスフレーム。面白いジオメトリーです

DABOMB BIKESからアルミのフルサスペンションフレームが発表されました。
展開開始は10月以降となります。

118342254_1139039786467874_4923619900267302867_o.jpg

CherryBomb 29(チェリーボム29)

リアトラベル 147mm
搭載リアショック X-Fusion
価格 198,000円税込み(カメレオンは+10,000円up)

サイズ
M 155-170cm
L 170-183cm
カラー
・グロスカメレオン(写真の色)
・マットスパークグリーン
・マットアイボリー
118548519_1139039823134537_5535968210137406703_o.jpg

IMG_3969.jpg

matte-ivory.jpg


輸入する以上責任をもって、フレームブランドで得た仕様情報の豊富さを全てトータルブランドであるDABOMBにリクエストし
納期やジオメトリといろいろ葛藤有りましたが、ようやく納得する答えが出たので入れようと思います。
今回の一番の目玉はずばりジオメトリーです

cherrybomb29.jpg
こちらの画像を拡大してご参考ください。
ハードテールのセンチネルも一緒に掲載してますが、こちらが弊社がお勧めできるDABOMBのフレームの中でも
トレンドなジオメトリを盛り込んだフレームとなります。

今年のコロナ以降と言うべきか春過ぎあたりから全世界の需要が高まり、
生産が落ち着いてない状態で、弊社が小心者なのか仕様とジオメトリが全て把握した時点で既に残り数台…
まだDABOMB社に入荷してないにも関わらずほぼ弊社の注文入れるとメーカー完売状態。
今回が第一ロットですが、第二ロットは既に来年となりました。

サイズはMとLのみですが、ジオメトリーを見てほしいです。対応身長はMサイズで155-170cm、Lで170-183cm
リーチも長く、何より29”で2.5”サイズのタイヤにも関わらずリアのチェーンステーが435mmという短さ。
ヘッドアングルは65.5度、シートアングルは76度。

他に見る部分もあるだろうけど
大体昨今においてフレームを見る時はここら辺をチェックすれば大まかな情報がつかめると思います。

絶対的なカーボンも理解しますが、金額がいかんせん高く、そしてメーカーがカーボンをリリースするにもその型代が高価で
尚且つイヤーモデルごとのチェンジも難しいので、いろんなリスクを抱えながらやるのならば
また加工しやすい、カーボンよりもコストが安いアルミが見直しされてきたとか??
数年前にクロモリもそんな話を台湾業界で話を聞きましたが、逆にクロモリミドル・ハイエンドを作る所が
アルミよりもっと少ないので、素材は安くても人件費で逆転しちゃう面白い現象があったりします。

よく、クロモリ<アルミ<カーボンの順で素材順位が言われますが、
それは今までの自転車の技術の変遷であり、大切なのは
・何で遊びたいか
・どんな素材のバイクに乗ってみたいか
・ジオメトリーはなんだ
・バイクを立ち姿(自己満)。真横=正面に置いた時、それを眺めながら焼いた肉が美味いかどうか!!!!

クロモリでも良いパイプを使えば高くなるし、弊社取扱のRSD Bikes, Production Privee(以後PP)はクロモリのラインナップもありますが、
PPにおいては潰した特殊形状のパイプワークやクロモリフルサスペンションも有ったりします。
クロモリもなかなか奥深いですが、今年のデモ車悩み中です。

とりあえずDABOMBのこのチェリーボムはギリ押さえましたが、
Mサイズは今年分完売、Lサイズは在庫分あります。カメレオンパープルとスパークグリーンですが、デモ車にした場合は来てから悩みます。

ご検討の方は早めにどうぞ、次は来年以降となります。
posted by Yuki at 15:19| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。