2019年05月14日

ハイパーチャージャー!

PUSHから出たRockshox向けのカスタムパーツの
HC97(ハイパーチャージャー)キット


大いに謎めいた商品だと自負しております。
国内にとりあえずPUSH社の製品発表に合わせて国内に4個入れてみました。
もともとあるダンパーを分解しての交換なので、まずはその該当するフォーク無いとお話にならないキットともなるわけで。
自分のデモを1個抜き取りましたが立て続けに1週間で残りの3つとも出ていきました。
多分出て行った地域が今もっともMTBがホットなエリア?と確信しました(笑)=これホント

IMG_20190511_053951_6.jpg


GW中にパーフェクトすぎて、1本で乗るのやめたEvil Offering & HC97+ACS3 はさすがに一度だけはまずいので
土曜日ちょっとだけ地元の里山(←平野なので非常に物足りない)を早朝散策。

IMG_20190511_053931_6.jpg

会社と自宅は同じ市内で同じ小学校通学エリアなので朝会社へ行って自転車を引っ張り出して散策。
Yurisは千葉県の香取市(旧小見川町)、隣エリアは実際徒歩で測量し日本の地図を描いた伊能忠敬の家がある所です。
これがうちの町の真ん中の景色
IMG_20190511_063511_5.jpg
今の時期だと朝がとても涼しいですね。ちなみに事務所は目の前180度田んぼです。

車でいつも通るけどいつか行って見たい神社。
IMG_20190511_055840_7.jpg

同じ市内にある「戸田神社」という場所でした。階段は83段。

IMG_20190511_055816_4.jpg

脇に急な坂があるのでそこから上がって建築物へ!

IMG_20190511_060423_3.jpg

なんだろう。。信仰とかは特にないのですが、日本の伝統建築物というか、こういった仏閣もそうですが、
日本の建築物の屋根の裏のむき出しの構造の複雑さを見るのが好きなんですよね。
この日も拝めて満足。また市内にいろんな神社あるのでこれから早起きしていろんなところへ行って見たいですね。

メインのHC97ですが、なぜこの話をするかというと海外のレビューサイトでMTB MAGで記事が上がっているのを見ました。
こちら → ★★

本当にどう伝えて良いのかなかなか難しく、こっちの方で感心したのはACS3バネを入れずに純粋に純正のエアバネにダンパーだけをHC97装着した比較を記事にしているところにNICEと思いました。
筆者は最後にCharger2.1を実際使ってないけど、
調整範囲は純正最新のCharger2.1より細分化しているという事に共感しました。

私自身Charger2.1も高速低速系統の付いたダンパーは経験してなく、
低速コンプの1系統のみのCharger2からの換装ですが、
感じたのは純正のCharger2ではコンプ全開放だったのがHC97入れてから、PUSH社で公開している推奨よりも少しコンプ弱めてますが、コンプをかけてる設定に落ち着いてます。
これから言えるのは純正で全開放状態でこれ以上コンプを緩く出来ない部分をHC97にする事により、
更に開放側に振れるようになりました。あとそれ以上に微調整が出来るようになったことですね

実際ふじてんで走ってて、目線が凄く安定してて、接地感が凄くわかりやすいです。
ただこれはACS3バネが入っているのでこちらの影響もあるかもしれないし、ダンパーの性能?車輪の性能?
ダンパーと車輪を275から29”へ換えたのでとにかく非常に高レベルな安定度に変わったのは事実です。

w1200_ba6c_HC97_Quick_Satrt-1600.jpg

HC97は動きの性能を司るパーツにはなりますが、仕事としては「無駄な動きの制御」で認識しています。
素早い反応と微振動をどうライダーにとってプラスになるように特性を変更していくパーツでしょうか。
でも、速く走る為のセットと楽しく走る為のセットは違うんじゃないかと思っております。
サスペンションのプロでも技術のプロでもないので、
感じるままにお伝えしてますが、その中で参考して頂けたら嬉しいです。

HC97とCharger2.1の差はというと、2.1を所有してないので正直わからないです。
これは今後MTB市場の大きい世界のライダーのレビューでわかるとして、
弊社にとってですが、HC97のメリットは PIKE, LYRIK, BOXXER = 120-200mmの守備範囲に対応してるという事ですね。

調整範囲の変化はというと
フル開放はもうそれこそACS3だけの動きからフルクローズのロックまでを28クリック(←最低保証クリック)で制御出来ます。

HC97と29”を知るためには、もっと週末EVIL Offeringを引っ張り出して遊びに繰り出そうと思います。
PIKEへの対応ですが、残念ながらノンブーストへの対応はしておりません、恐らくCharger1ダンパーだからだと思います。
w1200_cdaa_Pike_Fit_Guide_HC97.jpg
PUSHのWEBに掲載されておりますが、フォークの仕様のステッカーをご参考下さい。

またはダンパーを引き抜いて、赤のロックリングであれば装着可能ですね、こちら↓
DSC_4859.jpg

ではでは
posted by Yuki at 09:12| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。