2018年12月21日

PUSHは面白いブランドですよ。

事務所の発送荷造りスペースに棚を導入しましたDIY。これでまたデスクのタスク面積が増えました。

650push-acs3-with-oil-maxima.jpg

昨日忘年会で10数年ぶりのチョイスで、「コーラーフロートから始まりコーラーフロートでおわりました
久々すぎて美味しすぎました。明日は息子のリクエストでしゃぶしゃぶ食べ放題行きたいというので
またコーラーフロートを飲みたいと思います。

凄く凄く嬉しい事があります。それは必須アイテムではないカテゴリとしての「カスタム変更」にあたる
弊社取扱ブランドのPUSH INDUSTRIES
が年末にかけて立て続けにハイブリッドのコイルキットであるACS3
と今国際輸送中のリアショックのELEVENSIX
今回は
・EVIL Calling
・EVIL Offering
・Santacruz 19' HighTower LT
EVILのオプションで11.6が選べるのでEVIL専用と思われがちですが、11.6は専用設計ではありますが、
いろんなメジャーブランドに対応してますので適合できるかどうか気になる方は本国サイト
または弊社または取扱店まで気軽にお問い合わせください

少しずつノウハウやお客様インプレとかで情報量も蓄積してきたので
背中を押されたい方は誘惑しっかりとご用意しておりますので覚悟を決めてください(笑)

ACS3のキットはただのエアーからコイルへ戻すキットではなく、エアーとコイルの美味しい所両方を兼ね備えた
動きにおいてパーフェクトで卑怯なキットです。(コイルによる重量増しはありますが、それさえ受け入れられる感動があります)

キットを選ぶ際に乗車装備体重に応じてバネレートを選ぶ必要がありますが、あくまでPUSHが提案する指標となりますので
乗り方・技量に応じて変わってく来ます、但しそのスウィートポイントに合致すれば(=ストロークをフルに使う意味として)
初期~中間までコイルは本当にリニアに繊細に動き、ボトムはエアーチャンバーによるエアーの仕事へシフトします

今日の出荷によりまたPUSHのACSオーナーが誕生いたします。
二つのみのキット出荷ですが、純正のエアーシステムからのカスタムキット、特性変更。

たくさん爆発的に出る物もなく、少しずつで良いんです。

ではでは!


posted by Yuki at 10:14| 千葉 🌁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。