2018年12月04日

31.8mmのショートステム。

35mmバークランプの規格のハンドルやステムが新たな選択肢がある今。
先日のインダストリーナインのA35ステム(35mmクランプの流通)のリリースもありますが、
出荷されてきた箱に31.8mmという記述がありました。
今後リリースしてくる可能性があるという事です。ただ最先端を追いかけるインダストリーナインとしては
35mmクランプは正しい選択かもしれません。

弊社の在庫は35mmへ移行はなく、しっかりと31.8mmのステムも普通に販売しているのでご安心ください。
鍛造ステムで手頃な価格(定価税込み6480円)なDABOMBのBulletshell
DSC_4012.jpg

DABOMB(ダボンでもダボムでも)のバレットシェルは全部で4色展開
ブラック・シルバー・レッド・ブルー
流行のショートリーチデザインで、ダート〜トレイル〜ダウンヒルまで対応

重量も程よくカタログ値で149g
鍛造アルミで作られ、突き出しは35mm

弊社フリークな方なら知ってると思いますが、FireeyeのTalon FGステムと同じモデルとなります。
ネットで何でもキーワードさえわかればリサーチできる今、少しだけ業界の事をお話ししますと
これはステムを作る工場によるオープンモデルです。
そこに会社のイメージであるグラフィックを入れて商品としてリリースするというスタイル。
オープンモデルを採用する事によるコストを抑えられるメリットの一つですね

コストでいうと鍛造よりもCNC削り出しの方が高いです。
ただ鍛造という金型を作るのはものすごいコストがかかります。
DABOMBとFireeyeの上のグレードのステムを見てもらえればわかると思いますが、
上位グレードのステムは皆CNCで尚且つフルデザインです。

DSC_4016.jpg

オープンモデルをベースにして小変更を加えればそれはそれでオリジナルと呼ぶ事も出来ます。
コストもその分少し跳ね上がりますが、ここら辺をどう考えるかですね。
採用の裏に関してはあまり深く考えなくても良いと思いますが(笑)、一つの知識としてね♪

仕様を見てから絞るのか、はたまた外見一目ぼれしてからのハンドルを決めるか
DSC_4014.jpg

とりあえずショートステムを試したい、セッティングを試してみたい人は是非!!!


そんな弊社Yurisは新しい物を導入!!!

DSC_4006.jpg

インパクトドライバーです。
これでDIY棚を作るんです♪

ではでは


DSC_4024.jpg
posted by Yuki at 09:07| 千葉 🌁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。