2017年03月15日

油圧をワイヤーに変更

DeHy(ディハイ)
DSC_7477.jpg
Rockshoxのドロッパー、リバーブの油圧システムをワイヤーシステムへ変更するアイテム
DSC_7478.jpg



ワイヤー引きにする事で良い事は二つほど。ドロッパーを車体から引き離すのに整備する上で
毎回オイルに触れる作業がこの変更の一回のみで済む。以後の整備が楽になる事でしょうか。
ただこれ以上にお気づきと思いますが、レバーブは油圧システムの為、レバーの位置が上でしか操作できないのです。
dehy yuris bikeyoke.jpg
ワイヤー式に変更する事によってレバーの選択肢が広がるのです。
上の写真はBIKEYOKEのTriggy(トリジー)と組み合せた時の例

そしてもう一つの良い事はというと。今まで悩めてた
「もう少し奥に差し込めないか?」がこれで少し改善できるという事です。
p5pb13740590.jpg

・整備性の向上
・レバーの選択肢が増える
・本体取り回しの向上


DeHy(ディハイ) 

内訳
・リンケージユニット
・ケーブルクランプ
・アウター/インナーケーブル
・ケーブルエンドキャップ
※シフターレバーは別売となります。
希望小売価格 10,800円税込み

DeHy Basic B1 = 2017モデル
DeHy Basic A1/A2 = 2011-2016モデル

1489542530636.jpg
写真の金の文字があるやつは2017年モデルで
DeHyではB1となります。

純正から入れ替えとなり、当然ながら純正ブランドからの保証は外れる事をご注意ください。
posted by Yuki at 10:54| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447932364
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック