2016年06月02日

40tは変速スムースです。

今週の土日は富士見パノラマへ神奈川県myx主催のイベントへ出展参加いたします。
最新部品とそれらを装着したファットバイクとFireeyeのフルサスペンションバイクを
お持ちしますのでどうぞ実際手に取って商品をお確かめください。

質問・尋問・追及・アドバイス・クレーム
なんでも受付いたします。現地でお会いしましょう

DSC_4245.jpg
Formosaの商品のワイドコグは現在
10速用の40tと42t
11速用の45t の三種類が存在いたします。


具体的に10速はカセットの15t or 17tのどちらかを抜いてやるのですが、
その際のそのあたりの変速ショックに納得いかない場合はFireeye社から16tが発売されてますので
こちらを利用される事も可能となります。

11速用の45tコグに関しては同じようなやり方で1枚抜いての45tをはめる形となります。
11速への流れはありますが、実際10速もまだまだ現役だったり。

10速は現行ではShimanoは11-36tが最大で、せっかくなら42tへ行きたい気持ちはわかります。
実際市場でも42tコグの最大サイズを全面的に押し出してますが
36t→42tは 6t も飛ぶ事になり、シフトが完了するまで少し空白時間があります。

そこで弊社は40tも同時に展開をしております。
ギヤ比は42tには及ばないが、42tを使うシチュエーションとその時の登りのテクニックを考慮した場合
単純に42tよりも重量は少し軽く、そして変速時間が少しだけ短く済む40tという選択もあるのではないでしょうか?
実際ワイドコグを販売するブランドでも40tのみ展開するブランドが有ったりと、
幅広いギア比以上に、変速効率と最小限の重量増にメリットを感じチョイスしたという事になります。

ワイドコグ40t…実は隠れたアイテムであったりします。
というよりも11-34tに合わせて、ワイドレンジ 38tも販売に検討してました。

アイディアは無限大です。
posted by Yuki at 21:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック