2015年04月06日

軽量スプロケットの扱いに関して

先週ブログで取り上げました。
軽量スプロケット
http://yuris.seesaa.net/article/416541094.html

海外のサイトでその前の日かその日に取り上げられたので掲載しましたが、
ブランドはSEQliteという台湾ブランドです。

古くからスプロケット一本で作ってきた会社。
独自の変速ノウハウを持っており、変速性能うんぬん気になると思いますが、
会社の歴史がそれを証明するので問題なし。

今回はとりあえずニッチな目線で
Shimanoフリーの11速用11-42tを展開しますが、
耐久性無視のより軽いオールアルミコグやオールチタンコグ
MTBやロードもちゃんと作っております。

反響が良ければ徐々に展開も検討していきたいと思います。

今回の11速のこのスプロケット
税込定価 33480円

具体的に現在展開されているShimano XTRと比較すると仕様は下記の様になります。
前者はSEQLiteのスプロケット、カッコ内はShimanoのXTRスプロケット

歯数は 11-42T(Shimano XTR 11-40t)
重量は 260g(Shimano XTR 330g) 実測値
価格は 33480円税込(Shimano XTR 29682円)
差額 3800円

XTRの純正に無いよりワイドレンジのギア比
XTRよりも約60-70g軽量
XTR構成 11-17T/スチール、19-35T/チタン、40T/アルミ

SEQlite, 構成はクロモリとロー側三枚3アルミ

^AAABF548FC41E3439C50A403CFDA9BDB244507FB2A04363307^pimgpsh_fullsize_distr.jpg
金額なりにパッケージもしっかりしてます。
^91409B15723B5B8797073BA757082128B072668382908AA11E^pimgpsh_fullsize_distr.jpg

^487323A7567D73F9FB88CB0DE6112B91078E279831007E51D6^pimgpsh_fullsize_distr.jpg
スプロケット実物の裏側。かなりくり抜いてます。
アルミ部分の摩耗を考慮し、スペアも同時に供給していきたいと思います。

入荷予定ですが5月前には入れられるかな。。。
気になる方は取扱店までお問い合わせくださいませ。
それと同時にベアリングを抜きと圧入と両方の機能を兼ね備えた便利な工具も一つ!!!
こちらも受け取り後いろいろ確認しDIY好きな方向け商品ですが、またご紹介できればと思います。

Yurisのyukiでしたわーい(嬉しい顔)
posted by Yuki at 10:34| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてこんにちわ、
トップギアーが10tの10−42t11速は、有りませんか?宜しくお願いします。
Posted by 藤川幹夫 at 2020年06月16日 17:36
藤川様
こちらは残念ながら、取扱ございません。
また気軽にお問い合わせください。
Posted by Yuris at 2020年06月17日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック