2020年07月16日

「MTB」Production Priveeが一度に見れるお店。愛知県人力車様

108051919_3089668207821307_8786138725700291448_o.jpg

愛知県の瀬戸市にあります人力車様にて
Production Priveeのフレームが綺麗に4種類が揃った状態の写真が紹介されております。
ホームページはこちら →
Facebookはこちら →


SサイズとMサイズのNo.5とShan GTの違いを比較された写真があるのでどうぞご参考ください。
1台は試乗車多分残り3台は売約済みとなっておりますが、組まれる前に実物見たい方はお店までアクセスしてみてください。

Martini(マルティーニ)カラーはもう弊社在庫分完売、メーカーも完売しているので
あとは弊社が先日公開したお店の在庫のみとなりますが、多分Mサイズのマルティーニが日本海側のお店で在庫あると先日の投稿で見たような。。。
希望の方がいましたらご案内いたしますので気軽にご連絡ください。

新品を買うのは市場在庫のみとなります。

ちなみに弊社でのPP在庫は最後の1本
Shan, size M, classic silver となります。色は写真に有るガンメタっぽい色合いですね。


現状弊社が仕入れないのではなく、PP社自身も在庫が無い状態となります。
モデルイヤーではなく、「その時しかない仕様」というPPもまた良い意味で価値のあるフレームと思います。

ではでは

人力車様ありがとうございます。
posted by Yuki at 14:33| 千葉 ☁| Comment(0) | Production Privee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「MTB」クセが強いハンドルバーを扱えますか?

2007073036.jpg

野獣を解き放て!!

Apache(アパッチ)がより軽く、強いハンドルバーとして!!2代目になって帰ってきます。

6061 T6アルミでダブルバテッドですが、前作は750mmで約395g、
今回は800mm幅でも重量は382gと広くなっているのに軽くリファインされたハンドルとなります。

こんな重量スペックなんかは、カーボンバー持って来ればそんな数グラムなんて一瞬で吹き飛ぶので
アルミで重量こだわるのはほどほどで良いと思います。

それよりもなんで今回取り上げて紹介するか!?

それは「クセがとても強く、使ったら病みつきになるハンドル」だからなんです

Dabomb Bikes, APACHE2
• Material: double-butted AL6061 T6
• Rise: 25.4mm
• Backsweep: 8°
• Upsweep: 10°
• Bar bore: 31.8mm
• Width: 800 mm
• Weight: 382g
• Colors Available: Grey / Write / Red


ライズはそれこそ普通の25.4mmだけど
アップスイープ 10度
バックスイープ 8度


市場ではライズ25mm~35mmでもアップとバックは控えめですが、
この強烈なえげつない角度はセッティング探るには凄く広く探れるけど、
その大きな変化量が仇になって、ハンドルの垂直調整(前方に倒すor手前に寝かせる)が凄くシビアになります(笑)

鬼ハンか手前寝かせ どっちが好きですか?

新グラフィックだけでなく実際初代と比べて、幅が広くなって重量も軽くなって帰ってきたという事に対して
私はただただ感動でしかありません。31.8mmクランプだし、カーボン材質でもないし大々的に宣伝した所で破壊力のあるアイテムでもないだろうけど、
一つ言えるのは「アパッチはマニア受けのハンドル」である事は間違いないです。

ブログを超さかのぼってリサーチできるならば、過去に私が書いたと自信持って言えるのですが、
自社取扱の中で一番好きなアルミハンドルはこのアパッチであります。

もちろん届いたらデモ車に導入するよ!
posted by Yuki at 14:19| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「MTB&ロード」強いスポークで車輪を組んでみませんか?

弊社が取り扱うPillar Racing Spoke
通常のスポークラインナップもありますが、スポーツサイクリングをマーケットとする弊社では
高級ラインのT302+(スウェーデン鋼のSandvik材)を使ったスポークで
尚且つ市場で展開する通常タイプを更に同じ価格でも一つ上を行くグレードのスポークをご提案しております。

それは何かというと通常のプレーンスポークでも首元がワンサイズ太い物を「弊社が取り扱う標準」としてチョイスしております。

☆特徴として、重量は通常とほぼ同じで首元にかかるストレスの緩和や首からの破断を防ぐことができる技術となります。


1594874686056.jpg

40115.jpg

Jベンドタイプだとわかりにくいので、ストレートタイプであれば
上記の写真でお判りいただけるでしょうか?
在庫として14番と15番のJ-bendとストレートプルを標準在庫として国内展開しております。
14番のJ-bendにおいては、セラミックコーティングでレインボーとゴールドとブルーもご用意しております。


完組ホイールも展開される中、手組でクラシックなホイール、または自分の好きな乗り味なホイールの製作に是非一ついかがですか?
posted by Yuki at 13:56| 千葉 ☁| Comment(0) | Pillar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする