2020年03月04日

メンテは大切ですよ。

秋から冬にかけてはトレイルシーズまたはオフシーズンならば
5月がパークのオープンならば今の3月はもう準備シーズンですよね。

オーナーによっては新機材導入したり、
オーバーホールからのシェークダウンだったり、
シーズン前に向けてオーバーホールだったりといろんなパターンがありますが

一番酷使されてる自転車は「毎日使ってる自転車」です!!!!
だけど走破性能、効率性能を持つ自転車は、ラフな環境にもちろん対応しますが、
粉塵・泥水・油膜切れによる性能低下も有るのを今一度認識ください。

あとライディング中、頑張って働いた各部のボルト部分などなど
モーターバイクと車と同じく始動点検・基本点検・定期点検と同じように
自転車も定期的にチェックが必要であります。

そこまで神経質にならずに、時々でも良いです、やらないよりは遥かに良いので
ライディングじゃない時にたまにはバイクを触る・眺める時間も作ってみると気づくときも有るかもしれませんよ。

お店から昨日メンテ部品の依頼が有りましたのでこちらに写真upしました。
DSC_6475.JPG

EVIL BIKES, Wreckoning/Insurgent用のベアリングkit

依頼は2set。ちゃんと出ます!!!在庫で言うとあと1set保有してます。
でもそれは次の入荷でちゃんとまた数set補充するのでご安心ください。

リアハンガーは10個以上はもちろんの事カーボン部(前三角または後ろアームを除いて)ちょっとした部品まで在庫してます。
EVIL BIKESは本国サイトにて小さい部品までスペアパーツとして公開してるので、弊社も世界の壊れ頻度を聞きつつ
国内在庫してますのでご安心ください。
そして上の写真の様にレコニングとインサージェントのベアリングを共通化する=可能な限りの部品の共通化をしているのも
メーカーも代理店にとっても都合が良く、且つ欠品率を下げるのに貢献してくれてます。

ただ…現在EVILの本国でフレームの所を選択するとわかりますが、
MTBだとOffering 275+/29"、グラベルのChamois以外…実は全て全モデル・全サイズ・全カラー在庫が切れております。
転換期と生産タイミングが重なり、国内のBOオーダーと補修オーダーに対応出来ずに誠に申し訳ございません。

弊社のEVIL在庫も現在下記のフレームのみの在庫となります。
・29”Enduro専用のレコニング M。茶色
・グラベルフレーム SとM

早くて今月に生産から仕上がってくるとの事なのでもう少しお待ちくださいませ。
EVILに確認してはの返答待ちを定期的にしております。そして今年も一度に公開ではなく面白い垂れ流しをしてくれる予定です。


DSC_6476.JPG

本日の業務は昨日入荷した Mud Huggerの検品と発送
リアフェンダーは予約分と入荷までの受注オーダーの他に
残り3set。レアものなので早い者勝ち。

この度Mud HuggerのコストアップによりShortyとリアフェンダーのみ少しだけ値段を上げさせていただきました。

本日の出荷分(2020/3/4)より
希望小売価格(税込み)
Shorty = 3500円
FRX = 4400円
Rear fender = 5000円

ではでは
posted by Yuki at 08:49| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする