2020年02月12日

コイルの流れがやっぱり来てると思います。

去年年末突如アナウンスされたアメリカのサスペンションカスタムメーカー
PUSH INDUSTRIESのリアショック。

ELEVENSIX(イレヴンシックス)
クリアランスセールで99,000円(税込)

残念ながらすべての取り付け規格含めPUSH社側の部品在庫終わりましたので
実質販売終了という形となります。


これに伴い…何か近々発表が有るかと思いますが、それはそれで価格がまた普通になります。
どこがあなたにとってのターゲットプライスか。
ブランドイメージ云々ありますが、所有した瞬間、その日からオーナーは好きな時間に使う権利が得られると私は考えています。

仮に次に新しいシステムが出たとしても性能は飛躍に向上してる事は本当に稀ですが、
少なくとも今回のリアショックのクリアランスセールは代理店の私が言うのもあれですが、
本気のお買い得リアショックでした


DSC_6389.jpg

一箱に1本。もう発送済みですが、今回の入荷で10本以上の11.6が国内に配送しました。
11.6オーナーへの特典としては、オーバーホールはもちろんの事、1本ごと専用設計の為、
違う車体または違うマウント規格のバイクになっても全て有料で対応してもらえます。
なので増本というブルジョワな買い方をしない限り、PUSHは一生面倒見てくれます。
もちろん弊社が代理店である限り責任もって取次サービスをやらせていただきます。

11.6の2系統を持つコンプレッションは完全独立の切り替え回路ですが、初期設定では
「DH」と「CLIMB」になっておりますが、それぞれのバルビングがそれ用に設定しているので同じダイヤルにセットしても
微妙にコンプが違ってきます。もちろんこちらは次回のオーバーホール時にリクエストがあれば普通に変更できます。

 


DSC_6396.jpg

今回リアショックから導入した方、とりあえず皆さんポン付で感動していただけて嬉しい限りでした。
前後でコイルで揃えたくなりましたら是非今手持ちのサスペンションにACSコイルキットをご検討ください。

そして既存のユーザーに朗報です。
ACS3のコイルキットと言ってもただのコイルではなく、コイルとエアーの美味しい所取りの部品構成となっています。
中盤から後半はエアチャンバーで踏ん張りを出すのですが、こちらのパッキンのサービスキット
そしてバイクチェンジ、またセッティングチェンジするのにトラベル変換kitも在庫&用意しました。

今まではまたACS3を新たに買いなおすしか方法無かったのですが、さりげなくPUSHが出してきたので
今回日本にも導入しました。ストロークを固定するロットとそれに向けて適正トラベルエアチャンバーロッドのキットです。
エアチャンバーを分解する必要がありますが、最小限のパーツ構成でトラベルチェンジが可能になりました。

同じような世界では最初からトラベルチェンジ出来るコイルキットもありますが、PUSHのは部品を別途購入必要がありますが、
余計な構造が排除される分軽量&メンテンナンスが楽なのもこのPUSHのACS3の良い所です。


多分コイル化に対して半信半疑の部分、””超””多々あると思います(笑)
実際触れるお店紹介しますので気軽にお問い合わせください。
弊社と違った視点で良い所、悪い所を取扱店が説明頂けると思います。


最後に昨日祭日ですが、最近更新停滞気味のブログを更新してます。
インダストリーナインハブの変遷を書きましたのでこちらもどうぞ。
http://yuris.seesaa.net/article/473522270.html

ではでは
posted by Yuki at 09:27| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする