2019年10月31日

Pillarスポークのワッシャーとニップルは進化してます。

既に国内展開始めてますが弊社が手組ホイール需要のあるスポーツサイクル店様へ供給している
小さな部品、弊社が厳選した物をご紹介。


23113063_10214665562540790_481872089_o.jpg


アルミニップルですが、取扱開始してからニップルは下のPT734から重量があまり変わらない上のMV14に移行しております。
MV14の方は頭が肉厚で数集まればPT734よりはXgぐらいは重いだろうけど、ネジ山がタイヤ側へ1mmオフセットしている分
スポークをよりガッシリと受け止められるので結果的にニップルのストレス軽減につながり長持ちしつつ、より剛性の高いホイールが組めます

展開カラーは シルバーとブラックとレッド
TAFニップル版はブラックのみとなります。
首太いスポークのみならずPillar社はニップルにも力を入れています。



↓従来のニップルワッシャーPW7048
厚みが1mm有って、尚且つプレスで開けた後のバリが有って、用途に支障はないけど、質感はちょっとあまりいいとは言えませんでした。
DSC_6672-thumbnail2.jpg


↓新型のニップルワッシャーPW7542
厚みが0.3mmとなり、尚且つ従来のPW7048より光沢があり、尚且つバリがほぼなく、指先にも優しいニップルワッシャー
これもわずかではあると思いますが、重量にも貢献(笑)。 t=1mm→0.3mmね(笑)

DSC_6064.jpg


超小物アイテム、ショップ向けと手組ホイール考えているユーザー向けですが、
大物のフレームやハイエンド商品のみならず、細かいですがこういう進化アイテムもございます。


アルミニップルは去年より展開開始しております。
ワッシャーに関しては今年から入れ替え開始し、現在の出荷物は全てPW7542となっております。
※価格表はPW7042表記のままですが、出荷はPW7542となります。
posted by Yuki at 09:53| 千葉 ☁| Comment(0) | Pillar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

EVIL BIKES, redbull rampageへ

EVIL BIKESがスポンサーするライダーでカナダのフリーライドライダーである
グラハム・アガシーズ(以降アギー)

12年共にしてきたKONAから離れ今年の2019年よりEVILで走る事になりました。
Pinkbike記事 https://www.pinkbike.com/news/graham-agassiz-on-evil-bikes-for-2019.html


1572309866585.jpg
※Pinkbikeより引用

そして先日開催されたRED BULL RAMPAGEに選ばれて参加。
実際に使用されたバイクが上の写真である、Wreckoning(レコニング)

29”用として開発されで161mmトラベルを持つフレーム
イレギュラーではありますが、アギーのRampageマシーンは前後共に27.5”のホイールが装着されています。
200mmのフォークを入れて、1.5度を寝かせて63度のヘッドアングルに合わせています。
デルターリンクは出荷時の”LOW”のセットとの事。

ddddddfwefsdfgse.jpg
※Pinkbikeより引用

当日の仕様はこちら
Evil Wreckoning LB Details
Frame: Evil Wreckoning LB, 29er frame, in low position
Shock: Push Industries Elevensix - 161mm rear travel
Fork: RockShox Boxxer 200mm
Wheels: 27.5" We Are One wheels
Tires: Maxxis Assegai 2.5 front & Minion DHR 2.4 rear tire
Drivetrain: 7-speed SRAM drivetrain
Brakes: SRAM Guide RSC 220mm rotor front, 200mm rear rotor
Cranks: SRAM XO1 165mm



EVILのクルーに以前、「通常では考えられない条件でテストもしている。普通の安全基準であれば今よりも300gは軽く作れる」
と聞いていて、彼らもまたEVILがRampageに出るとも思っていなかったらしく、凄く嬉しい事ですし、
何よりもPinkbikeのコメントでアギーが「最初のセクションで皆タイヤをシートに擦ったりフルボトムさせる中、俺のは静かに駆け抜けたぜ」
それぐらいこのデルタリンクシステムが凄いと評価してました。

レコニングはEVIL BIKESでは29”のモンスタートラック的なイメージで通っておりますが、
実際今回275”でしたし、イレギュラーな組み合わせでも素晴らしい走りをしてくれました。
多分記憶に間違いなければ2016年の夏デビューしたモデル。

3年経過してますが、実は昨日EVIL BIKESが入荷して、レコニングが今回の入荷で一番人気で有ったりします。

さてこれから検品でもしますかね♪

redbull rampage TVでアギーのライディングはこちら
https://www.redbull.com/int-en/events/rampage/live/AP-1ZHP5Z3BS1W11
44分の所からスタートとなります。

優勝したセメナックとアギーも実はインダストリーナインハブ使い!!!

アギーのバイク紹介はPinkbike記事のこちら
https://www.pinkbike.com/news/bike-check-aggys-evil-wreckoning-lb-the-only-trail-bike-at-rampage-2019.html
posted by Yuki at 10:30| 千葉 ☔| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

XONローターの全色カラーご参考ください

XON ローター グリーンとパープルは160と180mmにのみ展開

140/160/180mm スタンダードカラー在庫あります。

203mmと220mmは数か月後展開予定となります。

1571791104150.jpg
※クリックでもう少し大きな画像で見れます。

写真は神奈川県相模原市にあります、ウィルバイシクル様より

ブログ記事もありますのでどうぞご参考ください。
こちら →
 ★★
posted by Yuki at 09:43| 千葉 ☀| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

XONのグリーンローターの色合いについて

74354275_385559122347069_5731726382992457728_n.jpg

XONのローターのアップルグリーンに関してですが、
台湾の工業環境問題が去年より厳しくなり、アルマイト工場の変更となり、
アップルグリーンのリクエストをかけたのですが、仕上がって来た色合いは
爽やかアップルグリーンではなく、少しマンゴー色かかったグリーンとなります。
パープルは濃い目なので従来の色合いと同等ですが、インダストリーナインもそうですが、
どうしても淡い系はロットによって仕上がりが変わって来ます。

参考としてインダストリーナインのステムのアップルグリーンとグリーンと一緒に並べてみました。
室内日陰でちょっと日に当たるという条件での撮影となります。

どうぞご参考ください。
超フルーティーな爽やかアップルグリーンカラーではないです。
とりあえず店頭で実物を。それでもフォーク類のグリーン系にはマッチすると思います。

本日も安定の出荷となります。
posted by Yuki at 10:36| 千葉 ☁| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

XONのローターが到着しました。

XONのローターが到着しました。
140mm black, red, gold. blue
160mm black, red, gold, blue, purple, green
180mm black, red, gold, blue, purple, green

72691109_2468614619901928_8185597956913627136_n.jpg
posted by Yuki at 12:29| 千葉 ☔| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

Formosa MTBアルミ完組出来ました。

既に国内配送いくつかしておりますが、Formosa(フォルモサ)のアルミ完組MTBホイールが仕上がってきました。

DSC_6030.jpg

27.5”と29”が有って

弊社がカーボンラインで展開するストレートプルのハブ28Hを共通で使い、
プレーンのステンレススポークとアルミニップルを使ったオーソドックスな完組ホイール

重量は本日実測で
27.5” 1,975g
29” 2,072g


もちろん単品32Hのリムと同じで、完組用に28Hのハブとリムをセレクトしました。

DSC_6032.jpg

Jベンドと比べてより高いテンションで組めるのでスパッと加速できるホイールで尚且つオフセットリムによる
スポークバランスの均等化(補正)もあり、非常にバランスのいいホイールとなります。

i9の同じステンレススポーク条件の廉価版Sシリーズと比べてやはり重量150g~200gぐらい重いですが、
その分価格はほぼ半値に近いので、そこそこの性能と仕様で遊びたいという方にお勧めではないかと思います。

Formosa MTB アルミ完組ホイール前後
希望小売価格 58,500円(税込)


DSC_6036.jpg

これからのトレイルシーズンの相棒に是非ご検討くださいませ。
posted by Yuki at 15:24| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

PPのNo.5は過去と全く違うバイクである事がわかった。

homare no.5.jpg

香川県高松市にあります誉自転車様が
この度Production PriveeのクロモリフルサスペンションフレームのNo.5をお店のデモバイクとして製作しました。
マルティーニカラーのNo.5となります。

カーボンフルサスペンションと価格がそれほど変わらない、静止重量で言うとこれまた可愛いくない重量を訴えてくるクロモリフレーム。
参考重量 リアショック無しで フレーム重量 3850g

2018以前のNo.5は27.5”と27.5”+に合わせたジオメトリで
弊社が輸入開始した2019モデルは29”専用(Optionの27.5”リンク交換により27.5”の2.5”まで対応)は形状はNo.5のままでも
各アングル・トップ長・チェーンステーなど完全に2019用に一新したフレームのNo.5となります。

EVILもそうですが、シルエットがそのブランドの象徴みたいな感じとなっていて実はちゃんと時代の流れに沿ったアップデートされていたり、
または新しいモデルとしてリリースしたり。誰が見ても「ブランドのXXXXだ」ってわかるのが良いですね。
イヤーモデルこそあるものの、悪く言えばデザインの古さで飽きられる部分もありますが、
良く言えば熟成されていて型落ちである事を思わせないとも言えるので、どっちが良いのかは皆様の判断にお任せですね。
ただPPの場合に限って言えば、当たり障りのない色がクラシックシルバーだとしたら、マルティーニは今年のカラーとであります。
来年になればそれは在庫としてあれば手に入れられるかもしれませんが、生産本数は決まっているのでテーマカラーは少しずつレアになっていくのは間違いないですね。

弊社が間違いなく言えるのは、入荷したフレームは全て全量チェックしていて、このマルティーニーカラーは本当に細かく綺麗に塗り分けられているので、あとからオールペンでやるにしても結構大変なのは間違いないと思います。


さてさて、Production Privee, No.5について2019の特徴をざっと紹介してますが、
国内在庫は現在Mサイズのクラシックシルバーとマルティーニカラー両方とも在庫ございます。
shann5-grey-fox1-2-600x600 (1).jpg
shann5-grey-fox1-2-600x600.jpg


そして誉自転車の店長バイクとしてNo.5が選ばれたわけですが、実験的な意味も含めて推奨から少し外れた仕様で今回製作されています。
推奨からあえて外してやってみたい事をやる、それにより発見できたメリット・デメリット。
店長による自身で感じた事もまた今後お店のブログなどを通して発信されると思いますので
No.5ご検討の方は今後注目してみてください
誉自転車様 ブログ紹介記事 → ★★


在庫は無いですが、Sサイズもオーダーもらっていますので、
年末または来年初めぐらいにでも入れようと思います。

もちろんフルサスペンションのNo.5以外にもクロモリハードテールのShan GTは下記のお店でもデモバイクとして製作されております。
愛知県 人力車様 http://www.jinrikisha.com/
埼玉県 AST BIKES様 https://www.astbikes.com/


※弊社紹介のインプレは全て発信店・者による自ら感じた事を元に紹介しております。
posted by Yuki at 16:09| 千葉 ☁| Comment(0) | Production Privee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

EVILのモンスター29”がまた1台完成しました。

東京都新宿区にありますトレイルストア様にてEVIL BIKESのレコニングが完成したとブログで紹介されております。

64a552ce13046c77e9aba1eef547a54e.jpg

レコニング(Wreckoning)はEVILの中でも一番長いストロークを持つモデルで
29”専用の160mmトラベルで、車輪径と長いサスペンションを生かして高い走破性を誇るフレーム

フレームから組むというカスタムの中でもトレイルストア様にてEVILはそこそこ製作されていて、
組み上げや部品の相性も含め一杯ノウハウがありますので、
ブログで紹介されている現車が見れるかどうかわかりませんが、
気になる方は是非お店までお問い合わせください。

トレイルストア 紹介記事 ⇒ ★★



インダストリーナインの690ノッチのハブの音、同じくお店のFacebookページにて紹介されています。
ご参考にどうぞ。
posted by Yuki at 14:56| 千葉 ☁| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

インダストリーナインの最新動画集


Chris Akrigg - CROSSROADS



Flight Path - Reece Wallace

週末の台風に備えて、事務所も自宅も2週間前の経験を踏まえてちょっと明日いろいろ整理しないとです。
posted by Yuki at 08:14| 千葉 ☀| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

DABOMBの35mmコクピット



デモバイクのShan GTに取りあつけるハンドルとステムを決めるのに
使用するDABOMBの新商品である下の写真の物を全色取り出して並べてみました。

DSC_5985.jpg
ハンドル Stinger Missile(スティンガーミサイル)
ステム Rifle Grenade(ライフルグレネード)


実際今作ったマシーンはこちら
71751831_2437516983011692_7215349808066723840_n.jpg
プロダクションプリビーのShanGT
マルティーニカラーが今年のテーマカラーではありますが、
弊社はシルバーをチョイス。どう見てもガンメタに見えますが、名前はクラシックシルバーとなります。

実際ハンドルとステムを当てて、冒頭に貼り付けた動画の最後に最終的に決めた組み合わせ載せております。

Formosa関連ですが、一昨日カーボンリムも入荷し、検品して発送ですが、
ロードあまり取り上げてないですが、やっぱり市場はMTB<ロードでしょうか。ロードの方が出ております。
シクロクロスチームの弱虫ペダルも3年連続ホイールスポンサーもあってか、Formosaの存在が出てきたと実感してます。

DSC_5970.jpg

リムブレーキモデルのクリンチャーとチューブラには標準でスリット入りを採用しております。
コストアップですが、10%消費税upしてもFormosaのリムは8%時代の価格据え置きにしました。


650650Formosahub.jpg
マウンテンバイクではブーストハブ展開しておりますが。
前は 15mmBoostとトルク
後は Shimano11sとXD-1でしたが、Shimano12sも採用する事を決定しました。

12sフリーに関していろいろ制限あると思いますが、リリース時期や詳細はまたお店の方にご確認ください。

ではでは
posted by Yuki at 10:20| 千葉 ☁| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

スパイダーは削り出しです。

S__13090869.jpg

S__13090847.jpg

S__13090848.jpg

XON社の2ピースローター。
XONは1ピースステンレスローター、今まで扱ってきた2ピースローターの他に
新たなラインとして、違う形状の2ピースローターがリリースしました。
今度弊社は全てこちらの新型に切り替えをいたします。

金色は140mmバージョンのスパイダー、6穴。
ディスクロードやシクロクロスにも使用できるという事で今回も最初の便から在庫します。
ブラックとレッドとブルーとゴールド

標準色のブルー。

そしてYuris特注のパープル。

今の所パープルとアップルグリーン(またはライム)を手に入れられるのは世界でも日本の弊社のみ。

posted by Yuki at 08:46| 千葉 ☁| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

XONのローターそろそろ出来上がります。

新型へのスイッチ。
今月いよいよ入荷します。

Yuris特注カラーは今回パープルとライムになります。
一度在庫切れると取引の条件で納期が長いので、
ご検討の方はお店までご予約下さい。

パープルとライムは160mmと180mmの展開となります。


60852686_10219270412459160_3256859076193157120_n.jpg
posted by Yuki at 15:26| 千葉 ☀| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EVILがグラベルロードに

ここ数字の間、EVIL BIKESのMTBフレームの価格改定にいろいろと私自身も揺さぶられましたが、
EVILの先を知っているので芯ぶれはしてなかったのですが、
これは去年の時点で知っていたプロジェクトで、ちゃんと細かくフォローしていれば良かったのですが、
SNS系で画像が出たのは知人から教えてもらったという形になりました。
世界で画像が出回っているという事でこちらにも紹介。

theradavist_69783569_390774921592633_3778724816475827947_n.jpg


正直全く情報をもっていなくて、ただEVIL社からはそろそろ出すよっていう話しか聞いておりませんでした。
私自身も待ってましたので、リリースすればすぐ載せ替えしようと思います。

gravelevilsmall.jpg

EVILの楽しみがまた一つ増えました。





動画のライダーはEVIL社のデザイナー・・・・
そして毎年会うEVILの社員たちも昔某メーカーのスポンサーライダーだったり、BMXでそこそこ有名だったり…
皆凄いですわ。。
posted by Yuki at 08:43| 千葉 🌁| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

EVILフレーム価格更新のお知らせ。

おはようございます。なんというタイミングの悪さ・・・・
少しでも良い情報をシェアしたいという思い。
きっちり今日まで待って発表するメリハリ。

今朝起床し、EVIL社より連絡が届いて、内容は価格訂正のお詫びメールでした。
昨日発表したばかりなのに、本国定価は変わらずですが、代理店への価格にミスがありましたので、
本日10月1日の価格表にて更新しました。

昨日発表しました28万税込みはほぼ本国価格と同じ値段でした。
(表示価格に対して各州や各国の消費税に依存します)
残念ながらそれを実現するのは難しく、

275+/29”、140mmトラベルのOfferingを除いたフレーム

・Wreckoning LB (29"専用、160mm)
・Insurgent LB (27.5"専用, 150mm)
・Following MB (27.5+/29", 120mm)
・Calling (26+/27.5", 130mm)
※標準仕様 リアショック Rockshox
※リアショック FOX の場合は +11000円オプション
※標準付属 ヘッドセット

希望小売価格 30.5万(税込み)となります。
※税別価格 277,272円


誠に申し訳ございません、吸収できる部分と出来ない部分ギリギリ設定でEVILをお届けしているため
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

WEB更新
・新価格 10月1日 2019 Ver.04
・EVILページ 在庫一覧と価格
・Yurisスペシャルオファーページ PUSH ACS3 PIKE non-boost, 140mm 残り1setのみ
posted by Yuki at 09:56| 千葉 ☁| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする