2019年08月06日

YURIS 夏季休業のお知らせ

2019年8月10日(土)〜 8月18日(日)の期間を、
弊社夏季休業とさせていただきます。
よろしくお願い申し上げます。

渋滞が嫌いなので地元と混まない所で自転車乗ったり、
お盆の毎年の行事を楽しみにやりたいと思います。

RSD800.jpg
posted by Yuki at 10:17| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EVIL BIKESを持ってわかった事。

44812339_10156525215875953_8890450253950484480_n.jpg

EVIL BIKESの取り扱いアナウンスは2016年の12月1日、今も鮮明に覚えている同じ日にCallingが発表された日ですね。
で今だから言える取扱契約決定しても実はCallingのニューモデルの存在は知らなかったし、知らせてももらえなかったです(笑)
ラッキーだったという事ですね。

丁度ほぼ2年半ぐらいでしょうか、実際デモバイク作成して、EVILの代理店として日本に紹介するにあたり
海外にある情報をなるべく広める、紹介する””取りまとめ役””的な動きをする中で発見した事は三つありますので
それを私目線で取り上げてみました。


1.EVILは北米で直販も展開していれば、小売店でも取り扱いをしている
昨今で間を省くビジネスモデル、いわゆる直売というシステムがあり、EVILも自社WEBで販売している(弊社取扱ですとi9、BIKEYOKE、PP、RSD、Hucknorris、Mudhugger、BTR、PUSH)、直売と言っても地域限定だったりするし、メリットは何と言っても「価格」、それに伴うサービスにおけるコストカットも必然的にあるので直販で得られるメリット、小売店で買うメリット。買い方いろいろ、何を優先するかは消費者が判断すればいいと思います。
実際アメリカ国内の小売店でも扱っているのでそれなりにお店で買う強みッというのがあるんだと思います。それを踏まえて、メーカーも直売というのをやりつつも、世界展開する時にその国を取りまとめてくれるエージェント=代理店システムを保有してると思います。

弊社も取扱ブランドが直売しようとなんの支障も感じてないので、もしかしたら「直売(限定的な意味も含む)と代理店制度」が今の一番いいシステムなのかもしれないですね。



2.フレームや完成車kitのみならず、アパレルも凝ったデザインを定期的にリリースしている
やっぱりブランドを押し出すためにもまずはオーナーもそうですが、「ファンの獲得」と思いました。
ブランドがメインとするものを使ってもらうのがゴールであれば、グッズはそのゴールをくぐった人たちをより満足させるのと、まだそれを目的としている人へのきっかけとしてグッズはあると思っております。定期的に更新があり、尚且つEVILの場合はSimpleなロゴとかではなく、それぞれのEVILに物語やテーマがあるようなデザインが施されているから、、、常に「ブランドがイキイキと活動してる!」と思わせてくれるから応援したくなっちゃうんですよね。という事でフレームのカッコいい空箱も二つあれば、新作のTシャツも自分用に今回もオーダーしました。
代理店というポジションでもあるけど、私自身もファンであります




3.英語ではありますが、SNSなどでファンによる情報交換のEVILオーナーズクラブがある
Facebookに有りますが、EVIL BIKE OWNERSというグループが存在しております、弊社にコンタクトまたは何らかのつながりでEVILのオーナーであるとわかれば、私の方から勝手にリクエストで招待するようにしております。(勝手な行動でごめんなさい)
そこに何があるかと言えば、世界中のオーナーの美しい景色のライディングやクレイジーなライディング、はたまた問題点、売買などなど。日常考えられるEVILに関する自転車の話題がどっぷり詰まったグループですよ。
ここでまた何が素晴らしいかというと、名前はあげませんが、EVILの社員もいて、問題点や故障・トラブルの時に的確に愛の手を差し伸べてるという事でしょうか!?
EVILの直売でサービス部門ももちろんあるのですが、このように小さな小さな疑問質問に対してもグループでさらっと答えたりするのを見ると、外野目線ですが、凄くフレンドリーに思えました。もちろん私もあの中ではオーナーになるので、ユーザー目線で参考にさせてもらったり、助けてもらったりしてもらってます。


と今朝思った事を、弊社の取扱ブランドや気になる他社のブランドにもこのようなグループやシステムがあるのかどうか
これを書きながら徘徊してました。



ネットは無限の情報量があります。
   一度自分の乗っている自転車
      使っているパーツを深く情報を掘ってみると
          また新しい発見があるかもしれないですよ!?


posted by Yuki at 09:50| 千葉 ☀| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする