2019年05月31日

アウトレットページ更新のお知らせ 20190531

Yurisアウトレットページ更新しました。

不定期更新。掘り出し物探してる人は是非ブックマークしてください。
価格は今DHハブを除いて、オープンプライスです。
お問い合わせは弊社の取扱店までお願いします。


http://www.yuris.biz/yurisspecialoffer.html
posted by Yuki at 10:22| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

i9は12sフリー国内展開開始してます

国内の自転車情報系のサイトでも発表されておりますが、
海外の情報サイトPINKBIKEでもShimanoの12sがついにXTRからXTとSLXへの採用が発表されました。
ここまで来たら必要となるのは

12速用のフリーを搭載したハブ。

今の所Shimano純正も含めて、弊社取扱のインダストリーナインの他に本当に数社しかライセンス受けての生産のみですが、

DJI_0015.jpg

写真にあるようにインダストリーナインは現在
690ノッチのハイドラシリーズ (第3世代)
90ノッチの101シリーズ (ハイドラの廉価版)
120ノッチの第2世代のトーチシリーズ

現在トーチシリーズは12s対応のMSフリーは欠品してますが、
現行のハイドラシリーズと101シリーズはご覧のように国内弊社で在庫してます。

お使いのハブからのスムースな移行が可能です。
というよりもむしろトーチシリーズが必要だと思うのでこれは来月便で補給しようと思います。

インダストリーナインのフリーは軽量化への貢献としてアルミフリーを採用してます。
こちらは鉄のスプロケットの食い込み(食いつき)によりスプラインがダメージを受けてしまいますが、
インダストリーナイン社では消耗品として割り切っていて、スプロケットを外してた際に状態を確認して
食い込みが確認出来た際はヤスリなどでバリを除去してください。

変速などの機能が損なうと体験できた場合はスペアボディ在庫ございますので新調をお勧めいたします。

または重くなりますが、食い込みと無縁のステンレスボディもラインナップございますので合わせてご確認お願いいたします。






それはそうと。。。。。本日5月31日
Formosaのカーボンリムを買うとインダストリーナインのハブがあたる
キャンペーン最終日です


1名のみの獲得で来週FacebookのYurisページで午前中にライブ予定です。
なので準備も有りますので受付は勝手ながらも本日の16時締切とさせていただきます。

プレゼントのハブはインダストリーナインのノーマルフランジのハブ
Hydraでも101でもロード、FATのハブでも大丈夫!

ご希望の色と仕様とフリーをお選び下さい、無い場合はオーダーかけますので2か月ほどお待ちください。

電話の着信音もフォーミュラーサウンドに換えたし、電話でもなんでもじゃんじゃんお待ちしております。

では良い週末を!!!!
posted by Yuki at 09:48| 千葉 ☁| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

シックからホットへ

59285584_10219130165393071_6862452518815793152_n.jpg

暫く上の仕様で走ってました。世界に一台のCXバイク、イギリスのMTBブランドのBTRが手掛けてくれたフレーム
モデル名 SPRINTER

クロモリパイプはこんな感じで当時選定してくれました。
Reynolds 631 head tube
Columbus Life top tube
Columbus Life down tube
Columbus Max seat tube
Columbus Max seat stays
Dedacciai ZeroUno chain stays

Formosaの旧デザインのステルスタイプのロードホイールですが、季節的にちょっと色気を出してみたくなり
倉庫にしまっていたMTBのホイール(フロント15mmリア142mm)を入れました。
こちら↓

DSC_7379.JPG

インダストリーナインの当時ではアルミスポークの展開が無かったけど、社員や自分と他のuserが自己責任で
取り入れたくこれを履き始めて、色遊びも出来るという事で去年からロードディスクやグラベルロードに展開開始した
ロード系列にもアルミスポークを採用したTRAシリーズ

MTBのホイールを入れているので、ロードベースのスプロケットを使用したい場合は
加工が必須でしたが、TRAシリーズが出てからその必要がなくなりました。

DSC_7378.JPG

という事で、土日のMTBが出来ない時はこれが今の相棒です。
posted by Yuki at 14:59| 千葉 ☀| Comment(0) | デモバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUSHのリアショック、スペシャライズド対応へ

DSC_3933.jpg

PUSH INDUSTRIESのリアショック 11.6(イレヴンシックス)ですが、
いよいよSpecializedへの対応も開始いたしました。
まずはStampjumper。

詳細はこちら↓

https://www.facebook.com/pushindustries/videos/359898601542688/

日本で装着実績は
・EVIL BIKES
・Santacruz
・INTENSE の3社ですが、下記のブランドにも対応しております。

BMC
Banshee
Canfield
Devinci
GT Bikes
Guerrilla Gravity
Knolly
Kona
Nicolai
Niver
Norco
Orbea
Rocky Mountain
Transition
Trek
Turner
Yeti
YT
Zerode


今数えたら23社。そのブランド全てではなくその中での特定のモデルとなります。
その代わり、該当するモデルは実際PUSH社でその車体を入手し実際のフィッティングから解析までしているので
出荷されるリアショックはいわゆるチューンドショック
乗車体重と乗り方をベースにセットされた出荷設定で最初から高いレベルの性能を発揮します。
それが100%ではないので、そのあとご自身のフィーリングに合わせて微調整すればより気持ちのいいライドが出来ます。

国内の主要ブランドを挙げますと
Kona
=2018 Process 153

Rocky Mountain
=2018 Slayer

Transition
= 2017 Patrol, 2018 Patrol(Trunnion), Sentinel

Trek
= 2015-16 Slash, 2017-19 Slash

Giant
= 2016 Reign

INTENESE
= 2017 Tracer2
=2018 Carbine 29

Niner
= 2017-2018 Rip 9RDO
= 2017-2018 Alloy Rip 9

Santacruz
= V4 Nomad
= HighttowerLT
= Hightower
= 5010
= V3 5010(Metric)
= V3 Normad
= V2 Bronson

Evil
Wreckoning, Calling, Offering, Insurgent

以上となります。上記のリストに無くてももしかしたら
PUSH社でDATA持っていれば作ることが出来ますので気軽にお問い合わせください。
ただElevensixは汎用ショックは販売してませんのでご了承下さい。

リアサスは独立した2系統のコンプをもつリアショックですが、激変するフォークのエアーからコイル化(ハイブリッド構造)は
より明確にフォークが変わったと体感できるACS3キット!!!

お勧めです。
posted by Yuki at 12:44| 千葉 ☀| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

完組ホイールも作成いたします。

P_20190523_155906.jpg

ハブ・スポーク・ニップル・リムと全て弊社の取扱商品という条件で
依頼があれば、写真のように組み上げてからの出荷も可能です。
その際の費用は商品代だけでご提案可能です。
写真は88mmの高さのリムを使った完組ホイールの一例。

そして今回タイミング的にまた赤モデルを製作しました。
P_20190523_161801.jpg

今回は凄くイレギュラーなオーダーだったため、メーカーの手違いでこれから単品で展開する予定のカーボンリムが完組用に盛り込んで
完組は2:1組なので、今回はそのまま単品の新しい仕様が完組にも導入しました。

これ























P_20190523_160737.jpg

メーカーから提案された新技術、リムブレーキリムへの「スリット加工」

大手メーカー数社に採用されているスリット加工。
ドライではX%、ウェットでは4X%向上するぐらいブレーキ性能が上がる技術。
弊社の単品クリンチャーリムは現在耐熱モデルで48000円税込/本となりますが、
今回のスリット加工は仕上げた表面にスリットを入れるというもう一つの手間が増えるので
コスト上がりましたが、ここはあえて値段据え置き…にしました!!!!

到着して1本ずつまた検品してますが、従来のブレーキ面と触って指でも
明らかに抵抗が増えてることがわかります。
通常在庫のC3825=カーボンクリンチャー 20/24Hにて展開開始しましたので是非ご検討ください



あと以前サイクルモードでGOKISO社のブースの展示ホイールに弊社のリムが使われたという感激も有り、
今回愛知県の人力車様のご厚意により制作したホイール写真を頂けましたのでご紹介
http://www.jinrikisha.com/

60961704_2403900216527760_7821345143499259904_n.jpg
カスタム仕様のリムでUD艶有の弊社のリム。
このリムもそうですが下の写真もなんとGokiso社のハブと組み合せしてます。
61346295_466899324055200_7293716215141236736_n.jpg
Gokiso社は日本が誇る最高のハブメーカーで、その凄さは各自でお調べください。

こちらは弊社が取り扱うアメリカのブランドでハブからスタートして今でも自社生産する
インダストリーナイン社のハブを使った完組ホイール。
Enduro社のABEC5ベアリングを採用し、無負荷の手で単体で回すと動き出しは若干重めなのもENDURO社の特徴ですが
荷重のかかった時でも確実に回転力を伝える高精度で高性能なベアリングです。
MTBからスタートしたインダストリーナイン社のハブ、11色もある選択肢の他に実は精度にもこだわっているメーカー。

北海道で現在スリットの入ったリムが見れるお店は
苫小牧市にある高木サイクル

ホームページはこちら ★★


弊社はMTBがほぼメインですが、実はロード・グラベル・シクロクロスの足回り関係に関するパーツも展開しております。
posted by Yuki at 09:44| 千葉 ☔| Comment(4) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

ロードホイールもチューブレスレディ構造

MTBがイメージの弊社代理店業ですが、インダストリーナインのロード展開をきっかけに
スポークとFormosaブランドで少しだけロードに展開をしております。

山口県にあります、サイクルラボヤマダ様にて
フォルモサのロードカーボンクリンチャーが装着された車体が紹介されました。
http://www.yamadacycle.jp/

61029416_2370709956587276_5802599794417336320_n.jpg
61310988_2370710013253937_5189521220395073536_n.jpg
61217292_2370709966587275_5806985505782366208_n.jpg

ハブはカーボンとアルミが合わさったモデルを採用し、フロントはラジアル、リアはラジアルとクロス
こだわりとしてベアリングはインダストリーナインと同じグレードのENDURO社のABEC5等級の高級ベアリングを使用。
スポークはPillarスポークの翼断面形状のWingスポーク
ニップルはPillarスポークのアルミニップル
リムはFormosaのC3825(高さ38mm、リム外幅25mm)

以上の構成で全て弊社の単品物を使っております。
唯一ハブのみストレートプルでこちらは完組専用で単品販売はございません。
アンダー15万のカーボンホイールのベストバイ」とのお言葉をいただき、大変うれしく思います。

価格は前後税込みで118,000円

今直面している欠点は一度在庫切れると3か月ぐらいの納期になってしまうという事。
これを今後短縮できるようにしていきたいと思います。
ホイールの製造は国内にて実施。


実際店頭スタッフが初期のプロトタイプホイールからお付き合いいただき、今も愛用していただいてる
岡山県総社市にあるWAVEBIKES
https://www.wavebikes.jp/shops/soja/

61214801_2779354782091136_2338583630810447872_n.jpg
61201789_2779357272090887_277742538461282304_n.jpg

上記の使用で今度開催されるクライミングのイベントに参加されるようです。
いつも通勤やライドで使っていただきありがとうございます。

Formosa(フォルモサ)は弊社のPBで、ちょっとしたこだわりを入れつつ、恩返しという気持ちで面白いアイテム、
コストパフォーマンスに優れたアイテムがコンセプトとするブランドであります。

詳細は弊社の取扱店までお問い合わせください。
初めてでも最寄りでかつFormosaを取り扱うお店をご紹介いたします。
posted by Yuki at 05:36| 千葉 | Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

恐るべしコストコのケーキ

土日は凄い暑かった関東。食べてみたかったコストコのケーキ

1808.jpg


値段は2380円

何よりもそのモンスターサイズ
幅48cm、奥行き37cm、高さ12cm

大人6人でかかってもダメで、日曜日に子供たち6人を招いても1切ずつでGIVEUP。

味は普通に美味しいのですがいかんせん凄い量で、賞味期限は3日程度。
ゲレンデへの持ち込みはこの季節、大人10人~15人じゃないとだめかもしれないですね。
ホームパーティーはかなりお腹を空かせては他のサイドメニューは食べきるまで禁止にした方が良いかもしれないですね。
一度味わえば十分ですね、量が凄すぎて…でまだ冷蔵庫の中にあるので今夜もきっとケーキだろうなぁ…
暫くケーキ食べたくないです(笑)

そしてYurisが法人化に伴って、お祝いで頂きました胡蝶蘭!
親のガーデン楽しみもあり、育ててましたが外注にやられたり、温度管理失敗したりで
ようやく今年花が咲きました♪
1807.jpg
なんだか嬉しいですね。数年前の胡蝶蘭ですが、葉っぱも健在です!!
ありがとうございます。

本日の受注発送のお仕事はそれほど重くなかったので、
在庫カウントや棚製作、そして部品整理をしました。
1809.jpg
先日紹介したFORMOSAのカーボンクランクのディスク側の調整スペーサー部品です。
パーツ在庫切れた時に製品から取って対応しましたが、今日はそれを補給して商品として復活。
170mmアーム在庫有ります。175mmはまたリクエストありましたので
在庫としてまた夏に入れたいと思います。


明日は午後より弊社の営業車が修理調整より復活しますので、オーダーでの当日発送は明日午前までといたします。
ではでは。



posted by Yuki at 16:37| 千葉 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

グラベルカーボンフレーム

Dabomb 2019 Gravel Frame, Neutron


NET.jpg

装着されている車輪径は650B。
これにi9のグラベルホイール足したら面白そうですね♪
posted by Yuki at 17:30| 千葉 ☀| Comment(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

自分が一番キャンペーン楽しんでます。

DSC_4534.jpg
写真はロードディスク24Hの完組ホイール、ハブはストレートプルの専用モデル。
※ストレートプルのハブは単体販売いたしません。

先日思い付きで稟議もすんなり通した
「カーボンリムを買ってインダストリーナインハブをあてよう」キャンペーン

さて、どのように選ぶか。もうBOXを作って、紙を入れて引くという単純な選出で考えていますが、
Youtube?かFacebookのLIVEとかで出来たら良いですね。
MTBのリムもですが、ロードリムも対象となります。

あと再度明記しますと、1本オーダーまたは以前予約して16日~31日までに納品したリムは対象外となります事をご了承ください。
あくまで期間中にお店からのオーダーで弊社が出荷したカーボンリムペアが条件となります。

DSC_4903.jpg

クロモリハードテールですが、RSDの前倒し入荷計画も結局は6月。
Production Privee(以降はPP)の時期と前後するかもしれませんが、決してお互い別ブランドで関連性がないのでご注意ください。

RSDのクロモリハードテールのMiddlechildは、在庫分も含め予約で今の所全て埋まっております。
PPに関してはShan GTのクラシックシルバーとマルティーニカラーはそれぞれSとMとL全て在庫として枠ありますので
ご検討の方は今からでも間に合います★★
そしてフルサスペンションのNo.5はMサイズのマルティーニカラーが入荷します。あとは9月生産までお預けという事で。

スペア部品は142/148mmのリアハンガーとNo.5用の上側のチェーンデバイスを入れます


RSDのハードテールからPPのShan GTに載せ替えるのですが、
RSDのMサイズ感がとても好きなので、それに近いサイズでいうとPPのShan GTはLサイズになるので
デモバイクはLサイズで組もうと思います。
今フォークが140mmなので160mmに伸ばすか今のまま残して新しいフォーク買うか。
来月だし、ゆっくり悩もうと思います。

ではでは
posted by Yuki at 16:31| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

DABOMB・HUCKNORRIS・MUDHUGGER入荷

1558339233120.jpg

朝一でDABOMB BIKESの検品完了。写真のフレーム センチネルは予約分が出て
残り在庫はMサイズのブラックのみとなります。他のサイズと色はまた夏の生産となりました。
275の500gジャストの軽量リムのAdvanceも入荷しております。つるっとした表面ではなくヘアラインが特徴のリムですね。
ホワイト・ブルー・グリーン

あとダートジャンプ用のハイライズハンドルのTacticも入荷!



日曜日から立て続けに取扱ブランドの入荷ラッシュでした。
日曜日=Mud Hugger 本当にイギリスから飛来
月曜日=DABOMB Bikes, 台湾から飛来
火曜日=Huck Norris, 本当にフィンランドより飛来


検品も終わっております。隠れて補充便のPillar spokeは先週到着してますが、
こちらは補充便なので検品はまだしておらず…重量物の塊なので終わってからの棚に入れるのが大変だなぁって

New-Huck-Norris-DH-Tubeless-Inserts-Protector-9814-810x540.jpg


Huck Norrisは今回DHとLを少し多めにいれました。
やはり一番引き合いボリュームがあるのはMですね 
リムインナーが27-35mmまででしたらMが最適です。
もちろんエアーボリュームの一番小さいSサイズも少ないながらも入れてます。
むしろSサイズのチューブレスレディが一番必要だったり!!!!

New-Huck-Norris-DH-Tubeless-Inserts-Protector-9827-580x387.jpg
max_DSC2404_552165.jpg

構造シンプルで、インサートというカテゴリの元祖的な存在で
その後いろいろ出てますが、一度はシーラントを吸うという事も有り、
敬遠されましたが、結局蓋開けてみたら皆ある程度吸ってるのがわかったので
構造シンプル、かつ最軽量という事で見直しでまた少しずつ出るようになりました。

とりあえず本日大雨なので、今日はここらへんで…
posted by Yuki at 16:36| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

EVILの最強トレイルバイク。アガシー動画で紹介されてます。



グラハム・アガシーがEVIL BIKESのFollowing MB
29"の120mmトラベルのフレームをラリーカーのようだと例える所に凄くなるほどって思いました。
クルージングでもなければどんどんモンスタートラックのようにとにかく走破性重視でもない、
自分でバイクに指示命令系統を与えて、動かしていくキビキビな動きをする。

120mm+29”・・・・トレイルに最高ですね♪

ちなみに彼のパークで遊ぶバイクはこちら

1558339040011.jpg

EVIL INSURGENT, パークエディション。
27.5"タイヤ専用のフレームでこれにRSのBOXXER 180mmを入れてます。

無限の可能性を感じさせてくれるEVILBIKES
posted by Yuki at 17:07| 千葉 ☁| Comment(2) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

カーボンクランク調整スペーサー、全閉はダメです

最近多発というよりも定期的にオーバーホールする時期になったからか
時々出るパーツ。これは決して消耗品ではなく、役割として再度オーナの方々に知ってもらいたく
ご紹介します。

DSC_4938.jpg

Formosaのカーボンクランクのノンドライブサイド=ディスク側のクランクの付け根にある左手のスペーサーが
クランクの付け根についてますが、こちらはガタ取りとして機能しています。
クランクは3pcs構造になっていて、軸のボルトは底づくまで締め上げる前提でスペーサーなどで
チェーンラインなどを合わせた際に最後の調整としてこの調整スペーサー=アジャスターで
クランクのガタを取るのですが、

DSC_4939.jpg

写真のように裏側にネジ山を切っていて、クランク側から回してBBに当たったところで付属のネジで固定するのですが、
隙間をつぶしていくのではなく、そのアジャスターが軽く回らないように固定するという意識で固定をお願いいたします。
この部品はアルミで尚且つ細いのであまり強く締めすぎるとパキンと破損してしまいます。
一番はこのアジャスターを外す際にどれぐらいの力加減か覚えておくといいと思います。
万一割れてしまっても在庫あるのでご安心ください、しっかりと価格表にも掲載しております。


DSC_4483.JPG
昨日突如思いついたキャンペーンですが、全くのゼロや1件のオーダーのみとか
いろいろと頭をよぎりましたが、とりあえず1件オーダーありました。このまま2件目が無ければ
その1件目が必然的に獲得者となります(笑)。2件目でも確率は50%。
楽しみです。そしてどのようにしてこのイベントを皆さんと楽しむか…ライブ抽選をするかとか。

ちなみにMTBのリムのみならずロードのリムも対象になりますので、ロードリムでご検討の方も是非是非
宝くじ感覚でご参加下さい。

今日は午前中にいろいろ注文や受注を整理していたら、
いつまで経っても届かない自分のピンクのステムはどうなってると調べたところ・・・・

・・・・根本的にオーダーしていなかった!!!!

そりゃー届かないよな (苦笑)
という事でもうあきらめて自分の目的である35mmクランプハンドル化とハンドル高さを下げる計画を急遽実施。

DSC_4947.jpg

ハンドルはFormosaの31.8mmクランプのライズ30mmのF30から
35mmクランプのライズ20mmのF52ハンドルへ

ステムはFireeyeのTalonAMのフル削り出しのCNCステムから同じ削り出しのI9 A35ステムへ
突き出し量も今回は35mmから50mmへ変更しました。
数字で言うと大きいな変化ですが、実際比べるとほんの少しだけ前方へ移動した感じ。
明日の地元RIDEが楽しみですよ。

自分のハンドルのポジションだしや760mnハンドルカットも含めて1時間。
手を伸ばせば自分だけのコクピットが完成しました♪
どんどんEVIL Offeringに乗って自分色に染めていきたいと思います。

DSC_4952.jpg

では楽しい週末を
posted by Yuki at 20:40| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

インダストリーナインのハブをプレゼントします!

突然ですが、ふと思いつきでやってみようとキャンペーンを思い立ってみました。
それが正解かどうかもわかりませんが、やってみなければわからない。
ならばやってみよう!!!

「キャンペーン」

Formosaのカーボンリムペア購入でインダストリーナインのハブが当たる


FORMOSA MTB.jpg


条件をご説明いたします。


対象期間&条件
・5/16~5/31 オーダー分(期間中弊社在庫リムから選ぶ)
・但し以前予約して今月入荷するオーダー品は除く
・既存の取扱店のみ対象とする。期間中の新規店は除く

対象リム
・MTBリム
・ロードリム
・FATリム


MTBは32H、ロードはリムブレーキとロードディスク 20/24/28H, FATは32H
バリエーションも程よくそろえてるので在庫一掃でも無いし、モデルチェンジでもないのでご安心ください。
抽選基準はカーボンリムに記載されているシリアル番号を6月初めのタイミングで公平に抽選し選びたいと思います。
条件は シリアルと購入店のセット となります。


昔からそうですが、直売はしておりませんので取扱店までお問い合わせください。
昨日Yurisの今年のVersion3の価格表と共に取扱店も最新版にしましたので、
WEBでご参考お願いいたします。

もちろんカーボンリムは高価なものですので、出荷ゼロであれば必然的に企画だおれですし、
1setのみでしたら、これまた無条件でそのユーザーへプレゼントになりますし(笑)

どれぐらい応募あるかもわからないし、やってみないとわからないですね。

MTBなら多分MTBのハブだろうし
ロードであればロードのハブだろうし、ミックスでも大丈夫です。

ちまみに参考として書きます、リムはペアの価格で書きます。

DSC_4483.JPG

MTBリム 108000円
MTBハブ Hydra 82000円
MTBハブ 101 55000円

ロードリム リムブレーキ 96000円
ロードリム ディスクブレーキ 75600円
ロードハブ リムブレーキ 76000円
ロードディスクハブ 78000円

全て税込みの価格となります。


同時に
WEBの価格表と取扱店のを更新してます。
・発売済みの新商品価格の追加
・発売予定の商品 DABOMB、Fireeye、Formosaを先行追加
・XONローター類 300円前後値上げ
・新規取扱ブランド Production Privee追加

以上となります。
ではでは
posted by Yuki at 13:29| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

ディスクロードホイールのバリエーション

水曜日はお店の定番休日という事も有り、それを利用してカーボンリムの検品。
今回はロードディスク用のFormosa(フォルモサ)カーボンリムを検品。

Formosaのカーボンリムは従来のカーボン繊維が見える形状を止めて
去年の夏から全てブラックマット塗装に変更、デカールは全てガンメタカラーにて統一。
Formosaのコンポーネント関係もレーザーグラフィック以外は全てガンメタで統一する形となります。
他のアイテムと喧嘩せずに合わせる事が出来るグラフィック。

DSC_4932.jpg

カーボンクリンチャーでチューブレスレディ対応。
C3825 Discの当モデルは高さ38mm、外幅25mm(内側18mm)
エアー圧の上限は 125psi

カーボンクリンチャーディスクリムの特徴はアシンメトリー形状リム。
2.5mmのオフセット形状となっております。
ディスクハブにより従来のリムブレーキよりディスク側のハブフランジがセンターによるので
左右のスポークテンションを補正する狙いで採用しました。
同じFormosaのMTBのリムも今年から主要モデルは全てアシンメトリー形状を採用しております。

ディスクロード向けにもハブをご用意。 
前後24Hまたは28Hのインダストリーナインとフォルモサがあります。
DSC_4933.jpg
写真はインダストリーナインのディスクロード
前後setで24Hまたは28Hを在庫、他の組み合わせホール数はオーダーにてお受け可能です。

s.jpg
写真はFormosaのディスクロードハブ
黒のみですが、24Hと28Hの前後それぞれありますので、前24H、後ろ28Hの組み合わせも可能となります。

もちろんハブ・スポーク・ニップル・リムと弊社取扱ブランドで一度にそろえる事も出来ますが、
好みに応じて使う事も出来ます。

DSC_4935.jpg


完組のみならず手組で好きな部品を組み合わせ、皆と違うあなただけのホイールも作成する事が出来ます。
posted by Yuki at 09:55| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

レインボースポーク

愛媛県松山市にあります、cycle shop Meets様にて
ホームページ http://www001.upp.so-net.ne.jp/meets/

製作されたホイール。
56369788_570594436765033_5388329548515377152_n.jpg

リムとハブは弊社の取り扱いではないのですが、スポークはPillarプレーンのPSR14レインボーが使用されております。
56894461_798409110536751_944004945185603584_n.jpg
56697026_2118467208243137_289984758622978048_n.jpg

画像提供していただいたオーナー様ありがとうございました!!!

参考にどうぞ
posted by Yuki at 10:46| 千葉 ☁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイパーチャージャー!

PUSHから出たRockshox向けのカスタムパーツの
HC97(ハイパーチャージャー)キット


大いに謎めいた商品だと自負しております。
国内にとりあえずPUSH社の製品発表に合わせて国内に4個入れてみました。
もともとあるダンパーを分解しての交換なので、まずはその該当するフォーク無いとお話にならないキットともなるわけで。
自分のデモを1個抜き取りましたが立て続けに1週間で残りの3つとも出ていきました。
多分出て行った地域が今もっともMTBがホットなエリア?と確信しました(笑)=これホント

IMG_20190511_053951_6.jpg


GW中にパーフェクトすぎて、1本で乗るのやめたEvil Offering & HC97+ACS3 はさすがに一度だけはまずいので
土曜日ちょっとだけ地元の里山(←平野なので非常に物足りない)を早朝散策。

IMG_20190511_053931_6.jpg

会社と自宅は同じ市内で同じ小学校通学エリアなので朝会社へ行って自転車を引っ張り出して散策。
Yurisは千葉県の香取市(旧小見川町)、隣エリアは実際徒歩で測量し日本の地図を描いた伊能忠敬の家がある所です。
これがうちの町の真ん中の景色
IMG_20190511_063511_5.jpg
今の時期だと朝がとても涼しいですね。ちなみに事務所は目の前180度田んぼです。

車でいつも通るけどいつか行って見たい神社。
IMG_20190511_055840_7.jpg

同じ市内にある「戸田神社」という場所でした。階段は83段。

IMG_20190511_055816_4.jpg

脇に急な坂があるのでそこから上がって建築物へ!

IMG_20190511_060423_3.jpg

なんだろう。。信仰とかは特にないのですが、日本の伝統建築物というか、こういった仏閣もそうですが、
日本の建築物の屋根の裏のむき出しの構造の複雑さを見るのが好きなんですよね。
この日も拝めて満足。また市内にいろんな神社あるのでこれから早起きしていろんなところへ行って見たいですね。

メインのHC97ですが、なぜこの話をするかというと海外のレビューサイトでMTB MAGで記事が上がっているのを見ました。
こちら → ★★

本当にどう伝えて良いのかなかなか難しく、こっちの方で感心したのはACS3バネを入れずに純粋に純正のエアバネにダンパーだけをHC97装着した比較を記事にしているところにNICEと思いました。
筆者は最後にCharger2.1を実際使ってないけど、
調整範囲は純正最新のCharger2.1より細分化しているという事に共感しました。

私自身Charger2.1も高速低速系統の付いたダンパーは経験してなく、
低速コンプの1系統のみのCharger2からの換装ですが、
感じたのは純正のCharger2ではコンプ全開放だったのがHC97入れてから、PUSH社で公開している推奨よりも少しコンプ弱めてますが、コンプをかけてる設定に落ち着いてます。
これから言えるのは純正で全開放状態でこれ以上コンプを緩く出来ない部分をHC97にする事により、
更に開放側に振れるようになりました。あとそれ以上に微調整が出来るようになったことですね

実際ふじてんで走ってて、目線が凄く安定してて、接地感が凄くわかりやすいです。
ただこれはACS3バネが入っているのでこちらの影響もあるかもしれないし、ダンパーの性能?車輪の性能?
ダンパーと車輪を275から29”へ換えたのでとにかく非常に高レベルな安定度に変わったのは事実です。

w1200_ba6c_HC97_Quick_Satrt-1600.jpg

HC97は動きの性能を司るパーツにはなりますが、仕事としては「無駄な動きの制御」で認識しています。
素早い反応と微振動をどうライダーにとってプラスになるように特性を変更していくパーツでしょうか。
でも、速く走る為のセットと楽しく走る為のセットは違うんじゃないかと思っております。
サスペンションのプロでも技術のプロでもないので、
感じるままにお伝えしてますが、その中で参考して頂けたら嬉しいです。

HC97とCharger2.1の差はというと、2.1を所有してないので正直わからないです。
これは今後MTB市場の大きい世界のライダーのレビューでわかるとして、
弊社にとってですが、HC97のメリットは PIKE, LYRIK, BOXXER = 120-200mmの守備範囲に対応してるという事ですね。

調整範囲の変化はというと
フル開放はもうそれこそACS3だけの動きからフルクローズのロックまでを28クリック(←最低保証クリック)で制御出来ます。

HC97と29”を知るためには、もっと週末EVIL Offeringを引っ張り出して遊びに繰り出そうと思います。
PIKEへの対応ですが、残念ながらノンブーストへの対応はしておりません、恐らくCharger1ダンパーだからだと思います。
w1200_cdaa_Pike_Fit_Guide_HC97.jpg
PUSHのWEBに掲載されておりますが、フォークの仕様のステッカーをご参考下さい。

またはダンパーを引き抜いて、赤のロックリングであれば装着可能ですね、こちら↓
DSC_4859.jpg

ではでは
posted by Yuki at 09:12| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

いろいろ忙しいこの季節?

ゴールデンウィークも終わり、消耗部品もちらほらと。
そしてもうすぐ梅雨の季節にも突入。

昨日はProduction Priveeの予約締切、皆さんありがとうございました。
本日責任を持って輸入業務を果たしたいと思います。

そして同時に昨夜RSD BIKESのハードテールクロモリフレームのMiddlechild(ミドルチャイルド)
予約分を抜いた在庫分も含めて売り切れとなりました。


51868948_2006747429432443_1732707948871811072_n.jpg

去年の小さな臨時便を抜いて恐らく大きな便は1年に一度という扱いとRSDの方針で行くと
小さな臨時便が無い限り今年予約分と在庫分完売…!嬉しいような悲しいような。

まだ入荷もしてないのですが。。ただ長期予約でご迷惑をかけている分、キャンセルもあるかもしれませんので
仮にキャンセルが出れば在庫として上がりますのでその際はまたこちらでアナウンスしたいと思います。

650yuris.jpg
写真 akibainu様より

長年来てた黄色のDABOMBジャージからi9のジャージにスイッチ。ヘルメット塗ろうかな。。
バイクはRSDのMiddlechildのMサイズ。

RSDのMiddlechildのMサイズ Reach&Stack = 448:619
PPのSHAN GTのLサイズ Reach&Stack = 428 : 648

RSDに慣れているので、もし自分がPPへ乗りかえるとしたらMではなく、Lサイズかなぁ。
と妄想を膨らませております。
PPのLサイズはRSDのMよりもシートチューブが10mm長く。BBは約10mm下がる。
まぁ〜乗ってみますかね?

Shan GTは自分が実際試乗したクロモリハードテールの中でリアがしなる(バネ感)バイクの3本指に入るフレームですし楽しみです。
3本の中で弊社取扱のBTRのRanger、Shan GT、C社の15万前後のフレーム単品売りのクロモリフレーム
あくまで自分の感想です。RSDはクロモリではあるけど、
スライド式チェーンステーでしなるというよりも旋回性能と安定性をいじれるかな
275+で遊んでとても楽しいバイク。


そして最近また言われ始めたのがHuck Norris

DSC_6936.jpg
Cush-Core-Huck-Norris-Comparison.jpg

huck norrisのセンセーショナルなリリースから早2年、その後いろいろ他社から出て選択肢が広がりましたが、
去年はすっかり細々な国内流通でしたが、ここ最近見直しがあったのかまた少しずつ出回り始めました。
グリップ性能を加味する商品もあったりしますが、

一番の目的である「パンクを防ぐ、リムを守る」を満たしつつ装着簡単で軽量なハックノリス


という事で在庫の切れたイギリスのフェンダーと共にもう一度フィンランドからハックノリスを入れたいと思います。
今回はS・M・Lの他にDHも入れます。

レビューは海外サイトのこちらに載ってますのでどうぞご参考ください。
参考サイト ⇒ ★★


今月入荷予定となります。
イギリスのフェンダーのMud HuggerとフィンランドのHuck Norris

DSC_3896.jpg


posted by Yuki at 10:57| 千葉 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Marc BeaumontはEVILに乗っています。

プロMTBライダーMarc Beaumont(ボーモント・マーク)がEVIL BIKESの
Wreckoningに乗ってる画像を発見!!!!


1557269389636.jpg
posted by Yuki at 10:15| 千葉 ☀| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

PPの2019予約期限は本日まで。

こんにちは、
昨夜機械式時計をばらして、いろいろ弄ってたら針がグラグラとフリーになって
一瞬焦りましたが、素直に工具を発注してちょっと気持ちが落ち着かない本日の私です。

超タイトスケジュールの中、新たに展開し始めるProduction Priveeの2019年モデルのオーダー期限が今日となります。
ご希望の方は早めにお店にてオーダーお願いいたします。
58574549_2340413482873604_2873490557345202176_n.jpg


今日は淡々と業務のお話をします

Push_Charger_Damper_2000x.jpg
PUSH HC97(RS向けのコンプレッションシステム)今週完売。また次の輸入で入れます。
GW中にふじてんで乗りましたが、ハイブリッドコイルのACSが入ったPIKEにこのHC97を入れて走ってみました。
DSC_4874.jpg

突き詰めればいいんだろうけど、当日3台持って行ってたので、このHC97を搭載したEVIL Offering、同時に29”車輪化したのもあり
走りがスムース過ぎて尚且つ車輪径なのかどんどん加速していく。
ダンパーに関しては推奨設定より若干開放気味ですが、それでも純正のChargerよりもコンプが強めに聞かせる事が出来ます。
少し地元の里山で走ったりしたので、大幅なバランス崩れもなく終始安定した視界を確保できたライディング…
つまり安定しすぎてレベルが高すぎて。。このバイク実はダメじゃなくて優秀過ぎて一回でお腹いっぱいになって他のバイクにスイッチしました。
多分当日ハードテールを一番自分乗ってた気がします(笑)。



57382183_2500628706655252_8786817387497259008_n.jpg
58384040_2500628696655253_722634616988499968_n.jpg


Dabomb Sentinel(センチネル) 27.5+
今回が第三ロットとなります。最初の第一ロットは275+なので29”の可能性を確認として装着で29*2.2”でシートステーのガセットに当たる事がわかったので、第二ロットからそこを少し改良した形で、275+/29”が出来るようにフィードバックで改良してくれましたDABOMB社
何より素敵なのは275+/29”の流れでBoost規格の中


Dabomb Sentinelは後ろが142mm*12mm
尚且つ価格は税込みで54000円


で実際組んで去年乗ってみたら、アルミフレームにも関わらず思いの他リアバックが柔らかいフィーリング
アルミパイプで尚且つスクエア形状なので凄く硬いというイメージでしたが、カッコいいから組みたくなって組んで乗ってみてびっくり

何事もイメージ先行は良くないですね

そんなSentinelフレームは今月入荷する予定です。
残念ながら写真にあるフレームのほぼ東南アジアの某代理店のオーダーでほぼ80%以上そこに行くそうです。
日本に来るのは予約分と恥ずかしいながら在庫はMサイズのブラック1本のみ。
次は7月の仕上がりとの事なのでまた数か月後でですね。

※DABOMB Sentinel のフレームは142*12mm QR Axle標準で付属いたします。



Dabombの新商品もあれば、Fireeyeの新商品。そしてやっと見つけたMTB用の275/29のアルミリム!
いろいろやりたいですね。

まずは 価格表を更新します。

posted by Yuki at 10:32| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

46/30t グラベルロードに?

ShimanoのグラベルロードコンポーネントGRX発表がなんという自分の中でタイムリー
去年の秋でコンセプトがチラ見せして、あとは弊社の輸入怠慢により
本来であれば先月末到着がGWをじっくり過ごしたく、昨日到着しました。
Formosaのロゴ入ってないけど、形にしました。

ロード向けのPCD110の4アームと5アーム用のフロントローギア
46/30t


DSC_4924.jpg


形にはしたけど、さてさて需要は!?MTBのフロントが小さくなってスプロケが大きくなっていく流れがあるので
きっとロードもそんな流れがいつかと思って、有ったら面白いだろうなぁという興味本位。CNCだから出来るしね

DSC_4918.jpg
DSC_4923.jpg
5アーム用

DSC_4921.jpg
DSC_4922.jpg
4アーム用


GRXコンポを買い揃えるよりも、今ある物でちょっと変えていくのもありではないでしょうか?

興味有ります?
posted by Yuki at 09:00| 千葉 | Comment(2) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする