2019年04月22日

ハイパーチャージャーダンパー導入しました。

金曜日は業務をほぼ潰しての手順の確認も含めて、RockshoxのPike(Charger2仕様)に
PUSHから出ているシムレス構造のハイパーチャージャーのHC97を装着いたしました。

自分のフォークが適応するかどうかはまずダイヤルにChargerという文字がある事を確認。
52046.jpg


次にダンパー側を少し露出させて、プラダー部分の下にある金属リングが赤かどうかを確認。
DSC_4859.jpg


赤であればめでたく取り付けが可能となります。
取り付けた状態がこちら
DSC_4872.jpg
上下にダイヤルが有る状態で誇らしげに「P」の文字が刻まれております。
クリックは仕様ではハイコンプとローコンプ共に28クリックとありますが、
ローコンプは位置関係の設定で28クリックにする事が可能です。(取り付け後に出荷時のクリック数に対して加減調整)
ただハイコンプは製造上の公差で最低28クリックでの保証となります。ちなみに弊社在庫物は32~34クリック。

DSC_4868.jpg
装着した状態がこれ!!!ってそもそもフォークの内部の構造変更なので外見は先週のとなんら変わりがありません。
ちなみにこのOfferingはサイズMです。
私自身身長180cmで、装着しているドロッパーは125mm?だったような。
それでも写真の状態でも足に余裕があるのでMサイズでも足つき性抜群のEVILフレームだと思います。
見た目は大きいですが、またぐと意外とコンパクトです。

DSC_4874.jpg
せっかくのタイミングもあり、29”のホイールを導入してみました。
インダストリーナインのTRAIL270(リム内幅が27mm)のモデルをチョイス
タイヤは前が2.5”で後ろが2.4”。もちろんハブは第三世代のHydra(ハイドラ)の690ノッチです。
29”なので尚更少しの動きでジリジリとサウンドします。

もちろん今回はレインボーホイールでの反省を込めてハブはシルバー。
で明るめの配色であるピンクを導入
IMG_20190421_110510_9.jpg
新しく導入した携帯のカメラ性能もなかなかのシャープ感!!!!

HC97Render_2000x.jpg
肝心なハイパーチャージャーですが、クリックがとにかく上下共に動作軽いです。
全閉するとロックアウトですかというぐらい、オイル回路が遮断され、左レッグに入れたコイルである事を忘れさせられます。
もちろんこんな状態で使いませんが。。。

幅広い調整で数クリックで違いがわかるような繊細な体感機能は無いですが、
それでもいつも以上に多めにクリックする事による違いはしっかりと体感出来ます。
何よりもクリック動作が軽いので気軽に調整出来ます。
5クリックずつ探っていって、3クリックずつ減らして、と徐々に減らしていってスウィートポイント探せると思います。
このキットにはリバウンドのバルブをシムレス構造に合わせての再設定シムが付属しています。
コンプのみならずリバウンドもPUSH INDUSTRIESの考えるダンパー機能をディーラー側またはUser DIYで作り出すことが可能となります。

Climb、Trail、Decendと3段階の調整で物足りない方、または私と同じようにそもそも1系統のコンプしかない方で
Charger2の上のグレードまたは最新のCharger2.1へスイッチを考えてる方。
オーバーホールついでに是非ご検討くださいませ。

対象フォークはPike、Lyrik、Boxxerと対応しております

1555893650351.jpg

HC97 サポートファイルもPUSHで掲載されております。
https://www.pushindustries.com/pages/hc97-support


Rockshox Charger Disassembly INSTRUCTION
→既存のRockshoxのチャージャーダンパーのバラシ方

PUSH HC97 Assembly INSTRUCTION
→HC97をばらしたチャージャーダンパーとドッキングする手順説明

HC97 rebound tuning Guide
→ダンパー組みつけの際のリバウンドのバルブの並びの変更説明
 ノギスで直径測れば大丈夫ですが、ノギス無い方はこのファイルを等大印刷してください
 Weight Rangeはポンド表記です。


↓↓ここ大事↓↓

全てのファイルに必要工具が掲載されておりますが、バラシてみて一番注意が必要なのは
10”(=25.4cm)の延長ソケットでしょうか。
ソケットレンチは1/4(=6.35mm)の頭を推奨します。

こちらはRockshoxのChargerダンパー分解する際にカートリッジチューブに延長ソケットを入れて
コンプレッションボルトを外すのに必要とします。
特殊工具ではないけど、意外と延長ソケットここまで長いのはあまり無いので、
作業する前に一度ご確認くださいませ

※エア抜きの際はリバウンドもコンプレッションもフル開放で


posted by Yuki at 09:53| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする