2018年05月31日

リムも変わればタイヤ形状も変わる

昨日RSD Bikesが入荷しました。
そして無事全て出荷しましたので今日はYuris保有するデモ機を製作します。
というよりも弊社はフレームではなく完成車で購入しているので7部組。

今回のクロモリハードテールは世界で日本が最初の市場デリバリだと思います。
カナダへは船便で昨日スケジュールを聞いたら6月下旬との事で、今は太平洋のどこかでぷかぷか運航中ですかね
今日は本州到着、明日は明日営業または本州以外のお店に到着する予定です。

ホイール@リムはSun Ringle Duroc 27.5x50mm
外幅50mmの内幅46mm


33964660_10216507779755069_3397057949879762944_n.jpg

33964982_10216507781075102_5353840716315361280_n.jpg

完成車についてくるタイヤはMAXXIS DHF&DHR 27.5*2.8"

33990123_10216507780235081_4141194770879873024_n.jpg

リム(外側基準)太くても今まで35mmだったので50mmは相当大きく感じました。
何より同じ2.8のタイヤサイズでも35mmと50mmでは形状があまりワイドさにちょっと戸惑いも
せっかくだしちょっと完成車の装備品でなるべく遊んでみようと思います。

springMB.jpg

早朝にちょっとだけ事務所の周りをお散歩。
こちらも今日少しだけ部品交換予定。
ROCKSHOXのYARI、PUSHのコイルキットからRSDの完成車についてきたPIKEに交換して
YARIフォークをRSDに移植して、このEVILを一度前後エアーに戻して体重変更可能な試乗仕様に戻します。
posted by Yuki at 08:58| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

このスペーサーの役目

ロードであればほとんどの方知っておりますが、MTBではまだ知らない方もいるのかな?と思い
小さな部品ですがこの役目をご説明。

DSC_1200.jpg
写真はFireeyeのRHシリーズ(リアハブ)

矢印にあるシマノフリーに付属されているこのリング。弊社Yurisで取扱のハブだと
・DABOMBのSTRAFEシリーズ
・FireeyeのRHシリーズ
・インダストリーナインのTORCHロードシリーズ
・Formosaのロードハブシリーズ

DSC_1108.jpg
写真はインダストリーナインのTorchロードハブ


4種類のハブに付属されております。
ハブメーカーの生産による共通化の都合と私は推測しております。
これが付いているMTBハブ(DABOMBとFireeye)はロードの11速のスプロケ仕様に対応する形状と思って頂ければいいと思います。

・DABOMBとFireeyeはMTBのスプロケを装着する際に付属のスペーサーを最初に入れてからスプロケをつけてください
・インダストリーナインのロードハブ。11sの場合はスペーサー不要。10sの場合はスペーサー入れてください
・Formosaのロードハブ。11sの場合はスペーサー不要。10sの場合はスペーサー入れてください


ほんの小さな厚み1.85mmのスペーサーですが、ちゃんと意味のある部品です。
posted by Yuki at 10:16| 千葉 ☁| Comment(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

明日に向けての準備。

明日いよいよRSD BIKESが弊社に到着してまいります。
今回はフレームだけですが、その占有する空間ときたら、いや、来た物はデモ車以外は全て出ちゃうので
正確には終日検品DAYと発送になるかと思います。

今日はそれのための倉庫整理、あと載せ替えに必要な部品の準備
DSC_2596.jpg
RSDのMidllechildの受け入れと新しい別のデモバイク導入するのに今回はこれをバラスことにしました。
写真はばらしたあとです。BTR Fabrications, Ranger


そして解体した事により、フロントサスペンションのストックが増えました。DVO社のダイアモンドが2本。
両方ともブーストですが、これのどちらかを次のEVILの車体につける?と思いますが、
はたまたPUSH INDUSTRIESのハイブリッドコイルキットに対応するフォークにしようかその時が来るまで贅沢な悩みを使用と思います。
650DVO.jpg



それにしても今日は車体のバラシ作業からスポークカット(3台分)と発送をこなすとなかなかの、というよりも久々の肉体労働でいい汗かいてます(笑)


弊社取扱のPillar Racing Spoke社のスポークはプレーンのステンレスとチタンは全て310mmで揃えているので
基本カットできるお店様が主に使用いただいております、または有料ではありますがカットサービスもご提案しております。




DSC_2532.jpg
ちょっとだけ首曲がりが強いプレーンスポーク翼状断面のエアロスポークで従来より新しい技術のピラースポーク

気になる方は弊社のブログのカテゴリに有ります。「Pillar Spoke」をチェック
こちら→ http://yuris.seesaa.net/category/23658426-1.html


そして今日の納品でなんとか間に合った。愛知県にあります。「バイシクルショップフリーク」様のストライダー用ターボなアイテム
DSC_2535.jpg
が入荷しましたのでこちらは本日発送。

一昨年から弊社の方で仲介業務も有り、フリーク様(WEB=https://bicycleshop-freak.jimdo.com/)から供給先公開OKと以前いただいておりました
改めて今回ご紹介させていただきました。

今までベースハブを元に小さなモデファイから構造変更へステップし、今回はフルオリジナルデザインと内部の構造変更にて
従来より効率よく、尚且つ外観によるスパイスを効かせて製作いたしました。
詳細は言いませんがうなぎ登りな流通量で私自身がびっくりしております。
今回のストレートプルのオリジナルハブにもいろいろな拡張性を盛り込んだデザインにしてますが、
多分・・・・多分ですが・・・・あと数台分で売り切れかまたは売り切れになったかと思います。

子供にストライダーを走らせてるお父さんお母さん。。
このホイールは本当にすごいです(笑)。単体ハブの状態で既に激しく回ってます。
是非期待してください。

かなりの勢いで成長中の ストライダー向けホイール FUSIN 


さて私はというと明日に向けての準備にこれから戻りたいと思います。

ではでは
posted by Yuki at 17:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

新型XTR搭載車

33684813_10216482502563155_909252908799754240_n.jpg


EVIL BIKES, WRECKONING


先週のシマノXTRのプレスリリースでSNSなどでは大いににぎわいましたね
Pinkbikeでの紹介記事はこちら
https://www.pinkbike.com/news/first-look-shimanos-new-xtr-m9100-is-more-than-just-12-speed.html

その記事の最後に出てくる画像と新型XTRが搭載されたEVILの上の画像。
ドロッパーはBIKEYOKEのREVIVEが使われてます。

まだ多くは語れませんが、EVIL + XTR です。


32699912_10156153888635953_6925347706365804544_n.jpg
posted by Yuki at 11:47| 千葉 ☁| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

RSDのクロモリフレーム来週入荷

RSD BIKES



p4pb15713581.jpg



デリバリのスケジュールは予定通り、ただ予想外の割り当てで今回残念ながら100%割り当て不可でしたが

弊社はフレームではなく完成車という枠で導入致しました。RSD社はフレームと完成車ではっきりと分けている為であります。

ここら辺は残念ながら従うしかないと思います、初便を全て発送して手元にMiddlechildがないんも格好つかないので

最初は抵抗ありましたが完成車を導入しました、本当はフレームで導入して弊社のありとあらゆる部品を装着して作りたかったけど

たまには他社ブランドの部品をつけてテスト試乗ではなく所有して違いを知るのも悪くないですね。


完成車だとこのようなイメージとなります。

価格的には税込み40万ちょいのハードテールになると思いますが、

装備品を細かく見ていくと結構豪華な装備



1527209165766.jpg


Frame: 27.5+ Cr-Mo 4130 Double Butted and Heat Treated

Fork: Pike RC 110 Boost with 140mm Travel

Headset: Cane Creek ZS-44

Handle Bar: Race Face 35mm Turbine R 780mm

Stem: Race Face 35mm Turbine 50mm

Grips: Lizard Skin Northshore

Front Wheel: Sun Ringle Duroc 27.5x50mm Front 15x110mm Boost

Rear Wheel: Sun Ringle Duroc 27.5x50mm Rear 12x148mm Boost

Crank: Race Face 175mm Turbine Cinch DM

Chain Ring: Race Face 30T NW Ring

BB: Race Face 73mm BSA

Chain: KMC X11SL

Cassette: Shimano XT 10/46T 11spd

Rear Shifter: Shimano XT 11spd

Rear Derailleur: Shimano XT 11spd

Brakes: Shimano XT 4 Pistons

Rotors: Shimano SLX

Saddle: WTB Koda 142mm Comp

Seat Post: Race Face Turbine / KS Lev Integra Dropper

Rear Axle: SRAM Rear Maxle Lite 12x148mm

Tires: Maxxis Minion DHF 2.8 and DHR II 2.8 3C Maxx Terra EXO TR


RSD-middle-child-275-plus-trail-mountain-bike-04.jpg

フレームから組んだ方ならわかると思いますが、結局フルサスペンションとのパーツの差異は無く、
フレームの金額で総額が決まってくる。この意味なんとなく理解いただけるかと思います。
当然単品組みより完成車の方がお買い得感が無いと意味ないので、上記のスペック、タイヤ・コンポ・フォーク・ドロッパー
はたまたRaceface社のコクピットのグレードでこの車体のスペックがどんなものかお判りいただけるかと思います。
まぁ~とりあえず自分で乗ってみますよ♪ 個人的に楽しみにしてます。

あと欲が出てEVIL BIKESを取り扱う際にちらっと意味深の言葉で「悪魔に魂を売り渡すためにも有る物と引き換えに」と
それらしき言葉を書きましたが、乗ってみたくて作ったファットバイクを売却して仕入れ資金に回したのですが、
やっぱりあの独特な感覚が忘れられずに欲しくなりまして、それがたまたまRSDのラインナップにあったので余計にちょっと背中をポンポンされてる感じがしてます。

1523999468811.jpg

モデル名は MAYOR(メイヤー)
アルミ素材のファットバイクですが、ローフィニッシュ・・・・。はたまたチタン素材の MAYOR Ti


1527208930496.jpg


ある程度ラインナップの価格は決めましたが、心の準備と言いますかまだアナウンスする自信もなく
純粋にまず自分が欲しいだけ。。

話はそれてしまいましたが、RSDのクロモリハードテール MiddleChild は来週日本上陸します。
1便目だけ台湾より出荷なので、実質本社より早いデリバリ(笑)。2便目以降または他のモデルは全てカナダのトロントより輸入となります

1527208959079.jpg

RSDのアルミフルサスペンション WILDCAT
リアトラベル 123mm
フロントフォーク推奨 150mm
という前が長めのフォークが特徴のフレーム。
これにもローフィニッシュカラーがあるんです。

posted by Yuki at 10:27| 千葉 ☁| Comment(0) | RSD Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

気分次第と新しい挑戦への迷い

本日は仕事なく流せる日々かと思いましたが、発送関係の仕事が今までかかってしまいました。
WEBの更新はもう時間外の仕事しか受け付けてくれなさそうです。WEBやるのに苦は無いのですが何せやる時間がないですね、苦笑。
さてここ数日で新規で新しい代理店が関東から九州まで幅広く追加になりましたので近日中にご紹介できればと思います。
「Formosaのロードホイールが気になる」と切り出していただいたお店さん、どっちかというとロードは
弊社の取り扱いでいうと20%ぐらいですが、嬉しく思います、精一杯ご提案したいと思います。

そんな初回オーダーやちょっとした量の有るオーダー、はたまた超細かいオーダーへの感謝または報復((笑))として
ステッカーを添付させていただいております。これはもはや気分次第です。
DABOMB BOYのステッカーは終わってしまってFireeye小僧しか残ってないですが、このデカイシール貼ってるとこがあれば激写したいですね
sticker fireeye.JPG
欲しい方はお店へリクエストしてください。当然・・・・リクエストするからには・・・・弊社商品のご購入を♪

あと自称@超レアですが、Yurisステッカーもあります。超小さいですが…

sticker yuris.JPG

代理店の名前のステッカーなんて欲しい人は相当のマニアだと思います。これは公表もしてなければ
突発的にYurisリクエストが無いと出してない超レアステッカー
これは…欲しい人はいないと思いますが、どうしても欲しい方は…これまたお店まで。。。

これとは別に最近Formosaに新しい波を吹き込もうと思っておりますというよりも吹き込みました。
なのでアパレルもそのうちTシャツも作りたいです。気持ちよく着てもらえるような物にしますよ。
ジャンジャン来てもらって、ぼろくなったら拭きタオルにでも使って酷使してもらえると嬉しいです。


posted by Yuki at 16:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DabombカーボンDHフレーム

DABOMB BIKESにもカーボンフレームの波が、今回は2種類のうちの一つ
ダウンヒル専用カーボンフレーム
BUNKER BUSTER
前からXCハードテールで有りましたが、今回はなんと…フルサスペンション
33189382_1879694602082002_1197008192849051648_n.jpg

近年のエンデューロやトレイルの進化が著しく、走破性の高いダウンヒルフレームのシェアがしぼみ気味ですが、
それでも絶対に越えられない壁というのは存在しているわけで…優れた走破性能、そして速く走る為に特化されたジオメトリ
重さはある程度ありますが、高速域における安定性と剛性をうまくバランスしていかなければならないという非常に高いレベルを求められるカテゴリ
ある意味ブランドの名刺ともいうべきか、意地ともいうべきか
今ただでさえ減ってきているシェアに投入してくるDABOMB社も含めた他のブランドは
これはもう「マウンテンバイクへの愛」の表れと私は思います。

33166005_1879693965415399_7961723946250797056_n.jpg

・フルカーボンの27.5”ダウンヒルフレーム
・BBの同軸ピボットを利用した4バーリンク
・ヘッド付近のダブルクラウン向けのラバープロテクション
・ダウンチューブ下側樹脂プロテクター
・チェーンステープロテクター
・リアフェンダー
・ISCG-05マウント

サイズ:MかL
ヘッド規格:テーパード 下49.52mm
リアトラベル:8.5”
リアショック:X-fusion VECTOR AIR HLR L240*TR76
シートポスト:30.9mm
BB幅:83mm
リアハブ幅:150*12mm
重量:4710g(リアショック含む)
カラー:Black/Yellow



BUNKER BUSTER .jpg

ジオメトリは上の写真をご参考ください。

33207256_1879694095415386_6496037167893053440_n.jpg



シーズンはスタートしておりますが、弊社の取扱ブランドの特徴である新作はイヤーモデルに関係なく出す!
そしてそれは毎年モデルチェンジはしないというのが各ブランドに共通する特色なので
ストレートに言うと型落ちを気にせずに長く付き合える。そんな弊社の取扱のメリットとなります。



DHのデリバリは多分そろそろだと思います。
値段も既に告知されてますが、いろんな要素を考慮しつつも決めかねております。




ご希望の方は、価格も含めて取扱店までお問い合わせください。
posted by Yuki at 08:16| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

直感で決めました。

DSC_0255.JPG


XON社の2ピース鍛造ローターですが、基本色は
ブラック・レッド・ゴールド・ブルーの4色
これに弊社の特注で常時在庫としてシルバーを加えての5色展開してきました。

シルバーとレッドの180mmが在庫切れてしまったので、次の入荷のタイミングで補充されますのでご安心ください。

大体シリーズに合わせてか少量だけタイミングが合い次第特別カラーの
・アップルグリーン
・パープル


DSC_0252.JPG


なんと今回もいつもの少量ですが、限定でリクエストしました。
ただし180mmのみ



そして直感ですが、最近のフォークにあるカラーに合わせるために新たに一色を投入します。
こちらも180mmのみといたします。

^F9113495E5EA37BFE5F6B066F98F2CC67369E6A568380614F0^pimgpsh_fullsize_distr.jpg

そのカラーは既にオーダーかけておりますが、
出荷直前までシークレットカラーにしますか?




DSC_6754.JPG

あと日々少しずつではありますが、FORMOSA(フォルモサ)のカーボンバー 31.8mmクランプのFとF30
ご好評につきローライズのFが在庫切れ・・・・30mmライズのF30が残り数本となっていて
一応オーダーはかけておりますが、あと1か月前後かかる見込みなので検討されてる方はF30現物在庫残り1桁ですがございますので
是非ご検討ください。ローライズのFは残念ながら予約オーダー扱いとなります。
posted by Yuki at 17:29| 千葉 ☔| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

電光石火に対応

9691.jpg

やっぱり休み明けの仕事は痺れますね。
今日は既に入荷2件を受け取り、荷物満載の空間で今日の仕事をこなすのですが、
気が付けば20日過ぎ業界でいう締めの事務仕事。

とりあえず本日は頑張ってこなします。

写真にあるのは、良い意味で迅速な対応、実際は私の勘違いオーダーを修正すべく
単品でアメリカからUPSで飛ばしました。ちょうどいいタイミングでハブのオーダー入ったので
一緒に載せました、タイミングあえば在庫の無い物はオーダーから1週間ぐらい?で入ってきます 苦笑

という事で、準備できましたので本日発送したいと思います。

ではでは、時間が有ればまた今日何か紹介したいですね
posted by Yuki at 11:25| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

PUSHのリアサスインプレッション(トレイルストア様)

PUSHが実際日本で流通して少しずつですが、PUSH INDUSTRIESで
しかもリアサスペンションのELEVENSIX(イレヴンシックス)の問い合わせが来ております。

28c70046b4a14738ade038f2bbecb900.jpg
画像はトレイルストア様より拝借
カラーは オプションのクリア(初代カラー)

皆様が実際見れる「気になるけど実際どうなの?」という答えは東京都にあります
トレイルストア様のブログにて紹介されておりますのでどうぞご参考ください。

https://blog.goo.ne.jp/thetrailstore/e/f095f38a8277f5b9a995f49b8f0ae10d

↑上にインプレッション詳細が掲載されております。

実際また情報サイトVITALの記事もあり、Rockymountainの11.6オーダーもいただきましたが、
残念ながら昨日問い合わせたら、これはまだテスト試験中で、市販性能はまだ出してないとの事でしたのでもうしばらくお待ちくださいませ

s1600_DSC_0431.jpg
写真はVITALより
https://www.vitalmtb.com/community/Danny222,36545/setup,36940
Rocky Mountain Instinct BC




PUSHのリアサスペンションは完成車に装着されるような量産モデルではないため、自社で生産して一つ一つ上の動画のような
性能測定機器にかけて、検査成績書と共に世界に送っております、むろん弊社へも同じシリアル番号の他に各個体の検査成績書がそれぞれについてました。
フォークのオーバーホールも実際作業員(第一検査員)と検査員の二人での管理体制で行われています。

無事検査を通った11.6リアサスペンションはこのような動きで仕事をしていますのでご参考ください。
凄いというよりもこのアングルで撮ればどのサスペンションもこんな動きになると思いますが、装着イメージという事でご参考どうぞ



では良い週末を
posted by Yuki at 15:19| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーザー登録の大切性

本日も朝からEVIL BIKESのユーザー登録をかけております。


DSC_1477.jpg
写真はEVIL BIKES, Following MB, 275+/29用のトレイル向けカーボンフレーム


弊社から出荷するシリアル刻印のある物はアナログながら全てノートに控えております
その対象となっているのは取扱各社の

・フレーム
・ドロッパーシートポスト
・カーボンフレーム
・リアサスペンション(PUSH INDUSTIRES)

・EVIL BIKES, フレーム =3年
・DABOMB BIKES, Fireeye Bikes フレーム =1年
・INDUSTRYNINE カーボンホイール =2018年生産分より生涯保証(品質における)
・BIKEYOKEのドロッパー =2年
・Formosaのカーボンリム =1年
とファーストオーナーに限り保証となります

弊社Yuris開始以来ずっとやってきていて、何かの時にこれを使用します。
保証問題はもちろん、過去に盗難事故の時にもオーナーの了承を得てシリアルの情報公開にも使用しました。

保証を受ける条件として「販売店からの領収書」
当たり前ですが、家電量販店や通販と同じ条件です、必ず領収書(または日時記載のある販売書類)をもらってください。
万一不良等が発送した場合に必要になります。これが無いと保証お受けできないことがあります。


口酸っぱく繰り返し申し上げますが、リマインダーという意味も含めてこちらに記載させて頂きます。


特にEVIL BIKES !!!! オーナー自身の登録、または弊社から登録かけないと保証受けられない可能性が高いのでまだ登録してないオーナーはすみませんが必ず登録をお願いいたします。
弊社又は購入されたお店までお問い合わせくださいませ。

DSC_1482.jpg
posted by Yuki at 11:34| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

RSD Bikesがいよいよ

32705607_1480437912065417_7423011227720220672_n.jpg

カナダのRSD社と連絡を取り、いよいよ25日前の出発との事です。
実は今回全てのオーダーに対する供給が出来ないことをお詫び申し上げます(既に対象店には連絡済み・・・・)
内情を全て打ち明けますとRSD社との契約する前に上の写真の新作クロモリフレームであるMiddlechildですが、
RSDが台湾の生産工場と数量の契約を交わしており、フレームと完成車の数量が既に割り当て契約を済んでいました。
そこに弊社がコンタクトしたという流れとなったのですが、フレームの方がオーダー多く、
逆にRSDでは完成車オーダーの方が多かったので、オーダー出してから帰って来た割当数量が1/4であることに青ざめてしまってました
そんな4月初めから中旬にかけてのの出来事。

なんとかその後いろいろ交渉して再度交渉してしつこく交渉して

なんとかオーダーに対して85%まで枠を増やしてもらえました。なのでそれと引き換えに弊社のデモバイクは完成車での導入に切り替えです。

本当は初回から予約分と在庫分でどーんと輸入しようと思っておりましたが、
今回このような理由で「ザ・85%の予約分」での輸入となります。

力不足で申し訳ございません。

出てくる言葉は「次いつ?」だと思いますが、RSD社カナダに入荷して、出荷で量が有る程度減らないと生産は無いと思うので、
今の所未定となります。←この未定というのは今シーズンとかスポット的な意味合いではなく
減ったらまた次のロットという意味合いとしてとらえてください、但し私がRSDではないので、素直に向こうのスケジュールに従うしかないのです。
その間、時間が有るという事でRSDの他のラインナップも少し取り上げていきたいですね

ご理解いただけたら幸いです。



さてこれから入荷するこのナイスなジオメトリを兼ね備えたクロモリハードテール
275+/29でブーストではありますが、何が凄いって製造がハンドメイド。
同じ台湾生産と言っても、フレームを作っているところはチタンをメインとしている工場でかつ、
量産と言っても各部位の溶接担当ではなく、選任された熟練の人が最初から最後の塗装前までの溶接を担当するスタイルでリクエストしているので
チタンを溶接できる技術&熟練度も含めて考慮すると、台湾のハンドメイドとも言えます。
それこそ欧州でここ1年注目を浴びてるブランドをも手掛けているので、入荷が本当楽しみです♪

275+が今旬ではありますが、冒頭の写真はスペックのイメージとして
実際に29”の2.6のタイヤを履いた時が上の写真となります。

残念ながら今回は在庫として持てなかったので、弊社のデモバイクの他に在庫として保有するお店のみの流通となります。

posted by Yuki at 13:34| 千葉 | Comment(0) | RSD Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カーボンホイールをガシガシ使う

現在お店のプロモーション及び試乗ホイールとして

静岡県 バイシクルわたなべ浜松店 様
紹介リンク ★★

32430358_2038483636364439_5083877858275753984_n.jpg



岡山県 WAVE BIKES 総社店 様
紹介リンク ★★

32687035_2179399042086716_2232036543147540480_n.jpg


それぞれ店頭のスタッフがmy bikeに履いてガシガシ通勤の足またはライド時に使って頂いております。
レースホイールのような剛性ほどではないが、踏めばキビキビと進み、カーボンの微振動吸収性能で乗り心地もよく、カーボンホイールの気軽に味わえるカーボンハイブリッドハブ+ENDURO ABEC5ベアリングを搭載したホイール。
少しではありますが草レースにも対応できるように剛性をupさせられる部分も残しつつ、
ちょっとしたロングライドやサンデーライドがコンセプト。

ホイールを触るそして乗っているスタッフの生の情報が聞けるという事も有るので
是非現在試乗できる
・岡山県 WAVEBIKES総社店
・静岡県 バイシクルわたなべ浜松
・東京都 サンクスサイクルラボ


までお問い合わせください。
posted by Yuki at 13:03| 千葉 | Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ちょっとそこまで

土日は早朝ですが自転車にまたがってきました。
仕事をすればするほどあまり自転車に乗れる時間が無いという、
部品を安く使えるというメリットぐらいで、実際使う時間はないので
結果消費者より安い値段で手にしても実際装着して終わっているのがほとんど。
とりあえず運動も最近まともに出来ないので体力づくりも含めて1時間ほど地元をグルグル。

DSC_7377.jpg
ロードの時の相棒はこちら BTR Fabrications
イギリスのハンドメイドブランドですが、オーダーして1年半か2年越しに作ってもらった希少なモデル
なのでパイプもコロンバスのライフや場所によってデダチャイなどを使い分けたシクロクロスベースのフレームであります。

メインは今でもマウンテンバイクですが、オーダーフレームという事で
リクエストがあればBTRのコンセプトが入ったBTRフレームを作ってもらえます。
但し人気がかなり本国含め欧州で出てしまっているので基本オーダーしてから納期は約3か月ぐらいと予測されます。

DSC04801.jpg

こちらは現在弊社のデモ車。275専用で流行の275+/29ではないです。
2012年当初から今に至るとても寝そべってるヘッドアングル。
今いろんなメーカーのジオメトリがもうこんな感じですが、2013年〜14年当時ではとても話題で国内でいうと
いろんなお店やイベント先で「これフォーク大丈夫ですか?クセ強くないですか?」などの質問をシャワーのように浴びるぐらい受けたか(笑)
同じジオメトリでもパイプの形状や使用される材質で特性がある程度出ますが、
シートポストからエンドに向かってテーパー上に細くなっていくからか、しなる感じというかスナップするような動きをしてくれるフレームRANGERです。




後発でいろいろ出てきてますが、弊社でもまた最新のRSD BIKES、こちらは275+/29に対応する規格フレームで
現代のウェブダイレクト販売のブランドでブランドストーリーというよりも、どっちかというとオリジナルセレクトですね。
フレームのファクトリーも良し、完成車のアッセンブリーの会社も良し、パーツセレクトも妥協しない
RSDって何?と言われると歴史はまだまだ浅く、うまく表現できないですが、私は原石としてとらえております。
日本へはこれから入荷するので詳細はそれからですね。



DSC_6873.jpg

それよりロードの下りの時、BTRのそれはディスクロードなので普通に指一本の力でスピードコントロール出来て楽ですが、
前後の効きが違う事に気づき、普段は堤防沿いであまりスピード調整する場面無いのですが、明らかに違うので
ふと見ると・・・・パッド片側テストするのに換えてたのを忘れてました。
シマノ純正が前で後ろがXONのシンタードメタル。
純正Shimanoはガツンと初期が強めに効くので、後ろはロックしやすいのでXONのそれを装着
シンタードメタルは金属系の摩擦材を高温で焼き固めて製造されたパッドで、メタルの部類に属します。
アタリ付くまではちょっと時間かかりますが、一度ローターに膜がつけば、とても操作性がよく、
ブレーキタッチの特性をリニアに振る事が出来ます。
メタルという事もあり、雨天時の制動も晴天と変わらないですがメタルという事でローターへの攻撃性は強め。

制動力はローター径のサイズをupしていけば簡単に増えますが、
タッチのフィール、ブレーキングの特性などはブレーキパッドで補正していくという感じでしょうか?
サードパーティーなので価格も割安です。

違うパッドを試すことによってもしかしたら悩んでいたブレーキングの手助けになるかもしれません。
posted by Yuki at 17:28| 千葉 ☀| Comment(0) | BTR Fabrications | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

お店で買えるCPカーボンクリンチャーのインプレ 5月14日

32207412_2036727616540041_2459050767609233408_n.jpg

静岡県 バイシクルわたなべ浜松店 様にて
https://www.facebook.com/bicycle.watanabe.hamamatsu/

違うユーザーからのインプレがありましたのでこちらにてそのまま掲載させていただきます。
化粧されてないインプレッションをお店からの発信となりますのでどうぞご参考くださいませ


先日、またまたFORMOSAのカーボンホイールの試乗にお客様が来店されたのでupです😃
マシンはLOOK 566です!
LOOK×FORMOSA…なんの違和感もなくマッチしておりますね😄

オーナーさんは三度の飯より坂が好きなクライマーで、普段は当店で手組みしたChrisKingハブのアルミホイールでライドされてます😋

ライドして頂いた感想は、エアボリュームが増えたかの様な乗り心地の良さが際立つホイールだそうです。
アタックには向いていないので踏み込むよりも回してく方が印象が良く、減速帯等の荒れた路面でも跳ねないので怖くないそうです。
ブレーキもしっかりしてて安心できる要素が多い事からサイクリングベースの「おじさまライダーに最高!」との事😄
やはり税込\118,000という値段的に考えるとイイ選択肢の一つになりますね!
攻めたいならアルミ系を乗ったほうがいいかも?との意見もあるので、総じて優しめなホイールってコトになりますね😃

そんな低価格で十二分な性能のFORMOSAカーボンホイールをバイシクルわたなべ浜松店で試乗出来ますので、気になる方はスタッフまでお声掛けください🙇‍♂️




これと先日アップしたインプレ記事もありますので、合わせて読んでいただければ
大体どのようなホイールかお判りいただけるかと思います。
価格は税込みで118,000円
posted by Yuki at 09:51| 千葉 🌁| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

Mサイズにしました。

P_20180511_095623.jpg

EVILのダートジャンプフレーム
Faction2
ですが、昨日から受け取っているお店さまより連絡があり、
「マットブラックでもこの色は素敵」という評価を頂けました。


P_20180511_095610.jpg

この画像であればわかりやすいでしょうか?下地っぽいのが薄っすら写るような感じが眩しいですね
ステッカー付属してくるのであとは好きにべたべた貼っても良いし貼らなくても良いし、
トップチューブの終わりにEVILの刻印。これだけあればステッカーなくてもEVILであることがわかります。



BTLのバイクは息子の成長に合わせて丁度26”乗れそうなので少し部品を入れ替えておさがりして
Faction2を新しいデモバイクとして迎えるのですが、久々に出会ったダートフレームのサイズ分別。
今回は迷わずMサイズを選びました。
Sサイズとの違いはトップ長のみ、ジオメトリをトリミングしたので、下の写真をクリックして拡大してみてください
1526004900123.jpg


P_20180511_095349.jpg

リアはトラックエンド。
BBはMID BB
ブレーキマウントはインターナショナル

錆はベタ塗り塗装じゃないのでご愛敬という事で

P_20180511_095516.jpg

この角度で見るとチェーンリングを収めるための工夫と
タイヤのクリアランスを確保するためのBB周辺の処理がわかりやすいと思います。

specfaction2.jpg

ヘッドセットが付属してこの仕様となりますが、肝心な重量は昨日到着したお店が実測して教えてくれました。
32238408_1516717281790272_4323046057014460416_n.jpg

EVIL BIKES, Faction2 (ダートフレーム)
Sサイズ 2.18kg
Mサイズ 2.21kg


九州福岡の海月BIKE様ありがとうございます
WEB http://kaigetsu-bike.main.jp/

在庫ものなので、気になる方は是非週末お店まで足を運んでみてください。


そんな私はMID BBとクランク待ち。
posted by Yuki at 11:28| 千葉 ☁| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

PUSH INDUSTRIES紹介ページ完了

アメリカ コロラド州にある
サスペンションカスタムブランドのPUSH INDUSTRIES
ページ紹介が90%出来上がりましたのでどうぞご覧ください。

価格はまだあえて載せてません
残り10%はフォークのメンテナンスサービスとなりますので
こちらを整理してまた後日アップデートしたいと思います。

取り急ぎ商品関係のページが出来上がりましたので
是非ご参考くださいませ

pushwebyuris.jpg
posted by Yuki at 17:20| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EVILダートジャンプフレーム

800evil-faction-2-frame-details-hero-2200x1600.jpg

EVIL BIKES, FACTION2

今日から営業のお店で有ればEVILのダートフレームが届いてると思います。
そして昨日今日定休日または九州・北海道のお店は明日には届きますのでもうしばらくお待ちくださいませ。

問合せで重量を聞かれましたが、残念ながら手持ちの重量計は部品計測用で2.0kgまでなので計測出来ませんが、
手に持った感じですと3kgは間違いなく切っているのでご安心ください。

テーパードのヘッドセットが付属し、シートポストもボルト締めとなっております。
シートポスト径が27.2mmになてとります。
フォークの肩下推奨は482mmとなります。
タイヤは26*2.3”を上限としてますが、BBの規格はMID BBとなりますのでこれだけご注意ください

マットブラックでも少しペイントが透過しているダークブラッククリアと言ったらいいのでしょうか。
激渋な色選択です。そして小さなこだわりですが、シートチューブがトップチューブを貫通させる作りで
こだわりが見られます。


MID BBとそれ用のクランク。BMX系も扱うお店なら選択肢有ると思いますが、
早速MTB系のお店からリクエストありましたので、Faction2向けにスポットで用意した方が良いですか?

リクエストあればご用意します。
ってデモ用に一つは入れるつもりです。

posted by Yuki at 11:03| 千葉 ☔| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

I9スポークの製造工程(レーザーロゴ)

アメリカのノースカロライナー州のアシュビルにある””インダストリーナイン””

最初は母体である切削会社であるTURNAMICS(ターナミックス)の元で、小さな自転車部門という事でハブの製作を開始
徐々にアメリカ国内で認知度とクオリティを上げて、今やアメリカ市場でハイエンドに君臨するブランドと並ぶほどの評価を得ているインダストリーナイン。
弊社では2011年に取引開始し…気が付けば。。今年で7年目。
当初の担当者も今や副社長に昇進し、現在の担当者は弊社で時折アップしてる社内でマニュアルやジャンプをする走れる海外マーケティング担当。
価格表もやりとりする書類もどんどんシステム化され見やすくなったり、どんどん今でも止まらない成長を見せております。
昨日来たオーダー請求書なんて最初の時と比べたら見やすい見やすい事。
どんどん自分の中で雲の存在になっていってますがなんとかしがみついております(笑)。

そんなインダストリーナインが最近インスタグラムで製造工程の動画を限定であげていたりするんですが、
ちょっとリクエストして動画の元をもらい、見れる環境をご用意してみました。

ブログにおいての第一弾はアルミスポークにレーザー刻印をする動画です。



MTBの完組ホイールのスポークは自社で切削で作り出し、自社でアルマイト処理して、自社でレーザーを入れて、その後品管をパスし
ホイール編みまたはスペアスポークとして使用されていきます。

そんなめったに見れないI9のスポーク刻印ですが、私自身昨日見て感動しております。
動画の通りそのまま、スポークの1本1本にブランド名が刻まれている細かさ、完組持っていてまだ知らない人は
是非自分のホイールをのぞいてみてください。

DcOE0bnX0AAVph0.jpg


時々ショップからも質問受けますが、

インダストリーナインのハブのフリーはロードとMTBは残念ながら互換性はございません。
現行TORCHシリーズのフリーの色(ステンレス除く)
MTBフリー=ブラック
ロードフリー=シルバー

エンドキャプもMTBとロードで分かれていて、且つ6穴とセンターロックでも分かれます。
なのでMTBで2種類、ロードで2種類に分かれて互換性はないのでご注意ください。

弊社の標準在庫 ハブ
MTB=ノンブーストとブースト全色を基準として在庫、ただし6穴
ロード=ディスクロードはセンターロック全色28H前後、6穴は黒とシルバーと赤
    キャリパーブレーキは20/24H全色、28Hは黒とシルバーと赤
ファットハブ=190/197mmリア幅の前後でブラックとレッドのみ

完組は一通りのフルブラックでそろえております。

ハブにおけるスペア部品=ほぼ完備!
上記以外のオーダーまたはカスタム物は納期は全て2か月となります。



一言でハブ、金額もそこそこします。高性能なほどメンテはしっかりしないと性能が半減いたします。
メンテのスパンはそれこそ通常のハブと変わらないですが、
だからこそ頻度と環境によりますが、ワンシーズンごとメンテを実施して下さい。
買って終わりではなく、細かい部分まで対応できる。スペア部品が出る
そんなインダストリーナインのサービスを安心して使って頂きたいと思います。
posted by Yuki at 10:33| 千葉 ☔| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

事後アナウンス★5月1日より価格表更新

ゴールデンウィーク挟んだという事もあり、アナウンスが遅れましたが、
弊社の価格表を5月1日に更新いたしました。

一番のタイミングはEVIL BIKES社の5月1日の値上げでございます。
現ラインナップが先月まで税込み39万のところ、今月より41.8万税込みとなりました。
EVIL社の値上げ理由は、事情を聴くとまぁ〜しょうがない納得するしかないのですが、
裏話をすると代理店への待遇は頭45度かしげたくなる内容でしたが、
EVIL社との連携は今凄く良い状態なので、素直に日本にプロモ代表者として変わらず紹介したく思います。

価格更新というのは主にこちら
・EVILのフレーム値上げ(カーボンフルサス)
・未掲載商品の更新
・PUSH INDUSTRY取扱ラインナップ
・Formosaのハンドル +500円ほど値上げと品目追加

主にこのような更新内容となります。 表紙にもわかりやすいように今年2回目という事で、rev.02の表記してますので
弊社の「Price & Data」で最新の価格表をご覧ください。
*商品ページは更新半分ぐらい遅れてますが、まずはDATA情報とイメージ参考程度にお願いします。価格は全て価格表を準拠といたします。
 価格の表記ミスもあるかと思いますが、お許しくださいませ。

DSC_2051.jpg


価格表直リンク
http://www.yuris.biz/catalogue/2018%20Yuris%20retailprice%20rev2.pdf
posted by Yuki at 09:56| 千葉 ☔| Comment(0) | 価格表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする