2018年04月06日

充電中。新しい企画と準備

サスペンションのカスタムとリアショックのPUSH INDUSTRIES(プッシュインダストリーズ)アメリカ
フレームや完成車のRSD Bikesカナダ
の取り扱いを3月に発表しましたが、入荷はとりあえずPUSHからスタートし、RSD Bikesの新作発表のクロモリハードテールフレームMIDDLECHILD275+(ミドルチャイルド)は世界の初便に乗せるために一端4月5日をもって予約締切とさせていただきましたが、一応今後のオーダーは在庫分から割り当てることになりますが、確実に第一ロットで入手したい方は今週いっぱいを目安にお店にて予約オーダーをお願いいたします。
Middlechiild(ミドルチャイルド)の世界展開は5月中旬以降となります。


28059438_1397829440326265_517608350453313369_n.jpg


RSD Bikesが本当に速い対応と話し合いをしてもらえた事で取り扱いを決定したワケですが、事前に知ってる人は取扱決定までの速さに驚かれてるかと思います。

PUSHもRSDもまだ物は入荷してないですが、いろんな質問と自分の理解のためにも相当質問攻めしました。PUSHに関してはサスペンションの事なのでかなり今でも質問してます、多分向こうは「しつこい日本人だな」って思われてるかもしれません(笑)
RSDはMiddlechildの対応幅とセッティングもかなり向こうが出したDATAの意味と推奨セットも頭に叩き込みました。RSDのクロモリハードテールは5月中旬以降だけど、その他のフレームは準備出来次第ご案内できるかと思います。
アルミフルサスフレーム、チタンフレーム、ファットバイクフレーム、グラベルロードフレームとそれのチタンバージョン、とそれらの完成車含む。

弊社のコンセプトは面白いもの、日本に無いもの。必然的に新しいトレンドもここに入ってまいります、そして最近世界の傾向としてブランドその物が直売サイトを用意していてます。ただブランドによってはその国のみの販売だったりする時もあるみたいです。

メーカー・ブランド直販=安く購入出来る。
これは絶対に間違いない事です、ただリスクを挙げるとすれば全て自分で選定してその物を使い続ける限り自分で責任を持つという事になります。

例えば直売を利用する場合(日本に展開されてない場合)
・実物を見れない
・サイズ感がわからない
・国際送料が高い(1個買いこれほど高いものはないですね)
・購入した物の必要に応じての関税
・アドバイスやサービスの情報
・修理品や不良品などの対応
商品単体の値段だけで判断しないでください。送料と税金の見えないものが別途かかります。わからなければ、本日の為替レートでかけて、8%の税金足せば送料抜きで大体の値段がわかります、送料は実は…不透明で…これ以上は言いません、ご自身で答えを探してください。
これらのリスクをすべて了承出来るならば直販もひとつ良い選択になります。

弊社Yurisはそんな直販に負けないというよりも「共存」出来るやり方を今でも模索しております。




☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡




ここまでが思ったことをかき出しましたが、今後のリリースする面白い企画を少しだけご紹介。

FORMOSAブランド
ロード
・カーボン完組ホイール(キャリパーブレーキモデル)
・単体ハブ(キャリパーとディスクブレーキ)
MTB
・カーボン完組ホイール
・カーボンハンドル35mmクランプ ローライズとミドルライズ

ロードに関してはいくつかの取扱店様へは仕様などを公開し、良い評価をいただいてます。
MTBに関しては半ば勢いで考えました。
すでに現物もない状態でオーダーを頂いてるお店もあります、うれしく困ってると同時に同等のインパクトになるんじゃないかと思います

コストパフォーマンスに優れた物。
ワンランクではなくその上の行く(2ランクup)アイテムを目指しました。
今のところ言えるのはカーボンホイールを気軽に導入したい、大手と比べて同性能またはそれに迫るクオリティを気持ちよく導入できる、
そんな欲張り仕様のホイールを来週どこかのタイミングで仕様から発表出来たらと思います。、

某モデルは限定数量ございますので今ロードまたはMTB完組で悩んでいる方は是非来週まで待ってみてください。FORMOSAの完組は破壊力抜群です。

更に一つ先の話もこれから考えます・・・・

では良い週末を
posted by Yuki at 06:24| 千葉 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする