2016年12月29日

営業最終日★Yuris★

昨日で発送業務を終わりにし、今日は今年の最後の営業日。
去年はプライベートで大きな出来事(プラス)でしたが、今年は仕事として大きな出来事でした。
1年熟考&決断した4月末からデリバリーのフォルモサのカーボンクランク
DSC_6578.jpg
170mmのアーム長さをメインに限定で175mmを数set作ったりしてます。
対応BB幅においては 68/73、83、BB92、ファットバイク(170/177と190/197)
3ピース構造だから出来る高い汎用性。そしてスラム規格のダイレクトマウントにより28tまで使用可能
30oスピンドルによる絶対的ダイレクト感。
重量はShimano XTRと同等で価格はそれでいてXTとXTRの間。
素材が根本的にカーボンである事と30oスピンドルであるため、
これにスイッチしたユーザーからは高評価を得られてよかったです。
何より構想アイディアを形にしてくれた取引先製造会社に感謝。
汎用性抜群でとてもナイスです。
DSC_7146.jpg

9月に8年間勤務してきた異業種の会社を退社し、Yurisに専業する事出来事もありました。
イベントや取引先のショップには隠さずお話してますが、
ダブルワーク・二足の草鞋。言い方いろいろですが、
「凄いですねー」と言う方もいれば「仕事軽視してるのでは?」と思う方もいたと思います。
どれが正解かはわかりません、リスクの分散とバランスにおいて自分が決めた事ですから。
最初の1年なんてとてもじゃないですが、とても大変で苦い思いでした。
・1週間に電話一本鳴れば万々歳
・月の売り上げ20万以下。 利益ではなくて売り上げです。

今となっては良い経験です。数字は言うまでもなく想像がつくかと思います。

新しい事に挑戦する時は全て小さな事から始まるし、小さなきっかけやヒラメキだと思います。
Yurisを始めたのは本当に小さなきっかけでした。それを「やろう」と決めた私
それを理解してくれた最終判断責任者、私のストッパー役でもある家内に感謝です。
そして最初からこんな得体の知れないいきなり湧き出た「Yuris」にお付き合いしていただいてくれてる取扱店の皆さんにも感謝しております。

12月にはこれまた苦悩の末決断した「EVIL BIKES」の取り扱い
yuristop.jpg

これは来年1月下旬には日本に実物を展開出来るようにスケジュール組みがんばります。

意外と日中の8時間が空くと結構余裕が出る物です、かと言っても家内が今まで営業以外
検品・発送・経理を全て受け持っていたので、仕事の棚卸が自然と決まってきました。
それまで経理が全く追いついてなかったのでようやくスタート位置立てた気がします。

そんな今年最後の一発!!!
先日の海外出張から引き揚げてきたサンプル。
来年から世界展開するアイテム、先取り
です。
15726731_10211602182678208_2095138091275356261_n.jpg

今年も一年ありがとうございました。

合同会社 Yuris
代表社員 篠塚勇樹


さて…検品作業と事務所掃除
posted by Yuki at 09:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

27日までお休みいたします。

本日は祝日でYurisはお休みですが、明日より海外出張のため
27日までお休みとさせていただきます。
年内に間に合えばまた一つブランドではなく、アイテムが増えるかもしれません。
それはやっぱり「日本にない物」ですね。
既存ではありますが、もう少し仕様をとんがらせた物じゃないかと思います。
そして・・・・その考えも面白ければ、テスト内容もなかなか面白いものです。

evil calling luke.jpg
EVIL BIKESはすでに先週からお休みモードを年内一杯までだそうで。
本国自体の発送は元旦から開始とのことで、もちろんその間のクロモリハードテールや完成車の問い合わせもあり、
すみません、問い合わせても回答をもらえてない状態です。来年進展があり次第すぐにアナウンスいたしますので
今しばらくお待ちください。
写真に写ってるLUKEが持っているフレームは今月初めに発表した275の THE CALLING
リアトラベルは130oで里山にフォーカスしたフレームで同時に26+のタイヤも装着可能。
写真の色は「Angry Dolphin」(アングリードルフィン)

今回はEVILのデモバイクをCALLINGで考えいているので
275のホイールはいつでもあるので、まずは26+を導入したいと思います。
タイヤを探さなくてはですね。

HUCK NORRISの経過観察日記がこじろーさんのブログにアップされました。
先日のChiyカップイベントで表彰台だったりエンデューロシリーズでも活躍するこじろーさん
前回の数回ライドの中身チェックから数か月、また開けての観察です。
気になるHUCKNORRIS、来年もちゃんとおじさんもまたある新しい物を一つか二つリリースするらしいですので
今あるこの低圧、そしてリムを保護するアイテムを是非チェックしてみてください
→ http://joxkoji526.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

では皆さん良いクリスマスをお過ごしください。
dabomb xmas2016.jpg
DABOMBより
posted by Yuki at 09:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

Fireeye楕円リング入荷

Fireeyeから新しい商品
楕円リングが入荷しました。


現行Shimanoクランク向けの BCD96(30tと32t)
希望小売価格 7000円(税込)

FE ovel962.jpg

FE over961.jpg

FE over963.jpg

FE over964.jpg


市場シェア大多数の BCD104(32t)
希望小売価格 7560円(税込)

FE oval 3.jpg

FE oval 2.jpg

FE oval 1.jpg

カラー
ブラック・レッド・オレンジ・ブルー・グリーン・パープル
合計6色
BCD96は 30t と 32t
BCD104は 32tのみ


全サイズ全カラー入荷いたしました。
posted by Yuki at 14:02| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chiy Cupに出展しました。

日曜日は栃木県の足利で開催されたCHIY CUPに出店してきました。
毎回参加人数が少しずつ増えて、運営の関係で今回は定員の100人に設定
一瞬で受付締め切りだとか。
DSC_7116.jpg
出展ブースはこんな感じ

DSC_7120.jpg
集まる場所&広場はこんな感じとなっております

足利サンフィールドマウンテンパーク
http://sunfieldmtbpark.com/top/
イベント終了後、地元のライダーの甘いお誘いを受けて2本ほど、久々に走りました。
地元のいつも走ってる道はもう散策レベルで
こっちは横と縦の動きもあり、トレイル感が凄く有って素晴らしいコースです。
仕事以外でも乗りに来たいです

当日の展示物はこちら
DSC_7125.jpg
DSC_7124.jpg
皆さんに実際手に取ってもらって質感と必要に応じて商品の説明をさせていただきました。

DSC_7144.jpg
単体ハブのインダストリーナインは通常フランジに対して完組版との違いを実際見てもらえるように
同じく展示
DSC_7145.jpg
手に取って触って、そしてこういう組み方も出来るよっていう一例の完組となります。

DSC_7119.jpg
そして出来たてホヤホヤでもないですが、BTR Fabricationsの275用のRANGER
WEBで今19万税込みという値段となっておりますが、すみませんレート下落の関係で
今からオーダーでも少し値段あがります。
イベント終了後実際これで乗ってきました、一応yurisの最新一押しパーツ満載で
もちろんチューブレス仕様のハックノリスついてます。
ここでもハックおじさんは抜群の存在感を放っておりました✨

DSC_7143.jpg
最近入荷したBTLの702、太陽の光にあたる時が有り、とてもまばゆい発色をしておりました。
こちらはDemo車をこれから組む実物であります。


DSC_7146.jpg
Formosaのカーボンクランク
今は 68/73mmBB、83mmBB, BB92 FAT(170/177 & 190/197)まで対応となっております。
3pcs構造なので、スピンドルだけ交換すればいろんな規格に対応できる弊社一押し商品
直径の大きい30oスピンドルで確実の駆動力をダイレクトに伝えつつ、
カーボンの特性で、足への衝撃を和らぐ特性もあり、長距離ライドにも持ってこい一品。
重量もShimano XTRと同等で価格はXTとXTRの間となります。
組み合わせたチェーンリングはいつもFormosaだとつまらないので、
今回はFireeyeのリングにしてみました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
イベントで見かけた弊社取扱のアイテムが搭載された車体を撮ってみました。
参考にどうぞ
DSC_7127.jpg
フレームの色に合わせてDABOMBのDetonatorハンドル 35oクランプ
Fireeyeのハブとリムの組み合わせに
Formosaのカーボンクランク数量限定の175mmがついてました。

DSC_7134.jpg
Fireeyeのハブにホワイトスポーク。
そしてDABOMBのDH向けだけど軽量なリムADVANCE(500g/本)

DSC_7128.jpg
こちらはFireeyeの通常ラインナップから外れた後出しのカラー、イエローの650Btonarimasu.
チューブレスレディ対応

DSC_7139.jpg
DABOMBのEMP Attack
26”専用フレームですが、ユーザーのチャレンジでなんと275が入っております。
結構太いタイヤも入るのを確認できました。メーカー推奨ではないので詳細はここでは言えませんが、
EMP26の方は参考にどうぞ。
凄く乗りやすくなるそうです。

DSC_7132.jpg
FireeyeのDHバイク Burning DH
明暗のコントラストがとても素敵な一枚。やっぱりローカラーは映えますね♪

当日運営のスタッフは地元のSMPを運営する方々で、イベントがストレスなくとてもスムースに運営されてて
素晴らしいイベントです。
スムースに運営するために試行錯誤しての定員があるイベントで
コースもすごく楽しくてMCもうまくて楽しめるイベントとなっておりますので
タイミングが合えばぜひ参加してみてください。
イベント以外でも足利サンフィールドマウンテンバイクパーク
も是非チェックしてみてください。

スタッフの皆さんありがとうございました。
posted by Yuki at 10:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

クリスマスセール5set限定

16:20分にて終了
ありがとうございました。




本気の日頃の感謝を込めて
Yurisのクリスマスセールを実施します。
早い者勝ち。

限定5setのみ

・前後ハブ (前後セット)
・リム2本 (黒2本)
・ペダル 1set
・サドル 1個
・ワイドコグ40t 1枚
・ハンドル 1本
・グリップ 1set

条件詳細を説明

Fireeye2016new-hub-yuris.jpg
ハブは現行の
FH-15
RH-135シリーズかRH-12142

色は 黒・赤・青・紫・橙・黄緑

650B3.jpg
リムは 650B32
チューブド仕様、665g/本
色は 黒

1147650_472570039506406_188672673_o.jpg
ペダルは Hot Candy
色は黒・赤・白・橙・黄緑・蛍光黄

prod_17360.jpg
グリップは Goosebump-R
黒・白・赤・黄緑・紫・茶
   透明ブルー・透明グレーと蛍光黄色

prod_151250.jpgprod_154327.jpg
サドルは どちらかのモデル
上がCUBE,下はFIREWAVE
色は 黒と茶と白

p_1438591977447.jpg
ワイドレンジコグ 40t Shimano用
色は 黄緑・水色・橙・赤・紫

prod_174629.jpg
ハンドルは Blaze788
カラーは 紫とピンク

全て合わせて定価 73520円税込みのところ

クリスマス特価 30000円税込み
限定 5set のみ


直販はしませんので、条件は在庫限りとなります。
カラーは上記で挙げたものとなります事をご了承ください。

以上 

Yurisからのホットなクリスマスプレゼントでした
posted by Yuki at 14:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

EVIL Bikesフレームサイズ推奨

EVIL BIKESのフルサスペンションフレームを選ぶ際に参考として
現地のUS規格で推奨数値がありますが、日本規格に変換してみましたので
お選びの際には是非ご参考ください。
evil-insurgent-jpn.jpg
写真は27.5”の151oストローク、オールマイティの THE INSURGENT

・THE CALLING
・THE WRECKONING
・THE INSURGENT
・THE FOLLOWING
四種類のフレームに全て同じ数値となります。

サイズ S, 160cm〜172cm
サイズ M, 172cm〜183cm
サイズ L, 183cm〜194cm
サイズ XL, 194cm〜


EVIL BIKESのフレームの特徴は先日のブログにて紹介しております
→ 過去ブログ

EVIL-calling-fanatic.jpg
写真は今月12月にリリースしたばかりの275の THE CALLING
131mmストロークで里山やトレイルをよりフォーカスしたフレーム

calling-heist-16-6-16-01.jpg
カラー Angry Dolphin(アングリー ドルフィン)
ミントグリーンのようなテイストでとても澄んだ空気の森の中で乗ると気持ちよさそうな色してますね

calling-heist-16-6-16-03.jpg
クランク周りはとてもすっきりとしていて、リアショックもBB付近にあり
重心がとても低く設計されています

これまでのEVILに関するブログ内容はフレームオンリーの画像で組みあがった画像が無いので
アメリカ本土でEVILを実際販売&カスタムしてる Fanatik Bikeのギャラリーで見れますので
参考にどうぞ https://www.fanatikbike.com/blogs/build-gallery
posted by Yuki at 09:41| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

3つの技術がつまったフレーム

昨日怒涛の入荷の第一弾として先頭を切ったのが
BTL BIKES

DSC_7085.jpg
コードネーム 702 が到着
702の名前はアメリカのエリアコード ラスベガスを示す数字。
毎年そこで開催されるインターバイクの夜のストリートは自転車であふれてそこにインスパイアされてこのフレームの名前が生まれたそうです。

実際入ってきたフレームの箱を開けるとこんな感じで入ってきます。
DSC_7083.jpg
前はプチプチだけの簡易包装で1箱に2本だったのですが、今回は1箱に1本という完全仕様。
小物部品は抜き取り検査をメインに検品してますが、先日入荷したFormosaのカーボンクランクと
このフレームだけは全量検査をしました。
弊社はフレームに関しては全量検査をしております、と言っても基本の凹みやスクラッチ傷とかの確認になるのですが、意外と本数が多くてまだ終わっておりません(笑)。
予約分の出荷分だけを昨日ずっとやってましたのでブログ更新出来る元気がなかったことをお許しください。

出荷分だけ検査して、とりあえず二色しかないのでそれでけだし、最初の2本だけ撮影をしてみましたので
詳細は写真を交えて紹介していきたいと思います。

DSC_7089.jpg
今回はレッドのオーダーが圧倒的でした。比率でいうと黒:赤=1:3な割合でした。
カラーネームは Hot Rod(ホットロッド)
名前のごとく赤く染まった、メタリックなのかキャンディーなのか透き通った赤をまとった702

DSC_7088.jpg
シックに仕上げるという事で赤とは別に艶消しブラック
カラーネームは Black OP(ブラックオペレーション)
意味は非公式軍事極秘作戦。イメージ的になんとなく想像できる気がします。

DSC_7090.jpg
ヘッドチューブの規格は上44下56の現在流行のテーパード規格。
ヘッドチューブに上下のパイプが溶接だけでなく、上と下のパイプも同時に溶接があり、かつ
溶接が右側(駆動側)から左側(ディスク側)にかけて一周した溶接を採用してガッチリと強化させてます。

DSC_7100.jpg
BB周辺もブロックからの削り出しでストリートでの着地衝撃を十分に耐え抜く1ピース仕様
26*2.2のストリート系タイヤが収めつつ、チェーンステー361mmまで近づくことが出来ます。

DSC_7087.jpg
リアエンドはこれまたチェーンステー(下のパイプ)とシートステー(上のパイプ)の交差点に小さなエンドではなく、
ここにCNC削り出しの部品で対応。そしてクラッシュした際のCNCのエッヂによる怪我を考慮し
あえてRを丸めてCNCに見えないですが、CNC部品となっております。
CNCプレート内側の切り欠きは下の写真にあるスライド式変速式ドロップハンガーがパチッとはまるところとなります。
DSC_7091.jpg
こちらも当たり前ですが、削り出しのアルミハンガーとなっております。

以上が702の外見的特徴の説明となります、
私も落ち着いたら赤で一台組みたいと思います。

一昨日アップしたBB92対応のBB画像ですが、
二つのベアリングというのは片側二つずつあるという意味合いでした。
そもそもこの規格のフレームじゃない人とは無縁のアイテムですが、
BB92規格のフレームをこれから組もうとしてる方は、是非チェックしてみてください。
FORMOSAとして出す以上はただの規格対応のBBではなく、ワンランク上の物をセレクトしております。
自信もってお勧めいたします。
29416.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

静岡県のお店 TOXIC WORKS
から素敵な写真が届きました。
20161209154219.jpg

ブログ→http://blog.toxicworks.net/

・インダストリーナインのロードハブ
・Formosa(フォルモサ)のカーボンリム
を使って手組で組まれたホイールをお店のデモバイクにて採用されました
ありがとうございます

手組のおすすめの記事もありますのでTOXICWORKSのブログへアクセスして
是非参考してみてください。完組は完成されているメーカーが推奨する性能
手組は組み合わせる仕様に応じていろんな性能を作り出せる選択肢。
ハブ・スポーク・ニップル・リム。組合せは無限大です

そんな弊社も上記の4点set随時ありますので、是非ご検討の方は
弊社の取扱店までお問い合わせください
posted by Yuki at 09:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BTL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

BB92用のBB入荷

30oスピンドルのクランク向けに
FORMOSA BB92用の30oスピンドル対応のBBが入荷いたしました。
29416.jpg
希望小売価格 6,480円(税込)
樹脂のカップにベアリングが圧入されてる単純なタイプですが、
このベアリングが一つではなく二つ使ってるのがFormosaセレクトな所。
今までカーボンクランクを導入したいけどBB92規格で日本でレアBBに悩まされていた方。
選択肢の充実させた在庫とスペックに拘ったFormosaの「BB92 BB」を是非ご検討ください。

・カーボンクランクも170oの他に175oも少量限定ですが入荷しております。
・170oアームでもよければとにかく83oBB幅に使いたい方へ、83o幅に対応するスピンドルも入荷しております

突然ですが、165oアーム長の需要はございますでしょうか?
予約数が達成すればこちらは型を起こして製作をしたいと思っておりますが、
価格は据え置きで欲しい方は是非こちらのコメントまたはお店までお問い合わせください。


よろしくお願いいたします。

ではじみぃ〜な商品包装作業に戻ります。
posted by Yuki at 15:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

Formosa新商品入荷情報

本日入荷。これから検品します。

新商品
・カーボンクランク 175mm 数量限定
・カーボンクランク用 83mmBB幅向けスピンドル
・30oスピンドル用 BB92のBB

リピート
・FORMOSA ワイドレンジコグ 42t for 10s用 ブラックとレッド

posted by Yuki at 14:43| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デルタリンク@EVIL BIKES

EVIL BIKESのフルサスペンションフレームに共通として全て搭載されている

DELTA SYSTEM(デルタシステム)
evil-tech-delta-detail-hero.jpg
このシステムがこのバイクの最大の特徴となります。

今様々のメーカーが採用するDWリンクを作り出したDave Weagle氏が考えた新しいリンクシステム
DWリンクはマルチリンクベースに対して、デルタリンクはシングルピボットベースとし
リアスイングアームとリアシャスペンションの間にコンパクトなTHE FLIP CHIPというリンクシステムを取り入れることによりサスペンション作動初期はペダリングロスを低減しつつ、中間は俊敏でリニアに反応し、ボトム付近で強いプログレッシブ効果とシングルピボットベースにも関わらず二つのレバー比を実現。

Evil Bikes - The Delta System from Evil Bikes on Vimeo.




そしてもう一つの特徴として上で述べた「THE FLIP CHIP」と「THE FLIP CUP」により
デルタリンクのサスペンションレバー比に影響を与えることなくヘッドアングル・ボトムブラケット高さを変更し様々なステージまたはライディングに適応可能なシステムを搭載。
このFLIP CHIPこそがデルタリンクのメインとも言えるプレートとなります。

Evil Bikes - Flip Chip Instructions from Evil Bikes on Vimeo.


動画のようにリンクボルトを5oアーレンキーで外し、FLIP CHIPと呼ばれえるプレートを180度反転させるシンプルな作業となります。

もう一つ変更可能パートはヘッドチューブにある「THE FLIP CUP
FLIP CUPはFSA社とDave Weagle氏による専用設計で、ヘッドチューブに偏心のカップを使用し、ヘッドアングルを±1度変更する事が出来ます。
(2017/2/2 仕様変更により削除)

Evil Bikes - Flip Cup Instructions from Evil Bikes on Vimeo.



THE FLIP CHIP]と「THE FLIP CUP(2017/2/2 仕様変更により削除)
の反転セッティングによりEVIL BIKEのフレームは4つジオメトリを持ち、よりライダーの要望に応えることが出来るフレームとなります。
posted by Yuki at 10:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

DABOMBの世界はこんな感じ

気が付けば12月。今更しみじみと感じております。
朝=寒い&起きれない+本日寝坊=子供を起こしたり学校の準備とラッシュの朝を迎えました。

今年残すあと半月ちょいですが、凝縮された入荷が待っております。
・数日後にフォルモサの補充便+30oスピンドル用のBB92規格BBと10s用ワイドコグ42t黒
・Fireeye 昨日紹介分の楕円リングが少しと650B30のリムフルカラー在庫Ready
・I9 定期便・・・・オーダー分の完組とブーストハブ補充、ロード(ディスク含む)のハブ。スペア部品
・Pillar すっかり忘れた、多分今日明日届くエアロオーダー物と在庫補充
・Formosaのカーボンリム チューブラオーダー物。
・BTL 来週あたりにフレームとタイヤ


完全に備忘録化してますが、こんなスケジュールをクリスマスまでにこなしたいですね。
I9に関しては本当に25日前後の営業最終日勝負か年末までかかりそうです。
EVIL BIKESそのため12月は予約期間とさせていただいております。
さすがにここまでくるとキャッシュフローコントロールをしなくてはなのでご堪忍を…

DABOMBの今世界でどのような感じでみんなに親しまれてるかをご紹介
まずホームページサイトはこんな感じになっております。
1481159741620.jpg
http://www.dabombbike.com/index.php

弊社が2008年にYurisとして立ち上げて、Fireeyeと一緒に現在まで日本での販売をさせていただいてる
台湾生まれのブランド。商品のテストは欧州のスポンサーライダーやダウンヒルにおいてはワールドカップレベルでランキングでも20位前後、最高10位以内のスウェーデンのWallner兄弟にて行われ、フィードバックと改良を得て商品化されているとてもアクションライディングに特化したアクティブなブランドとなります。
社長自身がとてもパワフルな方で、必要であればすぐにでも世界どこでも行っちゃうような方で、自転車のみならずいろんな分野を見て回って、実は僕の経営の先生でもあったりします。
2008年からずっと付き合って頂き、助言、時には厳しいことを言われたりと、その時はショックを受けますがやっぱり今となっては本当に感謝の気持ちで一杯。もちろん今でも社長含め、迅速に対応してくれるスタッフに感謝

そんあDabomb社が世界でスポンサーしているライダー達や皆さんの活動を写真を通してご紹介
south-africa.jpg
アフリカの代理店から写真で、子供たちにとって初めてのMTBですが、
手頃に遊べるハードテールとして4Xベースのダートバイク
SONIC BOOM”(ソニックブーム)

Robin-C.jpg
フランスのRobin Charpentier、今年の写真
上の写真のフレームで大人が乗るとこんな感じですね

Robin_Wallner_2.jpg
スウェーデンのRobin Wallner, 去年@2015の写真
ダウンヒルレース以外はEMP275で練習してる写真ですね

Luis.jpg
ポルトガルのDabombハードフリーク@Luis Alcantaraさん。
この方とはFacebookでつながっておりますが、ぶれてません★
Dabomb終日DABOMBファンですね。

5.jpg
ペルーでのライダーからの写真

1658602_786588471401475_3390219268084711901_o.jpg
ドイツのスポンサーライダー、LEOPOLD ERHARDT 2015年の時の写真
フレームはハードテールのダートフレーム SONIC BOOMですね

2.jpg
2014年ブラジルで開催されたレッドブルのレース
フレームは前作の26”専用のTSAR BOMBER(ツァーリーボンバー)の限定カラー

10888139_777430732326927_1998555456_n.jpg
フランスのスポンサーライダー ROBIN CHARPENTIER
2015年の時の写真。 使用フレームは”SONIC BOOM”

FunTime_7.jpg
今は乗ってないけどこんな可愛い女性ライダーもスポンサーにいました。
Triinu Laurits

こんな感じでDABOMBは世界広くいろんな人が楽しまれております。
こうして写真として残すと静止画ではありますが、伝わってくる情報一杯ありますね。
フレームのみならずいろんな面白い部品を展開しているDABOMB BIKES 是非

http://www.dabombbike.com/index.php

1481081647659.jpg
横浜のお店 myx様でカスタム製作されたバイク
DABOMBのADVANCEリム
軽量でダウンヒルまで対応する500g/本 のリムが装着されています。
写真ありがとうございました。

untitled(2).jpg
新しいゼリーっぽいグリップ
"Candy Jelly"
ぷるるんとした握り心地@来年入荷予定となります。
posted by Yuki at 11:04| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

Fireeyeの楕円リング

Fireeyeの楕円形状リングやチェーンリングはただのリングではなく
Fireeyeにてガワのデザインをし、楕円に関しては楕円率等を含め
フォーク・ブレーキ・コンポーネントのブランドグループでクランクのリングを担当していたエンジニア!が設計したリングとなります。
キーポイントは”担当していた
で歯と歯の造形のノウハウが生かされた設計となります。

そのエンジニアはグループを離れ自分で会社を立ち上げて、去年あたりから大手から引っ張りダコ状態。
駆け出しからずっとFireeye社がお付き合いして今に至るのでそんなエンジニアが第一号としてFireeyeを選んだというサイドストーリもあったりと。
リング自体は10月台湾の展示会の際に見た時はまだ量産開始でなかったので特に紹介しなかったのですが、
ちょうど今一便を年内予定しているので少しではありますが調整して入れたいと思います。

カラーはもちろん現行展開6色
ブラック・レッド・オレンジ・パープル・アップルグリーン・ブルー

feoval10432t.jpg
重量 41.3g
BCD104, 32t
価格 7560円(税込み)



feoval30t.jpg
重量 50.3g
BCD96, 30t
価格 7000円(税込み)



feoval32t.jpg
重量 58.5g
BCD96, 32t
価格 7000円(税込み)
posted by Yuki at 16:43| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

EVIL Bikes価格

EVIL BIKESの夕方発表以降、結構な反響でびっくりです。
皆さんは嬉しいかもしれませんが私は1か月間悩みに悩んでなんとか突破口が無いかと
日々模索しておりました。結果とりあえず暫定的答えを見つけたので
先週電話で取扱希望の意思をはっきりと示しと承諾してもらえました。

サクッと昨日書きましたが、ここにいたるまでいろいろシミュレーションしたり
国内で情報集めてみたり、プラス的情報もあればマイナス的情報もありました。
とりあえず「やる」と決めたからにはちゃんと責任もってブランドに恥かかせないように頑張ります
何よりも重点的だったスペア部品の供給の流れをしっかりと確認しての決意なので大丈夫だと思います。

既に皆さま本国サイトにアクセスしてわかる通り、EVIL BIKESは直売システムをメインとしております。
なのでアメリカの表示価格もそのまま出ております。
その価格に今現在の為替レート(自分で調べてね)と送料を足して、
最終的に日本に入ってきたら8%の消費税を載せたら自ずと手元に来る値段がわかると思います。
今やネット社会、SNSの発達もあり、誰でも気軽にネットショッピングを海外から引っ張れる時代になりました。
内外差を含め本国の直売システムも有る中での日本国内の希望小売価格となりますので
ご検討ください。

いつもながら 希望小売価格は全て税込表示とさせていただきます。
税抜きにしたい場合は ÷1.08 をすれば税抜き価格が出ます


evil-calling-angry-dolphin-frame-front.jpg
つい6日前の12月1日に発表された新型フレーム
27.5" THE CALLING、リアストローク130o
ブースト規格、27.5”と26+ と29と275+を逆行する
EVILより新しい提案の日本の里山に適したフレーム
希望小売価格 390,000円税込 予定
読み方 「ザ・コーリング」

evil-insurgent-tranny-hero.jpg
27.5” THE INSURGENT、リアストローク151mm
オールマイティーな役割をもつ今世界で最もホットなカテゴリにあるフレーム
後ろは通常の142mm
希望小売価格 380,000円税込
読み方 「ザ・インサージェント」


the-wreckoning-blue-three-quarter-front.jpg
今年の夏にデビューした
29” THE WRECKONING、リアストローク160mm
別名モンスタートラックという称号を与えられたこのフレーム
圧倒的な走破性で275のDHと戦えるスペックとなります。
ブースト規格
希望小売価格 390,000円税込
読み方 「ザ・レコニング」


evil-following-frame-details-hero-2200x1600.jpg
29” THE FOLLOWING、リアストローク120mm
29”の優れた走破性を持ちつつトレイルで俊敏な動きを実現するプログレッシブなジオメトリを持つフレーム
後ろは通常の142mm
希望小売価格 350,000円税込
読み方 「ザ・フォローイング」

evil-chamois-davis-jr-bike-hero-2200x1600.jpg
THE CHAMOIS DAVIS JR
29"の「シャモア・デイビス・ジュニア」
詳細確認中

evil-faction-bike-hero-2200x1600.jpg
26”THE FACTION
クロモリハードテール
詳細確認中

共通項目として
・DWリンクを作ったデザイナーDAVE WEAGLEが開発した次なる新しい「デルタシステム」
・フルサスペンションフレーム構造はカーボンを採用

個々の詳細はまた後日。
まずは価格のみお知らせといたします。
posted by Yuki at 09:22| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

EVIL BIKES取扱開始

本当は午前中にブログ記事であげたかったです。。
yuristop.jpg

EVIL BIKES
を2017年の1月より日本に入れたいと思います。

10月の台湾で開催された自転車ショーでインダストリーナインからの何気ない紹介があり、
その時から”スルメイカ”と言いますか見れば見るほど良く感じてきて
実際にコンタクトを取りました。
インダストリーナイン社とショーモデルとかで提携し、
現在本国アメリカで勢いのあるブランドとして数社を紹介されてその中にEVIL BIKESの名前がありました。
そんな紹介してくれたI9の担当者は今副社長に昇進!!! 心から嬉しいです★★

まだ業務が終わらないのでひとまず決意と決定事項だけをアナウンスとさせていただきます。
気になった方はまず本国サイト
https://www.evil-bikes.com/

こちらは最新のプロモーションビデオ
数日前の2016年12月1日に発表された130mmリアストロークのトレイル向けフレーム
"THE CALLING"

Evil Bikes - The Calling from Evil Bikes on Vimeo.



ではでは新しいブランドがYurisに加わったことをここにてアナウンスとさせていただきます

Yuris 篠塚
posted by Yuki at 16:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

日記と感謝の気持ち

9月以降はすっかりドラマっ子になっているYukiでございます。
本日は長男の初めてのマラソン大会という事で1時間ほど抜け出して来ました。
結果はびっくりの表彰台でしたが、いつもゲームばっかりやってるガタイの良い息子から
全く想像できなかったです。なので1位になったらXXX買ってあげるんだが、
総合で1位という条件が、どうやら低学年は男女別らしく。
本人は理解してるのかどうか、気持ちは”獲得”みたいですが、今夜どうしようか・・・
悩める父でありました。

そして昨日録画のドラマを見て「陰で頑張るってるお仕事」の話になって(コーエツ)
全然関係ないのですが、連想で自転車関連で「何気ない事が実は最高のパフォーマンス」という事を思い出させてもらいました。
自分が20歳前半の時、アホみたいに軽トラで毎週山に繰り出してた時。
自転車の面倒を見てくれてたお店にメンテにリフレッシュとかオーバーホールメンテをお願いして
出来上がった状態で実際当時サスペンションがロングストロークの動きだけでうれしくて
正直他の可動部分は、いたって普通で何も感じなかったのが正直な気持ちでした。

だけどそのメンテナンスの「何でもない普通さ」が実は遊びに集中できる最高の作業
だから安心して乗れるんだなぁってドラマを通してですが今更思い出す形ですが感じました。

新品には慣らし作動は必要ですし、一杯仕事してくれた相棒に関しては
毎日着る服を洗うと同じように、整備してそれが持つ最高のパフォーマンス引き出す
ずばりのメンテナンスですが、自分でやるのも良し、ショップにお願いするのも良し
どんな形であろうと、一緒に遊んでくれる相棒を常に最高の状態にしてあげることで
安心して遊びに集中できますね。

いや〜、また改めて感謝の気持ちですわ。
今そのお店はお山に里帰りしてますが、本当にありがとうございます。

さて今夜は息子と向こうの人とダブル交渉と行きますか!?

では良い週末をお迎えください⤴
p0pb3086526.jpg
posted by Yuki at 16:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

I9のシングルスピードで遊ぼう

Aidan Horn in North America

INDUSTRYNINEの方で時折FacebookやInstagramで取り上げてる下のレーザーロゴのハブの正体は
DSC9935.jpg
インダストリーナインが直々にスポンサーするAidan Hornのネームロゴでしたね。
紹介サイトはこちら
http://www.the-rise.com/2016/11/industrynine-aidanhorn-in-north-america.html

実際組み込んだバイクの絵柄はこんな感じ
DSC9917.jpg
26”のパークやダート用のフレームも同時に販売しているようです。
ホイールはアルミ完組を使っていて
アルミスポークでパークとかに使われるリムはENDUROモデルを採用。
ENDUROであればスポークもTrailよりも太いやつをつかってるんじゃないかと推測します。
※I9の完組はカテゴリ別に実際バテッドでも線径直径は変えたりしています。

DSC9969.jpg

aidan-flair-barhaven.jpg
実際下の方に今回のプロモーション動画見れば、アルミスポークの強度も証明されると思いますが、
普通に飛んだり跳ねたりしても大丈夫です。
ただ当たり前ではありますが、高級品だからではなく、常日頃の日常点検、定期的メンテをしてこそ
機材は100%の性能を発揮されます。




すごくいいタイミングで今回のインダストリーナインのスポンサー紹介が上がり、
ちょうど先日同じカテゴリのBTLのフレームを年内に入れるアナウンスをしたばかりで。
26”はまだまだ熱いですよ。
BTL7022.jpg

・10sを11sの変速へ
・26”を275”へ
・現行の軸からブーストへ
とか無理に新しい規格に追従する必要なんてないです。今を楽しむ事を最優先が大事だと思います。
今何が楽しいのか何が不可欠なのか。最新と最速は必ずしも幸せにしてくれるものではない。
波に追われるのではなく、遊びを自分でマネジメントしていく事でそこに楽しさが生まれるんだと思っています。


・・・・プレイバイクにI9のSS完組・・・・1本持つのもありかもなぁ。。。
しみじみ。


DSC0020.jpg
posted by Yuki at 13:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする