2016年08月31日

日々の業務

弊社は二人(私と家内=裏ボス)しかいないので、基本的に会社として回すための業務を二人でやっております。

その中で仕入れと受注と出荷という簡単なイメージではありますが、
IMG_20160830_101942.jpg
このように出荷前にもう一度検査確認をしております。
これはインダストリーナインのロード完組 i25-TL
オーダーされたオーナーのコンセプトがクラシック風にバイクを仕上げたいので
フルシルバーでご希望とのこと。在庫がシマノフリーだったのでこれを
Campyに換装して最終的に私としてわかる範囲で車輪を回してのブレあるかどうかの基本点検をして出荷としております。

IMG_20160830_132630.jpg
Fireeyeのグリップをカラフルにオーダーされたリストでこちらは
やっぱり経験で運送中、それは海外輸送なのか国内輸送中なのかわかりませんが、
クランプボルトが脱落した経験が何度かあったので、こちらも出荷前にチェックしてゆるんでいたら増し締めするようにしてます。

私の目と取扱店様の目で品物をチェックして各オーナーへ行くのですが、
時々やらかす時もありますし、不良が出た際にはすぐに対応したいと思いますし
勉強になる時も多々ございます。

今週はユーロバイク、私からの問い合わせする人も今ヨーロッパに集まっておりますが、
インターネットというツールが発達のおかげでどこにいようと昨日はやりとりしてました。
いろんな業務がありますが、一応…出荷前にチェックしております。
もちろんミスもしておりますが 汗。。

今日も頑張りましょう。

IMG_20160830_101958.jpg
↑写真は ディスクロードの完組
posted by Yuki at 06:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

26" 車輪61.7oz

96b2912365fe98c669cfae6472252fb9.jpg
東京にあります。
トレイルストア様にて26”の車輪が完成してブログに上がりましたので
ご紹介します。

重量 1750g
インダストリーナインのハブ
FormosaのAM35、26”のカーボンリム

上記のリンクにて詳細が説明されております。
300gが足回りで軽量化されるとなるとそれに対してサスペンションの動作速度も変わってくるので
調整機能の持ったサスペンションであれば、再度セッティングが必要となります。
バイクの性格がガラリ変わるというか。良い意味での見直しですね。

同じ質量の条件であれば、カーボンリムの方が剛性に対して優れている結果があり、
それならば同等または少し上の剛性を確保しつつ、アルミリムよりも軽量に。
更にはアルミリムは凹んだり横ぶれたりするところをカーボンリムは限界ギリギリまで
原型をとどめる性質があるので、実際シーズンを通して
メンテナンスのスパンを長く取れるというのも一つのアドヴァンテージでもあります。

何よりカーボンリムは”一漕ぎ”目で誰もが違いが分かるぐらい凄いアイテムですので、
FORMOSAに限らず、友達でカーボンリム使ってるオーナーがいましたら、迷わず駐車場でもいいですので
借りて乗ってみてください。

もちろん、予算抜きにして合う合わないの意見も聞いてますので、
その際のアルミリムは是非この1本500gのDabomb ADVANCEリムを♪
14102336_1023684967752569_6821605361963131060_n.jpg
写真は群馬のBikeshop Freshさまより
posted by Yuki at 16:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

試験に耐え抜いたカーボンハンドル

供給先より新しいカーボンハンドルが届きました。
DSC03670.jpg
上が従来の”F”

幅は変わらず760oに設定
ライズが少し増やして17oから30oへ
アップスイープは 5度
バックスイープは 9度
実測重量は 205g


DSC03668.jpg
この角度からライズの違いが少しわかって頂けるかと思います。
持つ角度で変わりますのであくまでも参考としてご覧ください。

DSC03671.jpg
こちらも31.8oから22.2mmのグリップ部分への絞り込み
Fと比べて、急激ではなくより自然なしぼり具合を追求し、図面と既存の日本で販売されている他社のハンドルをいろいろ見て参考になりました。
ハンドルデザイナーの今までの経験と私の思いがうまくリンクできてよかったです。

私自身が台湾生まれという事もあり、中国語に関しては支障なく話し出来るので
細かいニュアンスに関しての双方理解は少しアドバンテージはあると思いますが、
その分英語は全然逆なので、英語圏の国とやり取りするときは、メール・チャット・電話すべてのツールで
私が理解するまで付き合ってもらっているのが実情です。

はぁ〜・・・・もっともっと仕事として頑張るためにも英語をアップグレードしなくては。
さてこのプロトタイプのハンドルをどうするか、考えましょうかね
posted by Yuki at 12:38| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

BTR, Ranger650B製作中

13696806_1740860492850796_620023978_n.jpg
イギリスのハンドメイドブランド「BTR Fabrications」日本向けのSサイズとMサイズが今月の初めから着手してます。

14027208_1197381983636318_447047301_n.jpg
このようにInstagramやFacebookを通して、製作過程などサイズの違いを掲載。
これもまさに日本向けのSサイズとMサイズのパイプの裁断写真。

今日の早朝に受け取った写真はこれ
14073164_1762821090669487_2136396372_n.jpg
これから溶接ですね☆

今でこそ寝てるヘッドアングルのハードテールが少しずつ出回っていますが、
BTRはまだその最も寝てる「だらしないヘッドアングル」の王座に君臨しております。

ハンドメイドで受注受けてから今納期2か月からとなっているBTRですが、
受注発注ではなく、「オーダー」なので外見や装備を最終的にオーナーが色までも選定し、
その中でもカスタムジオメトリまでも対応するBTRであります。
もちろんこの際は綿密な打ち合わせ、図面起こしの必要があるので、アップチャージとなりますが。

ハンドメイドブランドは奥深いです。
ということでSNSの進展投稿が楽しみですね♪
posted by Yuki at 09:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BTR Fabrications | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

35oクランプステムのあれこれ

DABOMBから35oのクランプステムがありますので参考掲載

DSC_6298.jpg
商品名 F35

塊のアルミブロックからかなり削り込んだ。ハンドルを下げたい方に捧げます。
DSC_6295.jpg
商品名 MP8
突き出しは 60mm と 80o
DSC_6291.jpg
DSC_6290.jpg
突き出し60o

DSC_6292.jpg
DSC_6287.jpg
突き出し80o

本日は台風直撃のため、諸事情により発送業務を休止いたしました。
私と家内の二人だけの会社であるのと現在取り巻く環境の都合上ご迷惑をおかけいたします。

プラス的に考えて、少数精鋭からなる最高のチームとでも評価してください 苦笑・・・・

台風は過ぎましたので、明日からまた今日の分取り返したいと思います。
XONが入荷して長らく欠品していた金色ローター180oと203oが復活いたしました。
posted by Yuki at 21:45| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

5原色プランのご提案

フルブラックというジェントルマンな遊びも良いのですが、
結局は山の中・森の中。泥んこ遊びでもあるので、
モーターサイクルのブランドにインスパイアされて
これまたひらめきですが、基本色をモーターサイクルで有名なメーカーをベースにステッカーを依頼。
MTBのフレームに必ず合わせなきゃいけないというのではなく、
オーナー自身が作り上げていくカスタムをする楽しみに「着せ替え」という概念をご提案してみました。
DSC_6311.gif
黒で楽しんで、そのあと
・一定の期間を特定の色に
・クランク側とディスク側の色違い、ジェミニ的なコンセプトにしてみたり
・6時方向のみカラーロゴ
貼り方いろいろ

国内の四大ブランドの他に柿色ブランドも追加。
材質はビニールっぽい感じで少し伸びるようになっていて
標準の水転写の埋まっている黒デカールの上に直接合わせて貼れる形となります。
ただやっぱり曲面ということもあり、両端に走る細いエッジは少し合わないですが、
基本デカールが黒なので少しエッジずれていても目立ちません。
曲面専用でもないので、6月にカーボンリム納品させていただきました数店舗に
サンプルを提供し、リム以外にも貼れるというアイディアを頂けました。
丁度Formosaのステッカーもまだ作ってないことから、これ…使えますね☆☆


DSC_6316.gif
色の下は透明のステッカーシートとなりますので、貼るとこんな感じとなります。
リムのデザインとしては片面で12時と6時方向にロゴが有るので、
片面2枚=両面計4枚
一台分は8枚必要となります。

Formosaデカール(2枚ずつ)
カラー レッド・ブルー・イエロー・グリーン・オレンジ
希望小売価格 500円(税込)


以下は一例としてイメージ撮影をしました。
追加情報としてこの色があるハブやニップルも一緒に記しておきます。
DSC_6323.gif
ハブ=I9・Fireeye
スポーク=Fireeye ステンレス14番(パウダーコート)
ニップル=Fireeye AL nipple

DSC_6321.gif
ハブ=I9・Dabomb・Fireeye
スポーク=Fireeye ステンレス14番(パウダーコート)
ニップル=Fireeye AL nipple

DSC_6325.gif
ハブ=I9(ゴールド)
ニップル=Fireeye AL nipple(ゴールド)
ステッカーはイエローですが、アルマイトでいうと弊社の取り扱いから合わせるとゴールド系となります。

DSC_6324.gif
ハブ=I9(グリーンとライムグリーン)・Dabomb(ライムグリーン)・Fireeye(ライムグリーン)
スポーク=Fireeye ステンレス14番(パウダーコート)
ニップル=Fireeye AL nipple
I9とFireeyeはアップルグリーン爽やかな感じで、Dabombは少し味わい深いダークな艶のあるライムとなります

DSC_6322.gif
ハブ=I9・Fireeye
スポーク=Fireeye ステンレス14番(パウダーコート)
ニップル=Fireeye AL nipple

明日より出荷可能です。
弊社のFormosaカーボンリム用として作りましたが、
是非他の面白い用途を教えてください
DSC_6329.gif
posted by Yuki at 22:06| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

ヘッドセット2種類追加

Fireeye社にてヘッドセットを増やしてきたので、
弊社も歴代の取り扱いフレームの中で原点回帰と元祖テーパード的の規格を二つほど
日本のFireeyeのラインナップに盛り込んでみました。

まずはスタンダードな通称”オーバーサイズ
IMG_20160803_172736.gif
商品名 IRIS-S (アイリス エス)
上下共に 1-1/8”
材質アルミを使った往年のごくごく普通のヘッドセット
フルCNCとなります。
希望小売価格 4000円4320円(税込み)


部品構成はこのようにとなります。
IMG_20160803_172659.gif

次にテーパードで今の主流は (上の圧入直径/下の圧入直径)
1.44/56
2.44/55
3.44/44 下のワンを出すことによってテーパードコラムを使用可能
4.44/50 ←今回はこちら

IMG_20160803_172952.gif
商品名 IRIS-B15 (アイリス B15)
44/50でも下のワンが出るタイプと出ないタイプがありますが、テーパードコラムに対応するためにも
今回は下のワンが出るタイプをチョイス。
Morewoodなどでも採用されたこの44/50のテーパード規格。
希望小売価格 5000円(税込)

部品構成はこちら
IMG_20160803_173028.gif

お盆前にさりげなく台湾へ帰省してました。今回はグルメツアーを敢行しようとしましたが、
結局出来ずに目の前に出現する露店やお店をいつも通りに定番物色。

年紀のおばちゃんの料理も美味しいものです。
IMG_20160806_172928.jpg
台湾に行ったら迷わずこれは絶対。気が付いたら3杯トータルで食べてました
魯肉飯(豚のひき肉ご飯)。激ウマい

そしてこれ↓
IMG_20160806_172931.jpg
臭豆腐+茶色系の豆腐っぽい食べ物のピリ辛スープ。
茶色系の正体は皆さんとどこかで実際お会いした時などにでも正解を言います。
今年はこれ以上な”原住民料理”を食べてしまいました。

数年ぶりらしいけど、まぁ普通に美味しかったです……
もちろん、ちゃんと現地でもお仕事しております。
アルミでCNCでデザインしたワイドレンジコグ。
カーボンクランクはデザインではなく、発案を提携先の工場と形にしたもので。

今回のこれ・・・・型から起こしましたよ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓




bar-formosa-f30.jpg



そこら辺で拾った画像じゃないですよ。
白い紙が証明です。
もちろん動画もあるし、欧州の厳しいEN規格やISO規定にも強度パスしました。
上下振動とねじれ振動。

欲しいものがあるとき、取扱ブランドにラインナップが無ければ、
試行錯誤する・・・・今回はうまくいきましたよ★★

詳細は後日♪
posted by Yuki at 16:40| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

鉄からアルミへ

13096105_1100617343336846_810144600908414384_n.jpg
長い年月をかけてようやく納得するモデルが完成したとのことで本日ご紹介。
BTL Bikesの新しいフレーム"702"
ダートジャンプ用のアルミフレーム

クロモリからアルミへの移行に伴い、材質の特性による大きな変化はあるけれど、ブランドの芯である。
「軽くて頑丈」を守りつつ楽しく遊べる事に趣きを置いて出した答えがアルミフレームへの移行
従来のクロモリBig Bucksよりも200g軽い、


・重量=2.2kg
・耐疲労強度 60%の向上
・内蔵式チェーンテンショナー
・361oのチェーンステー長さ
   (26”*2.2のタイヤクリアランス)


が今回のアルミフレームへの変更した大きな主な特徴ではあるが、開発製作するプロセスの中で、
こだわったポイントとかも聞いたり、この形になるまで実に長かったです。
とりあえず形にしてみたとは言わせない妥協なき作り。

名前も2年前、当初から決めてた"702"も変わらず。
よっぽど印象に残ったのでしょうか。この"702"

名前もこだわりも一杯つまりに詰まった新しい
BTL(Bring The Light)
光をもたらす、ワクワクさせてくれるそんな意味のこもったBTL BIkesであります。
posted by Yuki at 23:09| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BTL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

26”現役です。

実際国内市場も275(=650B)に移行してきてますが、
なんだかんだで26”のユーザーと物はまだいるのが事実で、
ネット上や情報誌は26よりも275をフォーカスしてますが、
26”ユーザーはまだまだ健在であることは、26”のリムも取り扱う弊社のデーターでわかります。
もっともヴィンテージMTBにこだわりだしたら規格は必然的に26”になるし、
26”ブームはまたいつか違う形で出てくるんじゃないかと推測します。

今の26”を支えてるのはおそらくダートジャンプやストリート
Dabombからは「Sonic Boom(ソニックブーム)」というアルミフレームがラインナップにあります
IMG_20160803_095600.jpg

サイズ: 26”*12.4”
ヘッドセット規格:(ZS44)/1.5”(ZS56)
シートポスト: 30.9 mm
BB幅: 73mm
リア規格: 135mm x 10mm
チェーンデバイス規格: ISCG 05
重量: 1976g
カラー: 水色・ネオンイエロー・マットブラック

水平トップ: 571mm
ヘッドアングル: 69.5°
シートアングル: 73.3°
チェーンステー: 378mm
ホイールベース: 1026mm

IMG_20160803_095619.gif
リアエンドはトラックタイプですが、黒丸の所にねじ穴があり、
付属のねじでチェーンステーの調整可能となります。

IMG_20160803_095635.gif
上から覗くとこんな感じ。フレームの名前はトップチューブの先端に
これは最近のはやりでしょうか?後日もう一本これっぽいフレームも紹介しなくては…

IMG_20160803_095652.gif
ダートやパークはクロモリなイメージはありますが、アルミの利点である
「絶対的な軽さ」と「硬さ」。
グラインドやフレームをひっかけたりするようなストリート的な要素がなければ、
正義である軽さと硬さ、そしてアルミ素材ならではの視覚的迫力を選択の一つとして選ぶのありではないでしょうか?

そしてそれに合わせて、Fireeyeのスポット的ご提案
前後セットの シングルスピードハブセット
25000円税込み 前後限定 ブラックのみ 

※こちらはキャンペーン商品となり、終わり次第終了となります。
IMG_20160610_124321.gif
IMG_20160610_124329.gif
フロントは 15mmと20o
リアは シングルスピード(リアのスプロケ付属)
posted by Yuki at 13:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

先週の流行色はアップルグリーン

先週はアップルグリーンな週間でありました。
DSC03329.gif
DABOMBのハブにDABOMBの275の軽量DHワイドリム(500g/本)。
重量上でDH以外にもトレイルまで幅広い範囲に対応

そして直売はしてませんが、仕様の相談メールなども有ったりと
最終的にお客様はこちらの仕様となりました。
オールYuris取扱を選んでいただきありがとうございます。
DSC03319.gif
DABOMBのSTRAFE(ストレイフ)ハブ
Fireeyeのパウダーカラースポーク
Fireeyeのアルミニップル
グリーン系はどちらもアップルグリーンとなります。

そんなわけで時期によってかパープルがガンガン出る時もあればブルー
オレンジ。。。はたまたゴールド。
ちょっとレアなピンクハブ(=インダストリーナインのハブ)とかも有ったりします。

せっかくなのでFireeyeとFORMOSAのダイレクトマウントリングをパッケージから取り出して比較してみました。
DSC03322.gif

実測重量はこちら
DSC03321.gif
DSC03320.gif
重量はどうやらほぼ相違なし。単純にデザイン、直感で選んでもいいと思います。

細かく言いますとFireeyeとFORMOSAのリングはそれぞれ違うところで作られてるので
当然ナローワイドのつくりもパッと見違いがあります。
DSC03323.gif
Fireeyeの方が歯が少し細身な分山が高く
一方Formosaは歯の幅は大きく、山がFireeyeと比べて低く見えます。
ただし弊社のこだわりとしてFormosaは谷間に斜めカットを入れて泥掃き性を高めてる仕様にしてあります。
Fireeyeは多色展開

Formosaは 28/30/32/34/36t ブラックとレッド
Fireeyeは 28/30/32/34t 黒・赤・黄緑・紫・橙・水色 全6色
規格は共に SRAM規格


悩ましいです…
posted by Yuki at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

硬貨1枚で12gの軽量化

ファッションアイテムとして特に連絡にもなく、オーダー用紙に有ったので発注してみて、
検品してビックリしました。
新しいアイテム「FE headset cap
DSC03343.jpg
(写真の水色のキャップ)

試しに通常のヘッドセットからキャップを取り出して違いを確認すると
通常のIRISヘッドセットシリーズについてくるのはこういうタイプ
DSC03347.jpg

そして今回単品として販売のFE headset capはこちら
DSC03346.jpg
明らかに薄い。そして付属のボルトもアルミボルト

13082653_927397290713385_583981647028822548_n.jpg
Fireeye社の撮影でTalon FGのステムにフィッティングされたこれです。
この写真だとステムにキャップが付いてるような感じですが実際は見栄えの関係で置いてみたとのことです。
紛らわしてく申し訳ございません。
ただ実際ステムなどにつけるとこんな感じすり鉢状で各Fireeyeのステムと一体感になっていくアイテムです。

肝心な実測重量はこちら
DSC03341.jpg
DSC03342.jpg
FE headset cap = 5g
通常のヘッドセットキャップは12g

FE headset cap
カラー 黒・赤・黄緑・紫・橙・水色 全6色
重量 実測5g
希望小売価格 500円税込


気軽にカスタムという事でワンコインプライスですっきりしてみました。
posted by Yuki at 06:01| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする