2016年03月31日

影的存在でも質感欲

走る・止まる・動くの「止まる」部分に関係するパーツ

ブレーキのキャリパーをサイズ変更する際に
アダプターとしての役割の物ですが、ここをより綺麗かつ直角の素材にこだわり
より精密な平面にする事により、フェーシングされたブレーキマウントを100%に近い形で
受け止めてブレーキフィールをより確実なものにしていく。

フレームとキャリパーの橋渡し役で、ストレートに言うと今は
脇役的な存在ですが、そんな脇役でもより質感高くかつキャリパーに正確な仕事をさせる
ブレーキマウントアダプター。

はい!!!明日はエイプリルフールですが、今年は嘘ネタは言いません。
というよりも去年のエイプリルフールで提案したものも実はクランクも含めてちゃんと…
→去年の4/1ブログ http://yuris.seesaa.net/archives/20150401-1.html
台北ショーでこの話をしておりました。去年のちょっとした野望を今年実現するべく。
formosa post mount 180.jpg
180o用 ポストマウント to ポストマウント

formosa post mount 203.jpg
203o用 ポストマウント to ポストマウント

こんな感じでCG製作してもらいました。もっとエグイデザインをお願いしましたが、
芸術性がより出てしまって、ターゲットプライス外になったので
そのデザインはお蔵入りとなりましたが、とりあえずもうすぐ仕上がってくるという事で
今回のお披露目としました。

カラーはブラックと現在もう一つ何色にしようか悩み中です。数量的に2色展開が限界です。。汗

皆さんの一声…
是非こちらにコメント・ツイッター・FBページなどに投げていただけると助かります。

形状のみでなく、CNCの刃の跡の粗さ、魅せる彫刻としてわがままを言わせてもらいます。
posted by Yuki at 00:25| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

入荷記録20160330

DSC_5762.jpg
27.5" Grade(=Gravity)
阿藤選手ホイール

DSC_5765.jpg
Pillar Carbon Trail24, 27.5"
16本側にシルバークロス

DSC_5769.jpg
Trail S, black, 27.5"
F15*100 R142*12
フルブラックを在庫として入荷
これはいろんな意味で今お買い得です

DSC_5776.jpg
同じくGrade 27.5"
ハブはライムグリーン

DSC_5780.jpg
XCの前田選手 Trail245, 27.5"
レインボーホイール
日本に・・・4か5setのレインボー人口になりました。

DSC_5782.jpg
シングルスピードハブの青。 後ろは135*10のスルー仕様
在庫で黒と赤が今あります。

DSC_5784.jpg
今回入荷したセンターロックシリーズ。
ちょっとイレギュラーな仕様はまた次回便。

この他に写真に撮ってないので、ベアリングやスポーク・エンドキャップなどが入荷しております。

ではまた、仕事に戻ります。

posted by Yuki at 15:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

最初で最後になった1kシリーズ

愛知県でファットバイクやライフスタイルの一部に合わせた自転車を得意とするお店
WAKKAより

弊社の取扱商品を取り入れた自転車の写真が届きましたのでご紹介したいと思います。
600433_792339587565516_5892407591871008761_n.jpg
バイクは Salasa Bucksaw Carbon
カーボンでフルサスでファットスタイル。強烈なインパクト。

1913552_792339257565549_2333871918417225702_n.jpg
XONのシフターアダプター。
ドロッパーシートポストのシフターを90度回転させて、通常のシフトと同じような自然操作にする小道具

11416234_792339387565536_1551116697542280704_n.jpg
インダストリーナインのハブ。
120ノッチでファットバイクもラインナップ。
国内ファットでは フロントは全ての規格、リアは190/197は黒のみ在庫するようにしてます

1045058_792339524232189_8259405122615377114_n.jpg
本日の一番のメイン・・・・
Formosaのカーボンファットリムでもちょっと特別な表面が1k繊維を使ったリム。
1kはロードバイクの上位機種に採用されたりと、かなり高いレベルの素材であります。
こちらは最終の表面なので、通常のUDマットよりは少しだけ剛性があります。少しだけです。
表面のキメ細かいカーボン目は1kならではの仕上がり。非常に美しいです。

ただこちらも以前特別提案の限定ロットだったので、今後生産する際は弊社とメーカーの取引条件もあり、
なかなかというよりもかなり取得条件が難しく。
もしかしたら最初で最後の1kカーボンかもしれません。
今回ファットカーボンリムはWAKKA様ですが、
MTBにおいては国内の取扱店に数店舗もしかしたらまだ在庫あるかもしれません。

行きつけのお店に1kカーボンが有ったら、是非もう一度希少な1kカーボンリムをご覧ください。

Wakka様の今回のバイクのアルバムはこちら → ★★


Yurisのyuki
でした
posted by Yuki at 08:12| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

土日は事務所で検品と家族サービス

全ては事後報告ですが、写真を通してザクっと記録紹介していきたいと思います。

12819342_10153431272312826_8943601765728973145_o.jpg
限定な匂いがしますので今日の営業時間終わり次第一旦オーダーするので閉め切りたいと思います。
定価は 3240円税込の予定
色は 赤 or 黄色

10419046_979292285500843_6628205553291237766_n.jpg
Facebookで土日の間にアップしましたが、Shimano11速用のコグ 45t
素材自体の必要面積が大きくなり、コストも上がってますが、
価格はそのまま10速の40/42tと変わらず 8640円税込
カラーはブラックとレッド
レッドは少なめです。

a0315936_15164420.jpg
千葉県のVillagetop様より
Formosa アルミチューブレスバルブが紹介されました。
カラーは ブラック・レッド・ゴールド・ブルー・ガンメタ・シルバー
長さは 44mm
価格は 2500円税込/ペア
重量は ブラスの約半分。 強烈な軽さです。しかもコアバルブ外せる仕様

943813_980070605423011_1183575410324422712_n.jpg
金曜日の昼過ぎにI9が入荷しました。センターロックタイプが90%の受注分が入荷
べた塗りに見えるけど光当ればちゃんとアルマイトな輝きを放ちます
センターロックタイプは派生版扱いで、DH系と完組系はラインナップなく
通常の 前100/110、後ろ135/142/148 のみとなります。

c46793f2065cd64abe875e537920185e.jpg
東京都 トレイルストア
完組のインダストリーナインの車輪が装着されております。
Trail24(24本スポーク、トレイル軽量タイプ)ですね。ありがとうございます。
Trail24でもライダー衣服と装備着用状態で90kgまで対応したモデルとなっております。
Ultralite、XC向けは80kg制限となります

12294696_979209778842427_111664801065681277_n.jpg
そして今週はファットバイクが私のお供♪
これで子供とサッカー教室へ行き、やってもらってる間に小学校散策してます。

ではでは
posted by Yuki at 09:35| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

落書きされたモデル

69160.jpg

今日もI9が入荷してきました。
一杯いろんなブランド入荷してるイメージですが、量は決して多くないですよ。
ただ一度に大きな仕入れにびびってるから少しずつ入れてるだけです。(笑)

SNSなどを通してI9の人たちとお友達になればちょっとこんな落書きもしてくるようになりました。
なんだか嬉しいですよ。
ってことでこのオーダーホイールをを手にするオーナーは誰でしょうか!?
posted by Yuki at 14:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

帽子!出たよ!

新しい帽子がこうやって限定的にスポットで突如現れるんです。
ハブのシステムは息長いですがこれはスポットで
デザインが気に入ったら是非シーズン中にかぶってあげてくださいね
値段はとりあえず現地では25ドルほどで

国内販売価格は 3240円税込 

12819342_10153431272312826_8943601765728973145_o.jpg

t700x600_x1_b6ac4ce3f5c10fa87df4d1285f9c0aba.jpg

t455_b6ac4ce3f5c10fa87df4d1285f9c0aba.jpg
posted by Yuki at 23:20| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

クランクへの挑戦

1.jpg

170mm

68/73, Fat bike

Formosa Carbon Crank......
posted by Yuki at 15:13| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

2nd世代リム入荷

先週の金曜日にナローワイドリングと一緒にカーボンリムも入荷しました。

Formosaの2ndシリーズ
DSC_5727.jpg
今年からずっとデザインに悩みMTB在庫ゼロの状態でしたが、
先週よりまた26/275/29”,FATが在庫となりました。
その間にもご予約いただきありがとうございました。
上が完成した標準グラフィックとなるステルスカラーの仕様となります。

DSC_5728.jpg
光の角度によって浮かび上がるブラックデカール。
今回は線も取り入れ、FORMOSAロゴを導入し、上と下でラインの部分を
塗りと枠にすることにより、軽やかにしつつも塗りの部分だけを見るとアンシンメトリーな配置にも見えるデザインにしてみました。
Formosa--MTB-rim.jpg
各26/275/29のサイズ表記をバルブと対角に配置。
DSC_5729.jpg
なので各サイズで表記が違ってくるので、デカール貼の方がちょっと面倒かもしれません。
っていうよりも間違ったらアウトの希少価値なる”エラーリム”になります(笑)。

そして今回から新たに加わった。 275/29プラス規格
DSC_5734.jpg
42o幅と50o
幅50oにおいては穴を3oオフセットさせております

DSC_5725.jpg
同じくファットリム(幅85o)も入荷いたしました。
こちらはMAXエアーは 25psi(1.72BAR)、低圧は0.8BARまでがオフィシャル対応エアーとなります。
ファットリムのロゴカラーはガンメタとなります。
DSC_5726.jpg

今回はこれの他に実際表面仕上げの他にデカールの色を変えてみて
実物として見れるようにカスタムオーダーサンプルも作ってみましたので
こちらはまた明日以降お披露目したいと思います。
Facebookの写真アルバムにとりあえず置きますので、
先に見たい人はアルバムをご覧ください

今週よりナローワイドの欠品予約分も含め順々に発送したいと思います。
posted by Yuki at 23:52| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

メタルパッドは全天候対応

弊社のホームページで取扱商品のページを少しずつ更新してますが、
XONのページをとりあえず最新の取扱ラインナップをupしました。
こちら http://www.yuris.biz/XON.html

先日upしたXONの140oは確認出来たのでホームページに掲載しました
価格は160oと同じ4000円税込/枚となります。
入荷はこれからスケジュール考えたいと思います。

ずっと紹介してなく、というかずっと埋もれていたパーツになりますが、
XONのブレーキパッド

XON-brake-pad.jpg

ラインナップ的にレジン・セミメタル・シンタードメタルがありますが、
簡単に言うと
レジンはアラミド繊維系を中心としたパッド 金属含有量は30%未満
セミメタルは金属が占める割合は30-60%
シンタードメタルは金属含有割合は60%〜


以上がXONのグレード別となります。

勉強すれば勉強するほど、ブレーキパッドの制動力は「止る」ではなく
「意図するスピード域まで減速するコントロール」であることに気づきました。
もちろん急制動の完全ストップが必要の面もありますが、ほとんど車もバイクもそうですが、
曲がる時、姿勢変化の抑制、またはあえてきっかけを作る時にチョンがけ・ひきずり
ブレーキは「止る」だけではなく、いろんな仕事してるんだなって再認識しました。

ブレーキブランドによる味付けの違いもあれば、パッドにも存在します。
弊社はその中でもあえて「メタルパッド」を国内展開しております。

オーガニックレジン
自転車を使い始める時(パッドが温まる)から安定した摩擦力を発揮し、初期から効きやすい設定となっています。
価格も安く、繊維系パッドなのでディスクへの攻撃性が少なく、鳴きにくい。
その代り、繊維なので吸水性が若干あり制動力が若干変化します、ブレーキをずっと引きずったりするとフェードしやすい。

シンタードメタル
金属系パッドなので、乗り始め温まるまでは(オーガニック)レジンより効きは劣りますが、一度温まれば初期から凄くコントロールがしやすく、金属含有量が多いのでフェードしにくく雨の日でも水吸わないので制動力は終始変化せず。パッドライフサイクルも長い。
その代り、パッドが金属の塊に近いので金属のローターとの摩擦で、相性で鳴きやすかったり、レジンと比べてローターへの攻撃性が高い。
生産コストがレジンより高い

という事でセミメタルはそれの中間となります。
ただメタルが最高かというとそうでもなく、こればかりは同じ材質のパッドでも
「味付けの違い」で特性が変わってきます。
取扱に際し、国内で数人にさまざまなシーン活躍されるレーサーと一般の方にテストしてもらいました。

このメタルパッドは全てを満たす万能なパッドではなく、
絶対的な制動力は某社外パッドには少し劣りますが、
効き始めからのコントロールという面ではかなり優れてるという結果が得られました。


それぞれの特性を認識したうえで、XONが厳選したメタルパッドを是非一度使ってみてはいかがでしょうか?
posted by Yuki at 05:35| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

Morewoodの再出発

今年の一月にMorewoodの再出発のアナウンス
→ ★★

世界的に650Bが流行りはじめた時と同時に社内の経営者同士の摩擦もあり、
Morewoodは結局その波に乗り切れずにダウンヒルのMakulu275とクロスカントリーのZula275をリリース後
ここ2年更新もなくこのままフェードアウトしてしまうんじゃないかと懸念してきたところに
再出発のアナウンス。

新たなる共同経営者とのタッグチーム編成
新たに迎えたパートナーは同じく南アフリカで展開しているブランド
Momsen bikeのオーナー、Victor Momsen

実は台北ショーの時にオーナーのRichardは残念ながら今年は忙しくお会いできなかったのですが、
代わりにVictorが来てるとのことですので、初対面ではありますが、2016のMorewoodについてちょっとミーティングをしてきました。

具体的にはまだ言えない部分がありますが、27.5と27.5+はもちろんリリースする予定との事。
完成車ラインナップっぽい事もチラッと聞いてますが、kitなのか車体なのか。
私の気持ちとしては出来ればキットの方が嬉しいですね。倉庫が何せ完成車に対応してないので、
あくまで小物をメインとする事務所兼倉庫なので…
もう一つはいろいろ調べなくてはならないことがありますが、その猶予として
Morewood 2016は今年のユーロバイクに正式発表とのことですのでそれまで
ゆっくりと勉強と市場リサーチしてみようと思います。

new new factory morewood.jpg 
この写真3/15の記録でRichardがエンジニアと一緒に新しい自社工場に向かうところです。

小さな弊社を受け入れてくれた南アフリカのブランド
Morewood Bikes(モアウッドバイクス)
期待してます!
posted by Yuki at 05:35| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Morewood | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

Formosaカーボンクランクの近況

影も形も無いですが、Formosaで販売予定のカーボンクランク
IMG_20151230_142245.jpg
ステッカーなどでモザイクしてますが、形はこれとなります。

170mm, 3ピース構造
68/73、170/177、190/197
構成は
アーム左右、30mmスピンドル付属、SRAMダイレクトリング規格
写真は艶かかってますが、80%艶消し仕様。
BB別売

来月発売予定 39800円税込
予約受注は現在 初回入荷予定のオーダー枠の 70%超えました。

デザインはいたってシンプルで、大体お店へはお伝えしてますが、ありがとうございます。
間に合えば、追加枠でゲリラ的に175mm 180mm(←こっちは少し先になります)も入れようと思います。

このように柔軟に対応してくれるメーカーに感謝、このクランクの仕様の発案者特権を味わっております。
本当はCGまたは3D画像とかでお見せしたいのですが、取引先がもしかしたら少しアナログ的な所があるかもですが、
チェーンリング含め物には満足してるし、仕上がりが楽しみです。
テーマはカーボンリムと同じステルスですが、ブラックデカールに少しメタリックを入れてます

そして先週お店より 275+の完組問い合わせがありまして、ちょうど週末にメール連絡したら、
早速今朝?I9のFacebookより紹介記事がありました
I9からは去年ちらっと新商品として価格ももらってますが、
名称は「Back Country(バックカントリー)
1546259_10153406238427826_8822962653803339630_n.jpg
ミドルファットの用途にふさわしい名前ですね
posted by Yuki at 14:12| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

Dabombブースはこうだった

DSC03010.jpg
おはようございます。日にち的にはもう1週間過ぎてますが、台北ショーで弊社取り扱いブランドでもある
Dabomb BIKES」の新商品などをサッとご紹介。

DSC03032.jpg
今あるペダル二種類の他に新たにクリップタイプをリリース
Shimano規格に対応。

DSC03029.jpg
DSC03031.jpg
27.5”のトレイル向フレーム
EMP ATTACK, 27.5"
リアストロークは 4.7”〜5.4”(120-137o)
チョイ乗り的なレンジを狙ったフレームで幅広く対応。

DSC03041.jpg
ハンドル類
弊社の方で意図的に絞っておりますが、
Dabombは4種類出しております。
一番左の35oクランプのDetonatorとポリッシュと蛍光イエローの800o幅のある31.6oクランプのBazooka800
日本展開していない
・フラットに近い ARTILLERY
・XC向けのライズバーCOBRA

DSC03042.jpg
サドルは手前から順に行くと
Booster 縞模様=STREAK(ストリーク)カラー
BOOSTER カモ
ASPECT(アスペクト)、ホワイトとイエロー
ZAPブルー
Da Skull2.0

DSC03044.jpg
REV275
カモと蛍光イエロー

DSC03043.jpg
新しいドロッパーポスト
こちらはワイヤーがサドル下まで行かないタイプで伸縮によるワイヤーのたるみをなくしたモデル。
既存のモデルとの平行販売でこちらの方が少し値段が高くなるので日本に入れるかどうかちょっと検討中。
興味のある方はお店までお願いします。

DSC03119.jpg
新しいグリップ。皆さんはどれがお勧め??

DSC03011.jpg
ダウンヒルフレーム 26/275共用の FOAB BOMB
1408081862.jpg
いつしかDHは26”で275”は世界的に駆け出しの時排他的でしたが気が付いたら今やすっかり275全盛ですね
275が絶対かというとそうでもないし、やはり国によっては消費事情もあり、275への移行問題もあるので
Dabomb社はそれを考慮してリアのエンドを切り替えてやることで今は26でも将来的に275へ対応する機構を盛り込んだフレームに仕上げたモデルとなります。
26”ベースに275のタイヤが入るように設計ではなく
部品の入れ替える事によりちゃんと27.5”らしいジオメトリに変更できるフレームとなります。

DSC03037.jpg
あと今世界的に流行のエンデューロバイク
こちらは DYNAMITE275
1408261925.jpg
安定の4バーリンケージに最新のリアサスペンションで6”ストロークにもかかわらず登れるバイクに

DSC02934.jpg
突出し35mmの鍛造ステム。

DSC02924.jpg
DSC02937.jpg
シングルスピードkit, 移動と遊び用両方のギア比を持ったスプロケットキット
使用するにはテンショナーが必要となります。

あと肝心のもう一つ万能なヘッドセットをすっかり写真撮るの忘れてたので
こちらはまた後日。。。
テーパード規格を全て網羅したヘッドセットです
posted by Yuki at 10:19| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

軽量チューブレスバルブ入荷しました。

台北ショー開催中と平行に頼んでいたアルミチューブレスバルブが到着しました。
今週よりデリバリ始まってます。

12832339_966640470099358_7895510566049218381_n.jpg

カラフル展開していたものを一度ブラックのみに絞り
今回はリクエストの多数決で長さは44oの一択の代わりに
レッド
ゴールド
ブルー

の他に有りそうでなかった色の
ガンメタ

普通に選ぶ事のないけどやっぱりアルミはアルマイトではなくあえて
シルバー (一応アルマイトかかってますが)

価格はペアで2500円税込

重量はブラスの約半分です。
MTBのアルミリムやカーボンリム向け、チューブレスレディが流行中の今。
少し軽くそしてワンポイントデモで是非!
ハイトの高いロード用のリムはXON社のエクステンダーあたりで検討中です。
DSC03112.jpg

posted by Yuki at 16:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

140oローターと カーボンアルミローター

今年もXONのブースにお邪魔しました。
DSC03055.jpg
写真はほんの一部ですが、壁びっしりにXONのヘッダーやパッケージに入った商品がずらりと並んでます。
現地へ行かれた方ならわかると思いますが、入口のガラスショーケースの小物は半端ないです。XON

DSC03054.jpg
今年無かったらリクエストしようと思っていたらちゃんとありました。
140o仕様。相当の数量によって実現した鍛造スパイダー部の160oと180oですが、
こちらの140oは絶対的需要がやはり少ないので、140oも203oと同じく、
スパイダー部は通常のCNC物となっております。
CNCがダメじゃなくて、CNCスパイダーが普通で、鍛造スパイダーが凄いという認識で大丈夫だと思います。

それとは別にXON社はロードとMTBの完組カーボンホイールをやっていて、
ロードの一例としてこのようなカーボンクリンチャーホイールがあります。
DSC03061.jpg
35oハイトで23oか22o幅だったような。そしてスポークもSapimか弊社が取り扱っているPillarが選べて
というよりも弊社でラインナップする際に選定するのですが、在庫補修とかで考えるとPillarを選ぶと思います。
そしてハブもかなり素晴らしく、前ハブに4ベアリングを採用しつつ尚且つハブ単体重量80g以下。
カーボンリムは弊社のFORMOSAとまた違って、大手ブランドを手掛ける供給元のモデルを使っている
リムもスポークもハブまで厳選された部品で組み合わされた一品。

DSC03062.jpg
台北ショー前にこれを希望する方がいましたので掲載。
こんな感じで、XONとFormosaも選択可能です。

今年の台北ショーで感じたことを一言でいうと
E-bike27.5+旋風ですね

DSC02905.jpg
よくわからないけど、カッコよかったので撮影しました。
電動ユニットついてます。

去年はファットバイクとナローワイドやコグ
一昨年は上記の少量的な感じでした。

もちろん世界はMTBとロードは半々の市場となっております。
国によってはむしろMTBの方が多いくらい。
MTBをメインと自負してる弊社でも、おそらく海外のいち小売店に販売量負けてるんじゃないかというぐらい
小さく感じます。でも私はそんなニッチでも趣味は趣味としてとらえ、
その中で勝負できるところに関しては突き詰めていくものなんじゃないかと思ってます。

今年は新規検討中のブランドへアピールしたり、
新規格の物と今製作中のカーボンクランクの工程経過を確認したり、
開催期間は4日有りましたが、最初から最後まで気が付けば働いてましたよ。
ご褒美の夜の屋台とかの食べ歩きももちろんしてますが、帰りのタクシーは睡魔全開なくらい疲れました。

長いスパンで真剣に考え、面白い物をこれからサンプル入れて、確認してみたいと思ってます。

これ!!!

DSC03103.jpg
カーボンアーム+アルミローター

超軽量!!! 値段も手が届くのでちょっと検討中。
posted by Yuki at 23:37| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

ワイドコグ48t

恐らく世界初で最速リリースの面白い商品になると思います。

Shimano11速用 48t ワイドコグ

DSC02919.jpg


DSC02920.jpg


数年前に取扱していた「Relic(リリック)」を再び日本に再上陸させたいと思います。
基本Dabombと同じ系列ではありますが、近年のRelicはよりニッチなものに特化した感じ。

実物はDabombの車両に装着されていて、リアディレーラーこそSGS(ロングケージ)必須ですが、
ロングBテンションボルトいらずの見ての通りアームへの負荷思っているよりも無い仕上がり。
DSC02938.jpg
トップギアの状態

DSC02939.jpg
ローギアの状態

当初46tで開発しあまりにも普通に変速してしまったため、勢いに乗って48tを開発したとの事です。

こちらは既に量産中で4月すぎには日本に入れられると思います。

とにかく帰国後はオーダーの処理とこことぞばかりのオーダーで忙しく。
また仕事に戻ります。

とりあえず台北ショーの自分の中で一番輝いた商品 

Relicのワイドコグ 48t, for shimano 11s

真ん中のスプロケとスペーサー付きで 定価9720円税込/枚

予約受付中
posted by Yuki at 15:29| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Relic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする