2016年12月02日

日記と感謝の気持ち

9月以降はすっかりドラマっ子になっているYukiでございます。
本日は長男の初めてのマラソン大会という事で1時間ほど抜け出して来ました。
結果はびっくりの表彰台でしたが、いつもゲームばっかりやってるガタイの良い息子から
全く想像できなかったです。なので1位になったらXXX買ってあげるんだが、
総合で1位という条件が、どうやら低学年は男女別らしく。
本人は理解してるのかどうか、気持ちは”獲得”みたいですが、今夜どうしようか・・・
悩める父でありました。

そして昨日録画のドラマを見て「陰で頑張るってるお仕事」の話になって(コーエツ)
全然関係ないのですが、連想で自転車関連で「何気ない事が実は最高のパフォーマンス」という事を思い出させてもらいました。
自分が20歳前半の時、アホみたいに軽トラで毎週山に繰り出してた時。
自転車の面倒を見てくれてたお店にメンテにリフレッシュとかオーバーホールメンテをお願いして
出来上がった状態で実際当時サスペンションがロングストロークの動きだけでうれしくて
正直他の可動部分は、いたって普通で何も感じなかったのが正直な気持ちでした。

だけどそのメンテナンスの「何でもない普通さ」が実は遊びに集中できる最高の作業
だから安心して乗れるんだなぁってドラマを通してですが今更思い出す形ですが感じました。

新品には慣らし作動は必要ですし、一杯仕事してくれた相棒に関しては
毎日着る服を洗うと同じように、整備してそれが持つ最高のパフォーマンス引き出す
ずばりのメンテナンスですが、自分でやるのも良し、ショップにお願いするのも良し
どんな形であろうと、一緒に遊んでくれる相棒を常に最高の状態にしてあげることで
安心して遊びに集中できますね。

いや〜、また改めて感謝の気持ちですわ。
今そのお店はお山に里帰りしてますが、本当にありがとうございます。

さて今夜は息子と向こうの人とダブル交渉と行きますか!?

では良い週末をお迎えください⤴
p0pb3086526.jpg
posted by Yuki at 16:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

I9のシングルスピードで遊ぼう

Aidan Horn in North America

INDUSTRYNINEの方で時折FacebookやInstagramで取り上げてる下のレーザーロゴのハブの正体は
DSC9935.jpg
インダストリーナインが直々にスポンサーするAidan Hornのネームロゴでしたね。
紹介サイトはこちら
http://www.the-rise.com/2016/11/industrynine-aidanhorn-in-north-america.html

実際組み込んだバイクの絵柄はこんな感じ
DSC9917.jpg
26”のパークやダート用のフレームも同時に販売しているようです。
ホイールはアルミ完組を使っていて
アルミスポークでパークとかに使われるリムはENDUROモデルを採用。
ENDUROであればスポークもTrailよりも太いやつをつかってるんじゃないかと推測します。
※I9の完組はカテゴリ別に実際バテッドでも線径直径は変えたりしています。

DSC9969.jpg

aidan-flair-barhaven.jpg
実際下の方に今回のプロモーション動画見れば、アルミスポークの強度も証明されると思いますが、
普通に飛んだり跳ねたりしても大丈夫です。
ただ当たり前ではありますが、高級品だからではなく、常日頃の日常点検、定期的メンテをしてこそ
機材は100%の性能を発揮されます。




すごくいいタイミングで今回のインダストリーナインのスポンサー紹介が上がり、
ちょうど先日同じカテゴリのBTLのフレームを年内に入れるアナウンスをしたばかりで。
26”はまだまだ熱いですよ。
BTL7022.jpg

・10sを11sの変速へ
・26”を275”へ
・現行の軸からブーストへ
とか無理に新しい規格に追従する必要なんてないです。今を楽しむ事を最優先が大事だと思います。
今何が楽しいのか何が不可欠なのか。最新と最速は必ずしも幸せにしてくれるものではない。
波に追われるのではなく、遊びを自分でマネジメントしていく事でそこに楽しさが生まれるんだと思っています。


・・・・プレイバイクにI9のSS完組・・・・1本持つのもありかもなぁ。。。
しみじみ。


DSC0020.jpg
posted by Yuki at 13:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

BTL bike, 702入れます

BTL bikes, 702

予想外の反響で弊社の輸入バランスポイントを既に超えていて、ギリギリまで引っ張りましたのが
12月の輸入を考慮し本日にて締め切りました。
数本は在庫しますが、在庫切れの際はまた数が集まってからにします。
今回のカラーチョイスなかなか面白かったです。

私は私で先日のBTR Rangerに引き続きこのBTL・・・・
ダートバイクを一台久々に作って自分にムチを打ちたいと思います。

BTRとBTL凄く紛らわしいのは知ってる(笑)


カラーネームはそれぞれ

DSC03802.jpg
赤 ・Hot Rod(ホットロッド)


BTL7022.jpg
黒 ・Black OP(ブラックオペレーション)

posted by Yuki at 13:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BTL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動画で紹介してみるよ

昨日インダストリーナインからちょっとしたブラックフライデー?的なお買い得情報がありました。
t697_f63e385ce786d499623e3c90294172dc.jpg
・フロントフォークの止めてるAxleの”Match Stix”
・大きいきんちゃく袋 Yuk Sak
・ウィンターハット@ニット帽
の三点セットがWEB STOREで販売されてますが、その3点setの連絡がないので
聞いてみたいと思います。ってMatch Stixもその時フォークメーカー指定しないといけないので
あらかじめ注意しないとですね。

DSC_6911.jpg
昨日写真掲載した紫ハブですが、実際はこれよりもっと鮮やかな色が出ていて
ピンク味皆無!写真でいろいろとホワイトバランス調整したけど目に映った色が出なく
これが一番の近似値でした。ハブと一緒に最新のベースボールキャップと生地が凄く丈夫な巾着袋が映っております。

x3_f63e385ce786d499623e3c90294172dc.jpg
H 17.25" x W 16" - DEPTH 16.5' - TOP OPENING EXPANDED 13.5"
高さ43.8p、幅40.6p、 開口部34.2p
Yuk Sak
定価 4,500円税込み


生地はシャカシャカではなくとても分厚いキャンバス素材ってもう言葉で説明するの難しいので
初挑戦!!!動画で撮ってみました。
好評であればまた次回構造の説明とかで動画取ろうと思います。


新感覚・・・・
動画紹介ありでしょうか?
posted by Yuki at 10:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

3種類のフェンダー実物そろった

DABOMBのフェンダー
DSC_6935.jpg
定価 1,300円税込み(2枚組)

ハックノリスのチューブレスパンク防止kit
についてくるフェンダー
DSC_6936.jpg
定価 10,000円税込み


先週入荷したインダストリーナイン
フェンダー(1枚)

DSC_6933.jpg
定価 1,680円税込み

三つそろえるとこんな感じ
DSC_6937.jpg

今日は朝から仕事とは別に予約があり、数時間のロスがありましたが、
先週のブラックフライデーとは意味的に違いますが、
世間でいう”ブルーマンデイ”を味わっております。
やっと一息が付きましたのでこれから発送及び考える時間などが出来ます。
そしてまた今夜海外とミーティングしなくては。


インダストリーナインの入荷で凄く少数ではありますが、
帽子とyuksakというものが仕入れてみました。
DSC_6911.jpg
インダストリーナインはシーズンというよりも作りたいときに一定の数を作っては
終わったら終わりの方式をアパレルとかソフトグッズに取り入れております。
ハブと完組がメインもブランドではありますが、
これはこれでとても流動性があって周りと被らないので、
これまたGoodなやり方じゃないかと思っております。

I9のそのYUK SAKの全体像はまた明日。
ではでは。
posted by Yuki at 15:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

ハックノリスの新しいインプレ

最近世界であっちこっち騒がれているハックノリス
DSC_6868.JPG

今度は静岡にありますバイシクルショップ ゲンノジから
旬なインプレが公開されましたのでこちらにシェアいたします。
gennoji.jpg

おじさんフェンダーらしく、まずはゲンノジのサイトへアクセスしてください

http://gennoji.net/wordpress/
そこにダウンヒルのエリートライダーの使用レポートがPDFで隠れていますので
是非見つけてみてください。

同じくユーザーのインプレもまたありますので
合わせてご参考ください
http://joxkoji526.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

一日限りのブラックフライデーですが、今日だけ実施。
その中での一つのサンプルアウトレット
DSC_6885.JPG
10速の11-36tですが、実測151g フルアルミ。
1点もの
詳細はお店までお問い合わせください
posted by Yuki at 10:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

ディスクロードのホイール

DSC_6785.jpg
インダストリーナインのハブを使ったフォルモサの完組
今回はPillarスポークのエアロをPSR X-TRA 1420を使ってみました。
リムは高さ38oで幅が25oのC3825モデル
DSC_6781.jpg
今までプレーンの黒スポークからエアロに代わって重量もそうですが、見た目も少し引き締まった気がします。

同時にリムブレーキモデルのも作ってみました。
DSC_6799.jpg
これで実測重量がすべて出そろったので、あとはプレーンモデルとの比較し
完組としてリリースまでもう少しお待ちください。
気になる方は取扱店までお問い合わせください。

AR251480.jpg
インダストリーナインのアルミ完組モデルもございます。
こちらは重量がとても軽い1460g
ディスクロード。こちらも展開開始しました。
まだまだこれからの分野ですが、MTBつながりのディスクという事で
いち早く取り入れてみました。
posted by Yuki at 16:09| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

スナッピーなハードテール

昨日デモバイクが出来上がりました。3台目。

家族を悩ます
愛人 3号機
DSC_6810.jpg
代理店ではありますが、部品がメインのため恥ずかしいながらデモバイクと呼ばれる完成車は今現在これで合計3台しかありません。

・BTR Ranger, 275 ハードテール
・Fireeye Burning AM, 275 フルサスペンション
・BTR Sprinter, シクロクロス


今回の部品構成を簡単に写真交えて説明。
テーマはフレームがローカラーなのでいつもは派手派手な色コンビですが、
今回は久々にさりげないバイクにしてみようとって思いました。

DSC_6814.jpg
・いきなり渋くのコンセプトから外した明るめなFireeyeの新色イエローグリップ
・サスペンションはDVOのブラウンを選択、調整機能にびっくり。現在130oストローク



DSC_6816.jpg
・Fireeyeのハブ前はブースト(モデル名 FH-15110)、後ろは142*12(モデル名 RH-12142)
・リムはFireeyeの650B30の黒。リム幅30o。チューブレスレディ仕様
・Formosaのアルミチューブレスバルブ シルバー


DSC_6815.jpg
・Pillar SpokeのPSR14に3D Forceの90度ずつ潰しの入ったスポーク、黒が流行の中、あえて銀色で昔っぽく新鮮感を味わってみる
・フォークはブースト規格にして、ハブもFireeyeですでに前後ブースト規格のラインナップあります。



DSC_6817.jpg
・Formosaのカーボンクランクに32tの同じブランドのナローワイドチェーンリングをインストール
・クランクの規格はSRAMのダイレクトマウント規格で、チェーンリングのオフセットすべて3oとしてます。
・68/73mmのバイク。チェーンラインはこの状態で52mm
・ペダルはFireeyeのHot Candy Tiプラペにして、軸はチタン。ボディがヘタったらそのまま通常鉄モデルをまた使えばOK



DSC_6823.jpg
・このリアバックのエンドに向かっていくにしたがってテーパードされていく細さに美しさを感じます。
 指一本分の太さ。凄い!!!
・142mm幅。



DSC_6827.jpg
・先週からデリバリー開始した新作Formosaのライズ30oのハンドルF30
・Dabombの35oステム。シルバーのBullet Shell

※FormosaのF30はこの35oのステムで最終的に先日の動画と同じく耐久テストをパスしています。
 テストピースが80-90oの突き出しだったので、より通常使用の証明という事で



DSC_6836.jpg
・ディレーラーはShimano GS(短い方)、少ししたらRelicの48tワイドコグを入れる予定


DSC_6869.JPG
・リアのブレーキ周りの仕上げ方
・XONのシルバーローター160o 鍛造



DSC_6863.JPG
・XONのシルバーローター180o 鍛造
・Formosaのポストマウントアダプター PM180 (160⇒180o)


DSC_6868.JPG
今話題HUCKNORRIS。より低圧でかつリムを保護する役割のチューブレス向け商品
 中で浮いてるので持って回転させて急にブレーキすると中で回転します(笑)
 ちゃんとおじさんフェンダーこちらへのアピールかなり凄い
・BTRのフレームは基本オーダーなので後々可変シートポスト装着のためケーブルガイドをつけてもらいました
 ISCGマウントは取っ払っております


DSC_6867.JPG
・Fireeyeのサドル。Firewave ブラウン色で


DSC_6865.JPG
・Dabombの新しいシートポストQRクランプ 3.0 同色系でブラック


DSC_6839.jpg
こんな感じで作り上げてみました。
・可変シートポスト
・ワイドレンジコグ48t
は暫く遊んでからタイミングを見て入れたいと思います。

本日雨降る前に軽く、明日アスファルトや土なところで試乗しましたが、
まずまたがった瞬間から26”の時のRANGERを思い出させる不思議な鈍いしなり感。
オールマイティーなRanger26”からダウンヒルなBelter26”へと経て、
トップもだんだんと伸びてきているのもわかります。
何よりも本当にどんなハードテールを乗っても、これに乗って足をかけた瞬間に
これ・・・・「BTR」ってすぐに体が認識しちゃいます。
初めての方はわかりませんが、オーナーや乗ったことある人なら多分この理解できると思います。
久々に乗ってもその感覚は体のどこかで覚えていただのかもしれません。

心から今度の山遊びが楽しみです。

どうでもいいのですが、実はのこの車体・・・・
イギリスがEU抜ける前のレート、事のつまりポンド暴落前の定価26万の時の決済で
とても高いフレームなんだなぁ〜★★★
今はレートの関係で前に近い価格になっております。
パイプの材質も昔と比べてランクを上げてきてるので相応かもしれません。

BTR Fabrications イギリスハンドメイド
今仕事の部屋にいても、あの感覚の余韻に浸っております。
posted by Yuki at 12:45| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デモバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

Black702

BTL Bikes 702
ブラックバージョンが海外の画像に有ったのでちょっと拝借。
BTL7021.jpg
BTL7022.jpg
参考URL⇒★★

DSC03802.jpg
キャンディレッド

どうぞご参考に、予約数量ある程度集まり次第入れたいと思っております。
目標今月か来月。
posted by Yuki at 15:17| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BTL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WEBストアで探し物

http://store.industrynine.com/
i9top.jpg

いつも自分が勉強で有効活用しているインダストリーナインのWEB SHOPが
大幅に更新されてます、取扱開始から初めてのリニューアルです。
凄く細かい部品まで掲載されてます。
弊社も完組スポーク以外はほとんどそろえるようにしてますが、
大体の消耗部品は取り揃えているつもりです。
特殊サイズベアリングやOリング・爪・ばねなど。規格変更用のエンドキャップ
現行の2代目だけでなく初代のスペアまで取り揃えておりますが、
今回のアップデートで凄く痒いところまで届くようになりました。

本国の足を引っ張らないように弊社も頑張らなくては…汗。
価格だけは本国と近いのだけ自負できますので
現地価格が掲載されているWEB SHOPを自信もって掲載させていただきました。
探すのが面倒な人は直接弊社まで問い合わせても大丈夫です。

互換性とか細かい部品に関する事、80%以上対応できると思います。
MTBi9.jpg
posted by Yuki at 14:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする