2017年01月17日

大体のスケジュール確定しました。

EVIL BIKESの取り扱い発表からしばらくアナウンスありませんでしたが、
去年の12月中の予約期間を設けて、今月の初めに受注分と在庫分を確定し、
いつかのタイミングで決済をし、この間にもいろいろとトランプ次期大統領のSNS発言で
世界が翻弄されて為替もすごく乱れてました、今は少し円高ではありますが、
感覚的にはアメリカの象徴というよりも一経営者が実力で大統領というポジションを獲得したような感じですかね
なので発言もアメリカ経済を中心の事ばかりで、政治の中身は今後就任してからになるだろうが
皆が思う大統領イメージを見事に裏切ってくれるトランプ氏、もしかしたらアメリカを良くしそうな匂いがします。
接戦だっただけど選んだのはアメリカの人たちですからね。
トランプ氏の良い部分を探していきたいし、次何を仕掛けてくるのか楽しみだったりします

14900339_10154517375900953_4803000805097070051_n.jpg

話を戻しますと、あとはEVIL社の出荷スケジュールで、向こうも日本向けの荷物を準備完了?みたいな感じで、
何よりも弊社からの初めてのオーダーが全て欠品なくあるという事が本当に素晴らしいです。
いろいろEVIL社からの制約ありますが、その制約の中で動けばとても素早い対応をしてくれます。
スケジュール通りで行けば日本には月末到着です。数日の差ではなりますが、もしかしたら2月上旬になるかもしれませんが、バレンタインデーまでには間違いなく日本のオーダーしたお店には届きます。

最初の入荷からフレーム以外に補修部品も完備の状態から開始となりますので
いきなりシーズンインして補修部品が必要の状態でもすぐ対応できますし、
何より欠品の際は、単発発送してもらえるので是非ご安心してEVIL BIKESをお使いください。

動画は 27.5"のINSURGENTのプロモーションビデオです。

Evil Bikes - The Insurgent from Evil Bikes on Vimeo.



以上、スケジュールが見えてきたのでいよいよです。
とりあえず公言通り果たせてよかったです。。
posted by Yuki at 13:45| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

REVIVE可変ポストの寸法DATA

いくつかの問合せでわかったのですが、
寸法DATAも既存のフレームに対してつけられるかどうか大事な事であったので、
こちらに貼り付けます、もちろん後日ホームページにも反映したいと思います。
クリックで拡大して必要に応じて保存してください。
REVIVE 125.JPG
REVIVE 125mmストローク

REVIVE 160.JPG
REVIVE 160mmストローク

そしてこちらは-10度でもきちんと作動するテストの動画公開。
寒い条件でもちゃんと機能するオイルを使っているのがこれを通して証明しています。


では今日も一日頑張りましょう。
posted by Yuki at 10:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

YurisのWEB更新。

今日はオーダー発送やいろいろ整理と
WEBの更新をしました。

今回の更新は、「取扱ブランド」と「リンク」のブランド新規追加
そして「価格表」の中に入っているDATAなどの、インダストリーナインの最新版への更新
DABOMBとFireeyeのハブDATAを更新しました。

各社のリムのERDや重量は今編集中。
各社のフレームのジオメトリ関係もこれからです。

一気にバシッとやれないですが、少しずつ更新していきたいと思います。

では皆さん良い週末を。
posted by Yuki at 16:57| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

I9のカラーアルミバルブ

t700_2fcfe336b45676a38c42622021deaa09.jpg
インダストリーナインのカラーアルミチューブレスバルブ
完組で向こうの気分で色を使われることもあるし、そしてアルミ完組の特典でもあるカラー指定
そのアルミチューブレスバルブが単品で買えるようになりました。
長さは35mm
参考として
Formosaは44mm
Industrynineは35mm となります。

カラーラインナップとして
formosa al valve.jpg
Formosaは ブラック・ガンメタ・レッド・ブルー・ゴールド・シルバー

t700_2fcfe336b45676a38c42622021deaa09.jpg
INDUSTRYNINEはかぶらない色でセレクトさせていただきました。
オレンジ・ターコイズ・ピンク・パープル・ライムグリーン
価格は同じくペアで2500円/税込み
こちらはインダストリーのスポークやハブと同じところでアルマイトされたバルブとなります。

そしてPINKBIKEで昨日紹介されたBTR Fabricationsの記事

オープンになったのでご紹介します。
2017 BTRのRangerの更新項目

p4pb14304698.jpg
(写真はPINKBIKEより)

ジオメトリに小変更があり、よりロー&ロングになり、ヘッドアングルが0.5〜1度更に寝て、
26”が63度
275”が63.5度
29”が64度
それぞれのトップ長さが10o長くなりました。BB高さはそのまま。

・サイズはXSとXLでそれぞれチェーンステーの変化があります。
・29”のフロントフォークが100oから120o対応へ
・ブースト規格対応。ちょうどYURIS号が手に届いて1か月後=去年の11月に通知されました。
 内容としてはあくまでもBoost幅への対応でプラスタイヤや29”には対応しないとの事です。
 ブーストにおける少しの剛性はupしますが、タイヤはあくまで2.35-2.4”までとの事です。

p4pb14304704.jpg
あとこちらのインターナル式のオプションですね。
いろんなリモートが増えた今、これで全体的にスッキリすると思います。

まずはこれを好きになったら、他でこのフレームに代わる乗り味の物が無い
独特なイギリスハンドメイドのフレーム。
うまく言えないですが、日本で20本は少なくとも点在するフレームを見かけて
もし試乗可能であれば是非乗ってみてください。
posted by Yuki at 15:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

この可変シートポストの特徴

既にいろんなブランド、そしてサスペンションブランドからも
可変シートポストがリリースされている中、今回改めて日本で展開したいと思ったのは
特徴が二つあるからです。

BIKEYOKE(バイクヨーク) from ドイツ

名前 REVIVE(リバイブ)
p4pb13962525.jpg

1.
ストロークが125mmと160o展開の2種類があります。
125oは普通にどこにもあるけど、150mmを超えるたった10oですが、160oのラインナップがあるという事

2.
リセット機能がある。
可変シートポストで構造上エアーが流入する事があり、それがオーバーホールにつながってしまうため。
エンジニアたちは、外部からそれをリセット出来ないかと思って考えた機構です。
bikeyoke-yuris.jpg
サドルのすぐ下に矢印がそれです。

そしてアウターの部分の露出部の厚みが薄いのでギリギリまで下げられるし、
何よりも単体質量が500gギリというそこそこ軽い重量

まずはリセット機能があるのが画期的な部分なので是非↓
彼らのシステムをCGでご覧ください


そして実際箱から出した自分のBTRに取り付けたんですが、いきなりこの状態で
リセット操作を体験することが出来ました。


BIKEYOKEではメンテナンス手順をYOUTUBEでも公開していて
ちょうど今世界へ発送し始めて今年からの新アイテム。EVILの次に来月ぐらいでしょうか?
2月ぐらいに入れたいと思います。

ひとまず気になった方は価格も含めて取扱店までお問い合わせください。
posted by Yuki at 08:29| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

プレイバイク完成

先日の「BTLバイクの702を組む」のエントリーで
自分のバイクが組みあがりました。
IMG_20170109_194248_234.jpg
基本的にコンポーネントはShimano SLXを使い、クランクアームは175oをチョイス
フレーム単体で見るとトップチューブからシートステーまで一直線に見えたけど
実際組んでみる直線でなかった事に気づきました。ここの直線好き or notでもこだわりの分かれ目でしょうか?
私は小さすぎずにOKです。

P_20170109_145209_vHDR_Auto_p.jpg
サドルはちびタイプがラインナップに無かったので、現物合わせで
このDABOMBのBoosterのストリークという柄模様をチョイス。滑り止めの役もしてくれてます。

P_20170109_145409_vHDR_Auto_p.jpg
ステムは35oのDabomb, Bullet Shell
ハンドルはDABOMB, Apache750(アパッチ)。
流行りから大いに外れた仕様ですが、昔からずっと文句なしにこのハンドルは一番好きです。
ダージャンのみならず普通のMTBにもこれを使ったりしてました。
考えてみればDABOMBを取扱開始してからいろいろ商品変わる中でこのアイテムだけずっと有るんですよ。
やっぱり世界でも隠れ人気なのでしょうか?本当の長寿モデルです。
P_20170109_145218_vHDR_Auto.jpg

そして贅沢仕様になってしまったホイール
P_20170109_145203_vHDR_Auto_p.jpg
インダストリーナインのハブにカーボンリムを入れました。
シングルスピードですし、とても軽いバイク仕上がってしまいました。
仕上げたのではなく、仕上がってしまった 的な意味合いの方が強いです
本当はFireeyeのLT28のアルミリムを入れるはずが、黒の在庫が無く、
他の色で代替えするぐらいなら、当初のイメージを崩さずに残った選択肢が黒色のカーボンしかなかったわけで…(笑)。

高いバイクになってしまい、少しためらいもありましたが、
出来上がって実際走り回ると軽さとハブの音で、無駄に走り回ってしまいます。

なんていうかAからBの所に行くのに、ちょっと遠回りしてみたり、
またBについたと思ったらその周囲を意味もなく八の字してみたり、
久々の26”で短いチェーンステーだからか後ろの反応に鋭さを感じます。
後ろに体重をかけるだけで前が浮かび上がる。

久々のプレイバイクという生ぬるった体に鞭を打たれた感じになりました。
シングルスピードハブでI9。高いけど入れてみて初めて違う世界が見れた気がします。
余計に無駄に遊んでしまえちゃうという事を✨


P_20170110_094533_vHDR_Auto.jpg
オーダーホイールが出来上がりました。
今回は両方ともチューブラですね。
P_20170110_094611_vHDR_Auto.jpg

青ハブは高さ20oの23o幅でなおかつ重量を通常モデルよりも15g贅肉をそぎ落とした特注リム
前20後ろ24ホールの組み合わせ。
P_20170110_094629_vHDR_Auto.jpg

ターコイズハブは高さ38o、幅25o。シクロクロス用との事で。
ロードディスク仕様でリムもディスク専用をオーダーしました。
P_20170110_094622_vHDR_Auto.jpg
チューブラの需要を考えてC3825のディスク仕様と一緒に
T3825 28Hのディスク仕様も少しだけ在庫しようと思います。

posted by Yuki at 11:50| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BTL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

プレイバイクを作るにあたり

久々にプレイバイクを作るにあたり、
多分昔も今もそうですが、MTBの中で一番安くあげられるバイクかもしれません。
去年の12月初めぐらいから国内展開を開始した702フレームですが、
今年の予算で一台を作成しようと思います。
多分MTBerであれば手持ちの26部品で一台仕上げようと思えば出来ると思いますが、
今回は全て新品という条件で考えます。

意外と少ないと思ったのが26”のこの種のフォークですね。
・X-Fusion, Velvet
・Rockshox, PIKE DJ
・FOX, 831
・Manitou, Circus
・SR SUNTOUR, EPIXON
と組み立てを考えた際に挙げてみました。

で結果 Manitou, Circusを選んでみました。
new-circus-lg.png
フロントフォークでは初めて使うブランドなのでせっかくだし、
他のブランドは使ったことあるのでチョイスしてみました。そんな理由。
試乗車でイベントで軽くそこら辺を走って楽しむのはありますが、
わざわざこれをショップで貸出は多分ないと思うので、
今回は練習&お気軽バイクとしてシングルスピードで組むことにします。

使用するコンポはShimanoのSLXを中心で、あとは弊社の取扱ブランドで固められるものは固めるという事で。
FC-M7000-11-1_zz_zz_STD_S1_draft.jpg

プレイバイク系の完成車がそもそも8万円台〜12万円台であるのですが、
あくまでベースモデルでそこからカスタムしていくとこれまた費用かかるわけで、
初めての方にはベストの選択ですが、すでにバイク持ってる方または経験者でこれから作る方であれば
やっぱり最初から自分の納得仕様で組んだ方が近道だと思います。
またはベースバイクをまず買って、あとは必要に応じて自分用に仕上げていく。
どっちがお得かはまたそこら辺は各自で妄想の泥沼にてお考え下さい。

仮に部品をあて込んで金額をシミュレートしてみたいと思います。

今回は世の中に合わせて今回は 税別表示で算出してみます。
各部品の最後の数字は 税別定価

Frame, BTL 702, 60000
Fork, Manitou Circus, 58000
Stem, Fireeye Talon FG, 6000
Bar, Fireeye Blaze733, 5556
Grip, Fireeye Sea cucumber, 1000
Seat post, FE-PA, 3703
Saddle, CUBE, 4000
Crank, shimano SLX(リング付属), 12194
Brake, SLX(レバーとキャリパー)前後, 18205
Brake rotor, SLX 2枚, 5100
Hub, Shimano Zee前後, 12067
spoke, pillar 1台分, 3240
nipple, pillar 1台分, 2407
rim, Fireeye LT28前後, 11000
tire tube前後, 1800
Tire, BTL Funbox, 8000

これを合算して計算すると大体21万ぐらい。
フォークが20o仕様だったので、Zeeを選択しました。
これは最低限装備ではないので、削ろうと思えばまだ削れるところあると思うので、
頑張れば20万アンダーの車体が作れますね。


チョイスした部品は弊社の物をメインにしてますので
今回の車体金額はあくまで参考で思って頂ければと思います。

で自分の車体のコンポもSLXのクランクとブレーキを使用しますが、
一度だけ車輪系は先日I9で紹介した、宣言通りI9のシングルスピードのハブを導入致します。

完成が楽しみです。
DSC_7143.jpg
posted by Yuki at 09:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BTL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

2017年仕事初日

新年あけましておめでとうございます
今年も一年楽しくスポーツ&娯楽を一生懸命に追求していきましょう。

小さな会社ですし、1月1日からフルではないですが、ちょっとずつYuris仕事をしておりました。
雇われ側ではなく舵を切る側に立った今年、お正月は特別な時期ではあるけど、
いつも通りのただの連休的な感覚で普通に寝て普通に起きて、
そこにモチやら親戚やらが追加されてるようなごくごく普通な日々に感じました。

今年の抱負は一言。
会社らしい仕事をする
この一言ですね。自分の中で目指しているのは自転車を楽しくというのではなく
あくまで「仕事の質」。普通のサラリーマンらしいことをやりたいことでしょうか。
仮にYurisがこけたとして、他の業界でも通用する人間でありたいです。

今自分は結構仕事を楽しんでやってますが、波は絶対あるし、壁に当たった時の対処
経営が本当に宜しくない時の事も頭に入れないとダメなので、
取り扱うものではなくて、全て自分自身の行動が引き起した結果と考えております。
サービスを大切にしつつ、そして今年もいろんな事に挑戦し、
自分をドキドキ&ワクワクさせたいと思います。

まずは年頭の1発目、去年12月1日にアナウンスした
EVIL BIKE
15826170_10154719423820953_4625229446071818834_n.jpg
オーダーもうここ数日の間にEVILに大体の詳細を伝えて今週正式オーダー予定
輸送日数もあるからI9の日数でシミュレーションすればおそらく月末または来月初めには
日本に入ると思います。
オーダーを見ると意外な結果で業界の仕様の動き結構面白いです★

そして年末の海外出張で引っ張って帰ったサンプルを年始に取り付け
14034847_307208106298103_9148533382713242305_n.jpg
ドイツブランドの「BIKE YOKE
15781799_1200348086728594_3318757495748193559_n.jpg
125mmと160oストロークの可変シートポスト
全てステルス式のみで物自体は500gを切る、平均より軽めで
尚且つ作動が軽い。他いろいろ特徴があります。
年末にお店に事前に当商品の詳細を紹介し、
「やるなら欲しい」と数本オーダー頂いてますが、マニュアル翻訳したり?
いろいろ準備もありますが、やると思います。

去年組み上げたBTR Fabrications
DSC_6839.jpg
やっぱり可変シートポストが自分の中で当たり前の必須アイテムになった今、里山で固定シートポストは本当に逆に変な感じです。
簡単に言うと、トレイルで山のあるタイヤではなくてスリックタイヤで走るような、
当たり前と思っていた装備じゃない、こんな意味合いでしょうか。

今年もEVILもBIKEYOKEもありますが、
他に面白い事 自分の所のもう一つの挑戦。と XXXX 

2017年はまた面白くなりそうですよ。

今年もよろしくお願いいたします。
では 仕事がんばりましょう!
posted by Yuki at 09:36| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

営業最終日★Yuris★

昨日で発送業務を終わりにし、今日は今年の最後の営業日。
去年はプライベートで大きな出来事(プラス)でしたが、今年は仕事として大きな出来事でした。
1年熟考&決断した4月末からデリバリーのフォルモサのカーボンクランク
DSC_6578.jpg
170mmのアーム長さをメインに限定で175mmを数set作ったりしてます。
対応BB幅においては 68/73、83、BB92、ファットバイク(170/177と190/197)
3ピース構造だから出来る高い汎用性。そしてスラム規格のダイレクトマウントにより28tまで使用可能
30oスピンドルによる絶対的ダイレクト感。
重量はShimano XTRと同等で価格はそれでいてXTとXTRの間。
素材が根本的にカーボンである事と30oスピンドルであるため、
これにスイッチしたユーザーからは高評価を得られてよかったです。
何より構想アイディアを形にしてくれた取引先製造会社に感謝。
汎用性抜群でとてもナイスです。
DSC_7146.jpg

9月に8年間勤務してきた異業種の会社を退社し、Yurisに専業する事出来事もありました。
イベントや取引先のショップには隠さずお話してますが、
ダブルワーク・二足の草鞋。言い方いろいろですが、
「凄いですねー」と言う方もいれば「仕事軽視してるのでは?」と思う方もいたと思います。
どれが正解かはわかりません、リスクの分散とバランスにおいて自分が決めた事ですから。
最初の1年なんてとてもじゃないですが、とても大変で苦い思いでした。
・1週間に電話一本鳴れば万々歳
・月の売り上げ20万以下。 利益ではなくて売り上げです。

今となっては良い経験です。数字は言うまでもなく想像がつくかと思います。

新しい事に挑戦する時は全て小さな事から始まるし、小さなきっかけやヒラメキだと思います。
Yurisを始めたのは本当に小さなきっかけでした。それを「やろう」と決めた私
それを理解してくれた最終判断責任者、私のストッパー役でもある家内に感謝です。
そして最初からこんな得体の知れないいきなり湧き出た「Yuris」にお付き合いしていただいてくれてる取扱店の皆さんにも感謝しております。

12月にはこれまた苦悩の末決断した「EVIL BIKES」の取り扱い
yuristop.jpg

これは来年1月下旬には日本に実物を展開出来るようにスケジュール組みがんばります。

意外と日中の8時間が空くと結構余裕が出る物です、かと言っても家内が今まで営業以外
検品・発送・経理を全て受け持っていたので、仕事の棚卸が自然と決まってきました。
それまで経理が全く追いついてなかったのでようやくスタート位置立てた気がします。

そんな今年最後の一発!!!
先日の海外出張から引き揚げてきたサンプル。
来年から世界展開するアイテム、先取り
です。
15726731_10211602182678208_2095138091275356261_n.jpg

今年も一年ありがとうございました。

合同会社 Yuris
代表社員 篠塚勇樹


さて…検品作業と事務所掃除
posted by Yuki at 09:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

27日までお休みいたします。

本日は祝日でYurisはお休みですが、明日より海外出張のため
27日までお休みとさせていただきます。
年内に間に合えばまた一つブランドではなく、アイテムが増えるかもしれません。
それはやっぱり「日本にない物」ですね。
既存ではありますが、もう少し仕様をとんがらせた物じゃないかと思います。
そして・・・・その考えも面白ければ、テスト内容もなかなか面白いものです。

evil calling luke.jpg
EVIL BIKESはすでに先週からお休みモードを年内一杯までだそうで。
本国自体の発送は元旦から開始とのことで、もちろんその間のクロモリハードテールや完成車の問い合わせもあり、
すみません、問い合わせても回答をもらえてない状態です。来年進展があり次第すぐにアナウンスいたしますので
今しばらくお待ちください。
写真に写ってるLUKEが持っているフレームは今月初めに発表した275の THE CALLING
リアトラベルは130oで里山にフォーカスしたフレームで同時に26+のタイヤも装着可能。
写真の色は「Angry Dolphin」(アングリードルフィン)

今回はEVILのデモバイクをCALLINGで考えいているので
275のホイールはいつでもあるので、まずは26+を導入したいと思います。
タイヤを探さなくてはですね。

HUCK NORRISの経過観察日記がこじろーさんのブログにアップされました。
先日のChiyカップイベントで表彰台だったりエンデューロシリーズでも活躍するこじろーさん
前回の数回ライドの中身チェックから数か月、また開けての観察です。
気になるHUCKNORRIS、来年もちゃんとおじさんもまたある新しい物を一つか二つリリースするらしいですので
今あるこの低圧、そしてリムを保護するアイテムを是非チェックしてみてください
→ http://joxkoji526.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

では皆さん良いクリスマスをお過ごしください。
dabomb xmas2016.jpg
DABOMBより
posted by Yuki at 09:44| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする