2018年06月21日

27.5+らしく乗る

DSC_2618.jpg
今日は天候はどんよりですが、雨ではなかったのでまたちょっと裏山へ275+の可能性と昨日日記に残したPUSHのアドバンスコイルキットに慣れ親しむために乗ってきました。

昨日の状態で乗ったのでエアーバンプストップの空気圧設定が5psi〜50psiまでなので、今10-15psiの間に設定しているので一度わざと外して空気圧を出荷状態の20psiよりも上の圧で違いを体験してみたいと思います。


完成車についてきた幅がとても広いリム@外-外で50mmのこのワイドなリム。
既に国内でRSDのクロモリハードテールこのMiddlechildを組み立てて、
実際に完成重量を実測して軽い重量を公表してるユーザーもいますが、
この完成車の仕様はこのワイドなアルミリムのおかげでずっしり重たいです。

公表数値 13.88kg 約14kg

ちょっとした軽いフルサスに相当する重量

DSC_2629.jpg

ただいきなり弊社の取扱の飛び道具やインダストリーナインの車輪を入れては軽くなるのは当たり前だし、
重量は正義という言葉もありますが、メーカーがこれを使う意味を知るべく、
軽くしようと思えばいくらでも軽くなるのですが、あえてこの仕様で暫く乗る事にしてます。


というよりも今まで外幅35mmから上のMTBリムは未体験だったので体験してみたいという事も有り、
以前FAT BIKEも少しの間乗った事がありますが、想像以上なグリップと漕ぎだしの軽さが印象的(それでも通常の2.3サイズよりは廻り出しは重いです)で、見た目以上のギャップを感じました。

無論この275+もその傾向で、タイヤも35mmを履いた時よりももっとボリューミーな外観で案の定グリップも良く
低速時のトルクによるトラクションを効かせた登りが滑らずに上がっていくのですが、
根っ子にひっかかって停車するのは置いといて(笑)、とにかく自走登りのトラクションが凄い。

そして登った分の下りも当然あるのだが、ボリューミーなタイヤのおかげで走破性は高いのは確実に体感出来ます。
2.8で衝撃を和らぐ代わりに反応が鈍くなるのだが、そこはガン詰めにした415mmのクロモリハードテール@Middlechild・・・・2.8タイヤ入っているのに俊敏に動かせます。
チェーンステー長さが415-430mmまで調整出来るのでここでも味付けを少し変える事が出来ますが、今回もとりあえず暫くリアの長さは415mm仕様で暫く乗る事にします。


PS
情報が少ないのはカナダのRSD社に最初のMiddlechildの便が到着するのが恐らく来週の頭なので
実質世界でRSDのこのクロモリハードテールは日本は世界で最初のデリバリとなっています。


そのうちカナダが展開開始したら海外の掲示板でMiddlechildの意見交換やレビューが始まるでしょう。


続く。。
posted by Yuki at 17:27| 千葉 ☁| Comment(0) | RSD Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

オレンジローター売り切れました。

35473212_1711916565571741_6182589376594182144_n.jpg

XONの2ピース鍛造ローターですが、今週アナウンスしましたが
数量限定カラーのオレンジが売り切れました。(取り置き分除く)
パープルとアップルグリーンのみとなります。

今日現在お選びいただけるカラーで国内在庫はこちら
140mm = black, red, blue, gold
160mm = black, red, blue, gold, silver
180mm = black, red, blue, gold, silver, purple,
     数量限定→apple green
203mm = black, red, blue, gold
posted by Yuki at 16:13| 千葉 ☔| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バネ感ではなくバネそのもの

今デモ車
・DABOMB, Sentinel ハードテールにX-FUSIONのフォーク
RSD Bikes, MiddleChildクロモリハードテールにRockshox YARI + Pushのバネキット
・EVIL BIKES, Following MBフルサスにRSD完成車付属のRockshox PIKEフォーク
・デモバイクに使っていたそしてまた使う予定のDVOフォーク ダイアモンド2本
・BTL BIKES, 702のダートジャンプバイクにManitou Circus

がYurisでありますが、昨日後ろの山で交換して順番に乗り、PUSHとの違いを意識してみました。

P_20180618_145417.jpg

エアサスの最大のメリットを一言で言えば絶対的な質量とエアーなので安易にサグセッティングが出来る。
コイル時代から自転車遊びしてた私にとってはエア式のフォークは高嶺の花でした。
そして代理店を始めてから、試乗する際にライダーの体重別にサグ取りしていくのにエアサスであればすぐに合わせる事が出来る利便性。

エアサスがコイルサスに対して目指しているところは初期のあの敏感な反応。
今回は一杯乗ったフォークとそうでもないおろしたてのフォーク(=EVILについてるRockshox PIKE)とPUSHのバネキットが入ったフォークでの体感比較ですが、

ここから先乗った頻度や諸事情により銘柄はあげませんが、
一杯乗ったフォーク(AIR)はそれこそとてもスムーズでブランドの特徴や調整機能の幅の広さも含めレベル高い状態でありました。
ちょっと残念だったのはおろしたてのフォークであったRockshoxのPIKE、これはフォークその物がダメではなく、組付けてまだ何も乗ってないので
各部のすり合わせ、慣らしが終わってない状態でしょうか。それともインナーとアウターの外部環境のごみと内部の隔離の役割を担うフォークシールがまだラバーだから硬いのか、
初動があまり良くなかった。
というのが最初に感じた事でした。

ただこれは使っているフォークまたPUSHのシールとバネキットが入ったRockshox YARIを触ってからの比較感想で、それでも比較的にスムースであります。
潤滑系の物をつけてあげればそのリミッターはスポット的に外すことも出来ますが、
使用しているフォーク以上に、PUSHのローフリクションシールとバネキットの入ったフォークは初動が素晴らしいです。

抵抗が皆無と言えるぐらい抜けるというかスコンと入っていきそこから抵抗して帰ってこようとする感じはバネならではの特性、
バネフォークでも潤滑環境が悪ければ入り方がニュルと滑るのではなく、段付きの様な入り方になりますが、
一度にACS3(バネキット)とローフリクションシールを入れたので正直効果はダブルで来ているのでどっちがその効果をより発揮しているのかわかりませんが、
凄く良くなっているのは事実であります。

1529459643496.jpg
PUSH INDUSTRIES(プッシュインダストリーズ)のACS3キット
・アッパー一=番上の黒い棒、ACS3の刻印のある筒にエアーが入る構造で右に飛び出ているのが押し棒
・真ん中=コイル、各コイルには付属の専用プリロードスペーサーがあります
・ロワー=赤い部品ある棒、ネガティブスプリングを装備されたプランジャーロッドで
バネが縮んでアッパーの押し棒が赤い部品にあたり、押し棒が押し込まれてエアー室を縮めて反発力を発生させる作り




推測の域ですが、初動は恐らくローフリクションシールが大いに働いてくれているのだと思います。
ACS3はダートジャンプとパンプトラックと小さな里山程度で、ダンパーとのバランスはまだ調整中ですが、
乗り心地に関しては初動は異次元な程繊細に動くフォークに加え、路面からの情報量がエアー以上にあります。
これは硬いからゴツゴツという悪い意味ではなく、路面の状況を余すところなく伝達してくれるという意味です。

速度域も有ってか、中間から後半に向けてのバネからエアへの引き渡しも特別な特性変化を感じずに自然な感じで、
いかんせん地元の低速な環境ではバネとエア(Air Bump Stopの標準の20psi)を使い切る事も無いので、確認の意味で15psiぐらいに落としてみました。
これはまた今度良い天気または別のステージで楽しみにとっておこうと思います。

もちろんバネ仕様になっているので、土地の高低差による気圧の変化も無ければ、メンテナンスとセッティングはエアーのようにシビアな管理が必要なくなるのもバネのメリットも有りますが、約250gほど重くなるデメリットもございます。
ただ昔のバイクと比べると今のバイクは驚くほど軽いので、重量さえ許せばまた違う面白いセットを楽しむ事が出来ますね。


PUSHを取扱始めてからユーザーや取扱店から問い合わせがございます。
弊社の説明が下手くそでうまく伝えられなくて大変申し訳なく思います。
一言で言うとACS3は
特性をコイルへ変更させて尚且つコイルの後半の踏ん張りの無さをエアーでカバーするためのカスタム商品


今のフォークが劣化したら・・・・とかはそもそも本人がわかるぐらい性能ダウンならオーバーホールが適正だと思います。
当キットはオーバーホールのための物ではなく、特性変更する物となります。
速さに繋がるかどうかに関しては、それはそれは路面情報が増えるのでとてもレーシーなものになります
好みに合えば速く走らせることが出来るし、楽しみながら走らせることも出来ます。
posted by Yuki at 14:37| 千葉 ☔| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

カーボンハンドルの仕様整理

formosa.jpg


説明文とちょっとした情報にもかかわらず数日おきにFormosaカーボンバーハンドルのご予約頂き大変感謝いたします。
デザインは既にお店の方に公開しておりましてまだネット環境には公表しておりません。
ただ単に綺麗な画像はなくアナログで断片的なデザインの状態だからであります。

全体のグラフィックはもう少しお待ち下さい。
現行のFとF30は全て販売終了となっております。

ハンドルは新グラフィックになり、従来の31.8mmクランプのFとF30の他に
35mmクランプのF51とF52が仲間入りします。

仕様はこちら↓

yuris-formosa-bar.jpg

デカールの生産の関係で早くて来月中旬以降の入荷。。。

という事で Formosaに””いいね”” お願いします。
posted by Yuki at 16:55| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

XONディスクローター入荷2018年6月

XONの2ピース鍛造ローターが先ほど入荷してきました。
検品前にまず特注カラーを先に撮影してこちらに紹介します。
数量限定の特注カラーは前回引き続きの アップルグリーンパープル

DSC_2671.jpg

DSC_2670.jpg

の他に今回はフォークに有る色をヒントにオレンジを第三の数量限定カラーにチョイスしました。

DSC_2672.jpg

今回の数量限定カラーは180mmのみとさせていただきました。
160mmも需要ありますが、180mmの方が先に無くなるため今回は160mmの展開を休止し、色を増やしての選択です。

もちろん180mmのシルバーやレッドとブルー在庫切れは全て補充完了です。

今日現在お選びいただけるカラーで国内在庫はこちら
140mm = black, red, blue, gold
160mm = black, red, blue, gold, silver
180mm = black, red, blue, gold, silver, purple, apple green, orange
203mm = black, red, blue, gold



for-blog-xon.jpg


これとは別にフレームのケーブルを固定するバッシュガードとかに使われる強化プラスティックのPOM材を使った
ケーブルクリップも入荷 10個で1080円
色は ブラック・レッド・イエロー・ブルー
業務用で100個入りボトルも販売しております。
DSC_2673.jpg


価格に関してはは弊社のWEBより価格表をご覧ください
posted by Yuki at 10:39| 千葉 ☁| Comment(0) | XON | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

毎月入荷で品質を十分に

先週金曜日にFireeye入荷。月曜日検品
火曜日に倉庫整理をして、I9の水曜日入荷に備え、昨日はI9の検品と
気が付いたら一週間過ぎるのも早く…Fireeyeはコンポーネント系が多いので検品と言っても
以前ミスの有る部分をチェック項目に盛り込みながら基本は銘柄と色と個数のチェックをして完了とし
実際国内受注から出荷前に再度軽くチェックをして出荷という流れをとっています。

インダストリーナイン(=略してI9)は入荷後。これが実に検品を一番細かくやっております。
そして近年増えたさまざまな規格。色と個数はもちろんの事

・ホール数
・フリー
・ブーストまたはノンブースト
・完組上記の項目に加えて、回して振れのチェック(←目検)

あとその他もろもろ省略。

35114645_10155450105672826_6159127516444360704_n.jpg

完組はなるべく写真に収めて紹介していこうと思うのですが、なかなか倉庫を開けるのと時間との戦いで撮影忘れたり、またはupし忘れたり。
今回はフルブラックを除いて、1setのカラーオーダーがありましたのでこちらにup

P_20180614_090426.jpg

弊社も今でもうつりゆく細かい規格も含め勉強中ではなりますが、
このホイールはTrail270、27.5”のシングルスピード仕様。
当ホイールはもともとUL235のシングルスピードでのオーダーでしたが、UL235はi9の最軽量ホイール1390gという位置づけで
スポーク数も24Hの構成となり、シングルスピードの仕様は32Hのシェルボディにのみ対応で
この時選択肢としては
・UL235の完組で普通のシマノフリーで、シングルスピードキット で対応 重量1390g
・すぐ上のカテゴリのTRAIL270の32H仕様でシングルスピード その代わり重量が1560g

この時点でシングルと重量だけで見ると、リクエストに対してほぼ白紙かと思われましたが、
用途をお聞きすると47Cのタイヤを使用したいとの事でI9社に聞くと、社員含めアメリカ国内では40C台のタイヤに関しては
皆TRAIL270を使ってかつばっちりフィットするので、今回 Trail270+SS という仕様で受注となりました。

P_20180614_090434.jpg


綺麗なターコイズをハブとスポークに採用。カスタム費用としてレベル2となります。
切削とアルマイトに関しては全てインダストリーナイン社内での生産で今回のターコイズは少し青みが深いですね。

P_20180614_103156_1.jpg
黒と赤は通常在庫しているファットハブですが、今回はピンクのオーダーが入りました。
これがどんなバイクに装着されるのか想像するだけでちょっと楽しいです。
オーダーされたオーナー様!あなたのカスタム楽しみにしてます!!!ありがとうございます。



P_20180614_103745.jpg
ハブをオーダーするときにエンドキャップやフリーの在庫調整で入荷して検品ついでに換装するのですが、
この姿せっかくなのでベアリングツールを交えて撮影。
インダストリーナインのハブの分解サービスは自転車のメンテ工具あれば一通りできますが、
ベアリング圧入する時とかこのような工具というよりもアダプターという位置づけで、
あると作業時間が大幅に短縮し、現行のTORCH(トーチ)シリーズのMTBとロードハブに対応。
メンテは普通に出来る、だけどアダプターあるとより作業時間が短縮できるちょっと便利なアイテム

インダストリーナインのハブは構造シンプル、だけど7075の材質と徹底した精度管理及び表面の化粧仕上げ
オーソドックスなブラック以外にも色気を出したい綺麗なアルマイトが他に10色ございます。


P_20180615_114911.jpg
今回仕入れたプロモアイテム。プロモ向けなので一つのみ。
割り当てはゴールドでした★これで120ノッチが可視化出来ます。


週末は雨模様か・・・・
うーむ。。。

良い週末を


posted by Yuki at 13:00| 千葉 ☔| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

グリップの派生版

ブランドでも全部取り扱いは無いのですが、弊社のの標準在庫以外でもしリクエスト有って
納期も弊社の輸入に依存するのであれば入れられます。

今回はこちら
p_1502869610115.jpg

FIREEYE BIKESのグリップですが、
通常はGoosebump-R
で外側はプラスティックのキャップでハンドルの空洞を埋めるタイプですが、

今回は写真に有るように外側は全部アルミのキャップでかぶせるタイプ
Goosebump-C


p_1502869616010.jpg


リクエストに有ったのは今回エンドユーザーであるレーサーからの声で
レース時にハンドルの穴がふさがれていないとダメで。
理由は転倒時にハンドルが刺さる危険性があるという事だそうです。
転倒またはプラスティックの劣化?または何らかの理由で一度プラスティックパーツを外したりすると外れやすくなったり
あるいは転倒の衝撃により外れてなくなったりするのでそれを完璧に脱落リスクをゼロにする方式のグリップとなります。

こちらは限定的ですが、スポットでまずはブラックを在庫してみました。
ご希望の方はお店までお問い合わせください。

Goosebump-C
希望小売価格 2,300円(税込)


posted by Yuki at 16:59| 千葉 ☁| Comment(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

セラミックTiコーティングスポーク

昨日と今日と大した発送もないのですが、Fireeyeの入荷検品やら細かいハンドリングで気が付いたら
昨日ブログ更新できなく、今日もこの時間帯になってしまいました。ネタは一杯あるのですが、
何せ書こうと思った時に全部忘れるという。

とりあえずやるべき事&やりたい事一杯あるので、やっぱり頭の中でわかってても次から次へとイレギュラーの事案が来るとそっちを優先にして
それまで整理してた事案を忘れてしまう事が最近また目立ってきてしまいました。
やっぱりやるべきことは朝一ノートに箇条書きでもいいから落とすべきですね。

12531.jpg


先月瞬間的に紹介したFORMOSAのMTB完組ホイールですが、現状…ハブ待ち。リムとスポークはもうスタンバッてる状態です。
Formosaのハンドルは仕様だけですが公開にもかかわらずご予約ありがとうございます。

そして直近の1週間の間にカラースポークしかもパウダーペイント系ではなく、コーティング系
つまりアルミでいうとアルマイトと同じような効果のスポークの取扱のリクエストが立て続けにありました。
正直国内で他社にて同じようなものを展開していて、弊社では純粋に「シルバーとブラックの良いスポークが欲しい」の考えだけでやってきてましたが、
需要があって国内に無いのであれば…しょうがない。。

やりましょう!!


という事でPillar Racing Spoke
セラミックナノメーターTiコーティングをやりましょう
1528893673016.jpg

※Tiという名前はTiが含有しているのではなく、Tiスポークに使用できるコーティングなのでPillar社による商品名となりますのでご注意ください


カラーリングバリエーションは
・ローズゴールド
・ブルー
・ゴールド
・チタンブラック
・レインボー
5個のパターンで本来はチタンスポークに使われる高級ラインのコーティングですが、チタンただでさえ高いのにそれを導入したらもっと高くなりますが…一応 Ti Blackは標準で在庫してます(笑)

ただチタンはさり気ないチタン色とtiブラックが大半なのも事実。

ステンレスのシルバーとブラックの他に何かキラキラ光るようなスポークが欲しい時にこの技術が必要にあってくるわけで。
実際ペイントと違って電着しているので色剥がれはありません。

5種類ある中今回は
・ブルー
・ゴールド
・レインボー
pillar ceramic ti plating.jpg

の3種類を取扱と思います。

もうまだ価格表には反映してませんが実際既にオーダーしていて来月には入ってくる予定です

セラミックTiコートスポーク
希望小売価格 15,000円(税込)/70本


Formosaのハンドルと同じく予約受付いたします。
posted by Yuki at 22:09| 千葉 ☀| Comment(0) | Pillar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

LBの意味は「ささやかな」

32696533_10156154434745953_4297151999834587136_n.jpg

先週週末にかけてEVILよりも公式画像。画像だけですが、新しいフレームの色が紹介されました。
全容は知っていますが、とりあえずEVILの情報公開に準じたいと思います。



29”専用
WRECKONING(レコニング)
160mmトラベル
1528704808675.jpg
カラー=ラスティートロンボーン

1528704795728.jpg
カラー=フォールアウトグリーン



275”INSURGENT(インサージェント)
151mmトラベル
1528704767986.jpg
カラー=フレディ マーキュリー
※何気にPUSH INDUSTRIESの11.6コイルショックが写っている


1528704784634.jpg
カラー=ヨーグルトトラック

275のINSURGENTは今までがノンブースト規格でありました。詳細は言えませんが、流行に応じたマイナーチェンジという事で(笑)

前回のFollowing MBの略は「MORE BETTER」=より良いでしたが
今回はLB。「LITTLE BETTER」=ちょっとだけ良い!!!
 との解釈で

微量ながら少しだけ進化させて帰ってきます。
EVILのシルエットはどのモデルを選んでも同じなので、ぱっと見どのモデルかはわからないのもこれまた面白い
ブラックなんて選んだ日にはもうオーナーに聞くか細かく見るしかないです(笑)

詳細はもう少しお待ちを・・・・
ただし予約はいつでも受け付けてます。。。
posted by Yuki at 17:34| 千葉 ☔| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

どっちのホイールを選ぶか

AR25+-+TRA+System+-+Dark+Side+of+the+Moon+-+On+Black+-+Detail+4_WEB.jpg

ロードやグラベルロード、シクロクロスでの浸透はMTBと比べてまだまだではありますが、
MTBやってる方のサブとしてのロードやグラベル、またはシクロの車体でのリクエストを頂き感謝しております。

今回のロードカテゴリにおけるアルミスポークを採用したTRAシリーズ(TORCH ROAD ALLOY),トーチロードアロイ。
これが出たらステンレススポークは?と思われますが、SAPIMのCX-RAYを採用したシリーズも普通に継続いたします。

TRAシリーズは
・ロードを基準としたよりアグレッシブなグラベルなどの悪路を走破出来て、尚且つダイレクト感のあるホイール
・MTBの軽量ホイールと比べて、ロードベースのハブを使っている分、より軽量になる
・アルミスポークがゆえのMTBと同じスポークカラーを自由自在にオンリーワンのホイールが作れる

欠点
・ステンレススポークと比べて大きいため、エアロ性能がそれより劣る
・ステンレススポーク仕様の方が軽い


ステンレススポークを採用する
★キャリパーブレーキの i-25TL シリーズ
★ディスクブレーキの AR25TL シリーズ
こちらはよりピュアでスピードを求めようとする方へのセレクト対象となります
簡単にいえばTRAと比べて Good/Bad が丁度逆転すると言えばわかりやすいでしょうか?

ここに挙げた「Bad」は決してダメではなく、あくまでインダストリーナインのロードホイールでどちらかを選ぶ際にあなたが求めようする、
優先したい部分を決める為の一つの参考となります。

アルミスポークを採用したロードホイールの紹介をご参考ください
過去記事 → http://yuris.seesaa.net/article/459837276.html



3:57のショートムービー
posted by Yuki at 17:07| 千葉 ☁| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする