2019年04月22日

ハイパーチャージャーダンパー導入しました。

金曜日は業務をほぼ潰しての手順の確認も含めて、RockshoxのPike(Charger2仕様)に
PUSHから出ているシムレス構造のハイパーチャージャーのHC97を装着いたしました。

自分のフォークが適応するかどうかはまずダイヤルにChargerという文字がある事を確認。
52046.jpg


次にダンパー側を少し露出させて、プラダー部分の下にある金属リングが赤かどうかを確認。
DSC_4859.jpg


赤であればめでたく取り付けが可能となります。
取り付けた状態がこちら
DSC_4872.jpg
上下にダイヤルが有る状態で誇らしげに「P」の文字が刻まれております。
クリックは仕様ではハイコンプとローコンプ共に28クリックとありますが、
ローコンプは位置関係の設定で28クリックにする事が可能です。(取り付け後に出荷時のクリック数に対して加減調整)
ただハイコンプは製造上の公差で最低28クリックでの保証となります。ちなみに弊社在庫物は32~34クリック。

DSC_4868.jpg
装着した状態がこれ!!!ってそもそもフォークの内部の構造変更なので外見は先週のとなんら変わりがありません。
ちなみにこのOfferingはサイズMです。
私自身身長180cmで、装着しているドロッパーは125mm?だったような。
それでも写真の状態でも足に余裕があるのでMサイズでも足つき性抜群のEVILフレームだと思います。
見た目は大きいですが、またぐと意外とコンパクトです。

DSC_4874.jpg
せっかくのタイミングもあり、29”のホイールを導入してみました。
インダストリーナインのTRAIL270(リム内幅が27mm)のモデルをチョイス
タイヤは前が2.5”で後ろが2.4”。もちろんハブは第三世代のHydra(ハイドラ)の690ノッチです。
29”なので尚更少しの動きでジリジリとサウンドします。

もちろん今回はレインボーホイールでの反省を込めてハブはシルバー。
で明るめの配色であるピンクを導入
IMG_20190421_110510_9.jpg
新しく導入した携帯のカメラ性能もなかなかのシャープ感!!!!

HC97Render_2000x.jpg
肝心なハイパーチャージャーですが、クリックがとにかく上下共に動作軽いです。
全閉するとロックアウトですかというぐらい、オイル回路が遮断され、左レッグに入れたコイルである事を忘れさせられます。
もちろんこんな状態で使いませんが。。。

幅広い調整で数クリックで違いがわかるような繊細な体感機能は無いですが、
それでもいつも以上に多めにクリックする事による違いはしっかりと体感出来ます。
何よりもクリック動作が軽いので気軽に調整出来ます。
5クリックずつ探っていって、3クリックずつ減らして、と徐々に減らしていってスウィートポイント探せると思います。
このキットにはリバウンドのバルブをシムレス構造に合わせての再設定シムが付属しています。
コンプのみならずリバウンドもPUSH INDUSTRIESの考えるダンパー機能をディーラー側またはUser DIYで作り出すことが可能となります。

Climb、Trail、Decendと3段階の調整で物足りない方、または私と同じようにそもそも1系統のコンプしかない方で
Charger2の上のグレードまたは最新のCharger2.1へスイッチを考えてる方。
オーバーホールついでに是非ご検討くださいませ。

対象フォークはPike、Lyrik、Boxxerと対応しております

1555893650351.jpg

HC97 サポートファイルもPUSHで掲載されております。
https://www.pushindustries.com/pages/hc97-support


Rockshox Charger Disassembly INSTRUCTION
→既存のRockshoxのチャージャーダンパーのバラシ方

PUSH HC97 Assembly INSTRUCTION
→HC97をばらしたチャージャーダンパーとドッキングする手順説明

HC97 rebound tuning Guide
→ダンパー組みつけの際のリバウンドのバルブの並びの変更説明
 ノギスで直径測れば大丈夫ですが、ノギス無い方はこのファイルを等大印刷してください
 Weight Rangeはポンド表記です。


↓↓ここ大事↓↓

全てのファイルに必要工具が掲載されておりますが、バラシてみて一番注意が必要なのは
10”(=25.4cm)の延長ソケットでしょうか。
ソケットレンチは1/4(=6.35mm)の頭を推奨します。

こちらはRockshoxのChargerダンパー分解する際にカートリッジチューブに延長ソケットを入れて
コンプレッションボルトを外すのに必要とします。
特殊工具ではないけど、意外と延長ソケットここまで長いのはあまり無いので、
作業する前に一度ご確認くださいませ

※エア抜きの際はリバウンドもコンプレッションもフル開放で


posted by Yuki at 09:53| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

HC97の価格

すっかり忘れておりました。

PUSH INDUSTRIES
HC97キットの価格は
希望小売価格 32,400円(税込)


となります。

Push_Charger_Damper_3-4_2000x.jpg
posted by Yuki at 09:22| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HC97が使える幸せを感じた本日!

DSC_4863.jpg

PUSHのハイパーチャージャーダンパーを発表してから、いてもたってもいられず、
昨日は出荷にお努めしてましたが、今日は朝早く事務所入りしてデモバイクへの可能性を検証。

Charger2で有る事が前提ですが、一つ気になる事が…
52046.jpg
Low Speed Compダイヤルのみのモデルフォークが使えるかという事。

PUSHに確認すると、Charger2であればプラダー(ゴムラバー)の下のロックリングが赤であれば大丈夫との事。
ちなみにChargerダンパーは黒ですので、わからない場合はもう抜いて確認した方が早いという事で!!!

DSC_4856.jpg
バイクをハードテールのRSD Middlechildを引っ込めて、EVILのofferingを引っ張り出しました。

ぱっと見ブルーの艶消しですが、少しだけ緑っぽいです、でもCallingのドルフィンカラーではなく、
レコニングの青との中間が正解なのかもしれません。
でこのOfferingは左レッグはPushのコイルが刺さっているので取り外し簡単。32mmのソケットで1分作業。
コイルの入れ替えは5分もあれば出来ちゃいます。

DSC_4858.jpg
全部ひっこぬくのではなく、上の固定を解放してあげれば一番確認したい部分が見えてくるという事で。
チャリ高短化

なんと!!!!!!!

DSC_4859.jpg

ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪

という事で本日は開店休業=発送業務お休みして、作業にお勤めしたいと思います♪

ちなみにPUSHのソケット使っております。
DSC_4857.jpg
DSC_4861.jpg
アルミのソケットなのでキャップ類と同じ材質なのでいくらかアタリが優しくなっております。
ソケットはPUSHの部品製造と同じ機械で切削成型され角の部分で回すのではなく、六角形の面で回すので
よりしっかりと回す対象物をとらえて作業が出来ます。作業は苦手ですがなんの不安もなく作業こなせました。
PUSHのソケット類もフォークシールのアダプターも日本在庫ありますのでショップもDIYの方も絶対おすすめ♪

それどころじゃないですね。

これとは別に商品ではなく、あるブランドとも水面下で話を進めているので
どうするか・・・・どうします?


とりあえず本日はYuris業務開店休業なり(=発送ね)

では良い週末を!!!
posted by Yuki at 09:05| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

Hyper Chargerダンパー

待ちに待った。ようやくPUSHからの制約が解き放たれました、公式発表日より1日遅れましたが
リアショックの11.6やハイブリッドコイルキットのACS3をリリースするPUSH INDUSTRIESより
RockshoxのCharger2 or 2.1ダンパー向けにHC97キットが発表されました。

Push_Charger_Damper_3-4_2000x.jpg

HC97のHCは「HyperCharger」の略で97は…わかりません(笑)

HC97Render_2000x.jpg

つい先日発表されたCharger2.1ダンパーもあり、個人的にそれを超えるのか?と心配してましたが、
根本的に違うシムレスシステムを採用しているので、そもそもその心配は無用でありました。

弊社はサスペンションのプロではないので詳しい事はこれから勉強しようと思います。
まずは与えられた情報を箇条書きしますと
・リアサスペンションElevenSixのコンプレッションバルブ機能をフォークダンパーにも採用
・オイルの流量をうまくバランスし、トラクションやコントロール性能をより多く確保
・スムースで質感の有るダンパー作動
・シムレス高速圧縮バルブにより連続するダンピングフォースでもスムースな減衰力を実現
・28クリックの調整範囲を持つ低速圧縮調整
・28クリックの調整範囲を持つ高速圧縮調整
・リバウンドバルブシム付属
・Rockshox Lyrik, Pike, Boxxer RCT3, RC2 などのCharger2 & 2.1 ダンパーカートリッジに対応


またまたPUSHのHC97商品ページをかいつまんで紹介すると
トラクションと小さなバンプをよりハイレベルな域で仕事するハイパーチャージャーダンパーで
多いクリックによりライダーがダイヤル操作で、従来欲しかった「その中間!!!」の設定値も出来るようになります。

HC9797.jpg

左側が従来のシムを使用したシステムで
右側がPUSHが提唱するシムレスシステム
大雑把に理解した感じとしてはシムレスにする事により、
シムのエッジが無い分よりスムースな流量が確保できる事でしょうか!?

商品知識不足で申し訳ございません、取扱を通して勉強していきたいと思います。
ただ輸入に関しての経験はずっと豊富なので、実は並行して既に日本に入れております!!!

DSC_4854.JPG

弊社が持つRockshoxのフォークは今はYariとPike。
残念ながらYariはモーションコントロールでしたので、Pikeにまず入れて自分で経験してみたいと思います。
それとは別に既にほしい方は本日より出荷可能となります。


こちらの商品はACS3コイルキットと違い、ダンパー側を分解する作業が必要となります。
欲しいと言っても簡単には導入できないものかもしれませんが、
何か!!!何か提供できるように模索したいと思います。

ACS3コイルキットもそうですが、HC97キットを導入する事によりフォークの正規保証から外れる事をご注意ください
本国サイトのHC97ページはこちら↓
https://www.pushindustries.com/products/hc-97
posted by Yuki at 09:55| 千葉 ☁| Comment(0) | PUSH INDUSTRIES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

第三世代の樹脂ペダル Skittles in Fireeye Bikes

Youtubeで曲を流しながら仕事したりするのですが、本日の冒頭にRAWシリーズが有ったので反射的にクリック。
曲の無い走行音だけのビデオ個人的に好きです。

ライダーはオーストリアのFabio Wibmer


バイクは弊社と取扱と関係無いですが、この動画の他にHope社のRAWビデオもいつもハードリピート再生ですね。

Fireeyeの新作の樹脂ペダル”Skittles(スキトルズ)”が入荷しました。
今回は前回のカラーに加えてパープルが追加しての8カラー展開となっております。
DSC_4845.jpg

Fireeyeでは歴代樹脂ペダルは
Softsweets(ソフトスウィーツ)→Hot Candy(ホットキャンディ)と来て今回のSkittles第三作目となります。


1作目から2作目への変更は大きいのですが、3作目は2作目のイメチェンでしょうか。
イメチェンはあくまで私個人的な感想となります。

DSC_4840.jpg
DSC_4842.jpg

HOTCANDY
p_1502779130826.jpg

Skittles
DSC_4852.jpg

ピンの本数は同じ、HotcandyよりもSkittlesの方がボディががよりクランク側に伸びているのがわかりますでしょうか?
Fireeye社からの値段は2作目よりも高いですが、国内では据え置きの

Skittles 定価税込み5000円
カラー ブラック・ブルー・イエロー・ホワイト・パープル・レッド・グリーン・オレンジ


DSC_4843.jpg
既に国内デリバリしております。

Hotcandyの形状がお好きな方は弊社とお店の在庫分のみとなりますのでご検討の方は早めにどうぞ
第二世代のペダル形状はなくなり次第終了。
弊社在庫は残り ブルーとホワイトとオレンジ


DSC_4831.jpg
Fireeyeのドロッパーシートポストも在庫有り、30.9*150mmは現在無いですが、
以下の種類は在庫ございます↓
30.9*125mm
31.6*125mm
31.6*150mm

京都府のワイズロード京都様が紹介いただいております。
ブログはこちら → ★★

posted by Yuki at 13:08| 千葉 ☁| Comment(0) | Fireeye | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

シーオッターでチタンフレームを披露したRSD

RSD Bikesのクロモリハードテールの”MiddleChild”(ミドルチャイルド)
クロモリ以外に実はチタンフレームも後から少量ですが生産しております。
クロモリと同じ台湾産でチタンは3AL 2.5Vの材質を使用し、約3.3kg(Lサイズ)のクロモリから1kg減の約2.3kgへ減量。
重量もそうですが、鉄とチタンでもまた体への感じ方違うので個人的に気になるところです。

p6pb17076406.jpg

3.3kg(Lサイズ)で重いと思われますが、実際より軽量に表示するよりずっと好感が持てます。
26”から27.5"へ推移し、今や29”となった今2kg前半のクロモリはそうそうないと思います。
275+/29”で275+は全ての反応がだるいと思われがちですが、Middlechildの特徴である
・64.5度のヘッドアングル
・140mmのフォーク
・74度のシートアングル
Lサイズにおいての長いリーチ465mmは間違いなく今風で最先端を行くジオメトリであります。

p6pb17076409.jpg
チタンフレームでもあえてのブラック塗装!!!

26+/27.5/27.5+/29”
26+は26”*2.8
29”は29”*2.6までと幅広い対応能力

スライド式チェーンステーがそれを可能にし、はたまたタルい275+をチェーンステー長を詰める事によって
キビキビしたバイクに早変わりします。もちろんフルサスペンションの方が間違いなく楽です。
ハードテールにはハードテールの楽しみ方があります、ちょっと操作忙しいですがそれもまたハードテールならではの…

p6pb17076408.jpg

チタンは日本割り当てチャンス逃しましたが、クロモリならSサイズが6月の入荷にまだ間に合います。
詳細は弊社Yuris取扱店まで

※写真は全てPINKBIKEの記事より拝借

posted by Yuki at 13:09| 千葉 | Comment(0) | RSD Bikes | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

EVILのダートフレームは2サイズあります。

今週の土日は家族の時間を過ごしつつ、昨日日曜日は雨が降る前におろそかになっているバイクの仕様変更をしました。
今回はすっかりご無沙汰のEVIL BIKESのダートジャンプフレーム Faction2

evil-faction-2-frame-details-hero-2200x1080.jpg

EVILのダートフレームは二つサイズがあり、トップチューブの長さで分かれていて
Sサイズは 580mm/22.8" (適応身長 152-170cm)
Mサイズは 590mm/23.2” (適応身長 170-185cm)
Lサイズは 605mm/23.8" (適応身長 185-193cm)

fac3.jpg
写真が弊社のDemoバイクですが、自分が乗るという事で写真はMサイズ


fac4.jpg

Mサイズ、真横ででこんな感じ。
26”専用のダートフレームとなります、最近バランス感覚をなまった体に再度ムチ入れるのにぴったりなバイク。
ご無沙汰にしてしまった原因は、間に合わせのピボタルサドルのベタ下げで、お尻がリアタイヤと擦りっぱなしが嫌で、自然と乗らなくなってしまいましたが、
最近国内の鵠沼をベースに活躍し、Youtubeも配信するチームのビデオを見てちょっとある技をやっぱり覚えたくて
今抱えてる不満を潰すことにしました。

という事でサドルの交換です。DABOMBのMotionサドルは直近の記事で下記のお店様で紹介いただいております。

千葉県 輪工房様 → 
京都府 ワイズロード京都様 → 
香川県 誉自転車様 → 
大阪府 X-TREMER様 → 


fac2.jpg
赤のインダストリーナインのシングルスピードハブ(Torch 120ノッチ)に合わせて赤を選びました。
シートポストはそれまではシムで25.4ピボタルサドルでしたが、今回はFireeyeの27.2mmのFE-PAシートポストを使用。

座って自転車漕げる高さに調整しました。
ただそれでもかなり低い方ですが、これであればお尻から落ちてもリアタイヤとサドルに挟まれなくてすみます。

fac1.jpg

事務所&倉庫整理で棚導入したり、車の棚も再度調整して、仕事も遊びも快適な環境にしたいですね♪

FactionのBBはMID BB規格を採用しております。
他はリアエンド135mm幅のトラックとテーパードインテグラルヘッド、27.2mmシートポストとMTB規格がメインとなるフレームなので
BBの規格はMID BBとだけご確認ください
posted by Yuki at 10:39| 千葉 ☔| Comment(0) | EVIL BIKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

275と29”のカーボンリムをより充実に

DSC_4782.jpg

木曜日にFormosaのカーボンリムが入荷
昨日@金曜日はアメリカのフォークカスタムブランドであるPUSHも入荷

カーボンリムですが、ディスクブレーキのロードリムを24Hと28Hを補充しつつ。
MTBのリムは275と29”のラインナップを整理いたしました。

ダウンヒルリムとファットリムや26”を除き、里山〜エンデューロまでをカバーする
外幅32mと外幅37mmの二本立て。
それぞれの275と29”で展開することにしました。モデルを絞った代わりに在庫を充実させつつ、
弊社で歴代販売した経験で日本ライダーに合わせた耐久性と軽さをうまくバランスさせた質量をリムにそれぞれ設定しました。

リム質量を重くすれば、強度は出ますが、カーボンのアドバンテージである軽さを減らすことになるので、
日本でおそらくMTBのオリジナルカーボンリムを初めて展開させた代理店として、はや5年。
その間に進化した部分(ここでいう弊社モデルに採用)もいっぱいありますが、初期と比べて確実に進化しております。

まだ水面下で進めてる部分もあるので、自分が欲する&求める限り、ワクワクをお届けしたいと思います。

カーボンリムは1本1本取り出しての検品をしております。
リムのエッジはもちろん。
小さなことですが、ステッカーではないクリア層の下に埋まるグラフィックの位置も実際このように並べて確認しております。
DSC_4791.jpg

では本日は家族サービスに楽しみながらお勤めします。
posted by Yuki at 08:12| 千葉 ☀| Comment(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

ステムでもお化粧出来るようになりました。i9 A35ステム

昨日は雪降ったりと結構寒かったですね。
そんな雨で寒い中ちょっと都内へ出向き仕事に使う棚を持って帰ってきました。
tana.jpg
配送はさすがに重量物なので、車にフル積載ですね。
全部という事で中の荷物を一回引っ張り出して、お陰様で荷室も掃除するきっかけが出来ました。

今日からまた通常通り配送と倉庫整理していきますが、インダストリーナインの方でせっかく上げた写真なのでご紹介。
56730584_10156058538362826_7840778968570527744_n.jpg

写ってる写真にゴールドが無いのですが、実は弊社に入荷しておりまして、それが丁度ゴールドが無いので。。
同じ量なのでもしかしてこれ・・・・弊社の分を出荷前に撮影したとか?(笑)
ゴールドもオーダーしてるのですが、製造都合で次回でしょうかね?

という事でA35ステム装着の方。
フェースプレート入れ替えでアクセントカラーの遊びが出来ます。

フェースプレート各色 3240円税込み
カラー展開はハブと同じ11色となります。
posted by Yuki at 09:42| 千葉 ☀| Comment(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

シーズン前にフェンダーめでたく完売しました。

シーズン前ですが、弊社取扱のイギリスブランドのMud Hugger(マッドハガー)が
ロングのFRXの1setを残してShorty本日にて土日のオーダーで全て完売いたしました。

DSC_3896-thumbnail2.jpg

完売という言葉を使うのはいかにももう今シーズンはもう入れませんという意味合いではないです。
弊社にとっての完売はただの在庫切れであり、「欲しい時にすぐに手に入れられない」こういう意味合いとなります。
ただすぐに入れるかというと他にも輸入する物が多々あるのでちょっと時間は空けますが、
予約はいつでも受け付けしております。月末とかGWのシーズン開始に間に合うか微妙なタイミングですが、GW明けぐらいまでにはね。
十分にシーズンに間に合うようにまた展開したいと思います。

DSC_3915-thumbnail2.jpg
ロングのFRX
実際には後方側を延長するフェンダーも本国で展開してますが、これぐらいでも十分効果あるんじゃないでしょうか?

DSC_3925-thumbnail2.jpg
ショートタイプのShorty
オールマイティーに使えるフェンダー。
16秒のCMですがこんな感じ



勢いが大切という事でスマホと外付けマイクを買いました。
スマホはちょっとあまり聞きなれないメーカーのUMIDIGIですが、欲しい程よいスペックと拡張性なのと
今のスマホを壊れた時のスペアとして保存するので、大切なビジネスアイテムとして新調しました。

で外付けマイクですが、あまりYoutubeでいつか動画を使った紹介の頻度が上がったらと思い、
導入してみました。これで常に風呂場にるような反響音とおさらばになりますね、より聞きやすい声に♪
56247827_10218898438520044_2194240646259146752_n.jpg

ブルーマンデーならぬハッピーマンデーで行きましょう!!!
ではでは
posted by Yuki at 08:41| 千葉 ☔| Comment(0) | Mud Hugger | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする