2017年04月25日

クロモリでフルサス

フルサスペンションだと昔も今もそうですが、
材質がアルミが価格帯によってカーボンに移動してきていて、
18118863_10212798332541207_3523179539535127688_n.jpg
弊社が扱っております、EVIL BIKESのフルサスペンションはカーボンでの構成となっております。

時代の波と逆行して先日イギリスで開催されたハンドメイドショーで同じく弊社が取扱の
BTR Fabricationsが満を持して新型のクロモリフルサスペンション「PINNER」(ピナー)を発表❗

Pinner.jpg

18033980_1544637982222037_3938614300532083270_n.jpg

実はこれは2代目で初代はこちら
↓↓↓↓↓↓

10388066_913211058698069_234982063206785216_n.jpg

補強ガセットからパイプへの変更で特徴は正直細いクロモリ感が消えて、マッチョに感じますが、
でも補強に関して言えばこれが彼らの経験から得た正常進化となります。

初代のこのミントグリーンは実際日本に入ってきてるフレーム(日本ではフルサスPinnerは合計で3本日本に点在しています。)で、ハンドメイドという事もあり、
大量生産出来ない代わりに、デザインから製作、最終の出荷まで一貫して創始者の二人 BurfとTamがやっております。昔も今も。
このフレームは日本で当時49.8万税込みで販売、その時のレートは今と比べると凄くそれはもう…
とてつもない一番高騰してた時なので、今の為替相場はもう少し調整出来そうです。

イヤーモデルを持たないハンドメイド、常に良い物&技術を求める彼らは良いとなればすぐに
製作するモデルに反映する姿勢はいつも脱帽します。私のデモバイクをくみ上げた時のシェアした写真で
いろいろ改善個所を提案してくれたり。本当に心から自らの手で作ったBTRに対して愛情あるんだなって実感しました。

800btrranger-yuris.jpg

私のBTR Rangerはその前のロットからの進化としてはちょうど今標準採用しているステンレスのビード溶接
1493081110560.jpg
つなぎ目がキラッと光っている処理ですね。製作が去年の夏で9月か10月に送ってもらい製作しました。
夏前に148oブースト規格をリクエストしましたが、あの時はNG出しされましたが、
私が受け取った時には148mmでの製作も可能となりました。
btr-pinner-6-copy.jpg
年末年始あたりにこのようにクロモリでもステルスケーブル仕様にも対応しました。

もちろんBTRはモデルの分別はあるけど、詳細の仕様装備はUSERが決めるので事実上色も含めて
世界のオンリーワンバイクに相当します
もちろんアップチャージ必須ですが、ジオメトリ小変更やフルオーダーも受け付けてくれます。

ジオメトリ変更も可能ですが、私からの推奨として
まず、BTRのオリジナルに乗ってみてください

2013年取引開始時に26”のRangerに乗り、当時67-8度のヘッドアングルの中64度というあまりにも
かけ離れたヘッドアングルに当時いろいろ話題に上がりましたが、
気が付けばどこのメーカーのヘッドアングルもそれに近い数値となっているので、パイオニア的な役割を果たしたんじゃないかと思います。
極限に低いBBと寝かせたヘッド角のそれのコーナリングはF-1フェラーリをも超える」と当時のイギリスのダートマガジンに言わせたぐらい画期的なフレーム。

国内の試乗になれば、お店からは「既存のハードテールに更なる可能性を見せてくれた」という言葉は今でも忘れません。
それだけインパクト有ったんじゃないかと思います。
もちろん私自身がこうして26を経て、275仕様のRANGERを再度チョイスするのは何か自分に凄く合った部分があるんじゃないかと思います。
275のRangerは26のRangerを超えたかというとそうではなく、ただいまの時代の波が275だから275のRangerに乗ってるだけで、
ハードテールでいうと、今まで乗ってきた中で一番しっくり来てるのは間違いなくこのRangerって自分は断言できます。

これが一番ではなく、フルサスペンションも奥深いですが、ハードテールもジオメトリしかり、素材やパイプの肉厚。しなり具合。こちらも奥深いです。

是非、今の自分に合う最高の一台を見つけてください。

さて

体は一つ。。。ゴールデンウィークに向けて自転車何を引っ張り出そうか(笑)。


posted by Yuki at 10:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BTR Fabrications | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

地元散策、神社へ

土日は四国でXCレース、富士見高原でエンデューロレース、栃木県のパレ那須でイベントだったりと
シーズンインに向けてだんだんと活気が出てまいりましたね。

私はというと地元にいました。Yuris敷地内の竹の子掘ってみたり

18033979_10212790417863345_4705863808905935721_n.jpg

ちょうど同じ時間帯によその方が侵入してコソドロしてるのを目撃したり、
もちろん警告をして退散してもらいましたが、昨日道の駅で見ると良い値段で売られてて
ビックリしました。もっと味わって食べなくてはです。

日曜日の早朝家族が寝てるのを見計らって地元を散策
車で通るけど意外と自転車で通らないから、実はこんな素晴らしい神社がありました。
18118863_10212798332541207_3523179539535127688_n.jpg
香取市にある「境宮神社
詳細はわかりませんが、入口から20m有るって左折したり、森の奥にたたずむ姿
静かで薄暗くひんやりした朝、神社だけ照らされて凄く雰囲気良いです。
実はこの神社2年前(2015年)の未明に全焼してしまい、今年の2月に再建したばかりで近づくと
ヒノキのいい匂いがします。

2013年(もう4年も経ったんだと今実感。)に撮った写真がありました。
1262805_10201809560148765_837685311_o.jpg

あれ!?建物の名称わかりませんが、エッヂの部分今の方が広がってる気がします。
あと両サイドの灯の位置とか。でも森の中で神社が太陽に照らされて光っているのは
昔も今も変わって無いのは確かです。でお約束の…
1270386_10201809560028762_595986426_o.jpg
写ってる自転車は Dabomb Revolution
スロープスタイルフレーム。リアストローク100mmです。
ロングも好きですがトレイルや地元の里山はこのストローク帯はやっぱり面白いですね。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

さて業務関係のお話をしますと
5月に向けて以下の物が入荷する予定ですのでざっと書きます。

・EVIL BIKES
・Fireeye
・BIKEYOKE
5月中旬以降
・Formosa(チェーンリング、カーボンクランク)
・Pillarスポーク

EVIL BIKES
今回の入荷は残念ながら冒頭写真にある The Callingは世界で引っ張りダコの為
オーダーに混ぜる事が出来ず、ご予約分も含めて最低2か月待ちコースとなりました。
入荷は29”のレコニングのみとなります。 Mサイズ

Fireeye Bikes
ブーストハブのカラー物が減ってきたので補充。
ここにきてダウンヒルハブのカラー物とブラックがシーズン前で急激に減りました。
ブラックは在庫しますが、カラー物はしないので、ご希望の方はお店までお問い合わせください。

BIKEYOKE
ドロッパーとそれ関係の小物部品を再度フル在庫可能です。
スペシャライズドのフルサスでヨークご希望の方はこのタイミングしか入れませんので
同じくお店までお問い合わせください。
正式的な価格が出るまでオープン価格となります。(⇦ここポイント、今のうちですね)

Formosa
実はNWリング(BCD104)の30tが在庫かなり減ってきていて、
カーボンクランクも初の在庫切れ状態(170mm)なので、補充します。
今175mmは数setあります、入荷のタイミングで180oも特注予約分だけ入れる予定
165mmをなんとか実現したいのですが、、、皆さん興味ありますか?
型から起こすのである程度数が集まらないと作る勇気が無く…83mmの軸は既にあります。

Pillar Racing Spoke
好評につき首太シリーズのPSR14ブラックスポーク残り在庫1台分・・・・苦笑。
あと数日でPillar社発送OKとの事ですが、送料節約するのに
ウィングスポークと一緒にして来月中旬以降にするかどうか悩み中。
一杯予約入れば単発で入れます。単価低く、今回数量=重さがとても可愛くない重さなので
ためらってる私がおります。。(笑)

では今週も張り切っていきましょう!
posted by Yuki at 08:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

ドロッパーのおかげ?

全然バイクと関係ないですが、
BIKEYOKEのドロッパー”REVIVE"を使ってる
Jared GRAVESとチームメイトの Curtis KEENEが
一緒に1・2フィニッシュですよ。
https://www.pinkbike.com/news/enduro-results-sea-otter-classic-2017.html

バイクもそうですが、きっと事務所の椅子のドロッパーが
ペダリングセクションで活躍したのに間違いない!!
17951861_1421530017867535_3629242027280867973_n.jpg
写真は Jared Gravesのfacebook より引用
posted by Yuki at 09:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BikeYoke | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

限定カラーリリース

e179c0d4-5ece-499f-9e8e-59b4abaa3e68.jpg
アメリカ時間に合わせて、インダストリーナイン社が突如のニュースを発表しました。
現在アメリカで開催されてるイベント、シーオッタクラシック期間に合わせて
「限定カラー」として「カッパー(銅)カラー」を期間限定でリリースとの事。
当件に関しては発表一日前に代理店の弊社に事前に連絡があり、最初何が何だかわかりませんでしたが、
先ほど電話して内容をすべて把握したので日本の皆様にお知らせしたいと思います。

カッパー(=銅)の元素記号番号は 29 
という事にちなんで29"、なぜか27.5"の2サイズの完組ホイールを展開。
18177334-cbfd-44f9-94ad-d58153ed67f3.jpg

今回の限定内容としましては
LIMITED EDITION COPPER EN305'S
・29”と275”
・完組ホイールセットのみ
・対象モデルは ENDURO305
希望小売価格 187,400円(税込) 
        USA 1520ドル
・対象期間 5月末まで


「仕様詳細」
重量: セット 1,700g, Front 790g, Rear 910g
フロント: QR, 9x100mm, 12x100mm, 15x100mm, Boost 15x110mm, Boost 20x110mm
リア: QR 135mm, 10x135mm, 12x135mm, 12x142mm and Boost 12x148mm
フリー: Shimano HG mtn 9-11spd or SRAM XD
120ノッチ
推奨タイヤサイズ: 2.3-2.8"
リムデーター: 30.5mm 内内寸法 // 34.1mm 外外寸法
チューブレスレディ
対応体重 114kgまで(着衣&装備重量)
対象ホイール規格: 27.5" & 29"


8287e1b3-5f26-4fe2-9ce7-31f775f690d3.jpg

久々の限定カラーとなりまして、3度聞き直して確認しました。
今のところ限定カラーで間違いなく、6月以降受注では生産しないとのことです。

人と違うホイールが欲しい貴方。
カッパーは主張性を抑えたカラーでもあるのでいろんなバイクにも合わすことが出来る色合い。
ホイールをこれからご検討の方は是非取扱店までお問い合わせください!

数量限定ではなく期間限定です。

これを機にエクスクルージブな世界に飛び込んでみてはいかがでしょう?

最後にインダストリーナイン本国サイトに情報登録で
ホイールセットが当たるプレゼントコーナーもありますので
フル英語でやり取りできる方は是非ご応募してみてください。
https://industrynine.com/copper
posted by Yuki at 06:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

スポークとニップルにも技術投入

いつも ピラースポークと紹介してますが
正しくは 『Pillar Racing Spoke

先日ウィングスポークを紹介してから
「気になる」の問合せが有り、注文までありますが、
すみませんがPillar社は現在製作中で一応予定としては5月中旬以降に展開開始できるとの事で
もちろん弊社はその第一便をオーダーかけております。
世界でも入手するのは多分5本指に入る速さだと思いますのでご期待ください。

それとは別にせっかくなので以前に紹介して知ってるお店はリピートで使って頂いてますが、
改めて紹介。
・スポークのオプション技術 3D Force
・ニップルのオプション技術 TAF(タフ)

今回はざっくり説明すると
3d force yuris pillar.jpg
3D.jpg
首元が通常の首太PSRシリーズより約2.5倍の強度UP
外見も変わるので見る楽しみもまた増えます。
通常の普通のプレーンもPillar社にラインナップありますが、弊社はその一つ上のPSRシリーズを標準にしてます。
この3D ForceはPillar Racing Spoke社のフラグシップスポークとも言える最高の技術を盛り込んだモデルとなります。

DSC01054-thumbnail2.jpg
TAF.jpg
ニップルは通常のアルミPTシリーズですが、ネジ山に達するまでの空間を少なくすることにより
スポークとニップルの密接度を上げて、ニップルのネジ山に対してより真っすぐ入るようにする技術
半分ネジ山にしているのでより正確なアプローチと密着度を上げてます。
残念ながら外見は普通のニップルと変わりませんが、見えない技術が詰まっております。

それの証明ではないですが、簡単な動画を作りましたのでどうぞご参考ください



最近…シルバースポーク好きになってきたかも。黒よりもシルバーという色分けネームでも
実際ピカピカ具合がたまんないです。
3dforce-seiko5.jpg
posted by Yuki at 17:25| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Pillar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

代理店も楽じゃないです。仕事ですから

今日は何となく寝不足です。
夜の間に日本と時間帯が逆転なので、インダストリーナインとEVIL BIKESの最終オーダー決定確認して、
やっぱりメールのやりとりすると朝一だと向うの終わりなので結局連絡しても返事は2日後の可能性が高く
それならば夜10時以降にメールまたは直接電話してショボい英語で確認を取ったりします。
外国語は…正直英語は他の代理店の調達や経営者たちと比べると全く出来ない方です。
ただ「なんとかしよう」とか「やるしかない」的な環境になれば人間は自然と必死になるものです。
言葉の間違いを恐れるよりも伝達のミスの方が凄く怖いですよ。

正直台北ショーのみならず海外のショーへ行った事ある方なら、
いやインターネットが発達してる今写真を通して理解できると思いますが、
日本の自転車マーケットは小さいです。MTBだけでなくロードしかり。

ゆえに「在庫がない」というのをお店やユーザーから聞いたりします。

弊社はというと納期遅れはメーカー生産都合よりも代理店側都合の方が大いに占めます。
それは資金の投入するタイミングや仕入れの時期を集中しないようにしたり、
やっぱり海外通販と直販という国際的なビジネスの波もあり
これも無視できない要素の一つ。

海外通販安い、直販安い=海外から買う、日本国内売れない、お店在庫しない、代理店在庫しない。
→ゆえに代理店在庫しない、そして代理店の納期不透明、値段問題外で海外から買った方が早い
こんな悪循環がどんどんと進んでいきます。誰でも考えられることですね。


それでも弊社はなるべく在庫を抱えてるようにしてます。
在庫や仕様の問い合わせは気軽にお問い合わせください。
但しご購入は弊社直売してないので取扱店または貴方の通ってるお店にてお願いいたします。

値段はどの業界もそうですが、本国の方が絶対に安いです。
(Shimanoは海外では高く、日本で値上げがあったとしてもまだ日本の方が安い)
同じ価格にするのは到底困難ですが、同じ環境なら代理店の腕次第でいくらでもできると自分は思っております。もちろん現地価格に近付ける価格設定努力をしつつ。

付加価値としてのサービスだったりその他あると思いますが、
その答えは模索中であり、私が決める事ではなく実行した事に対して皆さんからの評価じゃないかと思います。
「このブランドのアフターはどうなのか、品質はどうなってるのか」
これを選んだ事によって他の物よりも良いと思える所はどこにあるのか
日々考えさせられます。

DSC_7667.jpg

自分が決めて入れたブランドに対して責任を持ちたいし、
・会社&仕事で設定した目標
・取扱ブランドで設定した目標
・FORMOSAで設定した目標、コンセプト


夢としてでなく、目標はいきなり達成するのではなく
近づけるためのアプローチを模索して一段ずつ上がっていきたいと思います。
野望」という言葉でも良いかもしれませんね(笑)

すみません、今日は考えばかりを記して…
日記ですのでお許しください。

代理店として会社としてちゃんとやりたい
自分に言い聞かせてる。ただそれだけです。

ではでは
posted by Yuki at 09:13| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

S-Trailへ行ってきました。

昨日日帰りですが、静岡県にあるS-trailに行ってきました。
DSC_7684.jpg
参加者は80人ぐらいで当日の出展は3社でKONAとSCOTTと部品メインの弊社@Yurisです
DSC_7668.jpg

展示部品はこちら
DSC_7683.jpg
DSC_7681.jpg
各ブランドを少しずつというよりも実物をより多くの方にみてもらえるように
今回はDABOMBをコンセプトにしてみました。全体的にカラフル展開の部品を展示。

今回もレアな形で遭遇、S-trailの関係者がEVILを導入していただいて、
しかもなんと THE CALLING 同じMサイズ。
DSC_7652.jpg
オーナーは275タイヤ写真奥。
弊社は26プラスのタイヤ写真手前。

275は今主流なのでタイヤの選択肢はいろいろあります。
26プラスは現在日本で手に入る銘柄は私の知る範囲でWTBとSurlyのみですが、
Maxxisも今年ラインナップにあるのを見たので日本に導入されるといいなぁ〜。
速く走るのは275で間違いないのですが、大きいエアボリュームでトレイルでブインブイン言わせる
26プラスも捨てが無いですね、見た目の迫力もありますし。
17796271_1294871970609538_1518174812948988288_n.jpg
何よりもリアトラベルが130o、フロント推奨140oフォークにもかかわらず、
デルタリンクの構造で奥のプログレッシブ感が凄く有って結果「懐が深い」感じがすると
オーナーや実際これを借りて決勝を走ったライダーも同じ感想だったようです。

ショートストロークで日本の里山をキビキビと
150oのようなフルサスフィールの安定感。
なるほどそういうわけで世界でもCallingが人気なのかもしれないですね。

そしてなんたる偶然昨日帰りの高速で渋滞にはまってる時に、
ちょうど千葉在住のオーナーからCalling組みあがた写真が送られてきました。
evilvallingm yuris vallagetop.jpg
17974389_605514176312659_433840369_n.jpg
ダウンチューブのプロテクターシールはもはや”力作
素敵な写真と力作ありがとうございます。

肝心なレースですが、久々のカメラ出動という事もあり、
ほぼピント合わない写真を量産した中自分が良いと思った写真を2枚ばかり。


santa-kushima.jpg


DSC_7804.jpg


皆さん昨日お疲れさまでした、またどこかでお会いしましょう。
posted by Yuki at 13:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

エアロスポークを超える次世代スポーク

弊社が今年新たな試みとして庫内に展開するものとして
Pillar Spoke(ピラースポーク)のバリエーションを増やす!
という事で当初 
・PSR TBシリーズ = トリプルバテッドシリーズ
・PSR X-TRAシリーズ = エアロスポークシリーズ
で考えておりましたが、Pillar社から既存のエアロスポークに代わる新商品が
台北ショーの時に発表するという事で、実物を見てから決めようという事にしました。

台北ショー以降のブログにも書きましたが、WING SPOKE(ウィングスポーク)
pillar wing yuris.jpg

今まで真円のプレーンや緩い段を付けたバテッド、または潰したきし麺スポークのエアロがメインだった市場に、
新しく開発した翼形状のスポークを投入。
DSC04528.jpg
Pillar社ブースの壁面にも最高の技術の3つの一つとして一番左に印刷されております。
もちろん右二つの技術
・PSR(=Pillar Spoke Rainforce)、首元がワンサイズup
・3D Force(=3 Dimension Force)、 首元で交互に潰しを入れることによりPSRシリーズよりも約2.5倍強くなる技術


PSRシリーズに関しては弊社が国内で取り扱う物として標準展開しているグレードとしております。
通常のプレーンのPシリーズももちろんありますし、更に材質を通常のステンレスを採用したグレードもPillarのラインナップにありますが、どうせ展開するなら『最高のノーマル』をという事でPSRシリーズをYurisとして標準としております。
3D ForceはJ-bendの14番(PSR14)にだけ国内でオプションとして在庫展開しております。


ウィングスポークにも実際4種類の幅があり、Pillar社のフラグシップモデルとして
pillar wing yuris.jpg
wing pillar yuris.jpg
PSR WING 20を弊社の今期からの標準在庫としてこれから入れます。
yuris pillar spoke.jpg
きし麺形状ではなく、翼形状にする事により上記の整流効果が生まれ、
実際耳では聞こえなかったと思いますが、通常のエアロよりも風切り音を抑えつつ、
整流効果の向上によりより回転や慣性においてロスの少ないテスト結果が得られました。

pillar wing yuris drawing.jpg
エアロ効果の向上のみならず、スポーク自体の特性に関しても
エアロスポークほぼ同等の破断性能でも同じ力をかけた時でのスポーク伸びをエアロスポークより抑え
張力もプレーンほどではないが、バテッドに近い特性を持つ。
外見の好みでエアロもラインナップとして残すそうですが、一押しがウィングスポークという事で
弊社はウィングスポークを日本に展開したいと思います。

上記のデータもそうですが、基本Pillar社は各商品を全て試験機械にかけて
試験データーを採取し、WEB上に公開しております。

予定としては5月ぐらいから国内展開開始可能だと思います。

PSR WING 20
展開サイズ 269mm〜299mm(カット可能、詳細はお店までお問い合わせください)
カラー シルバー・ブラック
規格 J-bendのみ (ストレートプルは受注オーダーとなります)
重量 4.3g(260mm長さ)
価格 Silver 3900円/10本(税込み)
   Black 4600円/10本(税込み)


posted by Yuki at 11:20| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Pillar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

チューブレステープ@業パ

インダストリーナインの完組で実際使われてるチューブレステープが
実は日本で普通に買えます。前は10ヤード(約9.2m)と60ヤード(約54.9m)
両方持ってましたが、今は60ヤードをメインに在庫してます。

というよりも
10yd(約9.2m)=1700円(税込)
60yd(約54.9m)=3780円(税込)


どっちがお得か必然的に答えわかりますよね。
写真は…撮るにしてもバルクものでパッケージも何もないので
この値段だったり。

60yd(約54.9m)=3780円(税込)
・24/28/32mm幅


10yd(約9.2m)=1700円(税込)
・24/28/32mm幅 は現在取り扱ってないですが、取れます。

10yd(約9.2m)
・40mm幅=2000円(税込) 
・90mm幅=3000円(税込) ←今在庫切れ、また入れます



業務向けのパッケージ内容ですが、在庫してたりします。
中身は実際インダストリーナインの完組で使われてるチューブレステープとなります。
posted by Yuki at 16:49| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デモバイクをセット戻し

試乗で最後のユーザーの仕様(前後サスペンションのエア圧)のまま
暫く放置してましたが、先日細かい仕様変更も含めて本日またサグを自分仕様に取り直してみました。
650-evil-calling.jpg

Callingのリアサスペンションサグは30%。
タイヤは26プラスですが、新しい空気入れを導入したという事であえて入れてみる事にしました。
本当は既存の空気入れがあるから圧縮タンクをと考えましたが、在庫お店に無かったという事で
これを↓
leyzine.jpg
レザインのデジタルメーターのタンク付空気入れ。用途で選んだのでモデル名はわかりません。(笑)
感動したのは前もちょっと?良いやつと3000円の空気入れ、携帯と事務所用でありますが、
これは真面目に本当にいいです。外観と材質はもちろん金属使ってますが、
何よりも入れるのに力があまりいらないのにびっくりです。高い分だけあるなぁって思いました。
久々に工具で価格差の性能を見せつけられましたよ。

細かな仕様変更というのは実はフロントフォークが160mmのままだったのを先日気づいて、
それを140mmにストロークダウンして、
flipchip.jpg
赤まるにつけた部分の「FLIP CHIP」を反転してヘッドアングルを少し寝かせました。
作業自体は10分ぐらいですね。全てアルミボルトナットなので作業は慎重に。
EVILフレームの中で何が壊れるかってオーバートルクでよくユーザーがこれを破壊するとEVILBIKESが言ってましたのでご注意ください。
在庫はありますのでいつでもどうぞ (笑)

Evil Bikes - Flip Chip Instructions from Evil Bikes on Vimeo.



revive-dabomb-aspect.jpg
BIKEYOKE, REVIVE
シフター部分の細かい部品がBIKEYOKEに納入されてなくて、日本に入れられない状態。
下旬に揃うとのことですので日本にはゴールデンウィーク開けですね。
確か今ドロッパーの在庫は 
30.9mm, 125mm
31.6mm, 160mm だったと思います。
Dabombのサドル ASPECT(上の写真)は三色 黒と白と蛍光黄色は在庫あります。

fireeye-talon-am35.jpg
Fireeyeのステム Talon AM 35mm
弊社のWEBにも掲載してますが、35oバージョンだとこのFireeyeのロゴが見え隠れする少しステルス間のあるデザイン

pillar-3d.jpg
細かすぎてよく見ないとわからない、スポークですが、
実はPillar Spoke(ピラースポーク)の PSR14+3D Forceのオプションを入れたものです。
これは黒で作りましたが最近はシルバースポークが好きです。
ちなみに通常のPSR14の2.5倍の強さ(縦と横とねじれ)があります、実際機械にかけての試験結果です。

DSC_7641.jpg
EVIL BIKESという事で、本職のグリップブランドではないけど。
独自のブランドデザインでなおかつ細く作ってますね。

DSC_7618.jpg
FORMOSA, カーボンクランク
Dabomb, Bullet Clip

カーボンクランクは現在在庫切れてます。先週のオーダーでなくなってしまったので、
まさかの在庫切れ…シーズン前でしょうか。注文は入れてます。
多分来月5月には在庫復活します。こちらに関してもエンドブーツキャップも次回から
オプションで用意可能となりました。
最近ダイレクトマウントのギア、FORMOSAもFireeyeも出るようになったので、
今クランクはShimanoだけでなくSRAMのダイレクトマウント規格も流通し始めた気がしますね。

ではでは
posted by Yuki at 09:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デモバイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする