2016年09月29日

キーボードグリップ

14469593_300938256944702_4646364221335634525_n.jpg
Dabombから新しいグリップが登場しました。
名前は「Bonbons Lock on 2.0
従来のモデルはまだ国内在庫にあるのでこちらは継続して販売してますが、
タイプが全然違うので2.0が国内入荷したら暫く初代モデルも並行して販売しようと思います。
DSC_1695-thumbnail2.jpg
↑初代のモデル オレンジリングタイプと真っ黒タイプの2種類を国内展開

14492509_300938310278030_5471124064832356474_n.jpg
ヘッダーカードもデザイン変更してきました。ちょっとした違いですが、
パッケージにも新鮮味を与えてる所に好感度up。
14495345_300938356944692_3305557762325071568_n.jpg
カラー展開は
・ブラックラバー+オレンジリング
・レッドラバー+ブラックリング
の2種類。今回の入荷に間に合うかあとで連絡してみようと思います。

あと「11 to 2 Single speed
DSC03040.jpg
DSC03039.jpg
希望小売価格 8,200円(税込)
需要は限りなく少ないですが、少量ですがオーダー分+αの在庫分が入ってきます。
カラー ブラック or レッド

先月と違って、解放されて8時間がたっぷり出てきた分
事務所の整理、在庫整理、倉庫整理、事務処理。WEBページ更新とかに割り当てられる時間が増えてきたので
まずは新商品とWEBページの更新していきたいと思います。
Formosaまだ途中ですが徐々に基本中の基本、
「価格表と商品紹介」の内容一致ですね。
これが終わってからショップまたはDIY向けにまた細かい技術データーを盛り込んでいきたいと思います。

今日も一日頑張りましょう。

1475108773503.jpg
日々とりあえず1本ずつカスタムホイールを遊びながらデザインする。
インダストリーナインのみならず普通のスポークでもイメージづくりに使えますね★
posted by Yuki at 10:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Dabomb | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

ワイドレンジコグを考えてみる

IMG_20160920_123543.jpg
現在弊社にて10s用の40/42tもあれば、11s用のワイドレンジコグもございます。
45tはFormosa(写真奥)
48tはRelic(写真手前)

Formosaは10sのデザインからそのまま11s用にステップアップした形としました。
6本アームではなく5本アームデザインでなるべく細くというラフなスケッチでしたが、
工場の設計部から細すぎるという事で実物のような仕上がりになった経緯もも有ったりしました。

IMG_20160920_123438.jpg
お互いの歯を並べると、下がRelicで上がFormosa
考え方の違いかRelicの方は歯の幅は狭いけど山が高く、Formosaの方は山が低いが歯の幅が広い事がわかります。

IMG_20160920_123850.jpg
中心から外周への仕上げ方を比べると
Relicは段付きでCNCしていく作りに対して
FormosaはRを持った削り方で広がっていってます
IMG_20160920_123824.jpg

以上が外見上の違いですね。外見による性能の差はないですが、
この二つの歯は根本的に歯数が違うので使用したいレンジに応じてチョイスする形となります。

ワイドレンジはどんな時に使うか。ずばり「登り」です。
例えば Shimanoのラインナップの11-40tに45tを取り入れるとレンジ率が12.5%拡大する計算となり。
11-42tだとレンジ率はそれほど上がりませんが、3tのみの飛びなのでよりギア比の変化がよりクロスでスムースとなります。
11-42tのユーザーには45tと48tの選択肢があります。

使い方としては、1枚を最後に付け足す分、どこか1枚外すインストールの仕方となります。
Relicで挙げると48tに18tのスプロケットが付属するので
下の写真のように17tと19tを抜き取って18tを入れてあげる。このような組み合わせとなります。
IMG_20160920_123955.jpg
Formosaに関してはスプロケットが付属しないので、17t前後の歯を抜いての対応となります。
またはトップの11tを外して13tをトップにするやり方など(13t用ロックリング別途必要)

参考としてShimanoの現在11速スプロケットの歯の構成を書き出すとこのような感じ
11-13-15-17-19-21-24-27-31-35-40,
11-13-15-17-19-21-24-28-32-37-42,
11-13-15-17-19-21-24-28-32-37-46,

24tから上で何個ずつ歯が飛ぶのかを整理してみました。
40t=3 4 4 5, +5t(45t Formosa) or +8t(48t Relic)
42t=4 4 5 5, +3t(45t Formosa) or +6t(48t)
46t=4 4 5 9

大きいほどギアは軽くなりますが、傾斜もそれなりきつい角度になるので同時にトラクションをかける、
登る技術が必要になります。

ワイドレンジをチョイスする際は、自分の現在の歯数構成、よく使う段数、普段乗る場所
今のローよりあとどれぐらい軽くしたいのかなどを考えてチョイスされてみてはいかがでしょう。
posted by Yuki at 09:47| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FORMOSA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

フラグシップカラー同士

DSC_6539.jpg
今朝ピラースポーク(←ブランド名)が届きました。
今回の目玉はPSR14+3D Force
ただでさえPSR14の首元が0.2mm太いスポークに更にその後ろに続く2回の潰しにより
スポークが従来の50%=1.5倍強くなるスポーク

それのブラックが入荷したのです。

引き続き思い出しのスペシャル提案の商品として
WEBにもこの欄を設置しないとですが、こちらで先に再度提案紹介
シングルスピードのハブ。
DSC_6511.jpg
前後セット条件 25000円税込み
付属はアルミの16tコグとなります。
DSC_6514.jpg

もうお店に届いたと思うのでご紹介。
DSC_6523.jpg
今回のは27.5”のSサイズ Ranger
トレイル〜エンデューロまで使える下りよりなフレーム
Available for 26″, 650B, or 29″ wheels
Available in 5 sizes
Reynolds 853 and 631 front end, Dedacciai stays
Clear lacquer finish with integrated graphics
120mm fork travel (26″ & 650B)
100mm fork travel (29″)
Dropper post cable routing


特徴はなんと言ってもこれでもかってなぐらい寝かされたヘッドアングル64度
だらしないバイク度トップクラスです。
DSC_6525.jpg
今回のオーナーのこだわりは旧型のXガセットですね。
そして初代のフラグシップカラーの青をチョイス。
私が所持した初代と比べて、違いは細部もそうですが、
何よりもパイプの材質にレイノルズ社の853と630のコンビネーションにリアバックはデダチャイ社を使ってるという事ですね。
ちなみに私の所有していた初代Rangerは前がレイノルズ630で後ろは通常のクロモリでした。

今回は27.5”という事で新たに導入するものはこちら!

DSC_6526.jpg
BTR社のWEBにあるそのまんまの標準の現行仕様に現行のイメージカラー
DSC_6528.jpg
DSC_6529.jpg
パイプそのままにダーク系のクリアのパウダーコートをのせた仕上がりとなります。

DSC_6532.jpg
今回のロットより溶接にステンレスを使われてるような記述がありましたが、
確かに前の入荷と比べるとビードの感じも違えばこちらの方が光ってますね。
少しでもメリットがあるからこそ導入された新しいやり方と推測します。

という事でもうすぐ10月ではありますが、秋からこのバイクとファットバイクで山を遊び
BTRのまだ正式発表されてませんが、シクロクロスなフレームでロードとグラベルを楽しんでいきたいと思います。
posted by Yuki at 12:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BTR Fabrications | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

イギリスのフレーム来ました。

5月にオーダーして金曜日夕方到着。
取扱開始の時は1か月2本のペースでの製造引き渡しで日本に現在最低15本以上は散在しますが、
また新たに仲間入りしました。

今回はオーダーから納入まで4か月でした。若干ではありますが、半月〜1か月ほど製作期間が延びてる気がします。
これは業務の怠慢などではなくBTRが順調に仕事が増えているんだなと実感しています。
実際BTRの活動を見てみるとWEBサイトも更新し、バリエーションも増えて、
既存のコンセプトの他にもカスタムオーダー受注有ったり、他のブランドからの製作依頼も有ったり
幅広い分野でハンドメイドビルダーとして仕事されてますね。

取引開始の当初は二人とも別の仕事をしながら夜ガレージに集まって、設計して製作してて
今溶接担当のBurfはイギリスのフレーム製作育成学校の溶接先生をして、学校の一つの空間を使って
BTRのフレームの製作をしております。



今回届いたBTRは新たな手法として上の動画にある溶接。
クリアコートでも若干ダーク系ですが、クリアだからこそ作り込みが見える良さ。
27.5”のデモバイクを一台作る予定で、ホイールセットは2setほど用意仕様と思います。

14088558_1283287451690426_1905293172443719121_n.jpg
posted by Yuki at 06:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BTR Fabrications | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

I9の更なる新作2017

インターバイク2017が現在開催中ですが、
Facebookでも紹介されてますが、USA本国開催でまた3つほど新作発表されております。

14333748_10153845618232826_8735451283763565512_n.jpg
AR25
チューブレス対応のクリンチャー ディスクロードアルミの完組
リム幅は 外25o、内21.5o
前後重量 1485g
スポークは Sapim CX-RAY
フリーは Shimanoとカンパの他にここ1か月でロード向けのSRAM XD-1も選択できるようになりました。

14440892_10153845289022826_6911888872410820662_n.jpg
Trail Sに引き続き
Enduro S
エンデューロ向けのリムを採用した28Hのインダストリーナインの入門用ホイール。
モデル名の”S”の意味はスチールスポークの意味でここではフラグシップモデルのアルミスポークとの差別化をはかった構成となっております。もちろんメインはハブのメーカーでもあるので、Sシリーズのノッチ数は標準60ノッチですが、グレードアップであとから120ノッチへの換装も可能となります。
使用されるストレートプルはSapimの RACE
27.5" - 1750g
29" - 1800g

14449858_10153845262242826_7289210420890645442_n.jpg
Matchstix(マッチスティックス)
去年の公開からずっとテストをして、満を持してのリリース
可能な限り工具をサスペンションのアクスルの中に詰め込んだ。携帯に便利な工具。
RockshoxとFOX用がありますが、なんだかもらった資料をちょっと実際内容を確認必要があります。
とりあえず言える事はハブと同じフルカラー展開が可能で
価格は現地定価 US170ドル〜 となっております。
いろいろ部品構成で値段が変わるので大体当商品は税込で1.9万ぐらいからになると思います。

14433184_10153847467252826_7238039933628699863_n.jpg
こんな感じでレバー部分で実際チェーン関係を触ったりと。
6種類のビットの中から4種類を選んでAxleの中に入れたり。
通常の15oとブースト110*15mm規格もリリースとのことです。
102g=通常の100*15mm
14440696_10154508532723555_7985858966240929403_n.jpg
もうこんなロボットな世界ですね(笑)

おかげさまで一杯聞く事と規格も含めて勉強することが増えてしまいました。
最初はI9での初期生産は少しだけですがお安くなるかもしれませんので、
商品の詳細内容も含めてわかり次第情報公開しますが、色とフォークで気になった方は
先行受け付け可能ですのでご予約はお店までお願いいたします。

IMG_20160920_123149.jpg
お問い合わせがちらほらありますが、
Formosaのライズが30oの商品名「F30」はまだ国内デリバリーしておりません。
写真のロゴ無し艶Versionは実物で持ってますが。
量産品に関しては多分来月には入荷すると思います。

前回の写真で実際強度テストにもパスしてる動画ありますが、
せっかくなので実際量産した商品、デカールが張られた状態で動画お見せした方が良いかと思って
まだアップしてませんが、もう少しお待ちください。
カーボンがここまでグニグニ曲がるんかっていうぐらいテストされてます。

業界では展示会ラッシュですが、弊社はとりあえず事務所と倉庫整理ですね。
蛍光灯も変えなきゃだし。
何より6月に買ったパソコンでWin10なのに、ネットが時々切れるという現象で
回線業者に電話しようと思ったのですが、初心に帰ってLANケーブルを換えたら
実は断線してたという事が発覚。

”トラブルの時はまず出来る事からやってみる”


という基本的な事を再認識させられました。
おかげさまでインターネットサクサクです (笑)
posted by Yuki at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

ボルトオンAxle kitで確実に固定

インダストリーナインのシングルスピードkitですが、
現行のTorch(意味は”タイマツ”)と旧型の2005-2012がありまして、
旧型は持っているのですが、現行のTorchは特に用意してなく、
135*10や142*12のスルーアクスルでドロップエンドフレームであれば
特に問題はなかったですが、やはりダートジャンプとか強い衝撃が入る遊びで且つ
リアエンドが真後ろに引き抜くトラックエンドだとずれるという声が有って
何かでごまかしながら対策してきたらしいのですがどうせならと純正のボルトオンkitがあるなら
入れようという事で入手!!!

blog-i9-bolton-axle.jpg
INDUSTRYNINE Single Speed bolt-on kit
希望小売価格 12000円 税込み
キット内容は真ん中の軸とボルト+135*10のエンドキャップのset

とてもニッチな部分ですが、シングルスピードでダート遊びの人のために。
posted by Yuki at 08:48| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

9/16より

久々に日記という事で価格せていただきます。
Yurisは2008年の夏より個人事業として開始し
昨年2015年に法人登録し、「合同会社 Yuris」として運営開始し現在に至ります。

昨日9/15をもって2003年より勤務していた航空特殊車両製造業の会社を退職し、
これから合同会社Yurisのフルタイム経営者としてマネージメントしていくことになりました。

自分はそれまで独立することを「専業」として台湾でも日本でも同じ意味なので使ってきましたが、
一昨日先輩から誰でもわかる一言、簡単に言うと「脱サラ」。この言葉でもあることに気づきました。

つまり今まで二足のわらじ状態でありました。私一人ではなく起業してからずっと事務所にいてくれた家内がいてこそのYuris
すべての仕入れ先にはダブルワークである環境を公開し、理解していただいての代理権。
そして国内でも取引先には気が付いたらなるべく通知させていただいておりました。

この選択するまではビジネスでいうととても遅い発展ではありますが、ここに至るまで
いろんな勉強もさせていただいたり、会社員としての考え、経営者としての考え。
毎日が濃厚だったわけですよ。

独立専業に関してもちろん「自転車が好きだから」とそんな軽はずみな考えもなく、
全ては会社員の業務とYurisの業務のバランスの元出した答えとなります。
趣味と仕事は憧れかもしれませんが、現実はそう甘くはないです。
お給料が無ければ娯楽は出来ないし、実際私とお会いした人は知ってると思いますが、
展示やイベントに行った際は基本自転車に乗ってません。(営業としての役割は私しかいないので)
逆に自転車乗りに行く時は一切テントも出さなければ展示物も持っていきません。
その代わり、乗りに行く時は年何回かしかないのも実情でした。
専業したことにより今後乗れる回数は増える?かもしれませんが、
というよりも前みたいに乗りたいです。
同時にビジネスとしての責任を納得した上でまた徐々にいろんな事にも挑戦したいと思います。

従業員としての時間外のYurisだったり、土日返上したりいろいろありましたが、
良い経験でした。
連絡の遅れや取扱店へのレスポンスの悪さも同時に反省しております。

これからもう少し濃さを出せればと思っております。
今後ともYurisをよろしくお願いいたします。

合同会社 Yuris
代表社員 篠塚勇樹


12677463_1550647251913049_1001742888_n.jpg
posted by Yuki at 11:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

2017 29" Kwela

2017モデルとして最初に登場するのは29”のアルミハードテール
Kwela(クウェラ)
14292378_1186270068110111_4608650721282386584_n.jpg
14316970_1190193157717802_2246700451951705774_n.jpg
まだ詳細もらってないのですが2色展開で完成車構成もあるらしく
これはグレード別でカラー分けてるのかちょっと確認してみたいと思います。

14322732_1190556921014759_7497973242049817169_n.jpg
それにしても久々に見ます。。ピーターマリッツバーグ♪

p4pb3285752.jpg
2009年にデビューしたダウンヒルフレーム「Makulu
参考→ PINKBIKE
今や標準装備のリアポストマウント規格をいち早く採用し、BOSサスペンションを搭載して
かなり当時話題になったフレーム。
ネーザンをトップが長めのオリジナル製作やリアサスペンションのセッティングいろいろ直接聞けて今までの考えがくつがえされた記憶があります。

当時のチームはKENDA Morewoodでネーザンレニー
とMitchell Delfs
惜しくも資金の問題でチームは解散、のちにフランスのUR(United Ride)がMorewoodを使用し、数年後にミックハナーとミックの妹のTracey Hannahが加入
tracey-hannah-morewood-makulu-8.jpg
これがトレーシーが使っていたピンクのMakulu。

PS 現在URチームは日本でも展開しているPolygon Bikesを使って世界戦を回っています。

代理店として入手できる情報はまだ少なく、それに加えここ連日ちょっと環境が変わりつつあり、
それの準備も有ってなかなか優先順位で行動に移せてないのですが気軽に連絡取れる方法でちょっとコンタクトしてみようと思います。
って電話すれば一発解決ですね★★南アフリカか・・・・汗

余談にはなりますが、クリスキングから新しいBBが発表されてます。
Chris-King-Threadfit-30-bottom-bracket-threaded-bb30-mm-spindleEurobike-day-3-4-18.jpg
Bikerumorより
30oスピンドル向けのねじ切りBBですね。これでFORMOSAのカーボンクランクでも選択の可能性が出てきました。
もちろん弊社もねじ切りBBは「Formosa, BSA BB」として販売しております。
それとは別にBB92の規格も今度FORMOSAよりリリースする予定。
こちらの価格に対しての品質CP性が凄く高く、かなり自慢の一品になるアイテムではありますが、
今手元になく、来る時は日本展開開始の日となりますのでもう少しお待ちください。
posted by Yuki at 06:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Morewood | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

オーダー物入荷

インダストリーナインのホイールが今入荷してきました。
検品OK
85702.jpg
シルバーハブ
ブラックスポークベースに 8本赤スポーク
ブラックリム
モデルは 27.5”のTrail245の32ホールをチョイス

85705.jpg
ブルーハブ
ブラックスポークに上下2本ずつのブルースポーク
チューブレスバルブも選べる?ようになったのでブルーを選択
ブラックリム
モデルはオーナーのこだわりで前が27.5”、後ろが26”
26”は残念ながら旧デザインのリムしかないので、仕様を実現するためにリムはあえて去年型を使用
モデルとしては Trail24(スポークが24本)となります。

準備でき次第発送したいと思います。
あと3週間ぐらいしたらちょっと面白い物が紹介できると思います。
posted by Yuki at 14:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Industry Nine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

今日のお仕事は少な目

こんばんは、YurisのYukiです。
今日は仕事午後打ち合わせのため、発送業務を少なめにしました。
というよりも弊社のレベルでの仕事量なので普通の会社と比べたら笑われますが。(笑)

IMG_20160908_144545.jpg
今日は試乗ホイールの依頼がありましたので、発送前に倉庫に眠らせている
ロードディスクホイール手組を引っ張り出して、掃除。
ハブはインダストリーナイン
スポークはピラーの普通のチタンを使い、リムはFormosaのC5025、高さ50o幅25oで
リム側面をディスク専用仕上げのリムとしました。
以上の組み合わせてますが、なんだかんだね。オンロードが全く持って経験少ないので、
高さ38oのC3825をつけて今ロードライフを過ごしてます。
では写真のホイール気を付けていってくださいませ。
試乗したい方は取扱店までお問い合わせください。

IMG_20160723_055814.jpg
さて今月はいろいろと大きな変化があるので人生としての決断。
最も去年の方が人生でも5本指に入る凄い濃い年ですが、今年も気合い入れないとですね。
振り向いてもしょうがないし、とにかく前に突き進むしかないです。

先日とある本を買いましたが、たった二つのキーワードに興味を示し
著者の名前を見て、結局数時間後にはAmazonに発注しました。
今は手元にありますが、やっぱり何歳になっても勉強はしないといけないし。
学生の時の勉強と今やっている勉強は気持ちが180度ひっくりかえってます。

学生の仕事は勉強とよく親に言われてきました。
社会に出れば勉強のみならずいろんな波に揉まれます。
その中で勉強を久々にやるとすごく新鮮だし、やっぱり改めて「自分のため
って実感しますね

活字は嫌いだけど頑張って本を読破するよ。
すごく楽しいい
posted by Yuki at 22:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする